ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「RCM(Risk Control Matrix)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「RCM(Risk Control Matrix)」に関する情報が集まったページです。

Dell EMCが本気で推進するHCI/CIの全貌:
PR:Vblock/VxBlock、HCIが普及しても価値が色あせない理由
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)に注力しているDell EMCだが、それによって統合インフラシステム(CI)であるVblock/VxBlock推進の手を緩めているわけではない。理由は、HCIが宗教であってはならないからだ。(2017/4/17)

スパム業者が14億人もの個人情報を所持、1日に10億件の迷惑メール送信 誤って公開されたバックアップデータから明らかに
セキュリティ研究チームが一般公開されたファイルから発見しました。(2017/3/9)

14億人の個人情報、迷惑メール業者のバックアップファイルで露呈
迷惑メール送信に使われていたと思われるリストには、約14億人分の電子メールと実名、IPアドレスのほか、住所が記載されているものもあったという。(2017/3/7)

視点:
次世代メンテナンスのあり方
保全の対象である設備・インフラが時代とともに大きく進歩してきたように、保全方式も進化を遂げてきた。原始的で無駄の多い手法から、よりハイテクで効率的に進化してきた保全方式は、大きく3つの世代に区分される。(2015/8/17)

リテールテックJAPAN 2014 リポート:
「Beacon」「NFC」「音響通信」――スマホ活用進む! 購買体験を革新する注目技術
第30回流通情報システム総合展「リテールテックJAPAN 2014」が、2014年3月4〜7日の4日間、東京ビッグサイトで開催された。本稿では“近未来の購買体験”を実現する、スマートフォンを活用した来店・販売促進の取り組みをリポートする。(2014/3/11)

製品ニュース:
キャトルアイ・サイエンス、マルチベンダー対応のCAEデータ管理システムを発売
キャトルアイ・サイエンスは新製品「ASNARO Version 2」を発表。解析・シミュレーションのデータだけでなく、解析レポート、実験データ、会議メモなどさまざまな関連情報を簡単に登録、閲覧、共有できる。オープンソースソルバや独自開発コードにも対応。解析作業のワークフローの効率化や技能伝承に利用できる。(2013/6/4)

独自データベースエンジンで多次元分析も高速に:
POSもSNSも予測に役立てる「Hitachi Advanced Data Binderプラットフォーム」
日立製作所は2013年3月1日、小売業におけるビッグデータ活用を推進する目的で流通分析ソリューションの提供を発表した。(2013/3/4)

NEWS:
ALMツール「PTC Integrity」、リリースはいつごろ?
PTCがついにソフトウェア開発プロジェクト管理ツールも提供へ。MKS買収後の記者発表会では、今後の製品の方向性などに注目が集まった。(2011/7/20)

大幅刷新でグローバル開発支援:
Windchill 10.0は“トップダウン型”開発に最適なエンタープライズPLM
PTCのPLM製品群が大幅に刷新された。Windchill 10.0は「エンタープライズPLM」構想に沿って、上流から下流までを包括的に管理するソリューションとなった。(2011/4/15)

大幅刷新でグローバル開発支援:
Windchill 10.0は“トップダウン型”開発に最適なエンタープライズPLM
PTCのPLM製品群が大幅に刷新された。Windchill 10.0は「エンタープライズPLM」構想に沿って、上流から下流までを包括的に管理するソリューションとなった。(2011/4/15)

【IFRS】140字で解説! 会計人のためのIT用語集【4】
「コンプライアンス」をライトに解説してみれば
難しく深刻に考えられがちなコンプライアンス。実際、日本版SOX法など会計人に対しては重い負荷がかかっている。連載の第4回では内部統制関係をはじめとするコンプライアンス関係の用語を分かりやすく、またライトに解説する。(2010/8/17)

モノづくり最前線レポート(17):
Windchillはソフトもマテリアルも含めた統合プラットフォームを目指す――PTC
「エンタープライズPLM」環境を提供すべくWindchillプラットフォーム強化を進めるPTC。日米トップ2人が今後のビジョンを語った(2010/2/9)

