ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「副音声」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「副音声」に関する情報が集まったページです。

“メシ”を通して危険な相手を取材する 「ハイパーハードボイルドグルメリポート」と「ウシジマくん」が描く“ヤバいやつらの世界”
「個人がSNSで訴えても届かない声を伝える力が、自分達にはあるじゃないですか」(2019/7/15)

PR:一番怖いのは幽霊よりも…… 晴れた日に襲い来るアレから逃げきれない恐怖を描いたホラー動画がDeep過ぎる
時間差で襲ってくるタイプのやつ。(2019/4/23)

SPECサーガ完結篇「SICK’S 恕乃抄」が地上波で放送決定 Paraviでは放送後に続編配信スタート
待ちに待ってた!(2019/2/18)

「カメラを止めるな!」初テレビ放送は監督実況、ノーカットで
話題の映画「カメラを止めるな!」が早くもテレビ放送される。「金曜ロードSHOW!」で3月8日。(2019/2/8)

「カメラを止めるな!」テレビ初放送は3月8日に、完全ノーカットで副音声は上田監督らの生実況
きたぁぁぁぁ!(2019/2/8)

メカ設計 年間ランキング2018:
自由なカタチを自動で作ってみたいよね、あと不良品も分析したいよね、そだねー
メカ設計フォーラム、2018年版「記事ランキング・ベスト10」の発表です。2018年内に公開したメカ設計フォーラムの全記事のアクセス数を集計してランキングしました(集計期間:2018年1月1日〜12月21日まで)。(2018/12/25)

平野ノラとぺえ、元バレー部同士の“対人レシーブ”に「軽く打ってるのに鋭い」「ずっと見ていられます」の声
現役時代は実力者の2人。(2018/10/7)

サッカー解説者デビューの小柳ルミ子 初陣へ向け代表DF槙野智章と2ショット
年間観戦数は2000試合以上!?(2017/7/10)

ドラマ「ごめん、愛してる」第1話で副音声 声優・神谷浩史が長瀬智也と共演
ドラマでの日本語吹き替えは異例の試みとのこと。(2017/7/4)

電気グルーヴ、映像作品のオールナイト上映イベント開催へ 全部副音声バージョンだと!
2月24日の夜は熱くなりそうだ。(2017/2/17)

「ドラゴンボール超」でシリーズ初の副音声放送! ヤムチャ主役回で野沢雅子、古谷徹らが台本なしのDB談議
あっというまに白目をむかせてやろう。(2016/12/4)

大ヒット小説「戯言シリーズ」が、あえて「OVA」でアニメ化されるワケ
西尾維新の大ヒット小説「戯言シリーズ」が、待望のアニメ化を果たす。テレビアニメではなく、あえてOVAでアニメ化されるのはなぜなのか? 「西尾維新アニメプロジェクト」を生み出し、現在はアニプレックス社長に就任している岩上敦宏さんに聞いた。(2016/10/29)

NHK、テレビとネットでの番組同時配信を実験 あとから見られる見逃し配信も
首都圏の放送内容を、同時にネットでも配信する試み。(2016/10/7)

NHKが「見逃し配信」実験 11月から1万人限定で
NHKは、総合テレビとEテレの番組をネットで同時配信する実験と、放送終了直後から最長1週間試聴できる見逃し配信の実験を、11月〜12月に行う。(2016/10/7)

月9ドラマ「好きな人がいること」の200点満点「オムバーグ」レシピ解禁 まさに飯テロのごとしだよ
絶対おいしい(確信)。(2016/8/24)

アニメ「学園ハンサム」キャスト大発表! 主音声と副音声を使ったダブルキャスト制に
秋アニメを顎で制する。(2016/7/25)

サンリオ男子も注目する「サンリオキャラ選挙」中間順位が発表 初日1位のポムポムプリンは何位に?
上位10位までを発表!(2016/5/15)

紅白の「ラスボス」小林幸子と「裏ラスボス」西川貴教が「NHKのど自慢」で共演! 北の大地が熱気に包まれる
会場は日本最北の地、北海道の稚内です。(2016/1/26)

その衝撃もう一度味わいたい! ルークの父親の正体を初めて知った女の子のリアクションが最高
確かにネタバレ無しだとそうなる。(2016/1/8)

紅白歌合戦、ツイート数1位は小林幸子さん復活 話題の歌手に副音声出演の西川貴教さん
Twitter Japanが「第66回紅白歌合戦」の関連ツイート数のピークと、話題になった出演歌手のランキングを発表した。(2016/1/5)

