ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「テツなアラフィフと「dynabook R732」」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「テツなアラフィフと「dynabook R732」」に関する情報が集まったページです。

テツなアラフィフと「dynabook R732」 番外編:
第5回 ビジネスシーンに適する、“よく練られた”優秀仕様──改めて「R732/W3」のビジネス力を探る
わたしは「テツ」である──。と「ではオフシーンはどう?」とするテーマで展開してきたが、普段はもちろんdynabook R732をバリバリ業務で使用する。改めてどこがよいか、今回はまじめに“オン”の視点で紹介する。(2012/11/2)

テツなアラフィフと「dynabook R732」:
第4回 オフの楽しみ、R732/W3で「鉄道シミュレータ」とたわむれてみる
わたしは「テツ」である──。だからこそ、仕事を離れたらもっといろいろな形でPCとたわむれてみたいのである。今回はR732で鉄道シミュレータを動かしてみることにする。(2012/10/18)

テツなアラフィフと「dynabook R732」:
第3回 何これ速い──スイスイとRAW現像、改めてUSB 3.0の絶大効果も知る
わたしは「テツ」である──。テツであるからこそ、撮った写真はその場でモノにしたいのである。dynabook R732ではその欲望を実現できるのか、確かめてみた。(2012/9/14)

テツなアラフィフと「dynabook R732」:
第2回 潮風とロマンとぬれ煎餅、R732と銚子電鉄“乗り・撮り”の相性は?
わたしは「テツ」である──。テツ趣味をさらに極めるべく導入した「dynabook R732」は、実際どのように使えるか。銚子電気鉄道旅へ実戦投入してみることにした。(2012/8/28)

テツなアラフィフと「dynabook R732」:
第1回 テツ趣味を極める万能マシン──「dynabook R732」がやってきた
わたしは「テツ」である──。ダイヤグラムと車両、体験と風景、そして装備にこだわるテツとして最適なPCは何か。高速・軽量・長時間の万能マシンをテツ旅の相棒に、まずは“テツ色”に染めてみた。(2012/7/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。