ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スティーブン・スピルバーグ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スティーブン・スピルバーグ」に関する情報が集まったページです。

世界を読み解くニュース・サロン:
タイガー・ウッズ復活劇、勝利の裏で名を上げた“あの企業”
米プロゴルファー、タイガー・ウッズの復活劇が注目を浴びている。その裏には、暗黒時代にもスポンサーとして支え続けた企業の存在があった。その筆頭が、スポーツ用品大手のナイキだ。また、その中には日本企業も名を連ねている。(2019/4/18)

ITはみ出しコラム:
「Apple TV+」に集った100人以上の著名人まとめ
Appleオリジナルのビデオサブスクリプションサービス「Apple TV+」がこの秋登場。日本でもサービスを開始しそうです。現時点で参加が明らかになっている100人以上の著名人をまとめました。(2019/3/31)

林信行が読み解く Appleが4つのサービスで見せた良質なサービス作りの姿勢
Appleという世界一資金を潤沢にもつ企業が、その資本力を投じることで、もう1度、それぞれのサービスに本来の良さを取り戻そうとする姿勢――これに筆者は“ノブリス・オブリージュ”を感じずにはいられない。(2019/3/27)

iPhone依存からの脱却なるか? Appleの新サービス普及に必要なもの
Appleが新サービス「Apple TV+」「Apple Arcade」「Apple Card」などを発表。ハードウェアを発表しない、異例の発表会となった。ただしこれらを全世界で普及させるためには、乗り越えるべきハードルがある。(2019/3/26)

「Apple TV」アプリの5月更新で「Apple TV channels」立ち上げ オリジナルコンテンツの「Apple TV+」は今秋スタート
Appleは5月にマルチプラットフォーム対応の「Apple TV」アプリをリリースし、サードパーティのコンテンツをオンデマンド式に提供する「Apple TV channels」サービスをスタートする。今秋には、Appleのオリジナルコンテンツを提供する別のサービス「Apple TV+」もスタートする。(2019/3/26)

Apple、オリジナル動画配信サービス「Apple TV+」を今秋スタート
(2019/3/26)

オリジナルの動画配信サービス「Apple TV+」発表 2019年秋から提供
Appleが、オリジナルのテレビ番組や映画を配信する「Apple TV+」を発表。2019年秋に提供する。他社のスマートTVでも視聴できる。(2019/3/26)

オリジナル動画の定額サービス「Apple TV+」スタート
Amazon Prime Video、Netflixなどライバルがひしめき合う定額制動画視聴サービスに、Appleが参入する。(2019/3/26)

PR:松本人志の新番組「FREEZE」をもっと楽しむための“絶対に動いてはいけない”シチュエーション4選
冬のナマズのようにおとなしく……。(2018/10/11)

ワタシハ人間デス:
「火の鳥」の「ロビタ」を、2018年のテクノロジーで解説しよう
スピルバーグが、横山光輝が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2018年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第4回は手塚治虫先生の「火の鳥」だ。(2018/8/27)

「過去のレガシーを受け継ぎ、新しい扉を開く」 J・A・バヨナ監督『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を語る
ついに公開の大作。監督を直撃してみました。(2018/7/13)

変化していく恐竜と人間の関係 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』製作総指揮コリン・トレボロウ、今作のテーマを語る
「ジュラシック・ワールド」三部作を通じて、トレボロウが伝えたい一番大切なこととは?(2018/7/13)

怖くない人なんて、いて? 「機動戦士ガンダム」ハリウッドで実写化決定 
テレビアニメ「機動戦士ガンダム」がハリウッドで実写化される。サンライズと「PACIFIC RIM」シリーズや「GODZILLA」などを手がけたLEGENDARYが実写映画の共同開発で契約を結んだ。(2018/7/6)

「トランスフォーマーもどきはやめて」「監督と方針次第」 「機動戦士ガンダム」シリーズがハリウッドで実写化、ネット上は期待と不安の声であふれる
「PACIFIC RIM」シリーズや「GODZILLA」などで知られるLEGENDARYと共同開発。(2018/7/6)

Apple、オリジナルコンテンツでオプラ・ウィンフリー氏と契約
Appleが、トーク番組の司会者として人気のタレント、オプラ・ウィンフリー氏とオリジナルコンテンツ制作で契約した。(2018/6/16)

「GODZILLA 決戦機動増殖都市」ネタバレレビュー <人類最後の希望=メカゴジラ>は起動したか
ネタバレ注意。(2018/5/26)

アルバトロス「ジュラシック・ユニバース」登場 死刑囚vs恐竜、生き残りをかけたVR“ジュラシック・ゲーム”
最高の組み合わせ。(2018/5/19)

