ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「Progress Software」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

日本法人の名称は日本プログレス

ハイブリッドクラウドオブジェクトストレージの基礎(後編)
注目すべき8つのハイブリッドクラウドオブジェクトストレージサプライヤー
どのような企業がハイブリッドクラウド対応のオブジェクトストレージを使うべきなのか。そうした企業が製品を選定する際に注目すべき8つのサプライヤーを紹介する。(2018/6/12)

ハイブリッドクラウドオブジェクトストレージの基礎(後編):
注目すべき8つのハイブリッドクラウドオブジェクトストレージサプライヤー
どのような企業がハイブリッドクラウド対応のオブジェクトストレージを使うべきなのか。そうした企業が製品を選定する際に注目すべき8つのサプライヤーを紹介する。(2018/6/6)

捨てられないコールドデータをどう保存するか
徹底比較:HDD、テープ、SSD、光ディスク コスト効率の高いコールドストレージは?
コスト効率に優れたコールドストレージ製品、サービス、メディアへの需要が急速に高まっている。それには多くの理由がある。非構造化データが飛躍的に増加していることも理由の1つだ。関連技術を比較する。(2018/2/12)

東大と筑波大のスパコン「Oakforest-PACS」のストレージ、世界1位に認定
「Oakforest-PACS」のストレージが、ストレージ性能の世界ランキングで1位に認定された。(2017/11/20)

オープンソース技術が約束するストレージの変革【後編】
OSSベースのオブジェクト、ファイル、ブロックストレージを一挙に紹介
OSS技術をベースとしたオブジェクトストレージ、ファイルストレージ、ブロックストレージから、主要なストレージを一挙に紹介する。(2017/10/25)

大容量と拡張性は当然
「オブジェクトストレージ」主要製品の詳細過ぎる特性分析
オブジェクトストレージシステムは複数のベンダーが発売しているが、その特徴を把握することは難しい。本稿はその助けとなるべくアクセス方法やデータセキュリティ、導入オプションなどについて解説する。(2017/10/24)

IT部門の選択肢は
「オブジェクト対応NAS」で再確認したオブジェクトストレージの利点
多くのベンダーが、拡張性の高いオブジェクトレベルのストレージ製品を提供している。これらの製品はファイルインタフェースを備えることで、NASに代わる選択肢として手軽に利用できるようになってきた。(2017/9/4)

ここが違う、従来型ストレージとオブジェクトストレージ【後編】
隠れたオブジェクトストレージのメリット「バックアップ不要説」は本当か
この記事では2回に分けてオブジェクトストレージの特徴とメリットを解説する。後編では、可用性とデータ保護手法から有力ベンダーの適材適所の考察を紹介する。(2017/6/28)

SDSの定義とトレンド【後編】
徹底解説:ストレージ仮想化、オブジェクトストレージにおける「SDS」の仕組みとは
「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)ほど見解に相違が見られる用語はない。「柔軟性」「使いやすさ」「スケーラビリティとパフォーマンス」「総所有コスト」の4基準で各SDSの長所と短所を評価する。(2017/6/5)

ブラウザで操作できるWebアプリ型を追加:
イースト、Windows対応データベース検索ツール「SkyLink Ver.12 for Web」をリリース
イーストがデータベース検索ツールの最新版「SkyLink Ver.12 for Web」をリリース。Webブラウザがあれば機能を利用できるWebアプリケーション型を採用した。(2017/3/2)

5つのポイントで見るNASストレージの現状【後編】
NASベンダー8社の“激辛ランキング”に見るユーザーの意外な思い
TechTargetの満足度調査で見えてきた、NAS製品とNASベンダーに対する厳しい評価。だが、それは、NASシステムに対する失望ではなく、期待の表れかもしれない。(2016/5/13)

5つのポイントで見るNASストレージの現状【前編】
8社のNASベンダーを比較して分かる、ユーザーの“激辛な本音”
TechTargetの「NASストレージシステムのユーザー満足度調査」では、5つのカテゴリーに沿って製品を評価している。厳しい評価が下された本調査の詳細を紹介する。(2016/5/11)

Computer Weekly製品導入ガイド
自社に合ったビッグデータアプライアンスの選定
ビッグデータ分析の分野はまだ比較的成熟度が低い。支出に見合った価値を保証するため、ビッグデータアプライアンスは慎重に選ぶ必要がある。(2016/1/27)

フランス原子力・代替エネルギー庁導入事例
ディレクトリ構造の限界とフラットなオブジェクトストレージの可能性
ファイル/ブロックベースの大規模なストレージをオブジェクトストレージにリプレースしつつあるフランス原子力・代替エネルギー庁。彼らがオブジェクトストレージに見いだした可能性とは?(2016/1/19)

