ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「自伝」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自伝」に関する情報が集まったページです。

【第2回】気鋭の経営者が語る「失敗の法則」:
「成功はアート、失敗はサイエンス」――倒産寸前の会社を再建した『破天荒フェニックス』、OWNDAYS田中修治社長が語る「会社経営失敗の法則」
2020年がいよいよ幕を開けた。多額の債務を背負い、債務超過で倒産寸前だったメガネ製造販売チェーンの「OWNDAYS」を30歳のときに買い取り、10年足らずで再建を果たした田中修治社長のインタビューを前後編でお届けする。後編となる第2回目では、OWNDAYS再建時に大切にしていた考え方に迫っていく。人材採用や社員教育など話は多岐にわたった。(2020/1/4)

【第1回】気鋭の経営者が語る「失敗の法則」:
「人生の“選択”には意味がない」――倒産寸前の会社を再建した『破天荒フェニックス』、OWNDAYS田中修治社長の経営哲学
2020年がいよいよ幕を開けた。年初にふさわしい企業経営者のインタビューを前後編でお届けする。多額の債務を背負い、債務超過で倒産寸前だったメガネ製造販売チェーンの「OWNDAYS」を30歳のときに買い取り、10年足らずで再建を果たした田中修治社長だ。前編ではOWNDAYSが海外に進出する際に何を重視していたのか、なぜ日本企業の海外進出は奏功しにくいのかを聞いていく。(2020/1/3)

KFC関東唯一の食べ放題店に行ってみた! 担当者も”最強”と語る「オリジナルチキンのためのスープカリー」とは
カーネル・サンダースの自伝のレシピから生まれたメニューも。(2019/12/21)

和田憲一郎の電動化新時代!(35):
ダイソンEV撤退をケーススタディーとして考える
EVを開発すると宣言し、撤退した案件としては、投資額や雇用人員ともダイソンがこれまで最大規模であり、この撤退の真因に迫ることは、今後のEV開発に極めて重要ではないかと考えた。あくまで筆者の見立てであるが、元EV開発の経験からダイソンEV撤退をケーススタディーとして、EV開発の困難さおよび事業の難しさについて考えてみたい。(2019/12/11)

「涙が止まらない」「ネコちゃんは幸せだったと思う」 突然の愛猫との別れを描いた漫画に共感と励ましの声
家族、これからも大事にしよう。(2019/12/3)

セキュリティ・アディッショナルタイム(37):
「この技術、10年後もイケてる?」を考えてきたハードウェアエンジニアから若者への提言
米国のセキュリティ企業FortinetでPrincipal ASIC Design Engineerを務める坂東正規氏は、何を思い渡米し、キャリアを築いていったのか。これからのセキュリティエンジニアは何を学ぶべきかなどを聞いた。(2019/11/20)

水平思考(ねとらぼ出張版):
『岩田さん』という本のこと、永田泰大という編集者のこと
かつてファミ通に「風のように永田」という編集者がいたことを覚えていますか。(2019/11/1)

史上最強の親子対談ッ! 週刊少年チャンピオンで『バキ道』板垣恵介×『BEASTARS』板垣巴留が漫画哲学を語る
9月19日発売の週刊少年チャンピオン42号にて。(2019/9/19)

「韓国・フェミニズム・日本」特集はなぜ大ヒットしたのか? 『文藝』編集長に聞く、86年ぶり3刷の裏側
「在庫が一瞬でなくなった」異例の大ヒットの裏側。(2019/7/26)

その漫画はなぜAVの歴史を変えると言われるのか――野々原なずな×クジラックス特別対談
自伝漫画を描く現役セクシー女優が敬愛してやまない漫画家、クジラックスさんを招いて対談。(2019/7/5)

女性は節約、男性は投資 書籍ランキングから見えるお金との付き合い方
女性は節約、男性は投資。楽天ブックスがまとめたお金に関する書籍の売上げランキングには、男女のお金との付き合い方の違いが現れていた。(2019/5/30)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ビジネスパーソンはセオリーを学べ
現場の経験も大切だが同じくらい大切なのは、セオリーをキチンと理解することだ。(2019/5/23)

まんが王国と『月刊コミックバンチ』が新レーベル「ウツツ」創刊へ
売春、不倫、性差別、児童虐待などを扱った作品がズラり。(2019/5/12)

「豆みたい」「まだかわいい」 乙武洋匡、43年前の赤ちゃん写真がぷっくぷくでファンの母性をくすぐる
笑顔がキュートな赤ちゃん時代。(2019/4/24)

平成最後の「IPPONグランプリ」徹底解説。ホリケンの狂気回答にバカリズムもロバート秋山もクルクルクルクル。松本人志、嘆く
サドンデス勝負のお題は「新元号発表の雰囲気で何かを発表してください」それでなぜ全員クルクルに?(2019/4/21)

