ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SUPER GT」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SUPER GT」に関する情報が集まったページです。

市販化は目前? レクサス、新型「LCコンバーチブル」試作車を一般公開 最上級モデルのオープン型
レクサスの最上級クーペをオープンカーにした新型モデル。(2019/7/6)

【公道は走れません】トヨタ、レース専用車「GRスープラ GT4」を発売 2020年開始
内装のマシマシカーボン感すごい。(2019/7/5)

うぉぉ、伝説の珍車「ステルビオ」も来るぞぉぉ!!「日産カスタムカーの総本山」が初の一般公開、6月16日
オーテック&NISMOカスタム車をガッと集めた珍しい商談会イベントです。(2019/6/7)

「その名もSupraスコーン!!」→「同名のクルマを販売中です」 タイプミスがきっかけで湖池屋とトヨタの異色コラボがスピード実現
「スープラスコーンがどうしても頭から離れなくて」「同名のクルマを販売中なもので」……。お仕事早い。(2019/5/30)

レースフォトグラファー奥川浩彦の「サーキットへ行こう」(5):
プロ直伝「サーキット流し撮りがうまくなる」お勧めレース5選
例えば「富士SUPER TEC 24時間レース」に行けば、24時間撮りまくれます(笑)。(2019/5/30)

レースフォトグラファー奥川浩彦の「サーキットへ行こう」(4):
新設「鈴鹿PAスマートIC」がキモ 今後数年は使える「新・鈴鹿サーキット渋滞回避テクニック」
さぁSUZUKAへ行きましょう〜。鈴鹿PAのトイレも「必聴」ですよ。(2019/5/23)

レースフォトグラファー奥川浩彦の「サーキットへ行こう」(3):
撮れたら「カ・イ・カ・ン」 誰でも撮れるの!? プロ直伝「サーキット流し撮り」テクニック
SUPER GT を例に「サーキット流し撮りのはじめの一歩」を超〜簡単に説明します。(2019/5/18)

博物館クラスの希少車「メルセデス・ベンツ 300SL」がイタリアのレースに参戦 もしクラッシュしちゃったらどうすんだぁぁぁ
ウン億円以上だそうですからね……。(2019/5/14)

レースフォトグラファー奥川浩彦の「サーキットへ行こう」(2):
知らないと損 新設「足柄スマートIC」で富士スピードウェイとアウトレットがめっちゃ近くなった
「渋滞は嫌だ!」。今回は足柄サービスエリアに新設された「足柄スマートIC」の渋滞回避効果を検証します。え? 知らない? 使わないと損ですよ〜。(2019/4/27)

レースフォトグラファー奥川浩彦の「サーキットへ行こう」(1):
「GWの東名大渋滞回避」大作戦 祝開通「新東名の新ルート」は本当に有効か?
「渋滞は嫌だ!」。東京方面、名古屋方面、富士スピードウェイ、御殿場プレミアム・アウトレット、御殿場・箱根エリアなどなど「東名高速道路を使う人」必読です。(2019/4/26)

お台場「痛車天国2019」:
アズレンやレーシングミクなど人気キャラ集結 「痛車天国2019」美少女コスプレイヤーたちを撮ってきたよ
あれは伝説の痛ガルパントラック!?(2019/4/3)

トヨタ、プライベーターが買えるレースカー「スープラGT4」発売へ ジュネーブショーで初披露
ニュル24時間やスーパー耐久などに出られるGT4マシン。(2019/3/4)

東京オートサロン2019 レポート:
スープラやマツダ3が注目集めた東京オートサロン、今後CASEとどう関わるのか
「スープラ」や「マツダ3」などが注目を集めた「東京オートサロン2019」。プロダクトデザイナーの林田浩一氏が、各社の展示内容やコンセプトカーを斬る。(2019/2/25)

「ドイツ勢を見てみろ」:
「スープラ」復活を渇望したのは豊田章男社長だった その思いとは……
17年ぶりに表舞台に帰ってくる人気車種「スープラ」。その復活を誰よりも強く望んでいたのは他でもない、トヨタ自動車の豊田章男社長だ。いま自動車業界は自動運転や電動化が進むなど「100年に一度」と言われる大変革期を迎えているが、時代に逆行しているようにも思えるピュアスポーツカーの復活劇には、どんな思いが込められていたのだろうか――。先月開催された東京オートサロン(TAS)のトークショーで、友山茂樹副社長らが披露したエピソードを交えながら紹介する。(文・写真 大竹信生/SankeiBiz編集部)(2019/2/7)

