ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「埼玉」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「埼玉」に関する情報が集まったページです。

埼玉県の「住みここち」ランキング、自治体1位は「さいたま市浦和区」 住みたい街の上位は?
調査対象者は埼玉県に居住する、成人男女3万5595人。(2022/5/19)

工場ニュース:
OKIの「ZEB」認定環境配慮型工場が完成、スマート工場のモデルに
OKIは2022年4月27日、本庄地区(埼玉県本庄市)の新工場「OKI本庄工場H1棟」の建設が完成し、竣工式を行った。新工場は大規模生産施設として国内初となる「ZEB(Net Zero Energy Building)」認定を取得した工場で、環境配慮を徹底していることに加えてIoT(モノのインターネット)などを活用したスマート工場のモデル工場とする。稼働は2022年6〜7月の予定としている。(2022/4/28)

埼玉に初の郊外型店舗オープン:
b8ta、“売らない店“戦国時代でどう生き残る? カギは「脱セレクトショップ」
体験型ストア「b8ta」(ベータ)を運営するb8ta Japanは4月27日、「b8ta Koshigaya Laketown」をイオンレイクタウン2階KAZE(埼玉県越谷市)にオープンした。「体験」を強化した新店舗で、乱立する“売らない店”の中での生き残りを図る。(2022/4/28)

環境省の事業が始動:
月額2000円でエアコンのサブスク、埼玉県戸田市がモデル事業を実施
埼玉県戸田市は、エアコンを月額2000〜3700円で利用できるサブスクリプション事業を開始すると発表した。高齢者世帯と子育て世帯を対象に、4月25日〜5月13日の期間に募集する。(2022/4/22)

埼玉県、ゲーム障害の対策強化 相談員育成や啓発
埼玉県がゲーム障害の対策を強化する。アルコール、ギャンブルなどの依存症への対応方針をまとめた「県依存症対策推進計画」にゲーム障害への対策も明記し、専門性を持つ相談員の育成や、依存症に関する知識や予防策の啓発に取り組む。(2022/4/18)

ドコモで通信障害 一部地域とiPhone 13で通信しづらく 約6時間後に回復
NTTドコモは4月12日、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県で、「iPhone 13」シリーズと「Xperia 1 III SO-51B」のSPモードなどを含め、インターネットが利用しづらくなる通信障害が発生したと発表した。この障害は2022年4月12日(火曜)午前2時頃に発生し、2022年4月12日(火曜)午前8時30分に回復した。原因は設備故障。(2022/4/12)

リテール&ロジスティクス:
埼玉県加須市で延べ4.7万m2のマルチテナント型物流施設が着工、オリックス不動産
オリックス不動産は、2023年4月末の竣工に向け、埼玉県加須市でマルチテナント型物流施設「加須ロジスティクスセンター」の開発を進めている。(2022/4/4)

首都圏「子育て世帯の住みここち」ランキング 3位「東京都文京区」、2位「千葉県印西市」、1位は?
大東建託は、首都圏(東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県)に居住する成人男女4万1067人の回答を集計し、各ランキングを作成した。(2022/3/30)

目標の10倍以上に:
フルートの部品製造技術を応用 3900円の高級耳かき
フルートの部品を製造している埼玉県狭山市の金属加工会社が、持ち味の技術を生かしたジュラルミン製の耳かきを開発した。1点3900円という高めの価格設定にもかかわらず、売上額は当初目標の10倍以上に達している。(2022/3/25)

長期欠席の小中高生、オンラインで学習支援 さいたま
さいたま市教育委員会は、不登校や病気などで長期欠席している市立小中高生に対し、オンライン学習の機会を提供する「不登校等児童生徒支援センター」を4月に開設する。「学ぶ喜びや人とのつながりを実感し、社会的な自立につながれば」としている。(2022/3/25)

市全体を「野菜が楽しめるテーマパーク」に見立てる:
埼玉県深谷市の新たな観光拠点「深谷テラスパーク」 4月15日プレオープン
埼玉県深谷市の新たな観光拠点「深谷テラスパーク」が4月15日にプレオープンする。農業と観光の振興を目指す「花園IC拠点整備プロジェクト」の一環。2022年中にアウトレットやテーマパークも開業予定である。(2022/3/24)

世界初、水陸両用船の無人運行に成功 埼玉工業大
埼玉工業大学は、水陸両用船の無人運航の実証に世界で初めて成功したと発表した。(2022/3/22)

東電管内で4060軒が停電 「電力ひっ迫が原因ではない」
静岡県や神奈川県、埼玉県で合わせて4060軒が停電。ただし東電パワーグリッドは今回の電力需給ひっ迫とは関係ないとみている。(2022/3/22)

