ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

「Photoshop Album」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Photoshop Album」に関する情報が集まったページです。

Adobe製品にゼロデイの脆弱性、不審なBMPに注意
「Photoshop Album Starter Edition 3.2」の深刻な脆弱性は、USBメモリなどを使って悪用できるとの情報もある。(2008/4/23)

スリムになったハイビジョン“Xacti”「DMX-HD700」
三洋電機は、ムービーカメラ“Xacti”(ザクティ)の新製品として、720pハイビジョン撮影が可能な「DMX-HD700」を10月19日に発売する。女性層を意識したスタイリッシュなデザインが特徴だ。(2007/9/26)

水中撮影もできる防水“Xacti”登場
三洋電機がデジタルビデオカメラ「Xacti」の新製品「DMX-CA65」を発売。コンパクトさはそのままに、水中撮影までも可能な防水性能を備えた。(2007/5/31)

Adobe、Iron Mountainと提携で写真バックアップサービス
バックアップサービスはAdobe Bridgeなどの製品に組み込んで4〜6月期中に開始予定。ユーザーは自動的にデジタル画像ライブラリのバックアップを取ることができる。(2006/2/28)

京セラに聞く「W41K」(カメラ機能編):
縦に構えて撮影しやすい「W41K」のカメラ
京セラのWIN端末「W41K」は、手ブレ補正をはじめとする機能豊富な3メガピクセルカメラを搭載し、音楽機能と並び注目に値する。カメラ機能のポイントを聞いた。(2006/2/27)

手ぶれ補正対応の317万画素カメラ、充電台にウーファー──「W41K」
京セラのWIN端末「W41K」は、手ぶれ補正機能付きの317万画素カメラを搭載。充電台にはウーファーを内蔵。迫力の重低音で音楽を楽しめる。(2006/1/19)

Trolltech:オープンソースビジネスの好事例
創業以来、Javaや.Netといった無料製品と競合する製品を販売しながら、毎年成長をつづけてきたTrolltech。フリーソフトウェアを収入源にしているこの会社、いったいどんな会社なのか。(2005/10/20)

アイ・オー、カートリッジDVD-RAM対応の外付け“ハイパーマルチ”ドライブ
アイ・オー・データ機器は、カートリッジ付きDVD-RAMおよび2層DVD±R対応の外付けスーパーマルチドライブ「DVR-UM16C」「DVR-UEM16C」の2製品を発表した。価格は1万8900円から。(2005/6/8)

軽量の200万画素カメラ携帯「Nokia N70」
(2005/4/27)

アイ・オー、6倍速DVD+R書き込み対応DVD±RWドライブ2製品
アイ・オー・データ機器は、DVD+R6倍速書き込みに対応したATAPI内蔵DVD±RWドライブ、およびUSB外付けDVD±RWドライブの2製品を発表した。(2005/3/9)

アイ・オー、2層DVD±R 4倍速対応のポータブルDVDドライブ
アイ・オー・データ機器は、2層DVD±R 4倍速書き込みに対応するUSB接続型ポータブルDVDドライブ「DVRP-UP8AS」を発表した。価格は2万6400円。(2005/2/23)

アイ・オー、初回出荷時より6倍速2層DVD±R記録に対応するDVDドライブ
アイ・オー・データ機器は、2層DVD±R 6倍速書き込みに対応するATAPI内蔵型DVDドライブ「DVR-ABP16ABK」を発売する。2層メディア6倍速書き込みは初回出荷時よりサポートする。価格は1万2500円。(2005/2/23)

アクト・ツー、RAW対応高速カタログソフト「iView Media Pro 2」の優待版を発売
アクト・ツーは、RAW対応の高速画像カタログソフト「iView Media Pro 2」の、他社製品からの乗り換え優待版を発売した。価格は1万9800円。(2005/2/21)

バッファロー、6倍速2層DVD±R記録対応のDVD±RWドライブ2モデル
バッファローは、DVD±R DL 6倍速記録が可能な内蔵型および外付け型DVD±RWドライブ、計2モデルを発売する。価格は1万6800円より。(2005/1/5)

「Adobe Reader 7.0」リリース
PDF閲覧ソフト「Adobe Reader」最新版がリリースされた。起動時間の短縮といった高速化が図られている。(2004/12/22)

バッファロー、Serial ATA/オートストラテジ対応DVD+-RWドライブ2モデル
バッファローは、プレクスター製ドライブを採用するSerial ATA対応DVDデュアルドライブ2モデルを発売する。価格は1万8900円から。(2004/11/25)

