ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ソムリエ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ソムリエ」に関する情報が集まったページです。

花王「アタック」Twitterの中の人も認めた“ガチすぎる”洗濯漫画 『鬼桐さんの洗濯』はいかにして生まれたのか?
作者のふかさくえみ先生と、帯コメントを書いた花王アタックの中の人にインタビューしました。(2020/7/17)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナ禍で「社員の出社が前提」のサービスが危機! 「おかん」と「キリン」の生き残り策とは
コロナ禍でオフィスに出社する社員は減少した。社員向けの福利厚生サービス事業者はどう生き残るのか? 「オフィスおかん」と「KIRIN naturals」の戦略とは。(2020/7/6)

食の流行をたどる:
「寿司とワイン」「そばと日本酒」…… ペアリングが“コロナ後”の飲食店を救いそうな理由
高級レストランを中心に提供される「ペアリング」のサービス。ワインだけでなく、お茶や日本酒のペアリングも登場している。このモデルがコロナ後の飲食店を救うかもしれない。(2020/6/27)

タイムアウト東京のオススメ:
神楽坂、プチフランス旅行ガイド
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/6/23)

今日書きたいことはこれくらい:
『コロボックル物語』シリーズ、特に2巻の『豆つぶほどの小さな犬』が、児童小説としては信じられないほど良質なミステリーでありかつラブコメだという話
児童書だからといって侮れない『コロボックル物語』シリーズの魅力(2020/6/20)

もふもふビッグなハチワレ猫・いくらくん 驚いたようなまんまるお目々とムチムチボディーがたまらない
どこもかしこも丸くてかわいい……。(2020/5/8)

今日書きたいことはこれくらい:
「ビックリマン」シール裏テキストのセンスがあまりにもぶっ飛び過ぎていて感動するしかなかった、という話
なぜビックリマンは当時あれほどの社会現象になり得たのか?(2020/4/18)

今日書きたいことはこれくらい:
『火ノ丸相撲』における刃皇はなぜ少年漫画界でもまれに見る名ラスボスだったのか
「不倒城」しんざきさんによるコラム、第12回は『火ノ丸相撲』のラスボス「刃皇」について。(2020/6/28)

新型コロナで引きこもりがち……そんなときこそ家に花を飾ろう 本当はかんたんな花の買い方&基本のお手入れを解説します
現役のお花屋さんが解説します。(2020/3/20)

ニャーは箱ソムリエである いくつもの箱に入る猫ちゃんたちのテイスティング風景がかわいい
少し小さめの方がフィット感が良さそうです。(2020/3/5)

歌川広重と喜多川歌麿がモチーフ 万年筆用インク「浮世絵インク」第2弾登場
ガラスペンみたいなつけペンでも楽しみたい。(2020/2/26)

今日書きたいことはこれくらい:
「バトルコマンダー 八武衆修羅の兵法」が人にはおすすめしにくいけど俺は大好きなんだ、という話
全然おすすめされてないのになぜか遊びたくなってくる……。(2020/2/22)

「世界を旅するワイン展」で見つけた5つの推しワイン ワインビギナーにこそすすめたい「ワインイベント」の楽しみ方をイラストで解説します
ちょっとハードルの高いお酒「ワイン」の楽しみ方を解説。(2020/2/15)

「もう帰りたい」→ 1万いいね どんなつぶやきでも大量の“疑似いいね”がもらえるSNS風アプリ「Ponitter」でみるみる承認欲求が満たされる
ああ……承認欲求が満たされていく……。(2020/2/12)

「気づいたら平手友梨奈ちゃん見てる」「メンバーの家族も欅ファン」 グランジ遠山・はんにゃ金田・バグベアが夜通し欅坂46愛語った「語るなら欅を」イベントレポート 
【画像】欅坂46のこと、誰が一番愛してる?(2020/1/18)

今日書きたいことはこれくらい:
「〇〇のカプコン」といったら何? という件と、「19XX」があまりにも面白すぎるという話
そして唯一にして最大の問題点とは。(2020/1/25)

タイムアウト東京のオススメ:
ワインもナチュラルを選ぶ
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/1/15)

今日書きたいことはこれくらい:
『エリア88』アフリカ傭兵編はなぜ途方もなく面白い「異世界転生漫画」なのか
『エリア88』は異世界転生漫画だった……?(2020/1/12)

「グランメゾン東京」木村拓哉&鈴木京香、クランクアップの笑顔2ショット公開 ファンからは「終わるの寂しすぎる」「ロスになりそう」の声も
尾花さーーーん! 倫子シェフ!!(2019/12/26)