筋肉体操より難しい? 武田真治が指南する「女性向け筋トレ」がウルトラCの超難度
先生、自叙伝持ってません。(2019/1/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
僕らのヒーローだったジャッキー・チェンが、世界で嫌われまくっている理由
香港アクション映画の象徴的存在、ジャッキー・チェンのイメージダウンが止まらない。隠し子である「娘」の振る舞いや、自伝で語られた「ダメ人間」ぶりなどが欧米やアジアで話題になっている。私たちのヒーローだったジャッキーに何が起きているのか。(2018/12/20)

予想外の展開に涙 魔法の本に封じ込められた悪魔と少女の友情を描いた漫画に心が浄化される
友情に種族の違いなんて関係ないんだ。(2018/12/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
“トランプ暴露本”で注目のスター記者から学ぶ「人心掌握術」
新たなトランプ暴露本が発売され、注目されている。著者のジャーナリスト、ボブ・ウッドワードに対して、政権幹部らはなぜ口を開いてしまうのか。知られていない情報を得るための“仕事術”とは……(2018/9/20)

急成長の秘密を探る:
ドンキ創業者が自伝に記した「金銭欲と名誉欲」
ドンキの創業者はたった一代で巨大なチェーンを築いたが、その原動力はどこにあるのか。“きれいごと”抜きの感情を素直に吐露した自伝から読み解いていく。(2018/9/18)

乃木坂46の齋藤飛鳥、純白のウエディングドレス姿で涙 映画「あの頃、君を追いかけた」本予告で初披露
求婚者続出しそう。(2018/9/10)

『自分の腕を切り落とし、目を抉り出し、頭を叩き潰し……』 人生から将棋を消し去ろうとした瀬川晶司は、なぜ再びプロ棋士を目指したのか?
遠回りをしたから気付けたこと。(2018/9/8)

常見陽平のサラリーマン研究所:
『情熱大陸』に出たい連中、痛くないか?
読者の周囲に「オレ、『情熱大陸』に出たいんだ」という人はいないだろうか。正直に言おう。こういう人は、痛い。ちょっと引いてしまう人たちに、どのように対応すればいいのかというと……。(2018/9/7)

ドンキの源流を探る:
ドンキの圧縮陳列とPOP洪水を生み出した「泥棒市場」
「権限移譲」「圧縮陳列」「POP洪水」「迷路」――ドンキの強さを表すキーワードはいくつかあるが、これらはどのようにして誕生したのだろうか。創業者である安田隆夫氏の自伝からドンキの“源流”を読み解いていく。(2018/8/13)

あの宮崎駿も最初はうまくいかなかった:
“世渡り力”だけでは生き残れない ダメ人間のための「フリーランス入門」 
フリーランスには「40歳の壁」がある――。こんな指摘をしたフリーの編集者である竹熊健太郎氏の書籍が話題を集めている。どうすればフリーランスは40歳以降も生き残っていけるのだろうか。39歳のフリーライターが、竹熊氏に聞いてみた。(2018/7/23)

「万引き家族」是枝裕和監督の最新作、日仏合作で2019年公開へ 主演にフランスの至宝カトリーヌ・ドヌーヴ
フランスの往年の大女優が見せる家族の葛藤の物語。ねえ、ママ。教えて。人生って楽しい?(2018/7/16)

ド直球タイトルな小説『夫のちんぽが入らない』が連ドラ化、石橋菜津美と中村蒼のW主演で
NetflixとFODで2019年に配信。地上波では難しいか……?(2018/7/1)

脚本家・岡田麿里の自伝、前田敦子主演でNHKドラマ化 引きこもり時代から「あの花」「ここさけ」制作までの半生描く
まさかの実写化。(2018/5/29)

山浦恒央の“くみこみ”な話(106):
バグ検出ドリル(6)いろんなところにバグがいる! 2分探索法の問題
「バグ検出ドリル」の第6回で出題するのは「2分探索法」の問題です。ソフトウェア技術者の誰もが心得ておくべき常識的なアルゴリズムである2分探索法ですが、今回の問題では、いろんなところにバグがあります。問題文から、どこにバグがありそうか見つけ出してみよう!(2018/5/14)

PR:練習ゼロでもマンガ家(風)になれる、意識の超低いデジタルマンガ本の作り方
マンガを描いたことがないのにマンガ風の連載を始めたライターが、独自のマンガの描き方と同人誌を自分で作るまでの方法論を明かします。(2018/3/19)

1000万部級のヒットも:
新たに開けた「小説×世界」のマーケット 講談社の挑戦
出版社が注目している海外市場。講談社文芸第三出版部で編集長を務める河北壮平さんは「ここ数年で大きな変化が起こっています」と語る。「日本の小説×世界市場」でいま何が起こっているのか?(2018/2/26)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
1週間で1000万です――3年を捧げた奇跡の大作、依頼の実態は「ゴーストライター」
作家志望者が作家死亡者にならないために。(2017/11/7)

