ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「Programing Bible」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Programing Bible」に関する情報が集まったページです。

Programing Bible:
Webの負荷テストに使えるフリーソフトウェア
インターネット上では、Webアプリケーションやサーバそのものが高負荷となることは可能な限り回避する必要がある。本稿では、動的Webサイトの専門家がWebの負荷テストで使えるソフトウェアを幾つか紹介していく。(2009/1/15)

Programing Bible:
ValaによるGNOMEアプリケーションのプログラミング
GNOMEのプログラミング言語「Vala」は、GNOME開発者の力を広げる言語である。GLib2のオブジェクトを利用したプログラムについて見ていこう。(2008/12/15)

Programing Bible:
ソースコードの全リビジョンを簡単に確認できるViewVC
大規模な開発プロジェクトに携わるプログラマーにとって、バージョン管理システムによるソースコード管理は必須だ。Webブラウザベースの便利なコードビューアであるViewVCを使えば、ソースコードの参照やハイライト表示をスムーズに実現できる。(2008/12/10)

Programing Bible:
シェルスクリプトのデバッグツール、bashdb
シェルスクリプトで多くの処理をこなしている方は多いだろう。しかし、シェルスクリプトが思い通りに動かないときに、不正な値や到達しないコードパスを探するのは少々やっかいだ。そこで、bashdbを利用すれば、変数をウオッチしたりブレークポイントを設定したりして、速やかにデバッグできる。(2008/12/4)

Programing Bible:
バグ管理システム「Mantis」
Tracなどの著名なバグ管理システムが国内でも人気だが、Mantisもこれらと同様の機能を期待通りに完備しており、しかも無駄がない。一般的なユーザーでも利用可能なバグ管理ソフトウェアを探している開発者には最適といえる。(2008/12/3)

Programing Bible:
C CodでCコードをスクリプトのように扱う
CまたはC++で書かれたコードが既に存在し、その機能の一部をプロトタイプとしてWebに公開したいという場合には、C言語をスクリプティング言語のように扱うことを可能とする「C Cod」が最適だ。(2008/11/26)

Programing Bible:
Inquisitorでハードウェアをテストする
Inquisitorはオープンソースの主だったベンチマークツールを動かすためのラッパースクリプトで、何千台ものコンピュータを同時にストレステストすることもできる。ハードウェアの開発などを行う際には覚えておきたいツールの1つだ。(2008/11/2)

Programing Bible:
Python 3.0で大きく変わる言語仕様
UsenetではCとJavaに次ぐ人気のPython。次期バージョンとなる3.0では、細かな部分で過去の資産をばっさりと捨て去る予定となっている。ほかのPython実装の動き次第では、バージョン3.0は後に大きな変革のバージョンだったと呼ばれるものになるかもしれない。(2008/10/22)

Programing Bible:
ソフトウェア開発者必見のWorkbench Linuxディストリビューション
Xubuntuをベースにして作られているWorkbenchは、開発者にとって有用なユーティリティとアプリケーションを豊富に用意している。特にソフトウェア開発に興味のあるユーザーの場合、その有用性はいちじるしく高いものとなる。(2008/9/25)

Programing Bible:
AJAXを活用したWebインタフェースの作成ツール ZK
Webブラウザ上で動作するユーザーインタフェースも、デスクトップアプリケーションでイベント駆動インタフェースを作るときと同じように開発したい――もしそれがJavaでの開発であるならば、AJAXツールキット「ZK」は非常に便利なツールとなるだろう。(2008/8/31)

Programing Bible:
ratproxy――Webアプリケーションのセキュリティレベルを検証するGoogle提供ツール
先日Googleからリリースされたプロキシ型の脆弱性発見ツール「ratproxy」。高度に複雑化した最近のWebアプリケーションのセキュリティ試験を行う際に役立つ同ツールを使ってみた。(2008/8/14)