データ連携がわずか数クリックで実現:
セールスフォース、データソース統合ソリューション「Salesforce1 Lightning Connect」を発表
米セールスフォース・ドットコムは11月13日、レガシーの業務システムに格納されているデータをSalesforceに統合するためのソリューション「Salesforce1 Lightning Connect」を発表した。(2014/11/18)

デジタル化するなら徹底的に――大和総研の鈴木専務
ITmediaエグゼクティブは、日本企業の情報システム部門のリーダー向けセミナー「"即応力"―今、情報システム在るべき姿を問い直す」を都内で開催した。(2010/11/9)

ESBの出荷金額が減少 買収によるプログレスの売り上げ減が影響
ITRの調査によると、エンタープライズサービスバス市場の2009年度の出荷金額は前年比4.4%減だった。市場のシェアでは日本IBMが1位を獲得、2位は日本プログレスだった。(2010/7/27)

「新生」プログレス、買収効果を顧客に提供へ
EAIやBPMなどを主戦場にしているベンダーの1つが米Progressだ。買収企業と統合し、2009年11月から「新生」日本プログレスを率いている黒木克彦代表取締役に日本市場での展開について聞いた。(2010/3/17)

プライマリストレージでの重複排除と圧縮に自信――米Ocarina Networks
米Ocarina Networksは、独自のデータ圧縮・重複排除技術を持つベンチャー企業の1つ。このほど来日したエリック・スコーラード副社長が、ストレージコスト削減を支援する同社の技術を訴求した。(2009/12/10)

NEWS
日本プログレス、Salesforce CRMとのデータ連携を容易にするSQLアクセスツール
ODBCドライバの導入のみで既存の顧客システムとSalesforce CRMのデータを連携でき、一般的なSQLを使ったアクセスによって専門的な知識を必要としないデータ活用が可能になった。(2009/4/13)

MS Officeとの連携も容易に:
日本プログレス、Salesforce CRM向けODBCドライバをリリース
日本プログレスはSalesforce CRMと社内システムを連携させるODBCドライバ製品をリリースする。クライアント版は2万円台から。試用版も用意される。(2009/4/10)

ソニックとデータディレクト、メインフレーム資産をSOAで有効活用するソリューション
両社製品「Sonic ESB」と「DataDirect Shadow RTE」の連携により、IBMメインフレーム上の資産に透過的にアクセスできるようになる。(2008/4/24)

ソニックとデータディレクトが統合し新会社設立へ、社長に田上一巳氏
米Progress Softwareを親会社とするソニック ソフトウェアとデータディレクト テクノロジーズは、3月1日付けで田上一巳氏が両社の社長に就任したと発表した。(2008/3/5)

筑波大学、新スパコンの稼働は6月から SCSら3社が受注
住商情報システムら3社は、最大95TFLOPSのスパコンを筑波大学から受注した。(2008/1/30)

日本SGI、東大宇宙線研究所の新電子計算機システムを受注
東京大学宇宙線研究所は11月6日、2008年1月の稼働を予定している新電子計算機システムを、クアッドコア インテル Xeonプロセッサを搭載した日本SGIのSGI Altix XE210で構築することを発表した。(2007/11/6)

WebSphereサーバ・チューニング入門(4):
DB連携のパフォーマンスはどうすれば速くなるのか?
(2007/10/18)

Interview:
大手か? ニッチか? 第3の選択肢を提供する日本インフォア
SAPとOracleが覇権を争うアプリケーション市場にInforは、ユニークな買収戦略とSOA戦略を展開し、風穴を開けようとしている。3月中旬、日本法人の社長に就任した村上智氏に話を聞いた。(2007/6/11)

ソニック ソフトウェア、SOAによるアプリケーション統合基盤のSonic ESBをバージョンアップ
ソニック ソフトウェアは、SOAを利用したアプリケーション統合基盤「Sonic ESB 7.5」の出荷を5月30日から開始した。(2007/6/1)

データ統合の問題に対応する「DataXtend SI」をリリース、ソニックソフトウェア
ソニックソフトウェアは、システム間で交換されるデータを管理、統制するセマンティック・データ統合製品「DataXtend SI」を販売した。(2007/5/30)

Sonic ESB+HP Integrityサーバの組み合わせで実現する水平統合型システム:
PR:全社規模のシステム統合に適したプラットフォームの「要件」
企業を取り巻く環境は目まぐるしく変化し、生き残りをかけた競争はますます厳しさを増す。企業が継続的に成長を続けるためには、ビジネス環境の変化に速やかに対応できる体制が求められる。では、このような俊敏性や柔軟性に富んだ企業基盤をどのように構築していけばよいのだろうか?(2007/4/18)

「ソニック プレミアム・フォーラム2007」開催――SOAの今後を予測する講演など
ソニックソフトウェアは4月10日、SOAをテーマにしたセミナー「ソニック プレミアム・フォーラム2007」を開催した。(2007/4/11)