今日書きたいことはこれくらい:
【ファイナルファンタジーII】俺たちはなぜ、シドの死と最後の言葉にあんなにも心を動かされたのか
ハードのスペックが低く、「あっさり死ぬ」からこそ強烈な印象を残していたのではないか。(2019/12/21)

さりげない工夫とかわいいデザイン! 「with」ふろくのディズニーカレンダーを使ってみたらオフィスに最適だった
クオリティ高いです!(2019/12/3)

今日書きたいことはこれくらい:
「ガチャポン戦士2 カプセル戦記」はなぜファミコンにおけるガンダムゲーの最高傑作なのか
「SDガンダム」という題材と、「シミュレーションの皮をかぶったアクションゲーム」というゲームシステムの相性の良さ。(2019/11/23)

集まる不満は1日1万件:
その不満、買い取ります 日々の“もやもや”を何でも買い取る「不満買取センター」が社会を変える?
ユーザーから不満を買い取る「不満買取センター」。日々不満を投稿するユーザーは40万人を超え、1日1万件もの不満が集まる。商品に関するものから人間関係に関するものまで、幅広く買い取っているという。最近では、企業だけでなく、行政も活用し始めている。(2019/11/11)

気合が入りまくった運営:
カメラ売り場をどかして酒の試飲カウンターを設置したビックカメラの狙い
ビックカメラの酒売り場に試飲カウンターがじわりと増えている。1日で数百人単位が利用するほどにぎわってる店もある。新宿西口店ではカメラ売り場をどかして酒売り場に変えた。(2019/11/11)

今日書きたいことはこれくらい:
ゲームブック版『ドルアーガの塔』はなぜ俺の中でドルアーガの正史なのか
そこには確かに、生き生きとした冒険の世界があった。(2019/11/9)

今日書きたいことはこれくらい:
「キャプテン翼」を世に送り出したテクモがいかに偉大かを皆さんに説明します
ガッツがたりない!(2019/10/20)

今日書きたいことはこれくらい:
「ドラゴンボール 大魔王復活」はなぜ『ドラゴンボール』のゲーム化として最高だったのか
なぜ「神龍の謎」のシステムをそのまま引き継がなかったのか?(2019/10/6)

伸びるオーダースーツ市場:
AIがお客の警戒を解く 高島屋がオーダースーツ売り場で人工知能導入の背景
郄島屋がスーツ売り場に人工知能を導入する。9月1日から。お客の好みなどに合わせて生地を提案。導入する狙いとは?(2019/8/23)

おなかの肉どこいった!? はんにゃ川島、約3カ月間で11キロ減量した姿に「若返った」「痩せてイケメンに見える」の声
だしの力よ。(2019/8/17)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
10年後、さらに10年活躍できる組織を目指すアステラス製薬
変化する医療の最先端に立ち、科学の進歩を患者さんの価値に変えていくことで、ステークホルダーや社会からの期待に応え続けるアステラス製薬。デジタルを含むさまざまな技術の活用により、イノベーションを継続的に創出できる組織の実現を目指している。(2019/8/7)

成城石井プロデュースのワインバーが渋谷マークシティにオープン ちょっとぜいたくな気分の日に行きたい「Le Bar a Vin」を味わってきた
ワインバーだけどごはんもガッツリ。(2019/7/10)

昭和な制度が変わらないワケ:
「エライ人=管理職」をやめようとして大失敗した話
変化の時代に実務を知らないマネジャーは使いものにならない――というのは昨今の定説だが、その問題を解消するのは非常に難しいようで……。(2019/7/4)

熱きシニアたちの「転機」:
ワンマン社長の奴隷、3500万円の借金地獄――“31歳無職の男”は「伝説の居酒屋カリスマ」にどう成り上がったのか【後編】
3500万円の借金地獄から、アッという間に大金持ちになった男の波乱万丈な成功物語の完結編――。(2019/7/1)

熱きシニアたちの「転機」:
ワンマン社長の奴隷、3500万円の借金地獄――“31歳無職の男”は「伝説の居酒屋カリスマ」にどう成り上がったのか【前編】
3500万円の借金地獄から、アッという間に大金持ちになった男の波乱万丈な成功物語の前編――。(2019/6/28)

新事業を選ぶ“2つの条件”:
「本業と無関係」「10年かかる」 キャビア養殖に挑む電線メーカーの生き残り術
ケーブル・電線メーカーの金子コードは、本業から懸け離れた、事業化に10年かかる「キャビア養殖」に参入した。なぜ畑違いの新事業に挑むのか。その背景には、10年かけて育てた新事業に救われた経験があった。金子智樹社長に、新事業の考え方を聞いた。(2019/3/11)

