ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「親孝行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「親孝行」に関する情報が集まったページです。

「(10年続くなんて)全く思っていなかった!」 10周年の「私立恵比寿中学」が明かすこれまでとこれから
「キレのないダンスと不安定な歌唱力」から「キレのない語彙(ごい)力不安定なトーク力」へ(2019/7/5)

見事な最終回「きのう何食べた?」 「腹八分目で長生きしような、俺たち」期待が高まる“シーズン2をゴールデンで”
原作からカットされた部分もあった(支持します)。(2019/7/1)

「仲良しファミリーですね」 平野ノラ、両親とともに10年ぶりの“顔出しパネル”で家族ショット
いつまでも両親と仲良しってステキだ。(2019/6/24)

葬儀業界のプロに聞く「最期に後悔のない別れ方」ができる家族の共通点
生きているうちに、考えておくべきこと。(2019/6/16)

「時間が許す限り、、家族で、楽しみを」 梅宮アンナ、膠原病の母クラウディアとアメリカ旅行で2ショット公開
親孝行のアンナさん。(2019/5/30)

「親子みたい」「ZEROファミリー!」 桐谷美玲、村尾元キャスターと久しぶりの“NEWS ZERO”ショットにファン感激
親子みたいな絆がある。(2019/5/29)

旧友からLINEで「飲もう♪」……これってマルチ商法? 記者の“奇妙な体験”
近年、LINEなどのSNSを活用した「マルチ商法」の勧誘が増えている。筆者も、疎遠だった友人からLINEで飲み会に誘われ、参加した結果、もうけ話を持ちかけられた経験がある。本記事では、筆者の体験談を基に、あやしい勧誘の特徴を探る。(2019/5/27)

「自分の手紙で自分だけ泣いた」 エヴァ芸人・稲垣早希、結婚式で“アスカコス”より似合った花嫁姿
おめでとうございます!(2019/5/3)

42歳無職の弟が、両親の財布からお金を抜いてパチンコと酒に使っています。突きつけられた「家族の病理」 ニッポン放送「テレフォン人生相談」先週のハイライト
マドモアゼル・愛の巧みな人生相談芸が炸裂。(2019/4/8)

「元気そう!」「法被がいつも似合いますね」 梅宮アンナ、ジョーク飛ばす父・辰夫とのバースデー2ショット公開でファンほっこり
辰夫さんは3月11日で81歳! おめでとうございます。(2019/3/25)

「親バカですね」 加藤夏希、第2子男児に寄り添う2ショットとともに出産を報告
加藤さんは2016年7月に第1子女児を出産。(2019/2/20)

ラノベのタイトルが長くなったのはいつ頃か? タイトル文字数の長さを年別分布にした図表が興味深い
ここ2〜3年でまたタイトルがどんどん長くなっていると感じていた人、(たぶん)正解です。(2019/2/18)

「最高の親孝行ですね」 篠田麻里子、父親が勤める海上保安庁のイメージモデルに就任で制服姿を披露
2018年にはテレビ番組で親子初共演を果たしていました。(2019/1/18)

PR:税金のことを何も知らない無職が、一から調べて「ふるさと納税」した結果
えっ、返礼品ってAmazonギフト券とかもあるの!?(2018/12/14)

世界を「数字」で回してみよう(53) 働き方改革(12):
口に出せない介護問題の真実 〜「働き方改革」の問題点とは何なのか
今回は、介護に関する「働き方改革」の問題点に迫ります。本稿をお読みいただき、政府が声高にうたう「働き方改革」が現実に即しているかどうかを、ぜひ皆さまなりに考えてみてください。(2018/11/30)

「次は結婚50年を目指して」 DAIGO、両親の48回目の結婚記念日に幸せ3ショット
DAIGOさんのすてきな人柄がにじみ出ている。(2018/11/25)

「ただただうれしく反面くやしい」 涙腺崩壊のパラパラ漫画が実写化、原作者・鉄拳の家族観を聞いてみた
鉄拳「僕は家族というのを狭義で考える必要はないと思っている」(2018/11/26)

