ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「RockYou」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「RockYou」に関する情報が集まったページです。

Twitter、ソーシャルマーケティングのRestEngineを買収
Twitterが買収したRestEngineは、登録ユーザーにターゲティングメールを送信することでアクティブ率を高めるツールを提供するソーシャルマーケティング企業だ。(2012/5/11)

セキュリティ対策の不備でユーザー情報流出、FTCが25万ドルの和解金提示
FTCによると、ソーシャルゲームサイトのRockYouはセキュリティ対策やプライバシー保護対策を怠り、登録ユーザー3200万人の電子メールアドレスとパスワードを流出させた。(2012/3/28)

短期集中連載・mixiはどこへ行く?:
最終回 1500万人を満足させることは可能か――問われる「ネットベンチャーの雄」の舵取り
登録ユーザー数2337万人、アクティブユーザー数1537万人――圧倒的なユーザー数を誇るmixiは「国産の情報社会インフラ」ともいえる存在だ。しかしmixiは今、大きなトレンドの変化の中で、いくつかのジレンマと戦っている。(2012/1/16)

「基本無料」でビジネスをする方法――ソーシャルゲームのマネタイズ戦略
ソーシャルゲームやスマートフォンのアプリ市場の一部で共通しているのが、「基本無料だが別の方法で課金を行う」というビジネスモデル。特にソーシャルゲームには、長く遊んでもらう秘訣、価格設定など、さまざまなノウハウがある。『ブラウザ三国志』などを手がけた椎葉忠志氏らが語る「マネタイズの勘所」とは……?(2011/9/9)

SNSにおける適切なパスワードの使用
SNSを利用する機会が増える年末年始の休暇。SNSで利用するパスワードの注意点について、過去の事例を参考に改めて考え直してみてはいかがだろうか。(2010/12/27)

「iPad、iPhoneの最強アプリ」と孫社長 ソフトバンクとZynga合弁、年内にサービス開始
「Zyngaのゲームは、iPhoneとiPadの最強アプリになるのでは」――孫社長はZyngaのソーシャルゲームに期待をかけている。(2010/7/29)

最も安易なパスワードは? 流出情報の分析結果を発表
情報流出の被害に遭ったパスワード3200万件をセキュリティ企業が分析し、安易なパスワードの上位10件を公表した。(2010/1/22)

mixiアプリで「20代女性中心」から脱却へ 開発者イベントで笠原社長
ミクシィは、20代女性中心だったmixiのヘビーユーザー層を「mixiアプリ」で広げる狙いだ。23日に開いた開発者イベントには、開発元として、SNS向けアプリ専業の米国ベンチャー企業も登場した。(2009/4/24)

写真共有サイトPhotobucket、APIを公開
写真共有サイトのPhotobucketがAPIを公開した。Adobe、AOL、RockYouなどが初期登録開発者に名を連ねている。(2008/4/23)

meebo、チャットルーム設置APIと広告ネットワークを発表
meeboは、チャットルーム「meebo rooms」を、Webサイトに簡単に設置できるAPIを発表。またチャットルームの広告収入を提携先と折半するネットワークの発足を明らかにした。(2008/2/1)

IM統合サービスのmeebo、Facebookアプリで動くチャットルーム発表
動画を見ながらチャットする機能「meebo rooms」がFacebookアプリで使えるようになる。(2007/12/14)

Google、SNS向け共通API「OpenSocial」を正式発表
開発者はOpenSocial APIを使って、「一度書けばすべての対応サイトで使える」ソーシャルアプリケーションを開発できる。MySpace、mixiも参加を表明した。(2007/11/2)

Web上のウィジェット、写真関連が人気――米調査
ウィジェットの閲覧ランキングでは、写真関連が上位4位を独占した。地域別の「ウィジェット浸透率」は、北米や西欧で高くなっている。(2007/6/14)

IM統合サイトのmeebo、動画共有機能を追加
複数のメッセンジャーにまとめてログインできるサイト「meebo」が、チャットしながら動画などのメディアをほかのユーザーと共有できる機能を追加した。(2007/5/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。