「ねとらぼGirlSide」2018年にシェア数が多かった記事トップ10
1位はオタク女子のライフハックをまとめたあの記事でした。(2018/12/29)

若者のロールモデルになりたい:
同性愛公表のパナソニック取締役ベイツ氏「LGBTへの差別は日本経済の損失」
6月にパナソニック初の外国人取締役に就任した米国人のローレンス・ベイツ氏が、同性愛者であることをカミングアウト(公表)している自身の経験について、就任後初めて取材に応じた。(2018/12/23)

折り込みチラシなし! ポイントカードなし!:
午後7時閉店でも店長年収1000万円超え! 愛知県「地元密着スーパー」絶好調の秘密
愛知県東三河地方だけに5店舗しか展開していない「絶好調」のスーパーがある。「社員第一主義」を掲げ午後7時には閉店しているのに、店長の年収は1000万円を超える。その秘密に迫った。(2018/11/20)

1年でもっとも盛り上がった言葉を決める「ネット流行語・アニメ流行語」のノミネートワード募集がスタート
今年はねとらぼも企画に参加!(2018/11/7)

熱きシニアたちの「転機」:
障がい者が働く大繁盛の「チョコ工房」設立した元銀行マンの決意
定年後を見据えて「攻めの50代」をどう生きるのか。新天地を求めてキャリアチェンジした「熱きシニアたち」の転機(ターニングポイント)に迫る。4回目は障がい者を雇用するチョコ工房「ショコラボ」を起業した元銀行員の伊藤紀幸さん(53)。2018年11月1日に7周年目を迎えるショコラボの伊藤さんに話を聞いた。(2018/11/1)

AIが好みのBL作品をオススメしてくれる「BLソムリエ」爆誕 BLライフが捗りそう
BL情報サイト「ちるちる」運営ならではのサービス。(2018/10/9)

明朝体ソムリエになりたい人へ 『月刊MdN』2018年11月号で特集「明朝体を味わう。」が掲載
明朝体の違いがわかる大人への道。(2018/10/6)

CEDEC 2018:
「8割がソシャゲの相談」 ゲームAI注目されるワケ、「がんばれ森川君2号」開発者が語る
「がんばれ森川君2号」開発者・森川幸人さんは、ゲーム業界でAI技術を使った開発の需要が高まっていると話す。特にソーシャルゲームを作る会社からの相談が増えたという。(2018/8/27)

熱きシニアたちの「転機」:
「Amazonとは違う世界を」 古書店に眠る本を“検索”で蘇らせた元リコー社員
定年後を見据えて「攻めの50代」をどう生きるのか。新天地を求めてキャリアチェンジした「熱きシニアたち」の転機(ターニングポイント)に迫る。3回目は古書の検索サイト運営会社を起業した元リコー社員の河野真さん(62)。(2018/8/20)

タイムアウト東京のオススメ:
間違いない10軒を巡る
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/7/31)

連載 熱きシニアたちの「転機」:
“リーマンショック解雇”を機にフレンチの道へ 元外資金融マンが描く「第3の人生」
定年後を見据えて「攻めの50代」をどう生きるのか。新天地を求めてキャリアチェンジした「熱きシニアたち」の転機(ターニングポイント)に迫る。2回目はリーマンショックで「クビ」を告げられ、一念発起してビストロを開業した元外資金融マンの両角太郎さん(54)。(2018/7/19)

同じゴハンがうれしいニャ 猫と人がどっちも食べられるゴハンのレシピ本が便利そう
おいしそうなお料理とかわいい猫ちゃんたちが満載の1冊です。(2018/7/4)

ねぇねぇ、みんなの二次元の初恋って誰だった? 「ヲタクに恋は難しい」11話
【ネタバレあり】成海さん、いい恋してますね。(2018/6/22)

連載 熱きシニアたちの「転機」:
56歳で早期退職 元大手ITエンジニアが「介護タクシー」続けるワケ
定年後を見据えて「攻めの50代」をどう生きるのか。新天地を求めてキャリアチェンジした「熱きシニアたち」の転機(ターニングポイント)に迫る。第1回目は「介護タクシー」会社を起業した元大手ITエンジニアの荒木正人さん(70)。(2018/6/13)

世の中の“当たり前”を実現:
PR:三越伊勢丹が誇る「買い物体験」 デジタル化でどう変わる?
三越伊勢丹ホールディングスが今、「デジタル化」をキーワードに顧客とのつながりを強化しようとしている。老舗百貨店は何を変えようとしているのか。デジタル戦略の狙いと店舗の取り組みを探った。(2018/6/7)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。