ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「真田丸」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「真田丸」に関する情報が集まったページです。

“丸ロス”解消待ったなし 三谷幸喜脚本でNHK時代劇「風雲児たち」、片岡愛之助や草刈正雄ら出演
新納慎也さん、山本耕史さんも出演決定。2018年1月放送開始。(2017/8/16)

小僧、これがダンディズムだ! 草刈正雄が芸歴47年で“初”の写真集 「真田丸」の名シーンも
タイトルの初々しさ良い。(2017/5/12)

“丸ロス”再び? 閉鎖間近の「真田丸」公式サイトをお惜しむファン 「淋しいと同時にありがとう」「大好きだった」
いよいよ終わってしまう。(2017/1/31)

関ジャニ∞で始まり嵐で〆る! 紅白歌合戦の曲順発表 「君の名は。」のスペシャル映像も
郷ひろみ&土屋太鳳、松田聖子&YOSHIKIのコラボにも注目!(2016/12/25)

「戦に出たかったな」 豊臣秀頼役の中川大志、早くも“真田丸ロス”に
最終回でついによろいを着ることができた中川さん。我慢できなくて父上様の陣羽織も着てしまう。(2016/12/19)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
ビジネスパーソンは「真田丸」から何を学ぶか
人気の火が付いた2016年の大河ドラマ『真田丸』。そこには勝つための戦略の数々、部隊を率いる武将のリーダーシップなどが描かれていました。その真田丸からビジネスパーソンが学べることは多いのではないでしょうか。(2016/12/17)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
ここまで「真田丸」が人気になった理由
今年の大河ドラマ『真田丸』は視聴率も好調、信州上田のドラマ館は過去最高の来場者数を記録するなど、大きな人気を博しました。ここまでヒットした理由は何だったのでしょうか?(2016/12/10)

「真田丸」振り返り4コマ(11月27日放送分『反撃』)
我らの真田丸があああああああ……!(2016/11/29)

「真田丸」振り返り4コマ(11月13日放送分『完封』)
真田丸、完封!(2016/11/15)

「真田丸」振り返り4コマ(11月6日放送分『築城』)
「真田丸」ようやくお披露目。さすが真田、えげつない!!(2016/11/8)

ブラタモリで「大坂城・真田丸スペシャル」 絵図を手に、出城「真田丸」の姿に迫る
11月12日の放送回で。(2016/11/7)

「ブラタモリ」ついに書籍化! 番組制作班が監修、マニアックな視点で見た街の様子を紹介
桑子アナにもたっぷり会えそう。(2016/6/17)

ITmedia エグゼクティブ オープンセミナーリポート:
話題の真田丸からビジネスのヒントを学ぶ
日本一の兵と呼ばれる真田幸村。壮絶ともいえる真田幸村の49年の人生から、ビジネスに役立つヒントを学ぶ。(2016/6/15)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
大名たちが争いを止めなかった「沼田問題」って?
上杉、北条、武田など戦国時代の諸大名がこぞって領土を争った沼田。最終的には真田の手に渡るわけですが、なぜ皆、そうまでして沼田を欲しがったのでしょうか。(2016/6/11)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
なぜ真田一族は忍者のイメージがあるのか?
猿飛佐助に霧隠才蔵――。真田信繁に仕えたこうした忍者たちは架空の人物とされていますが、どうして真田一族と忍者は強い結び付きのイメージがあるのでしょうか?(2016/5/14)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
虎退治の加藤清正、猛将よりも知将ぶりをアピールしたい
加藤清正という武将について、皆さんはどんなイメージを持つでしょうか。虎退治などで知られるように勇猛なイメージが強いのでは。けれども実は知的な面も……。(2016/4/30)

ニコニコ超会議2016:
具足展示にゆるキャラ、そして“草刈昌幸”! 「超・真田丸」ブースは歴史・大河ファンの見たいものが分かっている
これこれ、そーう、これだよ……! と言いたくなる展示とステージイベント。(2016/4/30)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
真田信幸は戦国トップレベルの身長&寿命だった
真田昌幸の長男として、弟・信繁とともに父を支えた信幸。後年は敵味方に分かれることになりましたが、家族の絆は変わりませんでした。そんな信幸は戦国時代には珍しいほどの長身だったようです。(2016/4/23)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
あの史実が明らかになったのは最近だった! まだまだ謎多き上田城
真田昌幸が居城とした信州・上田城。この城は何とっても攻め込んできた徳川軍を2度にわたり退けたことで有名です。実はいまだに謎が多い城のようです。(2016/4/9)

NHK、「ブラタモリ」と「鶴瓶の家族に乾杯」がコラボ 大河ドラマ「真田丸」ゆかりの長野県上田市を堺雅人さんと歩く
2016年1月2日19時30分から。タモリさんと笑福亭鶴瓶さんの2人に堺雅人さんが同行する。(2015/12/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。