ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スティーブン・スピルバーグ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スティーブン・スピルバーグ」に関する情報が集まったページです。

おしえて、キラキラお兄さん:
エンジニアに学歴は必要ですか?
僕は「自由」なわけじゃない、「自分勝手」なだけだ――HAL9000に憧れてIBMに入社し、同社初の“ドクター未満”で研究所所員となった米持幸寿さんは、自身のキャリアを振り返って、こう評す。人に恵まれ、運に恵まれ、何より努力を重ね、やりたいことを実現してきた米持さんの挫折と、過去の自分への恨みを晴らした出来事とは。(2020/5/18)

逃げろ! 襲え! どっちもお前だ! B級映画マニアが伝えたい「人間狩り映画」のリバーシブルな面白さ
一番面白いジャンル、それが「人間狩り」……!(2020/5/15)

ハリウッドレベル超短編配信サービス「Quibi」、広告ありは月額5ドル、広告なしは8ドルに
米動画界の重鎮ジェフリー・カッツェンバーグ氏が立ち上げた新興企業Quibiが、4月6日に超短編動画配信サービスをスタートする。広告なしなら月額8ドル(約840円)で、1エピソード約10分のドラマやリアリティショーをスマートフォンで視聴できる。(2020/3/7)

それは“愛の敗北”である 映画「キャッツ」を見たら酷評は“不幸な事故”によるものな気がしたので感想などをつづる
われわれ人類は、いまだ「映画化」の最適解を見つけられていない。(2020/2/4)

CES 2020:
4月スタートのハリウッドレベル超短編配信サービス「Quibi」が機能紹介
4月にスマホ向け超短編配信サービスを開始予定の新興企業Quibiが、CES 2020でサービスについて説明した。Quibiは元Walt Disney Studios会長が立ち上げており、コンテンツは“最高品質のハリウッドスタイル”になる見込み。(2020/1/9)

「E.T.」37年後を描いた4分の動画に大号泣する人続出 大人になったエリオットとの再会に「本当に……もう(号泣)」
E.T.帰ってきた……(号泣)。(2019/11/29)

人気テレビプロデューサー・栗原甚の仕事哲学:
『¥マネーの虎』生みの親が明かす! 難攻不落の社長たちを口説き落とした【準備ノート】のススメ
日本テレビで放送された伝説の人気番組『¥マネーの虎」。その番組の生みの親で、企画・総合演出・プロデュースをすべて担当したのが栗原甚さんだ。注目すべきは各業界の異端児であり多忙を極める社長たちを、いかにしてキャスティングしたのか。“虎”たちを口説き落とした秘密を聞くと、困難な状況を救った【1冊のノート】の存在が浮かび上がってきた。世界的なヒットコンテンツ誕生の舞台裏に迫る。(2019/11/26)

オリジナルの映像配信サービス「Apple TV+」開始 月額600円、端末購入で1年間無料
Appleは11月1日、月額600円の映像サブスクリプションサービス「Apple TV+」を開始した。オリジナルのテレビ番組や映画などが配信される。9月11日以降にiPhone、iPad、Apple TV、Mac、iPod touchを購入したユーザーは1年間無料でサービスを利用できる。(2019/11/1)

松坂桃李の所帯じみっぷり、松岡茉優の所在なさっぷり演技が随一 映画「蜜蜂と遠雷」を漫画でレビュー
映像表現もすごい。(2019/10/21)

Apple TV+、11月1日から開始へ Appleのオリジナル番組配信サービス 月額4.99ドル
世界100カ国以上でスタート。(2019/9/11)

日本の映像業界への危機感 ドラマ「スカム」原祐樹に聞く“クリエイティブとビジネスの溝”
「企画プロデュース」「脚本原案」「監督」を務めた原さんに聞きました。(2019/8/14)

デーイジー、デーイジー:
「2001年宇宙の旅」の「HAL 9000」を、2019年のテクノロジーで解説しよう
スピルバーグが、手塚治虫が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2019年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第5回は「2001年宇宙の旅」だ。(2019/7/1)

【ライター募集】ねとらぼで“エンタメ系”の記事作成を手伝ってくれる方を募集します
お客さまの中にねとらぼエンタで記事を書きたい方はいらっしゃいませんか?(2019/6/13)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
ディズニー、Hulu…… 動画配信の覇権争いは日本アニメをどう変えるか
覇権争いを激化させる映像配信プラットフォームの巨人たち。日本アニメにどんな影響を与えるか。アニメ・映像ビジネス報道の第一人者が斬る。(2019/5/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
タイガー・ウッズ復活劇、勝利の裏で名を上げた“あの企業”
米プロゴルファー、タイガー・ウッズの復活劇が注目を浴びている。その裏には、暗黒時代にもスポンサーとして支え続けた企業の存在があった。その筆頭が、スポーツ用品大手のナイキだ。また、その中には日本企業も名を連ねている。(2019/4/18)

