ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PEAKS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PEAKS」に関する情報が集まったページです。

より高画質に進化したワンセグケータイ「FOMA P903iTV」(懐かしのケータイ)
2006年のワンセグ放送開始から約1年たって登場した「FOMA P903iTV」。新しい高画質技術などによって初代の「P901iTV」よりもキレイにワンセグを楽しめるようになり、受信感度や連続視聴時間も向上しました。(2018/2/17)

大画面が特徴のワンセグケータイ「VIERAケータイ P905iTV」(懐かしのケータイ)
NTTドコモのP905iTVは、当時としては最大となる3.5型フルワイドVGA液晶を搭載したケータイです。Panasonicの「VIERA」ブランドを冠するに相応しい“テレビ然”とした見た目も特徴でした。(2017/12/3)

“110番”情報から事件・事故を抽出──米国を安全にする画期的アプリ「Citizen」
もしも今、自分のすぐそばで事件が起きていたら、それにすぐ気付けるだろうか。身の回りで起きている事件をいち早くユーザーに知らせるアプリが、今米国で注目を浴びている。(2017/11/30)

幸せになれそう! ラマとアルパカが一緒に結婚を祝ってくれるもふもふなサービス
新郎新婦としてドレスアップしたラマたちの姿がキュート。(2017/5/2)

雑誌読み放題サービスの新星「ブック放題」のラインアップをdマガジンと比較してみた
ソフトバンクが6月24日に開始した「ブック放題」。雑誌だけでなく、1000作品以上のマンガ作品も定額読み放題となるこのサービスの雑誌ラインアップをdマガジンなどと比較してみた。(2015/7/9)

ソフトバンク、「COLOR LIFE4 WATERPROOF 301P」を1月31日に発売
ソフトバンクモバイルは、8色のカラーバリエーションを用意する「COLOR LIFE4 WATERPROOF 301P」を1月31日に全国で発売すると発表した。(2014/1/29)

パナ健在!のフィーチャーフォン:
ユーザーが求める大画面高解像度防水防塵を実装──「COLOR LIFE4 WATERPROOF 301P」
ソフトバンクモバイルが、2013年冬モデルのフィーチャーフォン新機種「COLOR LIFE4 WATERPROOF 301P」を発表。ユーザーが望む大画面と防水に対応した。(2013/9/30)

開発陣に聞く「ELUGA X P-02E」:
「できない」は禁句――妥協なしの「ELUGA X P-02E」で到達した“真の全部入り”
5インチのフルHDディスプレイを搭載しながら、幅68ミリに抑えた「ELUGA X P-02E」は、欠けているものは何もないと言っても過言ではないほど充実した機能を備えた。そんなELUGA Xはまさにパナモバ渾身の一台ともいえる自信作。開発の舞台裏を聞いた。(2013/3/5)

「今考えられる最先端の機能を全て搭載」――パナソニック モバイル「ELUGA X」説明会
「今考えられる最先端の機能を全て搭載した最強のフルスペックスマートフォン」――パナソニック モバイルコミュニケーションズがドコモ向け端末「ELUGA X P-02E」の製品説明会を開催。商品企画担当者は新モデルのスペックと使いやすさに自信を見せる。(2013/1/23)

NEXTシリーズ:
5インチフルHD、クアッドコア、おくだけ充電、超狭額縁――全部入りハイスペック「ELUGA X P-02E」
NTTドコモの「ELUGA X P-02E」は、先進機能をこれでもかと詰め込んだハイスペックなスマートフォン。クアッドコアCPUの採用はもちろんのこと、5インチフルHD液晶、おくだけ充電、NFC、防水、1320万画素カメラを搭載し、超狭額縁ボディで持ちやすさも追求した。(2013/1/22)

ドコモ、家庭用防水タブレット「ELUGA Live P-08D」を9月1日に発売
NOTTVに対応した10.1インチ液晶搭載の防水タブレット「ELUGA Live P-08D」が9月1日から販売される。予約は8月29日から。(2012/8/29)

