ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「RedBend Software」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「RedBend Software」に関する情報が集まったページです。

組み込み開発視点で見る「IoTの影」(6):
組み込み開発者のための「IoT製品 セキュリティ実装ガイド」
「コンシューマー向けIoT製品」を開発する際、どのようなセキュリティを実装すべきか。筆者も執筆監修に携わったJNSAのガイドブックより、機器とサービスの仕様から「どのようにセキュリティ対策を想定し、優先順位を決定するべきなのか」を例示していきたい。(2017/2/13)

WACウィジェット搭載のAndroid端末が登場、Mobile World Congressで展示
レッドベンドとSmart Communicationsが、WACウィジェットを搭載したAndroid端末「Netphone」を発表。Mobile World Congressで披露する。(2011/2/9)

組み込み企業最前線 − レッドベンド・ソフトウェア −:
ドコモが認めた技術を“ケータイ以外”へ
FOTAと呼ばれる無線ファームウェア配信技術で、一躍携帯電話市場に名をはせたレッドベンド・ソフトウェア。NTTドコモも認めたそのモバイル機器向けソフトウェア管理ソリューションが、M2Mの世界でも注目を集めている。携帯電話で培われた技術で“ケータイ以外”の組み込み市場を狙う同社の強みとは?(2009/5/25)

レッドベンドとドコモ、携帯のソフト管理ソリューションで包括契約を締結
NTTドコモとレッドベンド・ソフトウェア・ジャパンは5月18日、モバイル機器向けのソフトウェア管理ソリューションのライセンス包括契約を結んだと発表した。レッドベンドのMSMソリューションすべてがライセンスの対象。(2009/5/18)

リリースダイジェスト(3月30日)
マイクロソフトが提供する「MSN 相談箱」のモバイル版が登場、ジェイマジックの画像認識システムがセガのモバイルカラオケサイトに採用、ブックオフがカシオの業務用PDA「DT-5200」を導入、など。(2009/3/30)

リリースダイジェスト(3月16日)
TCAの会長にKDDIの小野寺正氏、MCPCが2012年のスマートフォンの市場規模予測、インデックスがTRUSTeマーク普及賞を受賞、など。(2009/3/16)

モバイルの安全を支える「黒子役」:
ケータイアップデート機能を提供するレッドベンド
最近の携帯電話にはソフトウェアを更新する機能が搭載されている。端末の高機能化とともに同機能の重要性がますます高まっている。(2008/7/22)

ケータイアップデートの煩わしさを解消するvCurrrent Mobileを発売、レットベント
レッドベンドは携帯電話のファームウェアを自動で更新するvCurrrent Mobileの最新版を発表した。(2007/6/29)

レッドベンドのvCurrent Mobileクライアントが「912SH」に採用
(2007/6/25)

レッドベンドの無線アップデート技術、シャープの「813SH」に採用
(2007/4/16)

レッドベンドの無線アップデート技術、PANTONEケータイ「812SH」に採用
(2007/3/5)

レッドベンドの無線アップデート技術、ウィルコムのPHSに採用
(2007/2/19)

RedBend Software、モバイルソフトウェア管理ソリューション「vRapid Mobile」を発表
(2007/2/8)

レッドベンドのモバイルソフト搭載端末、世界で58機種8000万台に
(2007/1/23)

レッドベンド、NECに携帯電話向けFOTAソリューションを提供
(2006/7/18)

RedBend Software、日本法人を設立
(2005/10/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。