ITはみ出しコラム:
「Apple TV+」に集った100人以上の著名人まとめ
Appleオリジナルのビデオサブスクリプションサービス「Apple TV+」がこの秋登場。日本でもサービスを開始しそうです。現時点で参加が明らかになっている100人以上の著名人をまとめました。(2019/3/31)

林信行が読み解く Appleが4つのサービスで見せた良質なサービス作りの姿勢
Appleという世界一資金を潤沢にもつ企業が、その資本力を投じることで、もう1度、それぞれのサービスに本来の良さを取り戻そうとする姿勢――これに筆者は“ノブリス・オブリージュ”を感じずにはいられない。(2019/3/27)

iPhone依存からの脱却なるか? Appleの新サービス普及に必要なもの
Appleが新サービス「Apple TV+」「Apple Arcade」「Apple Card」などを発表。ハードウェアを発表しない、異例の発表会となった。ただしこれらを全世界で普及させるためには、乗り越えるべきハードルがある。(2019/3/26)

「Apple TV」アプリの5月更新で「Apple TV channels」立ち上げ オリジナルコンテンツの「Apple TV+」は今秋スタート
Appleは5月にマルチプラットフォーム対応の「Apple TV」アプリをリリースし、サードパーティのコンテンツをオンデマンド式に提供する「Apple TV channels」サービスをスタートする。今秋には、Appleのオリジナルコンテンツを提供する別のサービス「Apple TV+」もスタートする。(2019/3/26)

Apple、オリジナル動画配信サービス「Apple TV+」を今秋スタート
(2019/3/26)

オリジナルの動画配信サービス「Apple TV+」発表 2019年秋から提供
Appleが、オリジナルのテレビ番組や映画を配信する「Apple TV+」を発表。2019年秋に提供する。他社のスマートTVでも視聴できる。(2019/3/26)

オリジナル動画の定額サービス「Apple TV+」スタート
Amazon Prime Video、Netflixなどライバルがひしめき合う定額制動画視聴サービスに、Appleが参入する。(2019/3/26)

PR:松本人志の新番組「FREEZE」をもっと楽しむための“絶対に動いてはいけない”シチュエーション4選
冬のナマズのようにおとなしく……。(2018/10/11)

ワタシハ人間デス:
「火の鳥」の「ロビタ」を、2018年のテクノロジーで解説しよう
スピルバーグが、横山光輝が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2018年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第4回は手塚治虫先生の「火の鳥」だ。(2018/8/27)

「過去のレガシーを受け継ぎ、新しい扉を開く」 J・A・バヨナ監督『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を語る
ついに公開の大作。監督を直撃してみました。(2018/7/13)

変化していく恐竜と人間の関係 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』製作総指揮コリン・トレボロウ、今作のテーマを語る
「ジュラシック・ワールド」三部作を通じて、トレボロウが伝えたい一番大切なこととは?(2018/7/13)

怖くない人なんて、いて? 「機動戦士ガンダム」ハリウッドで実写化決定 
テレビアニメ「機動戦士ガンダム」がハリウッドで実写化される。サンライズと「PACIFIC RIM」シリーズや「GODZILLA」などを手がけたLEGENDARYが実写映画の共同開発で契約を結んだ。(2018/7/6)

「トランスフォーマーもどきはやめて」「監督と方針次第」 「機動戦士ガンダム」シリーズがハリウッドで実写化、ネット上は期待と不安の声であふれる
「PACIFIC RIM」シリーズや「GODZILLA」などで知られるLEGENDARYと共同開発。(2018/7/6)

Apple、オリジナルコンテンツでオプラ・ウィンフリー氏と契約
Appleが、トーク番組の司会者として人気のタレント、オプラ・ウィンフリー氏とオリジナルコンテンツ制作で契約した。(2018/6/16)

「GODZILLA 決戦機動増殖都市」ネタバレレビュー <人類最後の希望=メカゴジラ>は起動したか
ネタバレ注意。(2018/5/26)

アルバトロス「ジュラシック・ユニバース」登場 死刑囚vs恐竜、生き残りをかけたVR“ジュラシック・ゲーム”
最高の組み合わせ。(2018/5/19)

「NEWS TV」がリニューアル:
おおつねまさふみ氏が「NEWS TV」でレディ・プレイヤー1やネットリテラシーについて語り尽くした1時間
ITmedia NEWS編集部のライブ放送「ITmedia NEWS TV」がリニューアル。スペシャルゲストにMiTERU代表取締役のおおつねまさふみ氏が登場した。(2018/4/24)