わが社のコスト削減:
やはりツールの導入が不可欠――J-SOX 2年目の知恵
J-SOX対応を効率的に行うために、初年度から積極的にITツールの導入を行った企業も多い。当初の文書化作業も重要だが、その後についてもやはり工夫しながらツールを使うことが必要である。(2009/7/10)

NEWS
日立ソフト、日本版SOX法対応2年目以降の作業を効率化するテスト支援システム
日本版SOX法対応の初年度の課題を基に、2年目以降のテストや評価作業を効率化するための機能が拡充した、内部統制運用テスト支援システムを発表した。(2009/4/14)

NEWS
網屋、J-SOX法対応の文書化工数を削減するテンプレート集
17手順書、61様式のテンプレートを提供することで、IT統制整備で手間が掛かるとされている文書化作業の工数削減を支援する。(2009/3/4)

ERMへ向かう企業経営:
経営リスクには戦略的対応で備える時代に
J-SOX対応などを契機に業務における経営上のリスクを未然に防ぐ基本的な枠組みとして内部統制が構築された。今後は経営安定化に必要なリスク対策において、より柔軟に対処していくための枠組みが求められる。(2009/2/12)

ホワイトペーパー:
内部統制担当者が直面する10の課題&ツール活用法
賢い内部統制担当者は、抱える業務量を削減するためにどのようにツールを活用しているのか? ツールの活用法や解決できなかった場合の対応など、困難な局面での対処法を紹介する(提供:日本電気)。(2008/10/24)

内部統制担当者は、何をよりどころにすればいいのか?
Q&A形式で押さえる内部統制対応の“勘所”
日本版SOX法の適用初年度、確固たる基準が見えない中で企業の内部統制担当者は何をよりどころに対応作業を進めればよいのか? アビーム コンサルティングの永井 孝一郎氏は、「そこには“勘所”がある」と言う。(2008/10/15)

NEWS
ITL、J-SOX法対応の内部統制運用評価・監査支援ツールを発売
内部統制運用評価・監査支援ツール「TAMIC」を9月15日より販売。内部統制の運用評価と監査テスト作業の進ちょく管理、内部統制報告書作成支援までをサポートする。(2008/7/25)

Tips of SOX:
出来の良いRCMの持つ2つの側面
システムが不変ではない以上、SOX対応における文書も更新していく必要がある。RCMの記述でも、更新作業で記載漏れなどが起こらない手立てを考えていく必要がある。(2008/7/17)

Tips of SOX:
RCMは何種類作るのか?――手続きと実態の両面から考える
RCM(Risk Control Matrix)の作成は、膨大なエネルギーを要する。各部署からの情報も少ない段階であっても、変更を予測しながら、作業を進めていき、業務の手続き上の問題とその実態の両方の側面から統一を図っていくのがベストだ。(2008/7/2)

日本特有の業務プロセスに対応:
BPMエンジンを組み込んだWebシステム基盤ソフト、NTTデータ イントラが提供
BPMの機能を組み込んだWebシステム構築基盤製品の最新版をNTTデータ イントラマートが発表した。人が介在する日本特有の業務プロセスに対応できる。(2008/6/25)

PR:文書化の先にある内部統制を支援する「Symantec ESM」
2008年4月に始まったJ-SOX法の適用に伴い、多くの企業は対応を済ませているはず。だが、果たして万全なのか? 少しでも不安を抱える企業には、シマンテックのIT全般統制支援ツール「Enterprise Security Manager」でセキュリティポリシーの遵守状況を定期的にチェックすることをお勧めする。メールデータの保全および情報開示要求に最適なメールアーカイブ製品「Enterprise Vault」などのコンプライアンスツールを組み合わせることで相乗効果も期待できる。(2008/4/17)