石野純也のMobile Eye(7月9日〜7月20日):
先端技術が光る「らくらくスマホ」/3M戦略を体現する「Smart TV Box」/「KDDI∞Labo」がもたらす知見
7月9日から20日には大きなニュースは比較的少なかった。そんな中で注目したのが、シニア向けのスマートフォン「らくらくスマートフォン F-12D」、KDDIが正式発表したセットトップボックス「Smart TV Box」、そして9日に発表された「KDDI∞Labo」第2期生優秀アプリだ。(2012/7/20)

ドコモ、「ELUGA V P-06D」を7月12日に発売
ドコモは、パナソニック モバイル製のAndroidスマートフォン「ELUGA V P-06D」を7月13日に発売する。防水・防塵ボディに4,6インチのHD液晶を備え、おサイフやワンセグ、赤外線もサポートしている。(2012/7/9)

ドコモ、「ELUGA V P-06D」の事前予約を7月6日から受け付け 発売予定は7月12日
ドコモがパナソニック モバイルコミュニケーションズ製のAndroidスマートフォン「ELUGA V P-06D」の予約受け付けを7月6日から開始する。発売は7月12日の予定だ。(2012/7/5)

パナソニック、ホンダの車種別専用HDDカーナビ3タイプを発売
パナソニックは、ホンダ「フィット」「フィットハイブリッド」「フィットシャトル」専用のHDDカーナビゲーション3タイプを発売する。専用設計の利点を生かしたデザインや機能が特長。(2012/6/26)

8色展開のベーシックケータイ「COLOR LIFE 3 103P」
ソフトバンクモバイルの「COLOR LIFE 3 103P」は、全8色のカラーバリエーションを展開する折りたたみ型ケータイのスタンダードモデルだ。(2012/5/29)

PR:AQUOS、MEDIASに加えてREGZA、Optimus、ELUGAも――NOTTV対応端末5機種が新登場
5月16日に開催されたNTTドコモの2012年夏モデルの発表会で、新たに5機種の「NOTTV(ノッティーヴィー)」対応端末が追加発表された。これでラインアップは7機種に拡充。手のひらサイズの端末から10.1インチのタブレットまで、幅広い選択肢が用意された。(2012/5/17)

「お部屋ジャンプリンク」対応の家族風呂タブ:
写真で解説する「ELUGA Live P-08D」
ドコモ夏モデル唯一のピュアタブレットがパナソニック モバイル製の「ELUGA Live P-08D」だ。ファミリー向けの機能・工夫を多く設け、使いやすさを重視したスタンダードなタブレットとして展開する。(2012/5/16)

withシリーズ:
手のひらサイズで大画面――おくだけ充電対応スマホ「ELUGA V P-06D」
ドコモの「ELUGA V P-06D」は、1.5GHz駆動のデュアルコアCPUを搭載し、「おくだけ充電」などの便利な機能に対応したAndroidスマートフォン。4.6インチのディスプレイで、動画や写真を鮮やかに楽しめる。(2012/5/16)

ドコモ タブレット:
NOTTV対応のファミリー向け防水タブレット「ELUGA Live P-08D」
「ELUGA Live P-08D」はNOTTVの視聴にも対応した10.1インチ防水Androidタブレットだ。「ファミリーポータル」「ファミリー絵本」といった家庭向け機能も盛り込んでいる。(2012/5/16)

写真で見る「P-05B」
NTTドコモの2010年夏モデルとして発表された「P-05B」は、背面をミラーパネルとイルミネーションで彩った女性向けの新モデル。人気アパレルブランド「kate spade new york」とコラボレーションしたモデルも登場する。(2010/6/14)