首都圏の「借りて住んだ街」の住みここちランキング 3位「半蔵門・麹町G」、2位は「東大前」、1位は?
当調査は首都圏(東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県)に居住する、成人男女16万5302人を対象に実施した。(2022/3/17)

郊外の人気が加速:
埼玉・千葉が人気急上昇 住みたい街ランキング2022 首都圏版、順位の大変動が起きた理由
リクルートが「SUUMO住みたい街ランキング2022 首都圏版」の結果を発表した。郊外の人気が加速し、千葉県・埼玉県の駅が多数ランクイン。人気の駅に共通する特徴は?(2022/3/4)

埼玉県・千葉県が大躍進:
住みたい街ランキング2022 首都圏版、1位は「横浜」 不動の2位だった「恵比寿」を抑えてランクインしたのは?
リクルートは「住みたい街ランキング2022 首都圏版」の結果を発表した。今年は埼玉県や千葉県が大躍進で、かなり順位を上げた。不動の2位を抑えて2位、3位にランクインしたのは?(2022/3/3)

リテール&ロジスティクス:
東京建物が冷凍・冷蔵倉庫の開発に本格参入、第1弾は埼玉県で延べ1.5万m2の物流施設
東京建物は、2018年に物流施設開発事業に参入し、全国でマルチテナント型物流施設を約20件開発してきたが、冷凍・冷蔵倉庫に関しては、一般的な物流施設と比較すると賃貸施設としての開発例が少なかった。しかし、伸長する食品系EC(電子商取引)の商品や医薬品とワクチンを扱える冷凍・冷蔵倉庫の需要が高まっていることを考慮し、冷凍・冷蔵倉庫の開発に踏み切った。(2022/2/22)

リテール&ロジスティクス:
埼玉県八潮市で延べ3.4万m2の物流施設が竣工、レンゴーへの一棟貸しが決定
住友商事は、埼玉県八潮市で開発を進めていた消費地近接型物流施設「SOSiLA八潮」の竣工式を2022年1月26日に開いた。SOSiLA八潮は、パッケージングの総合メーカーであるレンゴーへの一棟貸しが決定している。施設の開発・運営でも協業しているレンゴーとは、今後も物流効率化や双方のビジネスシナジーを見据えて協力していく。(2022/2/21)

デジタルネイティブのためのユーザー体験(モビリティ編):
トヨタの超小型2人乗りEV「C+Pod」でさいたま〜東京を往復してみた 「FOMM ONE」とどう違う?
モビリティーシェアリングサービスを使い、話題の超小型EVに乗ってみた。(2022/2/16)

キャンプ場でリモートワーク 埼玉・狭山の智光山公園
埼玉県狭山市は、東京ドーム約11個分の広大な敷地にアカマツやクヌギが群生する市立智光山公園に、フリーWi-Fiや電源を備えたリモートワーク対応エリアを整備した。市は東京都心などからの利用も見込んでいる。(2022/2/16)

埼玉の魅力を表現したご当地インク「彩玉ink」発売 狭山茶や草加せんべい、コバトンをインクに
オンラインショップ「パピアプラッツBASE店」にて販売。(2022/2/15)

「オラのあそべるゆめぱ〜く」:
埼玉に『クレヨンしんちゃん』の室内型のあそび場、2月25日オープン 乳幼児専用の“ひまわりエリア”も
プレジャーキャスト(東京都港区)は、『クレヨンしんちゃん』をテーマにした室内型のあそび場「クレヨンしんちゃん オラのあそべるゆめぱ〜く」をオープンすると発表した。(2022/2/10)

中小のロボット開発支援 埼玉県が施設整備へ
埼玉県は同県鶴ケ島市のエリアに、中小企業のロボット開発を支援する施設を整備する方針を決めた。実験スペースや研究室として使う場所を提供することでロボット産業への参入を促す。(2022/2/8)

断る勇気:
患者は“神様”なのか カスハラから医療を守るために
埼玉県で発生した訪問診療医師射殺事件。コロナ禍でも在宅医療に取り組む貴重な医療人を、一方的で独善的なクレームを寄せるカスハラ(カスタマーハラスメント)が、殺人にまで至るという究極の終末を迎えてしまいました。(2022/2/6)

プロジェクト:
ABINC認証取得の新築分譲マンションが埼玉県和光市で竣工、コスモイニシア
コスモスイニシアは、埼玉県和光市で開発を進めていた新築分譲マンション「イニシア和光」が竣工し、2021年12月に顧客の入居を開始したことを公表した。(2022/2/2)

