ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PCoIP」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

PC over IP

仮想デスクトップの運用をより効率的に
VMwareのVDI製品「Horizon 7」 注目の最新機能を一挙紹介
「Horizon 7」の最新機能には、UXの問題のトラブルシューティングに重点を置いた機能や、IT部門による管理を容易にする機能が含まれている。注目の機能をまとめた。(2018/11/5)

Citrix、Microsoft、Parallels、VMware製品の機能を紹介
「仮想デスクトップ」をモバイルデバイスで利用 主要4ベンダーの機能を比較
従業員のモバイルデバイスから仮想デスクトップや仮想アプリケーションを利用できるようにしたい――。そう考えるIT担当者は、ベンダー各社が提供する機能について押さえておこう。(2018/8/30)

安定性をとるか、性能をとるか
Microsoft、Citrix、VMware 仮想デスクトップの画面転送プロトコルに違いは?
Citrix Systems、VMware、Microsoftはいずれも自社のVDI製品に画面転送プロトコルを提供する。どのような違いがあるのだろうか。(2018/8/10)

画面転送プロトコルにも違いが
管理機能で比較する、デスクトップ仮想化とアプリケーション仮想化の主要製品
デスクトップ仮想化とアプリケーション仮想化へのニーズは企業ごとに違う。購入に際し正しい判断を下すには、各ベンダーのモビリティー機能やデータ管理機能を比較する必要がある。(2018/4/18)

Computer Weekly製品ガイド
逆に難しい「非Windows」クライアント選び
デスクトップPCの全盛期以降、ITシステムにアクセスするための選択肢は急増した。組織にはバランスが取れた行動が求められる。(2017/4/25)

アスク、台湾Atrust製の23.6型液晶一体型ゼロクライアント「A200Z」
アスクは、台湾Atrust Computer製となる23.6型液晶一体型ゼロクライアント端末「A200Z」の取り扱いを開始した。(2017/4/24)

SDxのおかげ?
ベンダーロックインでOK、ハイパーコンバージドを選ぶユーザーの本音は?
コンバージドインフラやハイパーコンバージドインフラは多くの場合、1社のベンダーによって構築される。それに伴うベンダーロックインへの懸念はどの程度あるのだろうか。(2017/3/15)

進化する画面転送プロトコル
デスクトップ仮想化3大ベンダーの画面転送プロトコル、その違いは?
仮想デスクトップを使用している企業にとって、さまざまなデスクトップ仮想化プラットフォームで用いられている画面転送プロトコルが担う機能を理解することは重要だ。(2017/3/7)

仮想環境でも高品位描画が当たり前の時代に
仮想デスクトップ管理者のための「vGPUテクノロジー入門」
グラフィックス処理の負荷が高いアプリケーションを仮想デスクトップ上で動かすユーザーが増えている。IT担当者は、NVIDIAが提供している製品など、vGPUオプションについて学んでおくべきだろう。(2016/12/20)

市区町村の情報セキュリティ(3):
自治体における「ネットワーク分離」のポイント
2015年に総務省の「自治体情報セキュリティ対策検討チーム」が公開した報告資料をベースに、市区町村のセキュリティ対策について考える本連載。第3回は、自治体に求められるセキュリティ4要件の1つ「ネットワークの分離」のポイントを紹介します。(2016/8/25)

ワイルドカードのHTML5接続も台頭
徹底比較:VDIの「画面転送プロトコル」、主要3社の技術に違いは?
デスクトップ仮想化製品の主要ベンダーであるCitrix、VMware、Microsoftは、それぞれ独自の画面転送プロトコルを展開する。各社のプロトコルを比較しながら紹介する。(2016/5/31)

業務課題から考えるデスクトップ仮想化 徹底解説【最終回】
Horizon 7、XenDesktop 7.8、MS VDI、注目の新機能をピックアップ
主要デスクトップ仮想化製品の「VMware Horizon 7」「Citrix XenDesktop 7.8」、そしてサーバOS「Windows Server 2016」のデスクトップ仮想化機能について最新情報をまとめた。(2016/5/16)

