ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「スマホBB割」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スマホBB割」に関する情報が集まったページです。

大和恒成の「光コラボ」講座:
光コラボ×携帯電話で節約――「セット割」をチェックしよう!
光コラボサービスの中には、携帯電話の大手3キャリアとの「セット割」を用意しているものがあります。改めてチェックしてみましょう。(2015/12/11)

ソフトバンク、「ホワイトプラン」など申し込み受け付け延長
ソフトバンクモバイルは、11月末で終了予定だった「ホワイトプラン」など一部料金プラン・割引サービスの申し込み受け付けを延長する。(2014/11/26)

ソフトバンク、一部のスマホ向け料金プランや割引サービスを11月30日に終了
ソフトバンクは、一部のスマホ向け料金プランおよび割引サービスへの新規加入を11月30日に終了する。同プランを利用中のユーザーは継続して利用できる。(2014/8/29)

ソフトバンク、スマ放題向け「スマホBB割」を8月開始――固定とセットで月1522円を割引
ソフトバンクはスマ放題の利用者を対象に、固定通信サービス「ホワイトBB」などへの加入で、毎月のパケット定額料を最大1522円を割り引く「スマホBB割」を開始する。(2014/7/24)

iPhone 5s/5cが最もお得なキャリアは?――端末価格と料金プランを比較
「iPhone 5s」と「iPhone 5c」がドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの3キャリアから発売された。端末価格や料金プランは、どのキャリアが最もお得なのか? 端末価格は実質価格、料金プランは2年間使ったケースを想定して算出してみた。(2013/11/19)

ソフトバンクモバイル、テザリングオプションや各種キャンペーンの提供期間を延長
ソフトバンクモバイルが、スマートフォンやタブレット購入者向け提供している各種キャンペーンやオプションサービスの申し込み受付期間を延長する。(2013/1/31)

石野純也のMobile Eye(11月19日〜11月30日):
嫉妬される「HTC J butterfly」の魅力/“使い勝手”を訴求する富士通/auとSB版iPad miniの料金を検証
この2週間は冬モデルの話題が相次いだ。冬モデルの中でも一際高い注目を集めているHTCの「HTC J butterfly」は、KDDIとの協業で生まれた第2弾モデル。このほか、ARROWS Vをはじめとする富士通の新機種と、11月30日に発売されたiPad mini/iPad RetinaディスプレイモデルのWi-Fi+Cellularモデルについても取り上げる。(2012/12/3)

こちらも16Gバイトは実質0円:
ソフトバンク、「iPad mini」「iPad Retina ディスプレイモデル」の販売価格と専用料金を発表
ソフトバンクモバイルは、iPad mini」「iPad Retina ディスプレイモデル」の端末販売価格と、専用の料金プランを公表した。テザリングは12月上旬に開始する予定だ。(2012/11/30)

テザリングは2年間無料に:
ソフトバンクモバイル、4Gスマートフォン向け料金サービスを発表
ソフトバンクモバイルが、「SoftBank 4G」に対応したスマートフォン向けの新料金プランやパケット定額サービス、オプションサービスを発表した。(2012/10/9)

ソフトバンク、「スマホBB割」の申込期間を延長 QTNet向け「4G/LTE スマホBB割」も開始
ソフトバンクモバイルは、指定の固定通信サービスとスマホを組み合わせるとパケット料金を割り引く「スマホBB割」「スマホBB割 with BBIQ」を延長する。またQTNet向けに「4G/LTE スマホBB割 with BBIQ」を開始する。(2012/9/20)

iPhone 5発売目前 5つの「やりましょう」で改めて魅力を打ち出すソフトバンク
テザリング、通話定額、セット割――。まとめてみんな「やりましょう。」とKDDIへの対抗策を打ち出したソフトバンクモバイル。au版のiPhone 5よりもソフトバンク版のほうが「速い、安い、広い」ことを改めてアピールした。(2012/9/20)

ソフトバンクモバイル、テザリング解禁 2013年1月15日から
ソフトバンクモバイルが9月19日、iPhone 5での「テザリング」を2013年1月15日から提供すると発表した。そのほかLTEスマートフォン向けの24時間通話定額やADSL回線とのセット割引など5つの割引施策を打ち出した。(2012/9/19)

ソフトバンクモバイル、「スマホBB割」キャンペーンの申込期限を9月末まで延長
ソフトバンクモバイルは、「スマホBB割」キャンペーンの受け付け期間を9月末まで延長した。指定の固定通信サービスとスマホを同時に契約していると、毎月、パケット定額料金の割り引きが受けられる。(2012/5/21)

BBIQとスマホのセットで通信料を割り引き――ソフトバンクの「スマホBB割 with BBIQ」
九州通信ネットワークの光ブロードバンドサービスと、ソフトバンクモバイルのスマートフォンを併用すると、パケット通信料が月額430円割引となるキャンペーン「スマホBB割 with BBIQ」が実施される。(2012/3/29)

固定とスマホのセットでパケット定額料を最大1480円割り引き――ソフトバンクの「スマホBB割」
ソフトバンクモバイルは、同社スマートフォンと指定の固定通信サービスをセットで利用すると、スマホのパケット定額料を最大1480円割り引く「スマホBB割」を発表。KDDIの「auスマートバリュー」に追従する。(2012/2/27)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。