スティーブン・スピルバーグの描く「ガンダム」がすごい……親父も熱中するわけだ 映画「レディ・プレイヤー1」公開
4月20日(金)公開のスティーブン・スピルバーグ監督作品「レディ・プレイヤー1」にガンダム(RX-78-2)が登場。金田バイクはデロリアンとカーチェイスしてキングコングに……!?(2018/4/20)

「お気に入りは金田バイク」 スピルバーグ監督、13年ぶりの来日で日本カルチャーへの愛を語る
この日を待ってた!(2018/4/19)

PR:「お化け屋敷は怖いから嫌い」という人を、お化け屋敷プロデューサーは説得できるのか?
お化け屋敷を克服する方法は「自分より怖がりな人と入る」こと。(2018/4/16)

日本リスペクトがハンパない! 映画「レディ・プレイヤー1」日本版&開田裕治描き下ろしポスター公開
スピルバーグ監督のゴリゴリの日本愛を感じる。(2018/4/5)

スピルバーグ、13年ぶりに来日 4月18日のジャパンプレミアで
映画「レディ・プレイヤー1」を引っさげて、「宇宙戦争」のジャパンプレミア以来となる来日が決定。(2018/3/28)

ビバップのソードフィッシュIIだこれ! 映画「レディ・プレイヤー1」のポスターにおじさんニンマリしちゃう
ガンダムとアイアン・ジャイアントが並び立つ世界観が熱い!(2018/2/14)

奇跡は 誰にでも 一度おきる だが おきたことには 誰も気がつかない:
「わたしは真悟」の「モンロー」を、2018年のテクノロジーで解説しよう
手塚治虫が、スピルバーグが、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2018年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第3回は楳図かずお先生の「わたしは真悟」だ。(2018/2/9)

スピルバーグ監督最新作「レディ・プレイヤー1」に三船敏郎も登場? 原作者の強すぎる日本愛
ガンダム、AKIRA、デロリアン、春麗、ハローキティなど大集合で何が始まるんです?(2018/2/2)

@IT読者は修羅場がお好き?:
訴えてやる! 訴えてやる! バビル2世――2017年、ソーシャルで話題になった「自分戦略研究所」の記事ベスト10
Facebookの「いいね!」数で振り返る2017年の自分研人気記事、どうもきな臭いタイトルのものが多いようで……。(2017/12/27)

「ハリウッド、いきまーす!」 ガンダムや春麗、キングコングたちが電脳空間で共演する夢の映画「レディ・プレイヤー1」予告映像公開
“連邦の白いヤツ”がハリウッドデビューだと……!?(2017/12/11)

Apple、「アメージング・ストーリー」新シリーズでスピルバーグと契約──Wall Street Journal報道
Appleが動画サービス拡充を目指し、スティーブン・スピルバーグ氏の製作会社と契約を結び、80年代の人気SF番組「世にも不思議なアメージング・ストーリー」の新シリーズを立ち上げる。(2017/10/11)

いけませんマイケル:
「ナイトライダー」の「K.I.T.T.」を、2017年のテクノロジーで解説しよう
手塚治虫が、スピルバーグが、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2017年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画やテレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第2回は「ナイトライダー」だ。(2017/10/4)

「食えなければ飢え死にしなさい」その言葉が紀里谷和明のキャリアに火をつけた 対談小説:鏡征爾
開始10分。紀里谷さんは言った。不意打ちだった。「きみは何を恐れているんだ?」(2017/9/26)

ハリウッド監督・紀里谷和明2万字インタビュー×東大作家・鏡征爾:禁断の解禁 ここにあなたの悩みをひもとく全てがある<後編>
作品づくり、ロジカルとイロジカル、そして死について。(2017/9/23)

ハリウッド監督・紀里谷和明2万字インタビュー×東大作家・鏡征爾:禁断の解禁 ここにあなたの悩みをひもとく全てがある<前編>
インタビューは、映画「ラスト・ナイツ」の日本公開直後、2015年に行われた。(2017/9/22)

古くて新しい、現代映画のモノクロ化というムーブメント
「マッドマックス」がモノクロ版として再発表されるなど、“映画のモノクロ化”という動きがにわかに活発化している。映画大好き麻倉怜士氏がこの動きに注目、過去の傑作を振り返りながら、旧作にはなかった現代のモノクロ映画の楽しみを指南。(2017/9/16)

金田バイクにデロリアン! SF映画「Ready Player One」の初トレーラー公開、80・90年代ポップカルチャーあふれる
2018年3月に全米公開。(2017/7/23)

VRゲームが舞台のスピルバーグ監督次回作「Ready Player One」初トレーラー公開
サンディエゴで開催のコミック・コンに合わせ、スティーブン・スピルバーグ監督の次回作「Ready Player One」の初トレーラーが公開された。VRゲーム「オアシス」を主な舞台とするSF映画で、トレーラーではゲーム用ヘッドセットや専用ツールを装着するシーンも見られる。(2017/7/23)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。