「NEWS TV」がリニューアル:
おおつねまさふみ氏が「NEWS TV」でレディ・プレイヤー1やネットリテラシーについて語り尽くした1時間
ITmedia NEWS編集部のライブ放送「ITmedia NEWS TV」がリニューアル。スペシャルゲストにMiTERU代表取締役のおおつねまさふみ氏が登場した。(2018/4/24)

スティーブン・スピルバーグの描く「ガンダム」がすごい……親父も熱中するわけだ 映画「レディ・プレイヤー1」公開
4月20日(金)公開のスティーブン・スピルバーグ監督作品「レディ・プレイヤー1」にガンダム(RX-78-2)が登場。金田バイクはデロリアンとカーチェイスしてキングコングに……!?(2018/4/20)

「お気に入りは金田バイク」 スピルバーグ監督、13年ぶりの来日で日本カルチャーへの愛を語る
この日を待ってた!(2018/4/19)

PR:「お化け屋敷は怖いから嫌い」という人を、お化け屋敷プロデューサーは説得できるのか?
お化け屋敷を克服する方法は「自分より怖がりな人と入る」こと。(2018/4/16)

日本リスペクトがハンパない! 映画「レディ・プレイヤー1」日本版&開田裕治描き下ろしポスター公開
スピルバーグ監督のゴリゴリの日本愛を感じる。(2018/4/5)

スピルバーグ、13年ぶりに来日 4月18日のジャパンプレミアで
映画「レディ・プレイヤー1」を引っさげて、「宇宙戦争」のジャパンプレミア以来となる来日が決定。(2018/3/28)

ビバップのソードフィッシュIIだこれ! 映画「レディ・プレイヤー1」のポスターにおじさんニンマリしちゃう
ガンダムとアイアン・ジャイアントが並び立つ世界観が熱い!(2018/2/14)

奇跡は 誰にでも 一度おきる だが おきたことには 誰も気がつかない:
「わたしは真悟」の「モンロー」を、2018年のテクノロジーで解説しよう
手塚治虫が、スピルバーグが、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2018年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第3回は楳図かずお先生の「わたしは真悟」だ。(2018/2/9)

スピルバーグ監督最新作「レディ・プレイヤー1」に三船敏郎も登場? 原作者の強すぎる日本愛
ガンダム、AKIRA、デロリアン、春麗、ハローキティなど大集合で何が始まるんです?(2018/2/2)

@IT読者は修羅場がお好き?:
訴えてやる! 訴えてやる! バビル2世――2017年、ソーシャルで話題になった「自分戦略研究所」の記事ベスト10
Facebookの「いいね!」数で振り返る2017年の自分研人気記事、どうもきな臭いタイトルのものが多いようで……。(2017/12/27)

「ハリウッド、いきまーす!」 ガンダムや春麗、キングコングたちが電脳空間で共演する夢の映画「レディ・プレイヤー1」予告映像公開
“連邦の白いヤツ”がハリウッドデビューだと……!?(2017/12/11)

Apple、「アメージング・ストーリー」新シリーズでスピルバーグと契約──Wall Street Journal報道
Appleが動画サービス拡充を目指し、スティーブン・スピルバーグ氏の製作会社と契約を結び、80年代の人気SF番組「世にも不思議なアメージング・ストーリー」の新シリーズを立ち上げる。(2017/10/11)

「私の一部はスタンフォード大学で開発されました」:
「ナイトライダー」の「K.I.T.T.」を、2017年のテクノロジーで解説しよう
手塚治虫が、スピルバーグが、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2017年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画やテレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第2回は「ナイトライダー」だ。(2017/10/4)

「食えなければ飢え死にしなさい」その言葉が紀里谷和明のキャリアに火をつけた 対談小説:鏡征爾
開始10分。紀里谷さんは言った。不意打ちだった。「きみは何を恐れているんだ?」(2017/9/26)

ハリウッド監督・紀里谷和明2万字インタビュー×東大作家・鏡征爾:禁断の解禁 ここにあなたの悩みをひもとく全てがある<後編>
作品づくり、ロジカルとイロジカル、そして死について。(2017/9/23)

ハリウッド監督・紀里谷和明2万字インタビュー×東大作家・鏡征爾:禁断の解禁 ここにあなたの悩みをひもとく全てがある<前編>
インタビューは、映画「ラスト・ナイツ」の日本公開直後、2015年に行われた。(2017/9/22)

