ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「RvR」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Realm vs Realm

関連キーワード

ジュネーブショーで披露:
三菱自、「RVR」2020年モデルを3月に世界初公開 外観デザインを刷新
三菱自動車は、コンパクトSUV「ASX(日本名:RVR)」の2020年モデルを、3月のジュネーブ国際モーターショーで世界初披露する。エクステリアデザインを刷新した。(2019/2/13)

車載情報機器:
三菱「エクリプス クロス」が日本発売、ディスプレイオーディオが標準装備に
三菱自動車は新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」を発売した。2019年度を最終年度とする中期経営計画の達成に向け、グローバル戦略車として展開中だ。(2018/3/2)

人気のクーペスタイル:
三菱自、新型SUV「エクリプスクロス」発売
三菱自動車は、コンパクトSUV「エクリプスクロス」を発売した。(2018/3/1)

後輪ブレーキに不具合:
三菱自、「アウトランダーPHEV」など9万台リコール 駐車中に動き出す恐れ
三菱自が、「アウトランダーPHEV」など4車種計9万2307台をリコール。後輪ブレーキキャリパーに不具合が見つかったため。最悪の場合、駐車中の車両が動き出す恐れもあるという。(2018/1/25)

製造マネジメントニュース:
三菱自は2019年に販売台数を4割増の130万台に、設備投資や研究開発費も大幅増
三菱自動車は、2019年度を最終年度とする中期経営計画「DRIVE FOR GROWTH」を発表した。2019年度に売上高を2016年度比3割増の2兆5000億円に、販売台数は同4割増の130万台を目指す。営業利益率は2016年度の0.3%から6%以上に引き上げる目標だ。(2017/10/19)

東京モーターショー 2017:
三菱自動車がSUVタイプの高性能EVを世界初公開、新たな成長と発展を示唆
三菱自動車は「第45回東京モーターショー 2017」において、高性能電気自動車(EV)のコンセプトSUV「e-EVOLUTION CONCEPT」を世界初公開する。(2017/9/21)

ジュネーブモーターショー2017:
三菱自がSUVを拡充、車名は89年のスペシャリティークーペ「エクリプス」から
三菱自動車は、「第87回ジュネーブ国際モーターショー」において世界初披露する新型コンパクトSUVの車名を「エクリプス クロス」に決定した。(2017/2/15)

クーペSUVを投入:
三菱自動車、新型SUVをジュネーブショーで初公開
三菱自動車は、3月のジュネーブ国際モーターショーで、新型スポーツタイプ多目的車(SUV)を世界初公開。(2017/1/25)

エコカー技術:
クルマづくりに誇りを持てば、不正は起こらないのか
三菱自動車の燃費不正問題に関する特別調査委員会は、同社に対して実施した調査の結果を報告した。軽自動車4車種をきっかけに明らかになった一連の不正について、2016年4月25日〜7月31日までの約3カ月間で、関係者154人に対し延べ236回の聞き取り調査を実施したという。(2016/8/3)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/06/23
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年6月23日)(2016/6/24)

エコカー技術:
三菱自動車が「パジェロ」「RVR」など5車種でも燃費不正、特別損失500億円計上
三菱自動車は、同社製車両の燃費試験における不正行為に伴う顧客への支払い費用として、2016年度決算に約500億円の特別損失を計上すると発表した。これまでに不正が判明している軽自動車4車種の他、「パジェロ」「アウトランダー(前モデル)」「ギャランフォルティス」「コルト」「RVR」の5車種でも不正を行っていたことも分かった。(2016/6/17)

エコカー技術:
三菱自が25年間も正規に走行抵抗値を測らなかった理由は「準備不足」か
三菱自動車は、長期間にわたり複数の車種で走行抵抗値を正規の手法で測定していなかった件について、国土交通省に対して追加報告を行った。正規に走行抵抗値を測定したのは「ミラージュ」と「デリカ D:5」のディーゼルエンジン車のみだった。正規の手法を導入できなかった準備不足や、「乖離は少ない」という判断が背景にある。(2016/5/20)

別の車のデータを組み合わせたケースも 三菱自、「パジェロ」などで燃費データ不正を確認
三菱自の燃費データ不正で、相川社長の引責辞任を発表。データ不正はパジェロなど4車種にも拡大。(2016/5/18)

エコカー技術:
三菱自動車はどのように走行抵抗値を測ったか、専門家も知らない独自手法?
三菱自動車が燃費不正問題に関する3度目の会見を開いた翌日、日産自動車は三菱自動車に2370億円を出資することを公表した。ただ、社内の指示系統や、ユーザーや販売店らを対象とした補償など燃費不正問題で明らかになっていない点は多い。不正の核心について「“高速惰行法”などという言葉は存在しない」との指摘も飛び出した。(2016/5/18)

