ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「dynabook R732」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「dynabook R732」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

高解像度+17.3型、2560×1440ドット、着脱Ultrabookも:
「もっと高性能」にカスタマイズ可能──東芝、Haswell搭載dynabookにWebオリジナルモデル
東芝が2013年夏のdynabookシリーズWebオリジナルモデルを発表。店頭モデルにはないフルHD+17.3型の高級ノートから、2560×1440ディスプレイ搭載「KIRA V832」を“よりハイスペック”構成で注文できるモデルなどを用意する。(2013/6/6)

2013年PC夏モデル:
タッチ対応モデルを大幅拡充、ディスプレイ着脱式Ultrabookも登場――東芝「dynabook」新モデル
東芝が2013年夏商戦向けのノートPC新モデルを発表。ディスプレイ着脱式のUltrabook新モデルを投入したほか、タッチパネル搭載モデルを大幅に増やしたのが見ところだ。(2013/5/31)

「dynabook R732」ロードテスト:
第5回 相性抜群だっ──dynabook R732/W5の「出張」対応力をチェック
ノマドなライター仕事のフィールドは、当然ながら「いつでもどこでも」。WiMAXを内蔵し、どこでも仕事ができる「dynabook R732/W5」は出張での利用にも相性は抜群。今回はR732/W5を持参し、N700系に乗って大阪出張である。(2013/3/26)

タッチ対応ノート「T642」がオリジナルモデルに追加:
“ハイブリッドドライブ”搭載モデルを拡充、「東芝ダイレクト」限定のdynabook新モデル
仕様のカスタマイズオーダーが可能な東芝ダイレクト直販モデルが、2013年春モデルをベースに一新。NANDフラッシュメモリを内蔵したHDDを採用したモデルを多数追加し、ラインアップを拡充した。(2013/2/14)

「dynabook R732」(2012年秋冬モデル)ロードテスト:
第4回 東芝のクラウドストレージは「安心感」がちょっと違う──R732+「デジタル貸金庫」を試す
クラウドストレージが便利なのは知っているが、ビジネスPCで使うとなるとちょっと不安……。そんな人は“安全性”をしっかり工夫した東芝独自のサービス「デジタル貸金庫」を使ってみてはいかがだろう。(2013/2/13)

2013年PC春モデル:
基本性能を強化した13.3型高性能・高機能モバイルPC――「dynabook R732」
dynabook R732の2013年春モデルは、CPU性能を強化したほか、上位モデルはBlu-ray Discドライブ、下位モデルはSSD+HDDのハイブリッドドライブを新たに採用しているのが目を引く。(2013/2/12)

2013年PC春モデル:
3TバイトHDD+ONKYOスピーカー、“快適”を進化させたテレビ搭載21.5型──「dynabook REGZA PC D712」
カラバリ豊富な21.5型サイズ「dynabook REGZA PC D712」は、3波ダブルチューナー+3TバイトHDD+新TVソフト+ワイヤレススマホ連携ソフトなど、PC+AV機能+スマートデバイスをより快適に扱える仕様となった。(2013/2/12)

2013年PC春モデル:
スマホ/テレビと便利に連携、自社開発新ストレージモデルも──東芝「dynabook」新モデル
東芝が2013年春商戦向けの新モデルを発表。各モデルともOffice 2013や基本性能の向上に加え、スマートフォンで活用する便利ソフト、より見やすく使いやすくするTV総合アプリの新バージョンなど、新生活に便利な快適・安心を訴求する付属ソフトウェアの強化が行われた。(2013/2/12)

「dynabook R732」(2012年秋冬モデル)ロードテスト:
第3回 たぶん“ほか”より強固──「R732/W5」のセキュリティ機能をチェック
モバイルシーンで活動する業務に向くマシン、それが「dynabook R732/W5」。なぜなら、持ち歩くマシンだからこそ必要なセキュリティ機能が充実しているためだ。そういえば、他のモバイルPCはなぜ指紋センサーなどを標準搭載しないのでしょうかね。(2013/1/18)