VDIのハイブリッド運用も実現:
ヴイエムウェア、クライアント関連製品群を一挙に発表、モバイル対応を進化
ヴイエムウェアは2016年2月10日、デスクトップ仮想化の「VMware Horizon」や、これをモバイルデバイス管理製品「VMware AirWatch」などと統合したスイート製品で、新製品を一挙に発表した。総じて、モバイル端末への対応強化がポイントとなっている。(2016/2/12)

VMworld 2015:
PR:オフィスの常識が一変するかも? 世界最大級のクラウドイベントでデルが“こっそり”披露したもの
企業のセキュリティガバナンスや管理容易性に富んだ仮想デスクトップソリューション(VDI)。ヴイエムウェアとデルは強固なアライアンスを結び、常にVDIの最先端に位置づける製品を発表し続けている。デルがVMworld 2015で披露した最新技術を見てみよう。(2015/10/7)

TechTargetジャパン用語事典
Citrix HDX(HDX)
Citrix HDX/HDX/High Definition Experience(2015/7/28)

製造ITニュース:
GPUソリューションの開発・検証ラボの機能を拡大、Citrix・VMwareに対応
デルは、東日本支社に開設した「デルGPUソリューションラボ」の機能を拡大した「デルGPUソリューションラボ2.0」を発表した。vGPU対応のCitrix環境に加え、VMwareのvGPU検証環境を常設した。(2015/6/25)

デスクトップ仮想マシン待機サービスも:
ヴイエムウェア、DaaSサービスを6月末までに国内提供開始へ
ヴイエムウェアは5月20日、同社のクラウドサービス「VMware vCloud Air」で、仮想デスクトップサービス(DaaS)「VMware Horizon Air」の国内提供を発表した。災害対策のための仮想デスクトップ待機サービスも提供される。(2015/5/21)

ASUS、法人向けの21.5型/23.8型液晶一体型ゼロクライアント端末を発売
ASUSTeKは、液晶ディスプレイ一体型筐体を採用するゼロクライアント端末2製品を発表。21.5型モデルと23.8型モデルをラインアップした。(2014/2/25)

AWS re:Invent 2013:
一般企業だってイノベーションを起こしたい、AWS総責任者のジャシー氏
AWS総責任者のアンディ・ジャシー氏は11月13日(米国時間)、re:Invent 2013の基調講演で、「一般企業は、スタートアップ企業と同じようにイノベーションを起こしたいと考えている、しかしインフラがその邪魔をしている」、AWSを使えば制約を考えずに、事業アイデアを即座に形にすることができる、と語った。(2013/11/14)

WebブラウザでHTML 5アクセス:
仮想デスクトップは仮想ワークスペースへ、ヴイエムウェア
ヴイエムウェアは2月21日、2012年のVMworldで米ヴイエムウェアCTOのスティーブ・ハロッド氏が初めて紹介した次世代デスクトップのビジョンを具体化する製品群を発表した。(2013/2/22)

Honda Hybrid Cloud構想
【事例】世界6極をVMwareで統合、要件決めたら“一気に作る”ホンダのIT文化
災害対策とグローバル対応から、VMwareソリューションで共通基盤を整備したホンダ。標準的な仮想化基盤の構築、DR機能の実装、仮想デスクトップ導入の3つを実現した。(2012/12/13)

日立建設設計のVMware View導入事例
【事例】設計業務に仮想デスクトップを導入、物理リソースの効率化も実現
グラフィックデザインや2D/3D CADなどのエンジニアリングワークステーションを活用する建設業界でも、仮想デスクトップが使われ始めている。本稿では、日立建設設計の「VMware View」導入事例を紹介する。(2012/12/4)