ホワイトペーパー:
刻々と変化する金融市場を支えるアーキテクチャ
金融市場では秒単位で相場が変化している。そこから利ざやを稼ぐには、オンラインリアルタイム処理が必要となる。だが、単にマシンの性能を上げるだけでは十分ではない。精密なアルゴリズムを搭載したイベントストリーム処理を実現しなければならない。(2006/12/15)

ホワイトペーパー:
数万トランザクション/秒を処理するイベント駆動型アプリケーション
証券売買システムに代表されるオンラインリアルタイム処理では、非常に厳しい性能要求が課せられる。ここでは、リアルタイム処理の構築・実装を迅速化し、大量のイベントシナリオの実行を可能にするプラットフォームを紹介する。(2006/12/14)

ソニック ソフトウェア、SOA管理プラットフォームの最新版
ソニック ソフトウェアは、SOA管理プラットフォームの最新版「Actional 6.0」を発表した。(2006/4/13)

ホワイトペーパー:
CMMを超えた新しいSOA成熟度モデル
ソニック ソフトウェアを含む数社が提唱するSOA成熟度モデルは、SOAを基盤としたビジネスの最適化を促進する。SOA成熟度モデルの全貌を解説。(2006/3/31)

Column
SOAの成熟度モデルは必要か?
SOAの成熟度モデルは企業に必要なのだろうか。成熟度モデルに何を含めるべきか、そして誰がそれを推進すべきかという点に関しては、ベンダーやコンサルタント、独立した第三者機関の間で意見が分かれている。(2006/3/28)

Column
SOAに取り組まなければ、深刻なリスクを招く?――IBM、サン、マイクロソフトも本腰
今世紀に入ってこのかた喧伝されてきたSOAだが、やっと普及の段階に入った。マイクロソフトやオラクルなど、主要プレイヤーも製品の開発を始めている。(2006/2/20)

ソニック ソフトウェア、米ActionalのWebサービス管理製品群を国内展開
ソニック ソフトウェアは、米Progress Softwareによる買収を踏まえ、米ActionalのWebサービス管理製品群の国内販売を開始する。(2006/1/27)

Progress、Actionalを買収
Progressの業務部門であるSonic SoftwareにActionalを統合し、SOAインフラソフトの提供強化を図る。(2006/1/20)

和製XMLデータベースとして再起を図るSonic XIS
XMLネイティブ・データベースの第1世代として注目を集めた「eXcelon」が、サイバーテックに事業移管され、国産XMLデータベースとして生まれ変わることになった。(2005/8/23)

Interview:
SOAは間違いなく現実解に――米ベリングポイントCTO
SOAは、実装する上で現実的な状況になっているのか。また、問題点はないか。コンサルティングファームの米BearingPointでCTOを務めるボビー・ソニ氏に話を聞いた。(2005/8/3)

MSとIBM、Webサービスセキュリティ仕様を標準化へ
MicrosoftとIBMは共同開発したWebサービスセキュリティ仕様WS-Trust、WS-SecureConversation、WS-SecurityPolicyを標準化のためOASISに提出する。(IDG)(2005/7/15)

ベリングポイントとソニックソフトウェア、SOAベースのシステム統合分野で協業
ベリングポイントとソニックソフトウェアは7月11日、経営環境の変化に迅速に対応する柔軟なITシステムの実現に向けて、SOAベースの統合ミドルウェア「ESB(エンタープライズ・サービス・バス)」の導入で協業することを明らかにした。(2005/7/11)

欧州オープンソース動向第4回:
欧州発世界レベルへ――ObjectWeb
フランスには仏政府やFrance TelecomとBullという仏大手企業の支援を得て設立されたコンソーシアム「ObjectWeb」がある。プロプライエタリなベンダーからのロックインを回避したいという思いがObjectWebを後押ししている。(2005/1/12)

イーズ・コミュニケーションズとデータディレクトテクノロジーズ、データアクセス高速化で提携
イーズ・コミュニケーションズとデータディレクトテクノロジーズは、データアクセスの高速化によるシステムパフォーマンス向上を目的に提携した。(2004/8/25)

米国防総省、高度な軍事シミュレーションにLinuxクラスタ導入
米国防総省が導入したLinux NetworxのLinuxクラスタは、約100万の部隊や戦車、輸送車両、迫撃砲や陸上火砲などの兵器、戦艦、戦闘機などを想定した軍事シミュレーションが可能だ。(IDG)(2004/8/18)

ソニックソフトウェア、サービス指向アーキテクチャに基づくシステム統合基盤を販売開始
ソニックソフトウェアは、システム統合基盤「Sonic ESB 5.5」を販売開始した。(2004/6/3)

Webサービス9社、WS-MessageDelivery支持
(2004/5/26)

JBoss、ESBのオープンソース化を検討
(2004/4/27)

Javaデータアクセスの基礎(1):
JDBCとは何か?
(2001/6/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。