兄貴にとっての超悲報 西川貴教さん「今年も薄い本は買いに行けなくなりました」とコミケ不参加をTwitter上で報告
もうサークル参加するしかないんじゃ……。(2015/12/30)

西川貴教さん、紅白の副音声のみに出演して金爆「女々しくて」をまた熱唱か?
客席で熱唱する姿再び? アプリをダウンロードすれば西川さんによる“1人紅白”が見られるかも。(2015/12/27)

やばい予感しかしない 来週の「おそ松さん」がなぜか”副音声つき”でサブタイトルが「年末スペシャルさん」
何をやらかす気だ!(2015/12/15)

「化物語」のオリジナルマスターバージョン再放送決定! 全話に副音声でのキャラクターコメンタリー付き
あの「<物語>シリーズ」記念すべき第1弾がテレビで見られる。(2015/12/10)

「暦物語」アニメ化決定! 1月9日より公式アプリ内での配信
短編連作をアプリ独占配信。録りおろしキャラボイス付き日めくりカレンダー機能も。(2015/12/10)

紅白の副音声、2年連続「バナナマン」に決定! あの自由過ぎる実況が今年も聞けるぞ
期待せざるを得ない。(2015/11/18)

3280円:
Windows 10対応のSeeQVault録画番組再生ソフトが販売開始
サイバーリンクは、SeeQVault対応テレビやレコーダーで録画した番組を再生するソフト「SeeQVault Player」を発売した。価格は3280円(税込)。(2015/8/14)

現代のサムライは刀の代わりにサイリウムを振っている カップヌードル新CMの日本観がおかしい
節子、それサムライやない、アイドルヲタや!(2014/3/28)

待ってました! 太川陽介&蛭子能収の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」DVD化決定
今回も名所を華麗にスルー。(2013/12/27)

JRAの「進撃の有馬記念」でメガネをクリックしてみたらハンジさんが副音声で偏愛全開
仕込んでますね。(2013/12/16)

「金曜ロードSHOW!」で初のオーディオコメンタリー放送 「舞妓Haaaan!!!」の裏話など語る
主演の阿部サダヲさんと水田伸生監督がオーディオコメンタリーに出演。(2013/10/10)

これは怪異だ:
「化物語検定」申込受付開始 合格者には描き下ろしイラスト入り認定証
なんでもは知らないわよ、知ってることだけ。(2013/4/19)

写真で解説する「GALAXY Note SC-05D」(ソフト編)
5.3インチのタッチパネルや繊細な手書き入力が可能な「Sペン」など、見どころの多い「GALAXY Note SC-05D」。では、Androidスマートフォンとしてはどんな特徴があるのだろうか。(2012/4/5)

もちろんiPhoneでも:
iPadでフルセグを――ソフトバンクBBの「デジタルTVチューナー」を試す
iPadやiPhoneでフルセグを視聴できるというソフトバンクBBの「デジタルTVチューナー」。ピクセラ製のチューナーで映像をリアルタイム変換し、iOS端末にWi-Fiを使って配信する。その使い勝手を試してみた。(2012/3/22)

「スカパー!HD」対応でトリプル録画:
PR:使える長時間モード搭載、マルチタスクも磨いた“AQUOSブルーレイ”
シャープが4月下旬に発売するBlu-ray Discレコーダー「BD-HDW55/HDW53」は、同社初の「スカパー!HD録画」をはじめ、「新トランスコーダー」の搭載、ホームネットワーク機能など、見どころの多い新製品。AV評論家・小原由夫氏が、詳しく解説する。(2010/4/26)

テレ朝・角澤アナが語る、スポーツ実況の内幕
早稲田大学は7月10日、大隈小講堂で公開フォーラムを開催、テレビ朝日アナウンサーの角澤照治氏がスポーツ実況に10数年関わった経験を語った。(2009/7/24)

AV機能“ほぼ全部入り”:
3波W録+フルHD液晶+AVCREC+BD搭載──「FMV-DESKPOWER LX/D90D」の実力は
富士通の「FMV-DESKPOWER LX/D90D」は、デジタル3波W録+フルHD液晶+AVCREC機能+BDを搭載する液晶一体型PCだ。「そういえばPCだった」と我に返るほどデジタルAV機器らしい特徴を備えている。(2009/6/23)

iPhone 3Gの「TV&バッテリー」用アプリがバージョンアップ
iPhone 3Gでワンセグの視聴を可能にする「TV&バッテリー」用アプリがバージョンアップ。無線LAN接続時の自動検索や起動、チャンネルのオートスキャンなどが可能になった。(2009/2/13)