シンクライアント新時代:
PR:セキュリティ強化もワークスタイル変革もかなえるクライアント仮想化の最前線
仮想デスクトップやシンクライアントの企業導入が活況を呈しているという。以前はセキュリティ強化がその理由だったが、技術の進展でさらに広範なニーズに対応できるようになってきた。この分野で長年の実績を持つワイズテクノロジーとアセンテックのトップに、クライアント仮想化の最前線を語ってもらった。(2012/12/3)

サムスン、ディスプレイ一体型シンクライアント2機種を発売 画面転送を高速化
サムスン電子ジャパンが、VMware View環境専用のディスプレイ一体型シンクライアント端末2機種を発売する。(2012/11/5)

日本HP、VMware環境に特化したシンクライアント「HP t310 Zero Client」を発売
VMware Viewによる仮想環境に特化したシンクライアント製品を日本HPが発売する。米Teradiciの最新チップ「Tera2」の搭載で、従来モデルと比較して描画性能を大幅に向上させたという。(2012/11/5)

LGエレ、ディスプレイ一体型のゼロクライアント端末「P」シリーズ3機種を発売
LGエレクトロニクス・ジャパンは、仮想デスクトップ環境を構築可能なディスプレイ一体型ゼロクライアント計3機種を発表した。(2012/10/24)

ベンダー各社のサポートは?
VDI vs. RDS、2つのデスクトップ仮想化方式を比較
リモートデスクトップ環境を実現する仮想デスクトップインフラ(VDI)とRemote Desktop Services(RDS)はどこが違うのか。米Citrix Systemsと米VMwareによるVDIとRDSのサポートについても説明する。(2012/9/27)

日本HPがシンクライアント端末の新製品、複数プロトコルに対応
日本HPは“手のひら”サイズのシンクライアント端末「HP t410 Smart Zero Client」を発表した。(2012/8/23)

日本HP、超小型筐体採用のゼロクライアント端末「HP t410 Smart Zero Client」
日本ヒューレット・パッカードは、画像処理用DSPチップの搭載により描画能力を高めた小型ゼロクライアント端末「HP t410 Smart Zero Client」を発表した。(2012/8/23)

日本HP、AC電源レスで動くPoE対応の液晶一体型シンクライアント仮想化端末
日本ヒューレット・パッカードは、PoE機能によるLANケーブル経由の電源供給に対応した液晶一体型シンクライアント仮想化端末「HP t410 All-in-One Smart Zero Client」を発売する。(2012/6/15)

サムスン、液晶ディスプレイ一体型のシンクライアント端末計5製品を発表
日本サムスンは、液晶ディスプレイ一体型のシンクライアント端末“サムスン・クラウドディスプレイ”計5製品を発表した。(2012/2/20)

日本サムスン、ディスプレイ一体型シンクライアント端末など5機種を発売
日本サムスンは、ディスプレイ一体型のシンクライアント端末と、端末側にOSを搭載しない「ゼロクライアント」端末の新製品を発売した。(2012/2/20)

VDIがPC市場で占める割合は2015年までに8〜12%
安価になり導入進むか? デスクトップ仮想化2012年の動向
アナリストによれば、VDI(仮想デスクトップインフラ)は依然として小規模でニッチな市場ではあるが、2012年にはこれまでよりも多くの大企業がVDIを検討するという。(2012/2/7)

日本HP、仮想環境専用シンクライアント「HP Smart Client」を発売
CitrixやVMware、Microsoftなどの最新の画面転送プロトコルに対応し、端末を自動で設定する機能などを搭載する。(2012/1/17)

VMware管理者のための厳選iPadアプリ21(中編)
VMwareネットワークのためのiPadアプリ トップ3
VMware環境をiPadでリモート監視するアプリと、iPadからネットワークを監視するためのアプリを紹介する。(2011/12/16)