ハト時計が遠隔操作で「ポッポー」 スマホでハトを鳴かせるシステムが親孝行に最適
「気にかけているよ」という思いを、家族にそっと届けられます。(2018/11/18)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(11):
ソニーが「発明」した新しい音体験、「ウェアラブルネックスピーカー」の秘密
ここ最近注目を集めている「ネックスピーカー」というオーディオの新ジャンルを生み出したのが、2017年10月発売のソニーのウェアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」だ。今回は、このSRS-WS1の開発に関わったメンバーに話を聞いた。(2018/11/8)

パーフェクトウーマン 女性が拓く新時代:
両親亡くした一人娘の挑戦 元ラジオDJが「自己破産」覚悟でめっき会社社長に
完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。(2018/10/31)

「不義理で親不孝な息子でした」 永瀬正敏、母急逝に悲痛な胸中 ファンからは励ましの声
本当につらそう。(2018/9/28)

シリコンバレー式「時短育児術」:
“デジタル親孝行”のススメ 離れて暮らす両親へスマホで手軽にできること
子育てに関する負担をITで解消する「Baby Tech」。シリコンバレー在住の女性筆者が、“母目線”でぐっときたテクノロジーを紹介する連載をお届け。今回はスマホやタブレットを活用した“デジタル親孝行”について。(2018/8/17)

クルマがつながる、クルマでつながる:
自動車界を開拓する「DeNA」が、カーシェアリングサービス「Anyca」で目指す未来
自家用車のシェアリングサービス「Anyca」は、入社3年目の2人のエンジニアの発案から始まった。さまざまな業種とのコラボレーションで守備範囲を広げ続けている同サービスは、どのような体制でプロジェクトを回しているのだろうか。事業責任者とリードエンジニアにお話を伺った。(2018/5/24)

「髪の形で私達を見分けてたらしい」 マナカナの幼少期2ショットが母親も大苦戦のそっくり度
さすが双子のプロ。(2018/5/13)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
母の日vs.父の日、注目度の差はどれくらい?――マクロミル調査
もうすぐ母の日。お母さんのいる人は何かを贈る準備をしているかもしれません。ところで父の日はどうでしょう。(2018/5/11)

製造業IoT:
住まいの機器や建材をIoT技術でトータルにつなぐシステムを商品化
LIXILは、家電、デジタル機器や、玄関ドアなどの建材をIoT技術でトータルにつなぐ住まいのリンクシステムを、IoTホームLink「Life Assist」として商品化し、2018年4月2日に全国で発売する。(2018/4/6)

スマートホーム:
LIXILがスマートホーム基盤を発売、建材と家電のIoT化を推進
LIXILは、家電や建材をIoTでインターネットに接続できるプラットフォーム「IoTホームLink『Life Assist』(ライフアシスト)」を2018年4月2日より全国で発売すると発表した。利用目的に応じて選択できるパッケージ商品を用意し、スマートホームに不慣れなユーザーにも新しい住生活の価値を提案しやすくした。(2018/3/20)

“介護版ビットバレー”をつくりたい:
介護施設が「プロレス」「お寺」とコラボする理由
介護業界の課題解決に向けて、新しい切り口で挑んでいる介護業界の“アクションリーダ―”斉藤正行氏。彼がこれまで取り組んできたこと、そしてこれから仕掛けようしている「お寺×介護」とは?(2018/3/8)

アップルPickUp!:
「そろそろ親にもスマートフォンを」と考えているあなたへ
春は携帯電話の機種変更シーズンですね。自分のスマホを買い替えるついでに、「そろそろ親にもスマホを……」と考えている人も多いはず。(2018/2/22)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
3年間の保有でライブドアに売却益400億円をもたらした「弥生会計」の秀逸なビジネスモデル
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2018/1/23)

芸人ヤマクエの「俺のゲーム愛を笑うな」:
唯一無二の和風RPG「俺の屍を越えてゆけ」を3倍楽しくプレイする方法
「子供たちよ… 俺の屍を 越えてゆけッ」(2018/1/20)

「自慢のお母さんですね」 あびる優、 “美人ママ”との2ショットで娘に戻る
何歳になっても娘は娘。(2017/10/16)

山谷剛史のミライチャイナ:
2020年、中国はITで化ける 世界最大の「IoT大国」に
中国は一気にIoT大国への発展を遂げようとしている。IoTは中国の国家戦略として政府が全面的に支援し、5G通信やAIなど関連技術も巻き込み、中国を超IT大国に押し上げようとしている。現地の事情に詳しい山谷氏のリポート。(2017/5/22)