ディーガやビエラと組み合わせて:
PR:さまざまな機器と連携させてさらに便利に VIERAケータイ「941P」
単体でも優れた機能を持つVIERAケータイ「941P」だが、パナソニックのBDレコーダー「ディーガ」や薄型TV「ビエラ」と組み合わせると、さらに活用の幅が広がる。特にディーガとの連携は、手軽に美しい映像が持ち出せるのでぜひとも利用したい。(2010/3/9)

ケータイWi-Fiがもたらす新たな魅力:
PR:インターネット動画もPCサイトブラウザも美しい VIERAケータイ「941P」
VIERAケータイ「941P」のもう1つの魅力は、新たにWi-Fiを搭載したことだ。ソフトバンクモバイルのケータイWi-Fiに契約すれば、941Pが持つ能力を十分に発揮できる。(2010/3/2)

進化を続けるWオープンスタイル:
PR:“フラットWオープン”を実現したVIERAケータイ「941P」 ヨコオープンスタイルの魅力
パナソニック モバイルコミュニケーションズがソフトバンクモバイル向けに供給するVIERAケータイの最新モデル「941P」は、これまでのWオープンスタイルのよさを引き継ぎつつ、大きな進化を遂げたモデルだ。(2010/2/23)

写真で解説する「940P」
ソフトバンクのラインアップにスピードセレクター搭載モデル「940P」が登場。タッチパネルに対応したカメラに加え、VIERAケータイならではの高画質ワンセグなどを備えている。(2009/11/13)

写真で解説する「832P」
パナソニック モバイルコミュニケーションズ製「832P」は、ワンセグやおサイフケータイに対応しながら最薄部10ミリを実現した折りたたみ型のスリムケータイだ。外装にはステンレス素材を使用し、ソリッドな質感による高級感のある機種に仕上がっている。(2009/5/23)

写真で解説する「931P」
パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の931Pは、ソフトバンク版「VIERAケータイ」の最新作。前モデルの930Pをベースにカメラとワンセグを強化したほか、約2インチの大型サブディスプレイを新たに搭載。さまざまなシーンでの使い勝手を向上させた。(2009/5/22)

写真で解説する「P-07A」
ボディスタイルは「Wオープン」から「トリニティ」へ――。LUMIXでもおなじみの「おまかせiA」と大型サブディスプレイの搭載で、「簡単に、素早く、きれいに撮る」機能が大幅に向上した「P-07A」。“4倍滑らか”なワンセグ補間技術や高色再現性液晶、さらに本職ゲーム機に迫るハイクオリティーな内蔵ゲームも魅力だ。(2009/5/21)

2008年携帯販売ランキング:
2008年、最も売れたケータイは?――キャリア総合編
割賦販売制度の導入で買い換えサイクルが長期化したといわれる昨今のモバイル端末。その中でシェア争いを繰り広げる各キャリアの勢力図が、ランキングの結果から見えてくる。2008年、最も売れたケータイは? 各キャリアのランキング獲得数は?(2009/5/4)

2008年携帯販売ランキング:
2008年、最も売れたケータイは?――NTTドコモ編
2008年のドコモのランキングでは、ハイエンドの90xiシリーズの端末がトップ10の多くを占めた。さらに2008年後半に発売されたモデルもいくつかランクイン。そんな中、“あのメーカー”が1位、2位とワンツーフィニッシュを決めた。(2009/5/1)

“なめらかワンセグ”対応、使いやすさ重視の「P-06A」 3月29日発売
ドコモは、パナソニック モバイル製のSTYLEシリーズ端末「P-06A」を3月29日に発売する。メニュー画面やダイヤルキーに拡大文字を採用し、通話相手の声を聞き取りやすくする機能やワンセグをなめらかに表示する機能を搭載した。(2009/3/23)

ワンセグ+GSMローミング対応のスリム端末「P-04A」、2月10日発売
NTTドコモは、パナソニック モバイル製のSMARTシリーズ「P-04A」を2月10日に発売すると発表した。P-04Aは、折りたたみ3G端末世界最薄の9.8ミリのボディにワンセグやAF対応320万画素カメラを備える。(2009/2/4)