Programing Bible:
AppChecker――Linux Foundationからリリースされた新世代の開発支援ツール
Linux関連の開発作業で最も負担なのは、さまざまなディストリビューションの対応製品を際限なく準備しなくてはならない点である。この部分にメスを入れた開発支援ツール「AppChecker」がLinux Foundationからリリースされた。(2008/8/11)

Programing Bible:
sysprofでシステム全体の動作をプロファイリングする
アプリケーションを最適化するには、どの関数が最もCPU時間を消費しているかを明らかにし、そうした部分のコードの高速化に集中させればよい。ここでは、パフォーマンスのボトルネック調査に利用できるsysprofを紹介しよう。(2008/6/4)

Programing Bible:
さまざまな作業に対応するオープンソースのテストツール群
テストは開発プロセスにおいて重要な役割を果たす。ここでは、プロプライエタリな製品に比肩するだけの実力を持ったオープンソースのテストツールを紹介する。(2008/5/1)

Programing Bible:
CAPTCHA機能を用いたWebフォーム入力を実装する3つのユーティリティ
コンピュータと人間を区別する完全に自動化された公開チューリングテストである「CAPTCHA」 は多くのWebフォームで目にすることができる。本稿では、PHPでCAPTCHA機能を実装するために利用可能な3つのアプリケーションを比較する。(2008/4/16)

Programing Bible:
GWT――Web構築に新機軸をもたらす開発ツール
Googleが提供しているようなユーザーフレンドリな諸機能を備えたWebサイトを自分で作成してみたいが、必要なプログラミング作業を考えると気が滅入るという心理状態の方がおられたら、Google Web Toolkitの利用を検討してみてはいかがだろう。(2008/1/24)

Programing Bible:
プログラマーの生産性を高める新たな言語「D」
CやC++が持つ性能の高さとRubyやPythonのような最近のプログラミング言語が持つプログラマーの生産性の高さを併せ持った言語「Digital Mars D」が登場した。(2008/1/22)

Embedded Programing Bible:
LinuxでのJ2MEアプリケーション構築法
Java対応型の携帯端末をより効果的に活用したければ、J2MEアプリケーションをLinux上で作成してモバイルプラットフォーム上で実行する方法がある。ここでは、HelloWorldアプリケーションを作成して携帯電話で動かす具体的な方法を説明する。(2007/12/28)

Programing Bible:
GDB/GDBserverによるクロスターゲットのリモートデバッグ
Linuxベースの組み込みシステムで動くアプリケーションのデバッグは厄介な仕事だが、GDBを使えば簡単に片付けられる。ここでは、GDBを使う上で最初の難関となるセットアップ周りについて解説する。(2007/11/30)

Programing Bible:
開発者のバグ潰しに役立つMantis
Mantisは、ソフトウェアにはつきもののバグが修正されるまで対処作業の進捗を確認するという完全なワークフローソリューションとして機能する。(2007/11/20)

Programing Bible:
petardfsでアプリケーションをテストする
petardファイルシステムは、エラーだけを生成するように設計されたファイルシステムである。システムテストと単体テストを行うのに役立つ。(2007/9/27)

Programing Bible:
zzufを使ったファズテスト
ファズテストは、ITセキュリティにおいてかなり前から非常に大きな関心事になっていた。だが、zzufという小さいながらも素晴らしいプログラムのおかげで、今では迅速かつ容易に自前でファズテストを実行できるようになっている。(2007/7/31)

Programing Bible:
Eclipse+PyDEV=Python統合開発環境
PyDEVは、EclipseでPythonやJythonのプログラムを開発するためのプラグイン。これを使うと、Eclipseが第一級のPython統合開発環境になる。(2007/2/8)

Programing Bible:
乱数のタネの新しい生成法
コンピュータだけでは真の乱数を発生させることはできない。従って、暗号処理など「乱数」を使うアプリケーションは、一般に考えられているほど安全ではない。だが、こうしたコンピュータによる乱数発生の限界を超える試みがある。(2006/5/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。