Nagaburo Styleリターンズ:
お風呂水没でも慌てないぜ――防水ワンセグTV「LVT-WD40」
三洋電機「LVT-WD40」は業界最高というIPX6/7の耐水性能を備えたワンセグテレビ。水深1メートルに30分沈めても大丈夫と言うからにはやってみた。(2007/12/4)

新型「PSP-2000」徹底検証――機能編
前回は新型PSP「PSP-2000」のハード面を中心にチェックしたが、今回は映像出力やワンセグ受信機能など、PSP-2000で追加された新機能を中心にチェックしていこう。(2007/8/10)

ドルビーに聞くハイビジョンホームシアターの現状(前編)
Blu-rayやHD DVDのソフトが増え、レコーダーやAVアンプでも新しい世代の製品が登場し始めた。HDソフトが採用する新しいサラウンドフォーマットと再生機器の状況について、ドルビーラボラトリーズ日本支社の松浦亮統括ディレクターに話を聞いた。(2007/6/13)

「サクラ大戦・歌謡ショウファイナル『新・愛ゆえに』」DVDBOXが発売
(2006/9/19)

映画館が減った? ネットに活路を求めた映画会社
ハリウッドのメジャー作品ばかりを上映するシネマコンプレックスが台頭したことで、国内の映画産業が打撃を受けている。国内で制作される映画は増加傾向にあるものの、上映館が限定されてしまうのだ。そんな状況の中、ロードショーと同時にネット配信を開始する映画会社が現れた。(2006/9/7)

「ワンセグ対応1キロ級ノートPCを比較する」第3回:
2スピンドル1キロノートの「ワンセグ関連機能」をチェック
前回、前々回とノートPCとしての携帯性能に注目してきた今回の横並びレビュー。いよいよ注目の「ワンセグ放送の使い勝手」を比べていく。「LOOX T」「VAIO type T」「Endeavor NA101」でワンセグが使いやすいのはどれだ?(2006/8/24)

2006年・PC夏モデル特集
液晶ディスプレイにTV機能を詰め込んだ意欲的な地デジ対応モデル――NEC「VALUESTAR L VL970/FG」
「VALUESTAR L」の最上位機である「VL970/FG」は、同シリーズにおいて2シーズンぶりに復活した地上デジタル放送対応機だ。本製品はただ新しいTVチューナーが搭載されただけでなく、チューナーそのものに今までにない試みがなさるなど、注目すべき点が多い。ここではそのTV機能を中心に本製品を紹介していこう。(2006/4/20)

TVストリーミングシステム:
W-ZERO3もノートPCも“どこでもTV”──米国発のロケフリもどき「Slingbox」を試す
PSPなどを利用してワイヤレステレビを実現するソニー「ロケーションフリー LF-PK1」が人気だ。しかし北米では同様のコンセプトとなる家庭用TVストリーミングシステム──“どこでもTV”製品が一足早く登場していた。今回その製品を入手し、日本国内でも実際に利用できるのか試してみた。(2006/4/17)

2006年春の地デジ対応モデル連続レビュー:
HDDとDVDにデジタル放送が残せる“ダビング”PC──富士通「FMV-DESKPOWER LX90R/D」
HDDに録画したデジタル放送の番組は、DVDに“ムーブ”するとHDD内のデータは失われるのが常識……、と思っていたらHDDからDVDに「ダビング」できるPCが出現した。世界初となる機能の使い勝手を試してみる。(2006/3/3)

2006年春の地デジ対応モデル連続レビュー:
地上デジタル放送もすぐ見られる手軽さが光る──NEC「VALUESTAR W VW970/EG」
NECの大型液晶一体型PC「VALUESTAR W」シリーズがフルモデルチェンジした。NECの第二世代となる新しいデジタル放送機能と、電源スイッチを押してから約2秒で映像が表示される「ぱっと観テレビ」機能を試してみた。(2006/2/24)

2.7インチ液晶搭載のワンセグ端末──「W41H」
KDDIは2.7インチのワイドQVGA液晶を搭載したワンセグ端末「W41H」を発表した。「タイムシフト再生」などテレビ視聴向けの多彩な機能を備える。(2006/1/19)

レビュー:
「PSP」と「スゴ録」のいい関係
最近、「PSP」をポータブルAV機器として使うための製品やサービスが相次いで登場している。PSPとの連携をうたった「おでかけ・スゴ録」もその1つ。「PSP GIGA PACK」と組み合わせて使ってみよう。(2005/12/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。