PC USER 週間ベスト10:
7型タブレットが1万円切りの衝撃(2012年12月10日〜12月16日)
先週のアクセスランキングでは、1万円を切る7型タブレット、復活したMacの古典的スクリーンセーバー、薄型iMac、アキバのPCショップ情報が上位にランクインしました。(2012/12/17)

「dynabook R732」(2012年秋冬モデル)ロードテスト:
第2回 なんだ、この速さは! 「dynabook R732/W5」のスピードに2年半の進化を見てしまった
旧愛機のdynabook RX3も、速度面ではさほど不満がないはずだった。別の高効率化を目的に「dynabook R732/W5」に乗り換えたところ、もう元には戻れない2年半の進化を目の当たりにしてしまった。(2012/12/11)

PC USER 週間ベスト10:
これからのリビングPCはみんなで大画面をタッチ?(2012年12月3日〜12月9日)
先週のアクセスランキングでは、テーブルトップPCこと「VAIO Tap 20」、薄型ボディに生まれ変わった「iMac」、そしてアキバのPCショップ情報が上位に入りました。(2012/12/10)

「dynabook R732」(2012年秋冬モデル)ロードテスト:
第1回 dynabook RX3ユーザーが乗り換えを即決した、「dynabook R732/W5」の魅力
ノマドなライター仕事には、それ1つで全ての作業が完結する“万能”な業務マシンが不可欠。「dynabook R732」はまさにその条件にぴたりと当てはまる。2年使った「dynabook RX3」とも、いよいよ別れのときがやってきたようだ。(2012/12/7)

ダウングレード権を行使したWin 7モデルも用意──東芝、企業向け「dynabook」シリーズを一新
東芝が企業向けノートPC 9シリーズを刷新。全機種Windows 8 Proを採用するほか、オフィスニーズに沿い、Windows 8のダウングレード権を行使したWindows 7 Professional搭載モデルもオーダーできる。(2012/11/19)

テツなアラフィフと「dynabook R732」 番外編:
第5回 ビジネスシーンに適する、“よく練られた”優秀仕様──改めて「R732/W3」のビジネス力を探る
わたしは「テツ」である──。と「ではオフシーンはどう?」とするテーマで展開してきたが、普段はもちろんdynabook R732をバリバリ業務で使用する。改めてどこがよいか、今回はまじめに“オン”の視点で紹介する。(2012/11/2)

変形Ultrabook「R822」がオリジナルモデルに追加:
“こだわり仕様”にカスタマイズOK、「東芝ダイレクト」直販限定のdynabook新モデル
特にモバイルモデルのカスタマイズオーダーが好評の東芝ダイレクト直販モデルが、2012年秋冬モデルをベースに一新された。コンバーチブルUltrabook「dynabook R822」のほか、高速SSDや8Gバイトメモリ仕様など、好みの仕様でオーダーできるWebオリジナルモデルを多数用意する。(2012/10/22)

2012年PC秋冬モデル:
クアッドコアCore i7+3TバイトHDDを搭載した23型AV PC――「dynabook REGZA PC D732」
23型フルHD液晶ディスプレイと3波ダブルチューナーを備えた液晶一体型PC「dynabook REGZA PC」は、Windows 8を導入しつつ、CPUやHDDをスペックアップした。(2012/10/19)

2012年PC秋冬モデル:
Core i7モデルを追加した1台4役の21.5型AV PC――「dynabook REGZA PC D712」
「dynabook REGZA PC D712」は、21.5型フルHD液晶を備えた液晶一体型PCのバリューモデル。秋冬モデルはWindows 8の導入とともに、Core i7搭載の上位モデルを追加した。(2012/10/19)

2012年PC秋冬モデル:
売れ筋のA4ノートが5GHz帯&Bluetoothに対応――「dynabook T552」
東芝の主力A4ノートPC「dynabook T552」は、CPUやHDDといった基本性能を強化しつつ、無線LANが5GHz帯に対応し、Bluetooth 4.0に対応するなど、無線通信機能が強化された。(2012/10/19)