前FBI長官のコミー氏のTwitterアカウントが確認される
オバマ前大統領が指名し、トランプ大統領が解任した前FBI長官のジェームズ・コミー氏が、@FormerBu(元FBIという意味)というアカウントのユーザーであることが明らかになった。来春出版予定の自伝のプロモーションで利用するのかもしれない。(2017/10/24)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
オリンピック4大会連続出場を成し遂げた松田選手の「自超力」とは
0.01秒単位で記録を縮め、世界で結果を出すために考えたこと、変えていったこと、壁を乗り越えるために必要だったこと。(2017/7/13)

“私たちとAV業界は地続きだ” 「身体を売ったらサヨウナラ」鈴木涼美が女性限定トークイベントで映画化喜ぶ
「地雷を踏んだらサヨウナラ」のオマージュタイトルは、歌舞伎町は地雷だらけという思いから。(2017/6/27)

生まれつき両腕がない「足で演奏するホルン奏者」がすごい 美しい音色に絶賛の声
感動した。(2017/6/16)

CloseBox:
映画「ドリーム」がアポロ計画は外してもドリームは残した理由
多分、どちらもいい映画です。(2017/6/9)

じんたんと順はいかに生まれたのか? 脚本家・岡田麿里さんの自伝「学校へ行けなかった私が『あの花』『ここさけ』を書くまで」発売
アニメと現実は少しだけ地続きです。(2017/3/9)

真面目な自伝本「夫のちんぽが入らない」が新聞広告に掲載……も、タイトルが「入らない」 斬新な広告デザインが話題に
一度は掲載を断られていました。(2017/2/12)

アニメ映画「この世界の片隅に」誕生のきっかけ 片渕須直監督「マイマイ新子と千年の魔法」がニコ生で配信決定
音楽・主題歌はいずれもコトリンゴさんが担当。(2017/1/24)

「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」は創作だった? “わがまま王妃”じゃない21世紀のマリー・アントワネット像
歴史に革命を起こすマンガかもしれない。(2016/12/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
2016年は誰が手にした? ノーベル平和賞なんていらない理由
2016年のノーベル平和賞、誰が受賞したのかご存じだろうか。答えは、コロンビアのサントス大統領。名前を聞いてもピンとこない人が多いだろうが、そもそもなぜ彼が賞を取れたのか、疑問の声が多い。なぜなら……。(2016/11/17)

“コミケ席巻”の島本和彦さん「シン・ゴジラ」同人誌、小学館が8ページを無料公開
小学館のWebサイト「サンデーうぇぶり」で、島本和彦さんの同人誌「アンノ対ホノオ」の一部が無料公開された。庵野秀明さんとの交流を描いた漫画も閲覧できる。(2016/8/25)

コミケで即完だった島本和彦先生の“シン・ゴジラ本” 本人の同人誌通販サイトで再販
島本先生が庵野総監督の「シン・ゴジラ」のすごさを解説した同人漫画「アンノ対ホノオ」が、期間限定で申し込めるぞ!(2016/8/17)

「シン・ゴジラ」発声可能上映、LINE LIVEで取材番組 「島本先生は現れるのか!?」のアオりに本人「逃げるが勝ち!?」
会場で「やめろ庵野〜〜!!」の声は聞けるの……か!?(2016/8/15)

立ちどまるよふりむくよ:
その後の音楽を一変させた「MC-8の父」について
その仕組みはMIDIに継承され、今日の音楽制作の基礎となった、デジタルシーケンサーの元祖、ローランド「MC-8」。しかし、その父親的存在であるカナダ人についてはほとんど知られていない。(2016/7/1)

「ハイスコアガール」連載再開を祝して「ピコピコ少年SUPER」の最終話「糞袋少年」の無期限再公開が決定
「ふびんすぎて読めない」といわれておよそ1年半。(2016/5/23)

押切蓮介「ハイスコアガール」、7月25日発売の「ビッグガンガン」で連載再開!
加筆修正を施したリニューアル版「ハイスコアガール CONTINUE」や、「ハイスコアガール」最新6巻も発売。(2016/5/23)

13年続いた「カラスヤサトシ」ついに完結 「変わり者」から「非モテの星」そして「裏切り者」へ…… 13年の歩みを振り返る
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第68回」は、カラスヤサトシ先生の「カラスヤサトシ」を紹介します。(2016/5/20)

「こんばんにゃ」でおなじみの気象キャスター、寺川奈津美さんが夜から昼の顔に
「こんばんにゃ」言えなくなっちゃうの?(2016/4/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。