古くて新しい、現代映画のモノクロ化というムーブメント
「マッドマックス」がモノクロ版として再発表されるなど、“映画のモノクロ化”という動きがにわかに活発化している。映画大好き麻倉怜士氏がこの動きに注目、過去の傑作を振り返りながら、旧作にはなかった現代のモノクロ映画の楽しみを指南。(2017/9/16)

金田バイクにデロリアン! SF映画「Ready Player One」の初トレーラー公開、80・90年代ポップカルチャーあふれる
2018年3月に全米公開。(2017/7/23)

VRゲームが舞台のスピルバーグ監督次回作「Ready Player One」初トレーラー公開
サンディエゴで開催のコミック・コンに合わせ、スティーブン・スピルバーグ監督の次回作「Ready Player One」の初トレーラーが公開された。VRゲーム「オアシス」を主な舞台とするSF映画で、トレーラーではゲーム用ヘッドセットや専用ツールを装着するシーンも見られる。(2017/7/23)

【厳選画像80枚】レッドブル・エアレースにハイレベルなレースクイーン&コンパニオンが大集合!
キレイなお姉さんは好きですか?(2017/6/5)

あれって、AIですよね?:
「バビル2世」のコンピュータを、2017年のテクノロジーで解説しよう
手塚治虫が、スピルバーグが、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2017年現在どこまで実現できているのだろうか?――「鉄腕アトム」や「2001年宇宙の旅」に登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第1回は、横山光輝先生の「バビル2世」だ!(2017/5/10)

「スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)」は2019年5月24日公開 2020年7月10日には「インディー・ジョーンズ」新作も
前例通りならば、スター・ウォーズは全世界同時公開。(2017/4/26)

週刊少年チャンピオン×ねとらぼ:
近未来SFマンガ「AIの遺電子」出張掲載 第1話「バックアップ」
元IT記者・山田胡瓜先生が描く“近未来版ブラック・ジャック”。ねとらぼに降臨!!(2016/10/8)

少女と巨人のファンタジー! スティーブン・スピルバーグ監督最新作「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」特報映像が解禁
日本での公開は9月17日に決定。(2016/5/16)

映画「インディ・ジョーンズ」シリーズ最新作、2019年7月19日に全米公開へ インディ役はハリソン・フォード(73)が続投
「おじいちゃん」とは言わせない大冒険活劇を期待。(2016/3/16)

ハリソン・フォード主演の新「インディ・ジョーンズ」、2019年7月公開へ
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」でハン・ソロを演じたハリソン・フォードが、「インディ・ジョーンズ」シリーズでもジョーンズ博士として帰ってくる。(2016/3/16)

洋画鑑賞、あなたはどちら派? 近頃の字幕/吹替事情
演じる俳優たちの声をリアルに感じられる字幕、より内容を理解できる吹替――あなたの洋画鑑賞はどちら派? 近頃の字幕&吹替事情に迫ります。(2015/12/3)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
インポッシブルな“かつての未来”を実現する技術
たんたたんたんたんっ!(あのテーマソング)(2015/11/19)

B級映画ファン絶頂! 3つの頭を持つサメとの戦いを描く「トリプルヘッド・ジョーズ」がニコ生で上映決定
狂気の「シャークネード1&2」48時間連続生放送もあるぞ!(2015/10/20)

3DCG映画の制作現場から学ぶ:
日本人サーフェイサーが語る「ヒックとドラゴン」の映像進化とその制作プロセス
オートデスク主催のユーザーカンファレンス「Autodesk University Japan 2015」において、ドリームワークス・アニメーションで活躍する日本人“サーフェイサー”山本原太郎氏が登壇。日本未公開の「ヒックとドラゴン2」の制作における取り組みと挑戦について語った。(2015/10/20)

ガンダム、エヴァなど日本のコンテンツ多数登場のSF小説「ゲームウォーズ」 スピルバーグ監督で映画化決定
なんかめっちゃ楽しそう!(2015/8/8)

ついにドームの謎が明らかに?:
Hulu、海外ドラマ「アンダー・ザ・ドーム シーズン3」を7月17日から配信
動画配信サービス「Hulu」が、海外ドラマ「アンダー・ザ・ドーム シーズン3」を7月17日から配信する。毎週金曜日に1話ずつ提供していく。(2015/7/10)

今井優杏のエコカー☆進化論(18):
燃料電池車「ミライ」で“バック・トゥ・ザ・フューチャー”が現実に!
燃料電池車「ミライ」の燃料は水素。この水素は、今までイラナイものだった下水汚泥からも作ることができる。でも、イラナイものでクルマが走るって、“バック・トゥ・ザ・フューチャー”の「デロリアン」と同じでは?(2015/5/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。