開発陣に聞く「P-01A」:
触れると分かる「本当の使いやすさ」に自信──Wオープン3代目の集大成「P-01A」開発の真意(後編)
利用シーンに応じてキー配列が変わる“2WAYキー”と軽量コンパクトなすっきりデザインが特徴の「P-01A」。後編は、“実は大きく便利に進化した”というワンセグやカメラ機能、ドコモ新サービスの対応に関する開発の裏側、そして、どんな「ユーザーの要望で改善した」機能があるかを探る。(2008/11/19)

写真と動画で解説する「P-01A」
好評の“Wオープンスタイル”を継承しつつ、開けるとキーの配列が変化する新機構“2WAYキー”を採用して進化したパナソニック モバイル製の「P-01A」。ワンセグやフルブラウザ、ゲーム、カメラなどを楽しむ「横向きUI」を3世代目にしてかなり満足のいくものに仕上げて登場する。(2008/11/5)

STYLEシリーズ:
よりスリムになったカジュアル“Wオープン”、14種のハッピーイルミ入り──「P-03A」
パナソニック モバイル製の「P-03A」は、P705iのカジュアルなイメージとP906iのWオープンスタイルを融合したスリム“Wオープン”ケータイ。ワンセグやカメラ、写真表示などを横向き画面で利用でき、30種類の豊富なイルミネーションやランダムに表示する14種類のハッピーイルミを搭載。スヌーピーをモチーフにしたコンテンツもプリインストールする。(2008/11/5)

パナソニック、103V型のプラズマ“VIERA”新製品
パナソニックは、103V型のプラズマテレビ「TH-103PZ800」を発表した。8月26日から受注を開始する。(2008/8/26)

開発陣に聞く「MIRROR II 824P」:
“キラキラ”の魔力、「ドレスアップした夜」のハロゲンランプの下で──「MIRROR II 824P」
ミラーパネルで注目を集めたソフトバンクモバイルの“MIRROR”シリーズ第2弾が「MIRROR II 824P」。その中身は前モデルからどう進化したのか、ミラーパネルに立体的なカットラインを施した“キラキラ”の表現に込めた意図は。パナソニック モバイルの開発チームに聞いた。(2008/8/20)

VIERAケータイ「921P」と防水ワンセグ「824SH Active Line」、8月2日発売
ソフトバンクモバイルは7月31日、パナソニック・モバイル製VIERAケータイの進化版「921P」と、シャープ製の世界最薄防水ワンセグ端末「824SH Active Line」を8月2日に発売すると発表した。(2008/7/31)

開発陣に聞く「P906i」:
P905iで妥協した“ほんの数ミリ”──「P906i」の進化の過程はここから始まった
人気モデル P905iの“正常進化モデル”として登場したパナソニック モバイル製の「P906i」。多くのユーザーに支持されたP905iに何が足りなかったのか、P906iはどこが進化したのか。パナソニック モバイルのP906i開発チームに話を聞いた。(2008/6/18)

写真で解説する「Tropical 823P」「MIRROR II 824P」
「Tropical 823P」と「MIRROR II 824P」は女性ユーザーを強く意識した機種。823Pはお風呂やプールサイド、キッチンなどで使えるカジュアルな防水ワンセグ、824Pは美しいミラーフェイスの美的ワンセグとして展開する。(2008/6/8)

写真で解説する「921P」
ソフトバンク版の新“VIERAケータイ”もWオープンスタイルを継承。「921P」はフルワイドVGAディスプレイ、ワンセグ、おサイフケータイ、GPS、HSDPA、PCサイトブラウザなど“ほぼ全部入り”機能を備えつつ、ワンセグやカメラ機能の強化とともにデザインを洗練させた。形状や機能はほとんどドコモの「P906i」と同じだが、どこか異なる箇所はあるだろうか。(2008/6/6)