エコカー技術:
日産が三菱自の筆頭株主に、「燃費不正で急きょ決めたものではない」
燃費測定試験の不正で対応に追われる三菱自動車は、日産自動車から2370億円の出資を受ける。日産は2016年末までに三菱自の発行済み株式の34%を取得し、筆頭株主となる。一方で一連の不正に関する社内調査は思うように進んでおらず、国土交通省は「報告が不十分で遺憾。企業として存続したいなら、相応の姿勢を示せ」と尻をたたく。(2016/5/13)

エコカー技術:
三菱自動車の燃費計測不正、シャシーダイナモの走行抵抗を軽めに設定
三菱自動車は、軽自動車「eKワゴン」と「eKスペース」の燃費計測で不正が行われていたことが判明したと発表。日産自動車にOEM供給している「デイズ」「デイズ ルークス」も燃費不正の対象となる。4車種で合計62万5000台を販売しており、これら全てで燃費計測不正が行われていたことになる。(2016/4/20)

電気自動車:
三菱自動車は「SUVと電動車で世界に役立つ」、2020年度までに14車種投入
三菱自動車が今後の商品展開の考え方として「SUVと電動車で世界に役立つ」という方針を示した。中小型SUVとプラグインハイブリッド車や電気自動車といった電動車に開発リソースを集中する一方で、三菱自動車を代表するセダン「ランサー」の自社開発を中止することを決めた。(2016/2/4)

東京モーターショー2015:
三菱自動車の次世代EVはシューティングブレークSUV、走行距離400kmで四輪駆動
三菱自動車は、「東京モーターショー2015」において、次世代EV(電気自動車)システムを採用した小型SUVのコンセプトカー「MITSUBISHI eX Concept」を世界初公開する。デザインに欧州の自動車メーカーが採用している「シューティングブレーク」取り入れ、高性能バッテリーの搭載で満充電からの走行距離は400kmを実現したという。(2015/10/9)

三菱自動車、米国生産からの撤退を発表
三菱自動車が米国生産から撤退。カリフォルニア州の米子会社による生産を11月末で終了する。(2015/7/27)

工場ニュース:
三菱自動車が米国生産から撤退、アジアにシフトへ
三菱自動車は米国の子会社であるミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ(MMNA)が生産・販売を行う「アウトランダー・スポーツ(日本名:RVR)」の生産を終了し、同モデルの生産を愛知県の岡崎工場に集約すると発表。米国での生産事業から正式に撤退となる。(2015/7/27)

車載半導体:
アイドルストップによる瞬断を防ぐ、車載DC-DCコンバータICの役割とは
自動車の燃費向上を目的に需要が拡大しているアイドルストップシステムは、鉛電池の残量低下によるECUの“瞬断”が起らないように、注意を払って開発を行う必要がある。もし、ECUに搭載するDC-DCコンバータICが瞬断を起こさないような機能を備えていれば、アイドルストップシステムの使用頻度をさらに高めたり、鉛電池の容量を低減できたりするかもしれない。(2012/6/8)

電子版「ラブ&ポップ」をGALAPAGOSでリリースしたその理由:
村上龍に聞く、震災と希望と電子書籍の未来(前編)
作家、村上龍氏の代表作の1つ『ラブ&ポップ』の電子書籍版がTSUTAYA GALAPAGOSに登場した。バブルの残滓が色濃く残るこの作品を、震災のダメージ、政治の混乱、経済の低迷という三重苦の中にある現代のわたしたちが振り返ることの意味はどこにあるのだろうか? 氏が考える「電子書籍の未来像」など、気鋭のジャーナリスト、まつもとあつしによる村上氏へのロングインタビューを2回にわたってお届けする。(2011/7/25)

男性が乗っていて、モテそうなSUVは?
(2010/8/26)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
カッコいいルックスと使いやすいサイズ感――三菱RVR
8年ぶりに復活した三菱RVR。クロスオーバーが続々登場している中で、“元祖”となる3代目RVRは乗用車とSUVとのクロスオーバーになった。先代とキャラクターに違いがあっても、違和感は見当たらない。(2010/7/2)

MMORPG「ネオスチーム」正式サービス終了
(2009/12/9)

「Warhammer Online: Age of Reckoning」に新ゾーン「死者の国」導入
(2009/6/24)

エンチャント第3段階を実装――「homage」アップデート
(2009/3/19)

TAIPEI Game Show2009番外編──ガマニアCEO Albert LIU氏インタビュー(後編)
前編に引き続き、Gamania Digital EntertainmentのCEO、Albert LIU氏へのインタビューをお届けします。新作タイトルについても紹介。(2009/3/19)

RvRシステムと専用マップを実装――「homage」
(2009/3/12)

