ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「スクリプト言語」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スクリプト言語」に関する情報が集まったページです。

データ分析やWebアプリ開発のための無料仮想アプライアンス5選【後編】
無料で使える、「LAMP」「Jenkins」「WildFly」がすぐ使える仮想アプライアンス
Webアプリケーションの開発に役立つ仮想アプライアンスには、どのようなものがあるのか。「LAMP」「Jenkins」「WildFly」を利用可能な無料の仮想アプライアンスと、無料であることによる注意点を説明する。(2021/8/26)

データ分析やWebアプリ開発のための無料仮想アプライアンス5選【前編】
無料で使える、「WordPress」をすぐ利用できる仮想アプライアンスとは?
データ分析やWebアプリケーション開発に役立つ仮想アプライアンスが幾つかある。こうした仮想アプライアンスのうち、無料で利用可能な「Elastic Stack」と「Bitnami WordPress Stack」の機能と用途を説明する。(2021/8/19)

衰退の危機にある実力派プログラミング言語5選【後編】
人気だった「Perl」「Objective-C」が“嫌われ言語”になった悲哀
かつて人気を集めていたり、不可欠だと考えられていたりしたプログラミング言語も、さまざまな理由で衰退期を迎えることがある。これらの中から「Perl」と「Objective-C」を紹介する。(2021/7/18)

Python開発ツールが抱えるセキュリティ問題【後編】
「Python」で“スキャン擦り抜けマルウェア”の開発が容易に? その仕組みとは
サイバー犯罪者は「Python」向け開発ツール「PyInstaller」を悪用することで、難読化などの隠蔽工作をせずに、マルウェア対策ツールを擦り抜ける攻撃プログラムを開発できる可能性があるという。その仕組みとは。(2021/6/13)

マニアックなテクニックを駆使:
AutoHotkeyを使ったサイバー攻撃、2月から継続
2019年、2020年に続き、またAutoHotkeyを悪用したサイバー攻撃キャンペーンが確認された。レアなテクニックも使われており、セキュリティ機能を回避するために巧妙な改善が繰り返されている。(2021/5/18)

OSSは危険なのか【前編】
AppleやMicrosoftも狙われる? OSS「偽ソースコード」による侵入の手口
セキュリティ研究者が、オープンソースソフトウェアを悪用した侵入の手口を明らかにした。MicrosoftやAppleなどの大手IT企業にも、この手口による侵入のリスクがあるという。どのような手口なのか。(2021/5/18)

Microsoftのソースコードエディタ「Visual Studio Code」【後編】
COBOLも使える無料エディタ「Visual Studio Code」 M1搭載Macでも利用可能に
Microsoftが無償提供するオープンソースのソースコードエディタ「Visual Studio Code」は、利用可能なプログラミング言語や動作可能なデバイスを拡充させている。現状を整理しよう。(2021/5/16)

「Engineer Career Study #1」レポート:
「管理職」をネガティブに捉えるのがもったいない理由――古川陽介氏、和田卓人氏、松本亮介氏らが語るスペシャリストまでの歩み
キャリアの問題が「エンジニア35歳定年説」として議論されて久しい。では、ITの最前線で活躍するエンジニアはキャリアをどう考えているのか。2021年1月下旬にForkwellが主催した「Engineer Career Study #1」でITの最前線で活躍する古川陽介氏、和田卓人氏、松本亮介氏らが語った。(2021/3/26)

本当に満足できるのか? 中高生向けモバイルノートPC「LIFEBOOK EH」を中学生と高校生に使わせてみた
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が、高学年の小学生から高校生をターゲットとするモバイルノートPCを発売した。その実力はいかほどのものか、筆者の娘(高校1年生)と息子(中学1年生)に使ってもらいつつ確かめてみよう。(2021/3/18)

セキュリティ対策に役立つコンピュータ言語5選【後編】
「シェルスクリプト」「SQL」をセキュリティ担当者が学ぶ意味と学習方法
セキュリティ担当者がコーディングを学ぶことは業務にさまざまなメリットをもたらす。本稿は「シェルスクリプト」「SQL」を学ぶ利点と学習方法を説明する。(2021/3/6)

セキュリティ対策に役立つコンピュータ言語5選【中編】
「HTML」「JavaScript」をセキュリティ担当者が学ぶべき納得の理由
「HTML」「JavaScript」の知識を身に付けておくことは、セキュリティ担当者にとって決して損ではないという。それはどういうことなのか。(2021/2/27)