秩父鉄道「埼玉の女子高生ってどう思いますか?」コラボ第2弾 沿線の舞台地マップも掲出
特別ヘッドマーク掲出の急行列車も運行!(2022/1/30)

太陽光発電計画の抜本的見直しを初要求 環境相が意見書
環境省が、埼玉県内で計画中の大規模太陽光発電事業に関する環境影響評価で、大量の盛り土を持ち込むなどとする計画について、抜本的な見直しと事業実施の再検討を強く求めた。(2022/1/26)

産業動向:
埼玉県の賃貸物件で人気の最寄り駅ランキング、総合1位は「大宮」駅
アットホームは、不動産情報サイト「アットホーム」における賃貸居住用物件のコーナーで、閲覧数が多い人気の駅をまとめた「アットホーム人気の駅ランキング 埼玉県編」を公表した。ランキングでは、総合順位、カップル向き物件、ファミリー向き物件のカテゴリーで、「大宮」駅が1位にランクインし、さまざまな世帯に大宮駅が人気なことが裏付けられた。(2022/1/20)

1月28日にオープン:
埼玉・所沢に「コスメドンキ」「お菓子ドンキ」が初出店 ドンキの“専門ショップ”
ドン・キホーテが所沢トコトコスクエアに専門ショップ「コスメドンキ・お菓子ドンキ」を1月28日にオープンする。(2022/1/18)

西武ドームは「ベルーナドーム」に 3月から 「べるーにゃ」コラボグッズも
西武ライオンズは17日、西武ドーム(埼玉県所沢市)が3月1日から「ベルーナドーム」になると発表した。通販事業を手がけるベルーナとネーミングライツ契約を結んだ。(2022/1/17)

週末に「へえ」な話:
大宮発の“地元カプセルトイ”が、なぜ3万個も売れているのか
さいたま市大宮区にある名所などをキーホルダーにして、カプセルトイで販売したところ、売れに売れている。地元の喫茶店、いまは存在しないデパートのキーホルダーなどがなぜ売れているのか。生みの親に聞いたところ……。(2022/1/15)

オウチーノ調べ:
首都圏の人気駅ランキング 20〜35歳は東京以外に人気が集中 1位の駅は?
オウチーノが21年7〜12月における年代別の首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)人気駅ランキングを発表した。(2022/1/15)

プロジェクト:
三菱地所レジデンスらが「川越」駅前で延べ2万m2の25階建てタワマンを開発
三菱地所は、大栄不動産とともに、埼玉県川越市脇田本町で開発を進める分譲タワーマンション「ザ・パークハウス 川越タワー」のモデルルームを2022年1月8日にオープンした。(2022/1/14)

太陽光:
究極の脱炭素コミュニティへ――再エネ融通で電力自給率60%超の新街区がさいたま市に
Looopは2021年12月、さいたま市で整備が進む「スマートホーム・コミュニティ街区(第3期)」において、地域コミュニティのための分散型エネルギーマネジメントシステム「エネプラザ」の運用を開始した。太陽光、蓄電池、EV、ハイブリッド給湯器を組み合わせた域内システムにより、60%超の年間再エネ自給率を目指す。(2022/1/7)

アットホーム調べ:
埼玉県の賃貸物件で「人気の駅」 総合1位は大宮、2位は?
不動産情報サービスのアットホームが、PV数の多い人気の駅をまとめた「アットホーム人気の駅ランキング 埼玉県編」を発表した。(2021/12/23)

プロジェクト:
延べ6.6万m2の「都市型コンパクトタウン」を埼玉県川口市で開発、野村不動産
野村不動産は、埼玉県川口市で、多機能かつ高い利便性を備えた「都市型コンパクトタウン」の実現を目指し、複合施設「プラウドタワー川口クロス」の開発を進めている。プラウドタワー川口クロスでは2021年10月2日に完全予約制でモデルルームをオープンした。(2021/12/20)

埼玉県に:
ヤマダデンキの新業態店舗「Tecc LIFE SELECT 春日部本店」オープン どんな店?
ヤマダデンキは、埼玉県春日部市に新業態店舗「Tecc LIFE SELECT 春日部本店」オープンすると発表した。体験・体感型をテーマにしている店舗だというが、どのような工夫があるのか?(2021/12/17)

価格は649円:
本格的なのにリーズナブル。ハヤシライス専門店「東京デミグラス」1号店がオープン
からあげ定食専門店「からやま」などを運営するエバーアクションは、新業態ハヤシライス専門店「東京デミグラス」1号店を埼玉県三郷市でオープンする。西洋の伝統的な製法で仕上げた本格的なハヤシライスながら、リーズナブルな価格帯を実現した。(2021/12/15)

