ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「三協」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「三協」に関する情報が集まったページです。

風速に応じて自動で窓の開き具合が変化、三協立山が中高層ビル向けの「省エネサッシ」を発売
三協立山・三協アルミ社は、中高層ビルを対象に、風の強さに応じて窓の開閉角度が変わる「風力すべり出し窓」を発売した。(2019/4/5)

製造業IoT:
20社30機種では不十分、家庭用IoT普及のカギを握る「ECHONET Lite AIF認証」
パナソニック エコソリューションズ社は2018年10月5日、家庭内のさまざまな住宅設備機器をインターネットにつないで連携させる住宅向け「HOME IoT」の中核機器となる「AiSEG2(アイセグ2)」のバージョンアップを行った。機器連携を拡大し、スマートスピーカーとの連携機能の搭載とともに、機器選択の自由度を高めたという。(2018/10/9)

「忍たま乱太郎」期間限定ショップが東京ドームシティに登場! 限定グッズがぞくぞく登場
何度も通いたくなりそう。(2017/12/23)

「酷すぎる」「不快」 SMAPを連想させるジャンバリ.TVのCMに賛否両論
今後は新曲「ジャンバリましょう」を公開するとみられています。(2017/5/3)

省エネビル:
屋根と学生を支える樹状柱、ユニークな木造建築が埼玉県に
埼玉県深谷市普済寺にある埼玉工業大学。学園創立110周年の記念事業の一貫として、2016年夏に敷地内に「ものづくり研究センター」が完成した。壁面を総ガラス張にし、木材をふんだんに活用した開放的な空間を目指した他、設備面では自然エネルギーを最大限活用する省エネ型の施設となっているのが特徴だ。設計を担当した平田松田設計に、コンセプトや設計プロセスについて聞いた。(2017/3/30)

IoTがシニアの健康寿命を延ばす? 富山の“歩きたくなる街作り”を支えるIT
少子高齢化が急速に進む日本で今、深刻化しているシニアの健康問題。この課題をIoTで解決しようとしているのが富山市だ。富山の“歩きたくなる街作り”にITはどう貢献しているのか。(2016/7/29)

太陽光:
目隠しになる太陽光パネル、発電しながら外観をスマートに
外部からの視線を遮ったり、屋外に設置した機器などを隠したりするために広く使われる「目隠しルーバー」。三協立山と三協アルミではこのルーバーに太陽光パネルを組み込んだ製品を開発している。その新商品として縦型タイプを発売した。(2016/6/1)

TECHNO-FRONTIER 2015:
これぞIoT! 産業用モーターの「温度・振動・異常」が全てスマホで監視可能に
三協(TECO JAPAN)は「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア)2015」において、スマートフォンを利用した産業用モーターの遠隔管理システム「TECO IE3 スマートモータ」を展示。モーターの稼働状況をリアルタイムに把握することで、異常の早期発見や設備メンテナンスの効率化に貢献するという。(2015/5/27)

大仏の首を切り落とした住職
日本各地の「巨大仏」を巡るクロスケさんインタビュー。(2015/2/24)

FAニュース:
“世界初”のマグネシウム合金鋳造技術を開発、製造コスト半減を実現
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と三協立山は、鍛造に直接供給できるマグネシウム小径ビレットの連続鋳造技術を確立した。従来と比べ約50%の製造コストダウンが実現可能だとしている。(2015/1/23)

発電・蓄電機器:
角度がきつい太陽光、垂直なのか違うのか
三協立山は太陽電池セルを組み込んだ壁状のエクステリア部材を発売した。目隠しルーバーの一種であり、視線を遮るという本来の目的と、太陽光を吸収するという機能がうまく組み合わさっている。部材の設置角度を工夫することで、垂直に近い配置ながら、最適角度の8割の出力を得られるという。(2014/8/28)

BS500×Brocade VDX スイッチ 導入事例:
PR:「BladeSymphony」と「Brocade VCS ファブリック」でサーバ仮想化の効果を最大限に引き出すネットワークを構築
三協立山株式会社はシステム基盤強化のため、日立の統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony BS500」と10Gbps DCBスイッチモジュールを採用。さらに、革新的な「Brocade VCSファブリック」を利用することで、従来の2倍以上の帯域を実現。運用性とコスト低減を両立させた。(2014/5/12)

FAフォーラム・イベントリポート/TECHNO-FRONTIER 2013|第31回 モータ技術展:
2015年春の規制開始に向け各社がトップランナー基準適合モーターをアピール
「TECHNO-FRONTIER 2013|第31回 モータ技術展」(会期:2013年7月17〜19日)において、産業用モーターメーカー各社は2015年春に施行される「トップランナー基準」に対応した、プレミアム効率(IE3)モーターを展示していた。(2013/7/25)

ホワイトペーパー:
VMware View 4 の導入に成功した3つの事例を紹介
もはや一般化した「サーバ仮想化」に加え、近年クライアントも含めて仮想化を行う企業が増えてきている。それにより、ITインフラ全体の最適化を図り、業務アプリケーションの延命やIT部門の管理負荷の軽減、セキュリティの向上といった、大きな効果をあげている(提供:ヴイエムウェア)。(2011/3/22)

日本の製造業を支えるNECの支援ツール
日本経済の成長を支えてきた製造業だが、その製品開発手法は時代とともに移り変わっている。日本市場で高いシェアを持つ「Obbligato II」についてNECに話を聞いた。(2006/8/22)

シャープが台湾メーカーをまた提訴
液晶特許問題に絡み、台湾の東元電機グループ日本法人・三協を提訴した。三協のプレスリリースに虚偽事実が含まれており、シャープのブランドが傷つけられたとしている。(2005/4/22)

シャープ、台湾メーカーの液晶TV販売差し止め請求 パネルの特許侵害で
イオンなどが販売している20型液晶TVの販売・輸入差し止めを請求。画素の欠陥の修正に関する同社の特許技術を侵害しているという。(2004/6/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。