注目すべきは画面転送だけでない
3D対応やVoIPも実現、VMware View 5の新機能とライセンス
ヴイエムウェアから新しいデスクトップ仮想化製品「VMware View 5」が登場した。3Dアプリケーションへの対応やVoIPの実現、セキュリティ強化、ユーザー管理、監視など幅広い機能的向上が図られた。(2011/10/25)

管理者/ユーザー、双方のアプリを紹介
Windowsを操作できるVMware公式iPadアプリの使い方
米VMwareがモバイルワーカー向けに提供するiPad用アプリケーションとして、管理者向けの「VMware vSphere Client for iPad」とエンドユーザー向けの「VMware View for iPad」の機能と利用方法を説明する。(2011/10/18)

デスクトップ仮想化のメリットを引き出す
スマートフォン/タブレットの普及がデスクトップ仮想化導入を後押しする?
サーバ上で稼働する仮想的なPC環境をネットワーク経由で利用する「デスクトップ仮想化」。導入効果を最大限に引き出すには、ノートPCやスマートフォン、タブレット端末といったモバイル端末の活用が鍵となる。(2011/10/13)

デスクトップ仮想化の導入戦略と課題(後編)
デスクトップ仮想化によって年間25万ドルを削減したカレッジの事例
カナダの金融会社と米コミュニティーカレッジのデスクトップ仮想化導入事例。これからデスクトップ仮想化を導入する企業に向けて、仮想化の適用範囲やライセンス、総コストなど多くのアドバイスを紹介する。(2011/10/6)

VMware、iPadからのWindows環境利用を可能にする「View for iPad」をリリース
VMwareのデスクトップ仮想化製品「VMware View 4.6」のユーザーは、無料のiPadアプリでWindows環境にアクセスし、iPadのUIで操作できる。(2011/3/10)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2011年2月7日〜2月13日):
ディスプレイは8割がフルHD対応、中でも人気は23型ワイドのIPS液晶 三菱電機「RDT232WX」シリーズ
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年2月第2週版】(2011/2/23)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2011年1月31日〜2月6日):
プリンタ売れ筋は、エプソン「EP-803A」かキヤノン「MG6130」──2強状況は昨年末より変化なし
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年2月第1週版】(2011/2/17)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2011年1月24日〜1月30日):
ビジネスプロジェクター、スクリーン付きキャンペーン中のエプソン製が人気
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年1月第5週版】(2011/2/9)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2011年1月17日〜1月23日):
液晶ディスプレイの売れ筋は23型ワイドのフルHD──3強は三菱電機、LG、ベンキュー
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年1月第4週版】(2011/2/2)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2011年1月10日〜1月16日):
“自炊+デジタル文書管理”需要でじわじわ人気に──スキャナは「ScanSnap」が売れ筋
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年1月第3週版】(2011/1/26)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2011年1月3日〜1月9日):
液晶ディスプレイの売れ筋は「フルHD+23型ワイド以上」、ランキングの5割を占める
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年1月第2週版】(2011/1/19)

2つの新しいデスクトップ仮想化機能 〜RemoteFXとDynamic Memory
Windows 7 SP1とWindows Server 2008 R2 SP1の目玉となるデスクトップ仮想化最新機能
2011年前半にリリース予定のWindows最新版のSP1では、デスクトップ仮想化技術のRemoteFXとDynamic Memoryを利用できる。(2011/1/19)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2010年12月27日〜2011年1月2日):
23型以上か1万円台から購入できる21.5型クラスか──年始に売れた人気液晶ディスプレイは?
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年1月第1週版】(2011/1/13)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2010年12月13日〜12月26日):
液晶ディスプレイ、年末商戦は三菱電機製が人気
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年12月第3、4週版】(2011/1/5)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2010年12月6日〜12月12日):
そろそろ年賀状の準備を──プリンタ新モデル、売れ筋はエプソン「EP-803A」とキヤノン「PIXUS MG6130」
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年12月第2週版】(2010/12/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。