リテール&ロジスティクス:
埼玉県で延べ6.2万m2の物流施設が着工、オリックス不動産
オリックス不動産は、埼玉県入間郡毛呂山町で計画を進めていた物流施設「鶴ヶ島IIロジスティクスセンター」の開発に着手した。(2021/12/9)

AIでインフル流行予測 埼玉県や日立製作所
埼玉県やさいたま市などは、日立製作所と連携し、県内全域のインフルエンザ流行状況をAIを活用して予測するサービスの実証実験を開始した。データ閲覧者の感染予防に向けた行動に与える影響なども調べ、有用性を検証する。(2021/12/6)

埼玉県の「住み心地が良い街」ランキング さいたま市や春日部市を抑えた1位の街は?
NEXER(東京都豊島区)が運営する、住宅に関する情報を発信するメディア「おうちパレット」が、埼玉県の住みやすさに関する調査を実施した。(2021/12/3)

12月4日から:
埼玉県和光市に複合施設「わぴあ」が誕生 スーパー銭湯やARレジャーなどが入る
和光市広沢エリアマネジメントは、和光市広沢に複合施設「わぴあ」がグランドオープンすると発表した。地域のにぎわいを創出する施設を目指す。スーパー銭湯やARレジャーが楽しめる施設のほか、こども園や児童発達支援センターなどが入る予定。(2021/12/1)

首都圏外郭放水路:
埼玉の“地下神殿”を巡回する無料バス、東武系バス会社が運行 新たな観光需要創出へ
東武グループの朝日自動車(東京都墨田区)は12月1日、“地下神殿”と呼ばれる首都圏外郭放水路(埼玉県春日部市)への無料巡回バスの運行を期間限定で開始した。(2021/12/1)

リテール&ロジスティクス:
埼玉県羽生市で延べ2.4万m2の物流施設が竣工、ロジランド
ロジランドは、一棟貸倉庫として、埼玉県羽生市で竣工した物流施設「LOGILAND 羽生I」を大手日用品メーカーに2021年10月29日に引き渡した。LOGILAND 羽生Iは既に運用が開始されている。(2021/12/1)

巨大“防災地下神殿”行き無料巡回バス、12月1日から期間限定で運行
朝日交通は30日、埼玉県春日部市にある「首都圏外郭放水路」と春日部駅などをつなぐ無料巡回バスを期間限定で運行すると発表した。(2021/11/30)

「他市の教員にうらやましがられる」──小中学校のICT基盤をクラウド化、教員もPC持ち出し可能に 独自施策でAzure移行した埼玉県鴻巣市
「GIGAスクール構想」に先駆けて教育現場のICT化を進め、公立小中学校のシステム基盤をフルクラウド化した埼玉県鴻巣市。教師のワークライフバランス改善や、生徒の学習環境の整備にも貢献したクラウド移行はどのように成し遂げられたのか。(2021/11/29)

リテール&ロジスティクス:
埼玉県加須市で延べ10.5万m2の物流施設を開発、ESR
ESRは、埼玉県加須市下樋遣川で、マルチテナント型物流施設「ESR 加須ディストリビューションセンター2」が2022年3月1日に着工することを公表した。(2021/11/25)

首都圏の倉庫機能を集約:
サントリー、さいたま市に新物流拠点 自動運転のフォークリフト導入、工数3割削減
サントリーが、新物流拠点「浦和美園配送センター」の稼働を始めたと発表した。首都圏に分散していた倉庫機能を集約し、物流の効率化を図る。同施設には、自動運転のフォークリフト(AGF)なども導入しているという。(2021/11/24)

ペット同伴入店OK「カインズ 亀岡店」12月8日オープン ドッグランに専用ロッカーも
カインズ(埼玉県本庄市)が、12月8日に「カインズ 亀岡店」(京都府亀岡市)をオープンする。(2021/11/24)

世界のスタンダードへ:
「売り上げがゼロになった」 埼玉県の町工場が、畑違いの医療分野でヒット商品を生み出せたワケ
埼玉県の小さな町工場から医療分野における「世界のスタンダード」が誕生するかもしれない。ミニ四駆のタイヤ製造で一世を風靡したものの、ブームが去り、売り上げはゼロに。そこから、畑違いの医療分野にて、町工場の強みを生かした製品をヒットさせた。現在はこんにゃくで模擬臓器を作っているという。売り上げゼロから立ち直った町工場、どんなストーリーがあったのか。(2021/11/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。