「スープラ」が話題:
東京オートサロンに国内活性化のヒント カギは顧客目線の車造り
個性をとがらせた車が国内外の自動車イベントで存在感を発揮している。1月に開かれた改造車の祭典「東京オートサロン」は、スポーツカーブランドの競演も原動力となって、過去最多の来場者を獲得。米ミシガン州デトロイトで同月に開かれた北米国際自動車ショーでは、トヨタ自動車が17年ぶりに復活させたスポーツカー「スープラ」が話題を呼んだ。そこには、車ファンの裾野を広げるヒントが隠されている。(2019/2/6)

総額ウン十億円というコレクション ZOZOTOWN前澤社長「スーパーカープロジェクト」始動、狙いは「体験」と「歴史」
子どもたちに夢を、歴史を後世に伝えたいと前澤社長。(2019/1/28)

こいつぁタダの高級車じゃない レクサス、ガツンと過激な骨太クーペ「RC F」デトロイトショーで初公開
5リッターV8エンジン+リアウイングが過激っ。(2019/1/17)

“Performance package”も設定:
トヨタ、新型「レクサスRC F」世界初披露へ レースで培ったノウハウ生かし軽量化
トヨタが新型「レクサスRC F」を世界初披露すると発表。日本では2019年5月の発売を予定する。運動性能を強化するため、従来モデルから20キロの軽量化を図った。トヨタが新型「レクサスRC F」を世界初披露すると発表。日本では2019年5月の発売を予定する。運動性能を強化するため、従来モデルから20キロの軽量化を図った。(2019/1/15)

写真で見る新型「スープラ」 2019年春発売、最強グレード「RZ」は340馬力
おぉぉグレード名が80スープラと同じRZ、SZ-R、SZ!! 胸熱!【写真35枚】(2019/1/15)

東京オートサロン2019:
スープラ復活、美しい新型Mazda3…… 東京オートサロン2019で見た「期待の新型車」5選
2019年は楽しそうなスポーツカーが続々登場、胸熱ですよ。(2019/1/12)

ミクさんが投げキッスで魅了 グッドスマイルレーシング「SUPER GT」2019シーズンに挑む新マシン披露
今年のレーシングミクは杏仁豆腐さんがデザイン。(2019/1/11)

東京オートサロン2019:
きれいなお姉さんとカッコいいクルマたくさん カスタムカーの祭典「東京オートサロン2019」開幕
2019年もやってきましたぁぁぁ。開催は1月13日まで。(2019/1/11)

うぉぉ、い、1億円!? 幻の「赤いケンメリGT-R」出品 オートサロンの伝説車オークション、マジすごそう
なぜこんなに高いんだぁぁ。このほか、グループAの共石32GT-Rとか、やばい形の公道を走るF1とかも。(2019/1/7)

ちょい悪「インサイト」、ホンダがオートサロンで披露 無限チューンでドレスアップ
チャンピオンマシン「RC213V」もやって来るよ。(2018/12/26)

グッドスマイルレーシング「SUPER GT」2019年の新体制を発表 初音ミクのデザインは「アイマス シンデレラガールズ」杏仁豆腐が担当
ただでさえ天使のミクさんがシンデレラなガールズっぽいアイドルに。(2018/12/25)

日産、ガンタンクっぽい「ジューク」公開 これはやばい変形もしそう、オートサロンで披露
クローラー搭載の世紀末スタイルがかっけぇぇ。(2018/12/25)

電気自動車:
量産モデルと同じ部品で時速0-100kmが3.4秒、新型「リーフNISMO RC」
日産自動車は2018年11月30日、東京都内で会見を開き、レース仕様の電気自動車(EV)「リーフNISMO RC」の新モデルと、フォーミュラEのシーズン5(2018年12月5日〜2019年7月14日)の参戦体制を発表した。(2018/12/3)

やばいよやばいよ ベンツの怪物スポーツカー「AMG GT R」がさらに進化、最強仕様「PRO」登場
ゼロヒャク3秒台、時速300キロ楽勝、ニュル北7分4秒ですってさ……。(2018/11/29)

美しい上質クーペ レクサスが新型「RC」を世界初公開、「エモーショナルな走り」を表現
2018年10月下旬発売。【画像32枚】(2018/8/31)

このボタンを押したらどうなるの? レーシングカー「NSX-GT」の運転方法をSUPER GT現役ドライバーが教えちゃうぞ
SUPER GT参戦中のチームクニミツ・山本尚貴選手が解説。(2018/8/12)

前方よりも後方を意識 「SUPER GT」初音ミクAMGの運転のしかたをベテラン谷口選手が解説
教えて、谷口先生!(2018/8/3)

「グッドスマイルレーシング」日本初のメルセデス公認チームに 初音ミクAMGで鈴鹿10時間耐久レースに挑む
マシン新デザインも公開。(2018/8/1)