全機種ワンセグ、“携帯No.1のコンテンツ”+新機軸展開を武器に──パナソニック携帯の夏商戦戦略
パナソニック モバイルは計6機種投入する、2008年夏商戦向けモデルの製品説明会を実施。“Wオープン+VIERAケータイ”の進化版、女性向けの防水・デザインワンセグ、使いやすさと高機能の両立モデルのほか、コンテンツタイトルのさらなる強化を図り、“携帯No.1のコンテンツ”入りケータイの座も狙う。(2008/6/4)

美しいカッティングミラーデザイン、ワンセグ搭載の“MIRROR II”登場──「824P」
パナソニック モバイルの「MIRROR II 824P」は、華麗なカッティングミラーデザインにワンセグや大型ディスプレイを新たに搭載する“MIRROR”の後継モデル。見る角度により表情が変化する深みのあるカラーとミラーパネル、動作に応じてカスタマイズ可能なイルミネーションを備える。(2008/6/3)

“VIERAケータイ”+Wオープンスタイルがデザイン洗練、顔認識AFも搭載──「921P」
ソフトバンクの2代目“VIERAケータイ”として登場する「921P」。ワンセグ、フルワイドVGA液晶、HSDPA、Bluetooth、GPSなどのほぼ全部入り機能と、横にも開くWオープンスタイルをそのままに、フレーム補間技術や顔認識AFカメラを備え、凹凸のないスマートなボディに進化した。(2008/6/3)

6代目“AQUOS”&すっきり“VIERA”、防水ワンセグとスライドPANTONEなど11機種を発表――ソフトバンクモバイル2008年夏モデル
ソフトバンクが夏モデル11機種を発表した。6代目“AQUOSケータイ”や2代目“VIERAケータイ”などのハイエンドモデルに加え、スライド型“PANTONE”ケータイや防水ワンセグ、こだわりデザインケータイが出そろった。(2008/6/3)

写真で解説する「P706iμ」
厚さ9.8ミリの極薄ステンレスボディとその世界観をそのままに、ワンセグを新たに備えて進化した「P706iμ」。ケータイは日用品だが、腕時計や眼鏡、筆記具などとともにワンポイントの“モノ”として携帯できるほどの質感を持つ端末に仕上がった。(2008/5/29)

写真で解説する「P906i」
好評のWオープンスタイルはそのままに1.1ミリの薄型化を果たし、デザインの小リニューアルを行った“P905iの正常進化モデル”がパナソニック モバイルの「P906i」。P905iTVなみのワンセグ性能、顔認識AF付きカメラ、そして横向きのヨコオープンスタイル用インタフェースなどを新たに備え、細かい機能や使い勝手がかなり進化した。(2008/5/27)

P705iμの“極薄”そのままにワンセグを追加──「P706iμ」
上質なステンレスボディが特徴の極薄ワンセグケータイが「P706iμ」。前機種 P705iμの特徴を継承し、厚さ9.8ミリのままワンセグも内蔵した。(2008/5/27)

見やすい・聞きやすい・使いやすい、ワンセグ搭載の“新スタンダード”──「P706ie」
“新スタンダード”として展開する「P706ie」。ワンセグ、FeliCa、フルブラウザ、AFカメラ、国際ローミング、HSDPA、大型ディスプレイなどの先進機能を備えながら、「見る・聞く・使う」といった基本機能の使いやすさをシンプルデザインのボディに盛り込んだ。(2008/5/27)

開発陣に聞く「P905iTV」:
前機種は勝てなかった部分もあった、だからこの“VIERAケータイ”に込めた──「P905iTV」
大画面、高画質、高音質を追求。P905iと比べ、「映像と音」の機能をより強化した“真のVIERAケータイ”が「P905iTV」だ。ワンセグ携帯最大の3.5インチ液晶とそのスタイルにどんな意図を込めたのか。パナソニック モバイルのP905iTV開発チームに話を聞いた。(2008/4/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。