ポストcookie時代のマーケティング戦略【後編】
個人情報不要の「コンテキストターゲティング」はデジタル広告を変えるか
サードパーティーcookieの利用が制限されたら、どのようにして広告をパーソナライズすればいいのか。主要な5つの代替策のうち3つを紹介する。(2021/2/1)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(132):
さよならPHP、WindowsでのPHPのサポートが「2022年11月28日」に完全終了
「PHP」は、古くから人気のあるWebアプリのためのスクリプト言語です。当初はLinux上のApache Webサーバと組み合わせて利用されることが多かったものの、Windowsの「IIS」でも古くからサポートされていました。2020年11月26日に最新バージョン「PHP 8.0」がリリースされましたが、Microsoftはこのバージョンをサポートする予定はありません。(2021/1/29)

DXとは「具体的に」何をすることなのか?:
PR:「デジタル化」しても、「内製化」しても、DXを実現できない理由
社会、ビジネスのデジタル化が加速する中、多くの企業がDXの実現に取り組んでいる。だが、成果を獲得している企業は限定的だ。DXとは何をすることで、そのためには何が必要なのか。本稿では「DXでなすべきこと」を明確化する。(2021/1/25)

「映画の個性に合わせたコンテンツ」が必須:
PR:「なんだか平凡」は許されない 超短期間で個性派コンテンツを制作する方法
多種多様な映画をそれぞれのターゲットに届けるためには、映画の魅力を伝えるコンテンツやキャンペーンを提供する必要がある。それを実現するために、ムービーウォーカーはさまざまなサービスを迅速に開発する仕組みを構築した。(2020/12/8)

サブスクで稼ぐ製造業のソフトウェア新時代(7):
サブスクに必要なのはセキュリティだけじゃない、求められる“総合力”
サブスクリプションに代表される、ソフトウェアビジネスによる収益化を製造業で実現するためのノウハウを紹介する本連載。第7回は、サブスクなどのソフトウェアビジネスによる収益化に踏み出すことをためらわせるセキュリティ対策について解説する。(2020/11/18)

AWS、コンテナ実行に最適化したLinux OS「Bottlerocket」正式版リリース
米AWSが、コンテナの実行に最適化したLinuxベースのOS「Bottlerocket」正式版のリリースを発表。一般的なLinux OSが備える機能から、コンテナの実行に必要な機能だけを残して徹底的にスリムダウン。セキュリティなどを強化したLinuxベースのOSだ。(2020/9/3)

写経でJavaScriptを習得できる? 話題の「ぷよぷよプログラミング」に親子で挑戦してみた
「ぷよぷよ」のプログラミング教材に親子で挑戦してみた。プログラミングを習得できる? 始め方や進め方は?――気になる点を徹底レビュー。(2020/7/15)

移行先はGo、Kotlin、Python:
どのプログラミング言語が使われているのか、JetBrainsが調査レポートを発表
JetBrainsは、開発者エコシステムの現状に関する4回目の年次調査の結果をまとめたレポート「The State of Developer Ecosystem 2020」を発表した。開発者がどのようにビッグデータを分析しているかについても調べた。(2020/7/14)

PR:「ただデータを集めるだけ」では使えない――リアルタイムで経営から現場まで役立つデータ分析へ、企業が今すぐ解決すべき2つの課題
データ量が増加し、クラウドやIoTにデータが分散する時代、分析に必要なデータを集約するだけで現場が息切れしていないだろうか。せっかくデータを分析しても経営陣に知見が伝わらずに終わってしまうケースもある。集めたデータを無駄にせず、リアルタイムに経営戦略に生かすには何が必要なのか。第一線で日本企業のデータ活用を見てきた専門家に聞いた。(2020/7/14)

クラウド×ロボットの現在(2):
品質確認の時間も短縮、ルンバも使ったクラウドシミュレーターの可能性とは
クラウドを活用してロボットの開発や運用、管理を行うクラウドロボティクス。連載第2回ではAWSのシニアアーキテクトがクラウドシミュレーターの種類や活用方法の紹介を行う。(2020/6/23)

Berkeley Packet Filter(BPF)入門(9):
BPFによるトレーシングが簡単にできる「bpftrace」の使い方
Linuxにおける利用が急速に増えている「Berkeley Packet Filter(BPF)」について、基礎から応用まで幅広く紹介する連載。今回は、「bpftrace」によるトレーシングについて。(2020/6/15)

互換性がないモジュールへの対応も進む:
Microsoft、「PowerShell 7.0」を正式リリース
Microsoftは、「PowerShell 7.0」の一般提供を開始した。「Windows PowerShell」のオープンソースエディション「PowerShell Core」の最新メジャーバージョンという位置付けだ。次期7.1の開発も進んでいるという。(2020/3/10)

特集:マイクロサービス入門(5):
新規構築や移行時のリスクを軽減、「ストラングラーパターン」とは?
モノリシックなサービスをマイクロサービス化する際、どのように移行させればいいのか。オイシックス・ラ・大地の川上徹氏がOisixのマイクロサービス移行に当たって採用したアプローチと開発プロセスを紹介します。(2020/1/23)