デコトラ界のレジェンドがずらり 音楽と泡とデコトラをかけ合わせた謎イベント「泡トラ」鈴鹿サーキットで開催決定
イベントのクセがすごい。(2018/7/28)

GT-Rで会社へ急げ! 寝坊した新人OLがドライビングテクニックでピンチを乗り切る漫画がかっこいい
ギャアアアア! と、ほのぼの。(2018/7/19)

お値段たったの6000万円 競技専用のスペシャルGT-R「NISMO GT3」を発売
SUPER GTなどに今すぐ参戦可能な仕様。2019年1月頃に出荷開始予定です。(2018/6/4)

初号機、弐号機カラーのランボルギーニがかっこぇぇぇ! 「エヴァンゲリオンレーシング」が2018年参戦体制を発表
2018年シーズンは四輪、二輪の大型耐久レースに参戦。レースクイーンさんもかわいい。(2018/3/23)

フラッグシップスポーツカー:
トヨタ「スープラ」16年ぶり復活 レーシングカーコンセプト初披露
トヨタが往年のスポーツカー「スープラ」を名乗るレーシングカーコンセプト「GR Supra Racing Concept」を世界初公開した。(2018/3/6)

てへぺろミクさんかわいい! 初音ミク痛車「グッドスマイルレーシング」が2018年参戦マシンを披露
今年は追い抜きざまに「てへぺろ」をお見舞いしちゃうよ。(2018/2/20)

ふぃぎゅらぼ:
『エロマンガ先生』かんざきひろが描く「レーシングミク 2018」フィギュア化が決定
勝利の女神!(2018/2/18)

東京オートサロン2018:
6000万円越え!? NSXのスペシャル車両「NSX GT3」が公開、黒カーボンボディで見るからに速そう
佐藤琢磨選手のトークショー、「CIVIC TYPE R」のカスタムコンセプトモデルなど見どころたくさん。(2018/1/10)

東京オートサロン2018:
うぉぉ「LEAF」や「NOTE e-Power」がこんなにカッコよく! 日産が“本家カスタム”のコンセプトカーを多数公開
「次期Z」を期待させるイエローカラーの特別車「FAIRLADY Z Heritage Edition」も。(2018/1/5)

乗って解説:
「革新ライン」が動きだしたKYB岐阜北工場、クルマの個性を支える足回りの秘密
KYBの売上高の過半数を占める四輪車用のダンパーと電動パワーステアリング(EPS)。クルマの個性や運転の感触を決める重要な部品でもある。KYBの岐阜北工場で、ダンパーやEPSの競争力を支える生産ラインや評価施設、テストコースを訪れた。(2018/1/5)

「未来ののりもの」「楽しいのりもの」「限定トミカ」も 東京モーターショー2017の見どころまとめ
注目の新車種からコンセプトカー、ミニカーまで、楽しいのりもの、未来ののりものたくさん。(2017/10/27)

個性派カート65台が赤坂サカスに集結! レッドブル・ボックスカート・レースでみんなおバカになる【画像300枚】
人気YouTuberの「水溜りボンド」や「Fischer’s」のメンバーも参加!(2017/10/24)

プリウスがフェラーリを追い抜く!? 日本発の自動車レース「SUPER GT」をもっと知ってほしい漫画がアツい 運営会社も大絶賛
運営会社も「これはすばらしいです……!」と絶賛。(2017/10/23)

モータースポーツ:
SUPER GT勝率5割のニスモ柿元氏、「結果が全ての覚悟」と「天“知”人」
ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)の柿元邦彦氏が、過去のカーレースの出来事を紹介しながら、最高のパフォーマンスを発揮して過酷な戦いを勝ち抜くための「天“知”人」や、人材育成について語った。(2017/8/10)

【厳選画像80枚】レッドブル・エアレースにハイレベルなレースクイーン&コンパニオンが大集合!
キレイなお姉さんは好きですか?(2017/6/5)

これはステキなお姉さん祭り 「大阪オートメッセ」の美女コンパニオンさんを全力リポート
「大阪オートメッセ」の会場を彩ったステキなコンパニオンさんたちを70枚超の写真で紹介します。(2017/2/11)

32万人が来場:
多彩なカスタムカーを写真で振り返る 東京オートサロン
カスタムカーの祭典「東京オートサロン2017」(1月13〜15日)を写真で振り返る。(2017/1/16)

東京オートサロン2017:
ホンダがミニバンの新たな世界観を提案、4台のカスタマイズモデルを出展
ホンダは、「東京オートサロン2017」の出展概要を発表した。四輪と二輪の量販モデルやモータースポーツ競技車両を通して、モビリティーの楽しさやモータースポーツの魅力を伝える。(2016/12/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。