熱い「攻城戦」と、仲間との「絆」を体験せよ――「R2 -Reign of Revolution」体験してきました
NHN Japanが2月26日よりクローズドテストに参加する「先発隊メンバー」を募集している新作MMORPG「R2 -Reign of Revolution-」を、先駆けて遊んできました。(2009/3/3)

ITmedia +D Games枠で150名募集:
「天地大乱」クローズドβテスト募集開始
YNKJAPANの新作MMORPG「天地大乱」のクローズドβテスト募集が本日から始まった。そこで、ITmedia +D Gamesでもβテスターを募集する。(2009/1/16)

オンラインゲーム最新イベント情報:
今日はあえてビールを飲みます
季節柄クリスマスイベントが多いこの時期。今日はあえて……。(2008/12/17)

ペット連れていきましょう――「ARCHLORD 〜 Moon Elf Rising 〜」
(2008/11/28)

カリスマポイントシステムの情報が公開――「ARCHLORD EPISODE 5 〜 THEGRANDCROSS 〜」
(2008/11/18)

「ARCHLORD」12月10日より「EPISODE 5 〜 THE GRAND CROSS 〜」にアップデート
NHN Japanは、Windows用MMORPG「ARCHLORD 〜 Moon Elf Rising 〜」のアップデートを12月10日に実施すると発表。「バトルグラウンドシステム」などについて紹介する。(2008/11/12)

YNK JAPAN、MMORPG「天地大乱」の国内サービスを発表
YNK JAPANは、新作MMORPG「天地大乱」に関する発表会を開催し、国内サービス決定とゲーム概要について明らかにした。テーマ曲を担当する松澤由美さんや韓国の女優キム・ガヨンさんも駆けつけた。(2008/10/23)

東京ゲームショウ2008 海外パビリオン:
海外パビリオン─―台湾編
今年は韓国パビリオンがなくなってしまった分を補うかのように、活気があった台湾パビリオン。PCゲームも数も豊富に取りそろえており、今後日本でサービスが始まるかもしれない、完成度の高い作品もいくつか並んでいた。(2008/10/12)

「homage」テストプレイリポート:
名前も新たに再出発する、ロックワークスの新作MORPG「homage」
ロックワークスが展開する新作MMORPG「homage(オマージュ)」のクローズドβテストが現在、8月1日〜3日という極短い期間で行われている。さて、どんなものなの?(2008/8/1)

MMORPGらしさ、仲間と一緒に遊ぶワクワク感を重視した「風林火山」体験プレイリポート
エムゲームジャパンが運営する、MMORPG「風林火山」のオープンβテストが7月11日から開始された。ひと足先に同社内で実施された、複数メディアによる体験プレイに参加してきたので、その内容をお伝えしよう。 (2008/7/11)

「三國志 Online」、部曲勧誘会を開催
(2008/6/20)

「ネオ スチーム」でRvR ダンジョン「深淵の工場」追加などのアップデートを実装
(2008/5/27)

「龍虎の里」で戦争システムを実装。バランス調整も
(2008/4/1)

「ドルアーガの塔〜the Recovery of BABYLIM〜」正式サービス開始日決定
(2008/3/26)

「十二ノ天」は日々進化する、対人戦がメインの“大人なゲーム”
約4カ月間のオープンβテストを経て、12月19日に正式サービスがスタートしたばかりの武侠MMORPG「十二ノ天」〜TweleveSky〜」は、ダークな世界観と曜日も時間も問わず繰り広げられる大規模戦闘が魅力の作品だ。本タイトルの魅力や今後のアップデートスケジュールなどをディレクターの村上隆行氏と広報担当である李哲鎮氏のお2人に聞いてきた。(2008/1/17)

「デコオンライン」でクリスマスイベントとRvRイベントを開催
(2007/12/18)

「リアランド」のリニューアルなど「ネオスチーム」でアップデート実施
(2007/12/14)

「RvRイベント」と「ギルド支援イベント」を開催――「デコオンライン」
(2007/11/15)

今年も元気な台湾パビリオン、その他あれこれ見てきました――台湾ゲーム館その2
家庭用ゲーム機向けソフトが中心のタイやカナダパビリオンに比べて、今年も台湾パビリオンではムービーのみの公開も含めれば、PCゲームのタイトルがそれなりに出そろい、昨年同様に活気のあるエリアとなっている。そんな台湾パビリオンで気になった作品を、まとめてご紹介しよう。(2007/9/23)

東京ゲームショウ2007:
ユーザージョイ ジャパン「三国群英伝 Online」で日本市場へ参入──台湾ゲーム館その1
海外パビリオンの中でも他に比べてちょっぴり大きなブースを構えている「ユーザージョイ ジャパン」は設立したばかりの会社。同社の「三国群英伝 Online」や、家庭用ゲーム機への意欲などを聞いてみた。(2007/9/21)

「ヒューマン」の女の子登場ほか各種アップデート――「ネオスチーム」
(2007/8/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。