2012年PC秋冬モデル:
全モデルで高速SSDを採用した高性能モバイルノート――「dynabook R732」
13.3型ワイドのハイエンドスリムノートPC「dynabook R732」は、2012年秋冬モデルで全機に6Gbps対応の高速SSDを採用し、下位モデルでも高速動作かつ長時間駆動を実現した。(2012/10/19)

2012年PC秋冬モデル:
ウワサの変形Ultrabookが登場、もちろん全機種Windows 8に──東芝「dynabookシリーズ」新モデル
東芝が2012年秋冬商戦向けの新モデルを発表。OSはもちろん全機種Windows 8へ刷新。ウワサの変形Ultrabookのほか、長時間モバイル、軽量Ultrabook、高機能AVモデルなど全8機種36モデルをラインアップする。10月26日より順次発売する。(2012/10/19)

テツなアラフィフと「dynabook R732」:
第4回 オフの楽しみ、R732/W3で「鉄道シミュレータ」とたわむれてみる
わたしは「テツ」である──。だからこそ、仕事を離れたらもっといろいろな形でPCとたわむれてみたいのである。今回はR732で鉄道シミュレータを動かしてみることにする。(2012/10/18)

テツなアラフィフと「dynabook R732」:
第3回 何これ速い──スイスイとRAW現像、改めてUSB 3.0の絶大効果も知る
わたしは「テツ」である──。テツであるからこそ、撮った写真はその場でモノにしたいのである。dynabook R732ではその欲望を実現できるのか、確かめてみた。(2012/9/14)

テツなアラフィフと「dynabook R732」:
第2回 潮風とロマンとぬれ煎餅、R732と銚子電鉄“乗り・撮り”の相性は?
わたしは「テツ」である──。テツ趣味をさらに極めるべく導入した「dynabook R732」は、実際どのように使えるか。銚子電気鉄道旅へ実戦投入してみることにした。(2012/8/28)

テツなアラフィフと「dynabook R732」:
第1回 テツ趣味を極める万能マシン──「dynabook R732」がやってきた
わたしは「テツ」である──。ダイヤグラムと車両、体験と風景、そして装備にこだわるテツとして最適なPCは何か。高速・軽量・長時間の万能マシンをテツ旅の相棒に、まずは“テツ色”に染めてみた。(2012/7/27)

東芝、企業向けの薄型軽量Ultrabook「dynabook R632」などノートPC計9製品
東芝は、企業向けモデルとなるノートPC計9製品を発表した。新たに第3世代Coreプロセッサ搭載モデルもラインアップしている。(2012/6/19)

店頭モデルにない256GバイトSSD搭載モバイル&Ultrabookを用意──「東芝ダイレクト」直販限定モデル
東芝のUltrabook「R632」/モバイルノート「R732」に直販限定モデルが登場。256GバイトSSDへの強化、Officeの有無など、こだわり層に向けたモデルを用意する。(2012/6/12)

2012年PC夏モデル:
“Ivy Bridge”と高速SSDでより快適になったハイエンドモバイルPC――「dynabook R732」
東芝の13.3型モバイルPC「dynabook R732」は、第3世代Coreの採用で性能をアップしたほか、6Gbps対応の高速SSDや軽量液晶パネルの採用などが目を引く。(2012/6/11)

2012年PC夏モデル:
超横長、Ivy対応+新色などUltrabook拡充、新デザインREGZA PCも──東芝「dynabook」夏モデル第2弾
東芝がPC夏モデル第2弾を発表。“超横長”ディスプレイ採用モデル、新色+新CPUなどUltrabookのラインアップ拡充に加え、新デザインのREGZA PC、主力モバイルも性能が強化された。(2012/6/11)

2012年PC夏モデル:
REGZA/AV連携強化、すべて第3世代Core i7搭載──東芝「dynabook」、夏の新モデル
東芝がPC夏商戦向け新モデルを発表。地デジ液晶一体型の「REGZA PC」、AVノート「Qosmio」、スタンダードノート「dynabook」の各シリーズを“Ivy Bridge”世代の新CPUに刷新した。5月25日より順次発売する。(第2弾追加)(2012/5/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。