いよいよJ-SOX始動!:
内部統制、実際のところどうするの?
J-SOX法対策に取り組む企業にとって、内部統制の運用負荷をどのように軽減していくかは悩みのタネだろう。内部統制の効率化について、いくつかの方法を紹介する。(2008/4/16)

アナリストの視点:
実は活況な大企業向けERP市場
矢野経済研究所の調査では、2007年のERPパッケージライセンス売上高市場は1178億円、前年比13.7%増となった。2008年以降の動向について考察する際、懸念点はやはり、2007年末から顕在化し始めた景気悪化である。(2008/4/8)

「監査を恐れることはない」とIT部門にエール CSE内部統制セミナー
CSEが3月5日に開催した内部統制セミナーで、日本ユニシス商品企画部セキュリティビジネス企画室の戸木貞晴氏が講演。「監査を恐れる必要はない」とIT統制に頭を悩ますIT部門を勇気づけた。(2008/3/5)

「知り合い」「信じあい」「やる気」――手続き的統制を阻む業務の現実
2008年4月、金融商品取引法に基づく内部統制報告制度の適用年度が始まる。ITmedia エグゼクティブが開催したラウンドテーブルから、内部統制の整備に試行錯誤しながらも立ち向かう企業の実態が見えてきた。(2008/2/13)

「業界では当たり前はもはや通用しない」と牧野弁護士
粉飾、偽装、談合などが相次ぎ、世間の企業責任に対する視線は厳しくなっている。もはや「分かっているはず」「今まで通りだから」のやり方は通用しなくなっている。牧野二郎弁護士は、内部統制の本質はリスクに強い組織になることだ、と話す。(2008/2/5)

トレンドフォーカス:
ブレーキとアクセルを同時に踏むプロジェクト――内部統制監査
いよいよ本格化する内部統制監査に向けての準備作業。IT全般統制作業も含めて、各作業のスケジューリングが成功の鍵を握る。(2008/2/4)

住商情報とエイトレッド、ユーザー視点に立ったJ-SOX法対応のツールを提供
日本版SOX法の施行を控える中、住商情報システムとエイトレッドはIT全般統制の分野で業務提携した。(2008/1/8)

NEWS
住商情報システム、IT全般統制対応テンプレートを発売
エイトレッドとの協業により、日本版SOX法のIT全般統制に含まれる「情報システム部の業務プロセス」の申請・承認処理における監査対応を主眼においたツール「SMART SOX for ITGC」を発売(2008/1/8)

NEWS
リコー、内部統制支援機能を強化した文書管理システムを発売
文書管理・文書配信ソフト群「Ridoc Document System」の新製品として、大規模ネットワーク対応の文書管理システム「Ridoc Document Server Ep Version2」を発表(2007/12/6)

NEWS
アトラクス、日本版SOX法対応の文書作成・管理支援ツールに新機能
「TRIANGLE J-SOX」に、Excelなどほかのソフトウェアで作成した文書の取り込み機能とフローチャート自動生成機能を標準搭載(2007/11/20)

日商エレクトロニクスら3社、内部統制ソリューションを発表
内部統制分野で業務提携した日商エレクトロニクスら3社は、新たなソリューション「GRANDIT内部統制コンテンツ for Ci-Tower BPM」を間もなく提供開始する。(2007/11/19)

NEWS
日商エレほか2社、共同で内部統制ソリューションを提供
内部統制PDCAサイクルの一元管理を実現する内部統制ソリューション「GRANDIT内部統制コンテンツ for Ci-Tower BPM」の提供を開始(2007/11/19)

企業ID管理システム確立への道:
IT全般統制におけるアイデンティティ管理
わが国でも、米国におけるSOX法(サーベンス・オクスリー法)に端を発した金融商品取引法(通称J-SOX)が成立し、対象となる上場企業では各種の準備が行われている。文書化やリスクコントロールマトリクスの作成、またすでに監査法人と相談しながら「ドライラン」(監査の予行練習)を行っているところもあるが、全体的にはまだ模索段階の企業も多い。(2007/11/16)