アドビとコニカミノルタ、ソフトから直接注文できる写真プリントサービスを開始
アドビシステムズとコニカミノルタフォトイメージングは、ソフトから直接写真プリントを注文できる新サービスを提供開始した。(2004/11/24)

バッファロー、高速タイプの16倍速DVDスーパーマルチドライブ2モデル
立LGデータストレージ製ドライブを採用した内蔵/外付けDVDスーパーマルチドライブを発表した。(2004/11/22)

使い勝手の向上が図られたパーソナルドキュメントスキャナ――fi-5110EOX2
PFUのScanSnapといえば、他にライバルのいないパーソナルドキュメントスキャナの決定版だ。今回マイナーチェンジした「fi-5110EOX2」の、前のマシンとの進化点をレビューする。(2004/11/4)

ビートルズ特別版は花柄iPod?――iPodイベントのまとめ
ジョブズ氏と、U2のボノとエッジという豪華キャストで行われたiPod新製品発表会の様子を再現してみよう。(2004/10/29)

Apple、カラーiPod、U2コラボiPodを発表
噂されていたカラー版iPodと、CMでもおなじみU2とのコラボ版iPodが発表された。(2004/10/27)

片面2層DVD+R記録対応内蔵用DVDスーパーマルチのブラックモデル──バッファロー
バッファローは、片面2層DVD+R記録にも対応した内蔵用DVD±R/RW/-RAMスーパーマルチドライブのブラックモデルを8月中旬に発売する。価格は2万1000円。(2004/7/28)

DLだけじゃない。5倍速RAM記録、12倍速+R記録に対応――アイ・オー「DVR-ABH12W」
「DVR-ABH12W」はDVD+R 12倍、DVD-R 8倍、DVD+-RW 4倍に加え、DVD-RAM 5倍速書き込みというDVDスーパーマルチドライブな上に、DVD+R DL(2.4倍速)にも対応しているという驚きのスペックを持つドライブだ。いち早く評価することができたので紹介しよう。(2004/6/14)

バッファロー、DVD+R DLにも対応した内蔵/外付けDVDスーパーマルチ発売
バッファローは、DVD+R DLにも対応した内蔵/外付けDVDスーパーマルチドライブを発表した。価格は、内蔵型が2万1000円、外付け型が2万6400円で、出荷は6月下旬の予定。(2004/6/9)

デジカメ画像管理ソフトに解説本付き版&乗り換え版を追加――アイフォー
アイフォーは、デジカメ画像管理・修正ソフトのガイドブック付きパッケージ、他社製デジカメソフトユーザー用乗り換えパッケージを発売する。価格は1万1800円と7800円。(2004/5/24)

1万円台より登場――アイ・オー、8倍速記録対応のDVDスーパーマルチ
アイ・オー・データ機器は、DVD-R/+R8倍速記録に対応するDVDスーパーマルチドライブ2製品を5月下旬より発売する。価格は1万8900円から。(2004/5/19)

DVD+R片面2層&12倍速記録対応のDVDスーパーマルチ登場――バッファロー
バッファローは、DVD+R片面2層&12倍速記録対応DVDスーパーマルチドライブ2製品を6月下旬より発売する。価格は未定、実売価格は内蔵モデルで2万〜2万5000円の間になると予想される。(2004/5/18)

DVD+-R4倍速の快速ポータブルDVDスーパーマルチドライブ──アイ・オー DVRP-UT4
DVD+-Rの4倍速書き込みとDVD+RWの4倍速書き換えに対応したDVDスーパマルチドライブがアイ・オー・データ機器の「DVRP-UT4」だ。ポータブルでも速度を犠牲にしたくないという人にイチ押しの製品だ。(2004/5/13)

CeBIT 2004:
コンセプトは“Life goes Mobile”〜Nokia、カメラとゲームに注力
「音声だけでなく生活そのものがモバイルになる」──そんなコンセプトを掲げたのが端末メーカー最大手のNokia。初のメガピクセル端末「7610」を投入するなど、“生活の中に溶け込む”端末開発を進める。(2004/3/18)

バッファロー、8倍速対応DVD±R/RWドライブの低価格モデル
USB 2.0接続外付け型は2万2000円、ATAPI接続内蔵型は1万9800円。(2004/3/3)

続々登場する8倍速対応DVDドライブの実力を探る
8倍速書き込み対応のDVDドライブが各社から登場している。DVD1枚を8〜10分程度で記録できるのが最大のメリットだ。しかしメディアが出揃っていないなど不安な面もある。バッファローの「DVM-4284IU2」とアイ・オー・データ機器の「DVR-ABN8」の2製品を使って、8倍速対応DVDドライブの実力を検証してみた。(2004/1/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。