くたびれたリーマンが冒険心を取り戻した――「ゼルダの伝説」最新作に寄せられたAmazonレビューが泣ける
おじさんゲーマー必読。(2017/5/15)

ボタン1つで孫の顔、4K対応の親孝行支援型クラウドサービス「ひかりTVクラウドC」
(2017/4/18)

テレビドラマ「FF14 光のお父さん」オープニング映像が先行公開 オンラインゲーム内で繰り広げられた親孝行を描く
主人公(マイディー)のリアルパートを演じる千葉雄大さん、父親のリアルパートを演じる大杉漣さんなどを紹介。(2017/3/3)

FF題材初の実写ドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」4月開始 個人ブログの実話を千葉雄大&大杉漣が演じる
ブログ時代からのファン総立ち。(2017/1/27)

「エモい」は“ほぼほぼ”「あはれ」の意 三省堂「今年の新語 2016」選考委員の見解がエモい
そう考えると、古語も身近に。(2016/12/6)

高嶋ちさ子、Amazonで注文したリッツから悲劇の強制リッツパーティー状態に
やっちまったなぁ!!(2016/9/15)

地域住民が高齢者を送迎――相互扶助型カーシェアリング「あいあい自動車」の秘める可能性
あいあい自動車は、地域住民が共同所有の車を使って高齢者を送迎するサービス。リクルートホールディングスの新規事業提案プログラムを通して事業化された。三重県菰野町で行われた実証実験から見えたものとは?(2016/8/31)

Mobile Weekly Top10(6/6〜6/12):トップ5はLINE関連 「P9」カメラの実力
1位から4位までが面白LINEの話題、さらに5位のLINEアイコンネタも含めると、上位5本がLINE関連の記事でした。(2016/6/13)

釈由美子に第一子誕生 ダブルバースデーに「一生忘れられない」
おめでとうございます!(2016/6/13)

水曜インタビュー劇場(はずす公演):
累計260万丁! 工具「ネジザウルス」がバカ売れした理由
これまで“絶対にはずせない”と思われてきたネジを、“絶対にはずす”工具「ネジザウルス」(運営:エンジニア)をご存じだろうか。工具は年間1万丁売れれば大ヒットと言われている中、ネジザウルスは累計260万丁も販売。消費者の心を“つかんだ”理由について、同社の高崎社長に聞いた。(2016/3/16)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(6):
倒産寸前の大ピンチからV字回復、ICT活用で復活した紳士服メーカーの戦略
自社のコア技術やアイデアを活用したイノベーションで、事業刷新や新商品開発などの新たな活路を切り開いた中小製造業を紹介する本連載。第6回となる今回は大阪市谷町にある紳士服メーカーのNFLを紹介する。(2016/2/26)

そして少年は自動車エンジニアになった(挑戦編):
自動車エンジニアになれたのは「最後まで自分を信じて諦めなかった」から
自動車メーカーに勤める現役の自動車エンジニアが自身の人生を振り返る。最終回となる第3回の風雲編は、いきなりの配属変更で壁にぶち当たるところから、恩師との再合流、全社のMBD(モデルベース開発)推進統括本部での活動までを描く。(2016/2/22)

親孝行を考えるきっかけになるかも? 恋愛だけじゃない南波あつこ「スプラウト」の魅力
横浜国立大学のミスコンに出場した野口光咲ちゃんがオススメしてくれました。(2016/1/31)

親孝行のつもりが大迷惑! 「実家の片づけ」で親子が険悪になる理由
(2015/9/23)

「尊敬する人物は親です」という答えが損な理由
面接でかつてはよく聞かれた質問に「尊敬する人物は誰ですか?」というものがあります。この質問に対し「親」と答える人が多く、特に新卒学生のように年齢が若くなればなるほど、比率は高い傾向があります。この答えはどう受け取られるのか考えてみましょう。(2015/9/16)

オーサ『北欧女子』など「コミックエッセイ劇場」の10作品を詰め込んだ電子書籍が無料配信
ページ数はカラーページも含め全120ページ。主要電子書店で配信している。(2015/8/6)

カップルも仰天? 間違えない結婚式場選びとは
(2015/7/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。