初心者歓迎! ITIL連載講座:
キャパシティ管理――削減するだけがコスト最適化ではない
今回はITサービスのキャパシティを管理する「キャパシティ管理」について解説する。(2007/11/9)

内部統制の整備(文書化)・評価で失敗しないツール選び:
社内の混乱を最低限に抑えて切り抜けろ
日本版SOX法を目前に控えた今、内部統制の整備・評価で大変なフェーズにさしかかっている企業は少なくないはずだ。そのフェーズを上手に切り抜ける方法として、東芝ソリューションでは整備(文書化)・評価支援機能を持った内部統制推進ソリューションの活用を提案している。(2007/10/31)

NEWS
チェンジビジョン、内部統制に対応した文書化支援ツールの新版を発表
RCM、業務記述書のフルカスタマイズを実現した「JUDE/Biz 2.0」をリリース。職務分掌表作成やファイルへのパスワード設定、ファイルロック機能などを新たに搭載(2007/10/12)

日本版SOX法対応、文書化で終わったつもり? ベリングポイントが経営者評価支援サービス
ベリングポイントは、日本版SOX法に対応した「経営者のための評価支援サービス」を発表した。財務報告に係わる内部統制の有効性評価に失敗するリスク回避を支援するサービス。(2007/10/2)

ブリングアップ、3ツールを連携した内部統制システムを提供
ブリングアップは、内部統制におけるデータの文書化から整備運用の評価までを扱う内部統制システムを提供開始した。(2007/9/19)

NEWS
ドラゴン・ネットワークスなど3社、内部統制文書自動作成ソフトを開発
工数のかかる内部統制文書化作業の効率を上げる「JSOXクイックドキュメント」を共同で企画・開発(2007/9/4)

総務部門のためのIT解説 「内部統制」編(2):
内部統制を実行するために最初に行うこと
内部統制の出発点は、「不正をしない気風づくり」にある。以上が、第1回の要約である。第2回では、内部統制を実行するために最初に行うこと、すなわち「リスクの評価と対応」について述べていく(2007/8/7)

内部統制対応のための包括ソリューションを国内投入――日本オラクル
日本オラクルは、企業の内部統制を支援する包括的ソリューションとして「Oracle Governance,Risk,and Compliance Managerの日本国内での販売を開始する。(2007/7/3)

NEWS
日本オラクル、内部統制管理のプロセスを自動化/最適化する新製品を発売
企業のガバナンス、リスク、コンプライアンスに向けた取り組みを本格化(2007/7/2)

エス・エス・ジェイ 内部統制用テンプレートを販売開始
来年4月より実質施行される日本版SOX法に備え、文書化作業の効率化を図る製品が発表された(2007/6/29)

「危険はWebサイトから」、トレンドマイクロが企業向け対策ソフトの新版
トレンドマイクロは、オプションとしてレピュテーション機能などを追加した企業クライアント向けセキュリティ対策ソフトの新バージョンを発表した(2007/6/4)

内部統制を前に見直せ! ワークフロー:
第4回 「3点セット」の作成と整合
内部統制文書には、「3点セット」なるものが存在する。多くの場合、これがJ-SOX対応で最初のハードルになることも。ただ、3点セットは単につくればいいものではない。その作成と整合には、コツがいるのだ――。(2007/5/18)

マーズコーポレーション、日本版SOX法に対応した内部統制支援ツールを販売開始
マーズコーポレーションは、日本版SOX法に対応した内部統制支援ツール「ICONE」(アイシーワン)の販売を開始した。(2007/5/17)

NEWS
日立ソフトウェアエンジニアリング、内部統制における運用テストと有効性評価の支援ソフトを発売へ
日立ソフトウェアエンジニアリングは、内部統制における運用テストと有効性評価を支援するソフトウェア「iCOT Assistant」を開発し、8月より販売する。(2007/4/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。