マネージドサービスで始めるKubernetes入門(2):
EKSで構築したKubernetesクラスタにアプリケーションをデプロイする
本連載では、AWSが提供するマネージドKubernetesサービスの「EKS」を用いてアプリケーションを公開する方法を紹介。第2回目はEKSで構築したクラスタにアプリケーションをデプロイする方法について。(2020/1/21)

Netflixを支える「GraphQL」【前編】
Netflixがクエリ言語「GraphQL」を採用 何にどう使っているのか
Netflixがクエリ言語として「GraphQL」を採用した。どのように利用しているのか。得られた効果は。同社に聞いた。(2020/1/8)

メモリ利用効率向上や高速化も実現:
Ruby 2.7が公開、関数型言語で広く使われているパターンマッチ機能などを追加
Ruby開発チームは、オープンソースのプログラミング言語「Ruby」の最新安定版「Ruby 2.7.0」をリリースした。パターンマッチ機能の導入やREPLの改善、ヒープコンパクションの追加など多数の改良を施した。(2020/1/6)

RC版前の最終プレビュー版:
Microsoft、「PowerShell 7 Preview 6」を公開
Microsoftは、「PowerShell 7 Preview 6」を公開した。Webコマンドレットのエラーチェックスキップや変数のNullチェックのスキップなど、多くの新機能を追加した。(2019/11/26)

目的と仕組みを解説
謎のゆがみ文字列「CAPTCHA」はどのようにして生身の人を見分けるのか
「CAPTCHA」はbotと本物のユーザーを区別し、スパム業者にフォーラムサイトやブログのコメント欄を乗っ取られるのを防ぐ手助けをする。その仕組みを簡潔に解説しよう。(2019/11/2)

2020年1月に正式リリース:
Microsoft、「PowerShell 7 Preview 4」を公開
Microsoftが公開した「PowerShell 7 Preview 4」では、多くのバグを修正し、三項演算子などの新機能を追加した。PowerShell 7は、「Windows PowerShell」のオープンソースエディション「PowerShell Core」の次期バージョンだ。(2019/9/24)

正式版は予定通り年内リリース:
Microsoft、「PowerShell 7 Preview 3」を公開
Microsoftは、多数の新機能を追加した「PowerShell 7 Preview 3」を公開した。PowerShell 7の位置付けは、「Windows PowerShell」のオープンソースエディション「PowerShell Core」の次期バージョンである。(2019/8/23)

Go AbekawaのGo Global!〜Tanmay Bakshi編(前):
「学ぶ意志さえあれば年齢は関係ない」を実践する15歳の若きエンジニアがディープラーニング、そしてWatsonにたどり着くまで
15歳の若さで8つの肩書を持つTanmay Bakshi(タンメイ・バクシ)氏。単なる夢物語ではなく、今必要とされているものを作り続ける同氏を突き動かすものとは何だろうか。(2019/7/31)

Linux基本コマンドTips(319):
【 printf 】コマンド――データを整形して表示する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、入力データを整形して表示する「printf」コマンドです。(2019/7/5)

Windows 10 The Latest:
怪しいアプリも安全にテストできる新機能「Windowsサンドボックス」を使ってみる
Windows 10 May 2019 Updateの新機能として、アプリのテストなどが容易になる仮想環境「Windowsサンドボックス」が提供された。このWindowsサンドボックスとはどのような機能なのか、どのように使えばいいのかを解説する。(2019/6/21)

言語別「エンジニアの求人数」ランキング Ruby・PHPを抑えて1位だったのは……
人材会社のレバテックが、2018年度に企業が募集したITエンジニアの求人(正社員)を、プログラミング言語別に集計した結果を発表。2位はPHP(14.9%)、3位はRuby(8.2%)だった。1位は……?(2019/6/13)

ライフサイクルを.NET Core 3.0と同期:
Microsoftが「PowerShell 7」のプレビュー版を発表、開発計画の詳細も
Microsoftは、PowerShell Coreの次期バージョン「PowerShell 7」の最初のプレビュー版を発表、詳細な開発計画も明らかにした。.NET Core 3.0対応やWindowsとの互換性向上が特徴。(2019/6/3)

Zabbixとも相性良し、運用自動化ツール「新たな選択肢」:
PR:限られた予算・スキルでも、その日から運用コスト削減・品質向上を両立する方法
DX(デジタルトランスフォーメーション)トレンドの進展や人材不足などを背景に、一層のインフラ運用効率化が求められている情報システム部門。運用自動化はコスト削減、効率向上の大きな切り札だが、魅力的なツールは複数あれど、コストがハードルとなり導入を見送らざるを得ないケースも多い。そうした中、大手企業集団など多数の企業の注目を集め、着実に導入実績を伸ばしているという。運用自動化ツール“新たな選択肢”の中身とは?――ITソリューションの販売・構築を手がけるワイドテックに話を聞いた。(2019/4/8)

Python入門:
[Python入門]Pythonってどんな言語なの?
機械学習に取り組んでみたいという人に(そうでない人にも)向けて、Pythonプログラミングを基礎からやさしく解説する連載がスタート!(2021/7/2)

Google StackdriverやAWS CodeDeployはどう役に立つのか
DevOpsを実現する4つのAと最新サービス管理ツール
クラウド時代のITサービス提供プロセスでは、DevOpsという言葉が頻繁に使われる。DevOpsを実践し、最新の要件に合わせたサービス管理に必要な「4つのA」とツールとは(2019/1/18)

2018年を振り返る:
「読解力がない子どもにプログラミングを教えても、意味がない」――2018年、Facebookで反響があった開発者、プログラマー向け記事ベスト10
2018年も、開発者、プログラマー向けの話題がたくさんありました。本稿では、2018年に@ITが公開した記事の中で注目を集めた上位10記事を紹介します。(2019/1/8)

Mostly Harmless:
IBMがNotesを売却 グループウェアはオワコンなのか?
米IBMが「Notes」「Domino」を含むエンタープライズ向けソフトを印HCL Technologiesに売却すると発表しました。Notesの歴史を探ってみると、クラウドの普及と現場ニーズの変化に一因がありそうですが、これからのグループウェアはどうなっていくのでしょうか?(2018/12/18)

カナリアリリースに役立つ機能も
「Google Compute Engine」の新機能で、仮想マシン作成、複製、管理がもっと楽に?
「Google Compute Engine」(GCE)に追加された新機能の中でも、イメージとテンプレートを中心とする機能は、管理者による仮想マシンの作成と管理の効率を高める可能性がある。(2018/12/13)

迷惑bot事件簿:
“転売ヤー”がbot悪用、ECサイトで限定品買い占め 「アクセスの8割がbot」への対策は?
あるオンライン小売サイトでは、ピーク時のアクセスの8割がbotによるものだった。限定商品を買い占め、転売を行うbotの活動実態を紹介する。(2018/12/4)

AWS、Armベースの独自開発プロセッサ搭載EC2提供開始
AWSがArmベースのプロセッサ「Graviton Processor」を独自開発し、これを搭載するEC2の「A1」インスタンスの提供を開始した。スケールアウト型のワークロードに適しているとしている。(2018/11/28)

100Gbps接続のC5nインスタンスも発表:
AWSが自社開発プロセッサやNitro Systemを説明、新たなインスタンスタイプを次々生み出すための武器
Amazon Web Services(AWS)は2018年11月27日、サーバの各種機能をオフロードできる技術群「Nitro System」の展開について紹介。その延長線上で、Armベースのプロセッサ「AWS Graviton Processor」を自社開発したことを明らかにした。(2018/11/27)

およそ6割のWebサイトが対象?
2018年でサポート終了のPHP バージョン5、企業に迫る深刻な脅威
最近の調査によると、Webサイトの大半がいまだに時代遅れのPHP バージョン5を使っている。だがセキュリティサポートの終了が2018年末に迫る中で、懸念が高まりつつある。(2018/11/21)

.NET開発者のためのPHPアプリお手軽開発入門:
VS Codeでコードを書きながら、PHPの基礎構文を概観しよう
VS CodeでPHPのコードを書きながら、その動作を確認し、その基礎構文とC#との違いなどを簡単に見ていこう。(2018/10/9)

UI改善に不可欠
徹底比較:モバイルアプリ開発に必須のテストツール4製品
モバイルアプリのテストは、ユーザーエクスペリエンスを高めるとともに、バグを見つけ出すためにも必要なプロセスだ。アプリ開発に必須となる定番のテストツール「Appium」「Calabash」「Perfecto Mobile」「Ranorex」について紹介する。(2018/9/26)

Tech TIPS:
リモートのWindows PCで実行中のプロセスのコマンドラインパラメーターを調査する
リモートのWindows PC上で実行中のプロセスの状態を調べる場合、そのコマンドラインパラメーターまでチェックしないと、何を実行しているか特定できないことが多い。WMIやPowerShellでリモートプロセスのコマンドラインパラメーターを調査する方法をまとめておく。(2018/8/16)

求人数ではRuby、C、Python:
年収が高いプログラミング言語は「Go」――「Scala」と「Python」が続く
ビズリーチは「プログラミング言語別年収ランキング2018」を発表した。1位は年収の中央値が600万円の「Go」、2位は「Scala」、3位は「Python」。スクリプト言語が多く、求人数ではRuby、Python、Cが際立っている。(2018/8/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。