ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「誹謗・中傷」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「誹謗・中傷」に関する情報が集まったページです。

中川翔子、中傷被害は「我慢しないで警察にちゃんと相談して」 弁護士から脅迫罪などについて学ぶ
YouTubeチャンネル登録者数72万人の岡野武志弁護士が登場。(2021/10/14)

元AKBのラーメン店主、自身への殺害予告を公表「とにかく初めてのことで凄く怖い」 身の安全を考慮し現場復帰を断念
中傷被害、評論家とのトラブルで話題になっていました。(2021/10/14)

中川翔子、誹謗中傷被害で「ここ数ヶ月は命の危険を考える程の恐怖」 「泣き寝入りするのも違う」と警察への相談を覚悟
「今後の抑止になれば」と思いを伝えています。(2021/10/7)

その「つぶやき」で懲役も、ネット上の中傷厳罰化で 上川法相「侮辱罪」の刑法改正など諮問
上川陽子法相は、インターネット上の誹謗(ひぼう)中傷対策として「侮辱罪」に懲役刑を導入する刑法改正など3件の検討を法制審議会に諮問した。匿名投稿者の特定に必要な情報開示請求のプロセスも来秋にも施行される改正法で簡素化される見通しだ。匿名でも卑劣な投稿をすると、重い責任を問われることになりそうだ。(2021/9/27)

「投げ銭」経済の明暗 広がるクリエイターエコノミー
動画配信や文章の執筆、ハンドメイド作品の出品など、インターネットを舞台にした創作活動によって収入を得る人が増えている。こうした経済活動は「クリエイターエコノミー」と呼ばれ、関連企業が今夏、業界団体「クリエイターエコノミー協会」を発足させたことでも話題となった。発展が見込まれる一方、ネットでの誹謗(ひぼう)中傷への対処など、個人主体だからこそ直面する課題も多く、新たな商取引の普及に向けた試行錯誤が始まっている。(2021/9/17)

やまないネット中傷 厳罰化で悪質投稿抑止へ一歩
インターネット上の中傷対策を強化するため、法務省が刑法改正を法制審に諮問することで、「侮辱罪」が厳罰化される見通しとなった。被害者の救済や中傷の抑止につながると期待される一方、批評行為との線引きや利用者のモラル向上など課題も多い。(2021/9/16)

中川翔子、誹謗中傷への対処に本腰入れる 「警察に相談します」「心あたりあるならもう遅い」と決意表明
中川さん「調子に乗ると大変なことになると理解してほしい」(2021/9/8)

「中傷で全て壊されました」元AKBのラーメン店主、“デマ情報”流した男性を提訴 新店舗がオープン見送りに
反社会的勢力とつながりがあると吹聴されたそうです。(2021/9/7)

IT基礎英語:
オリンピック、パラリンピックのアスリートも標的に ネットを荒らす“troll”の誹謗中傷
IT関係では「パテントトロール」でも知られる“troll”。もともとは妖精なのだが……。(2021/8/30)

宮迫博之、休止宣言から1週間で復活 元相方への中傷に「ぼくを応援するがあまりにそんなことをするのはやめて」
「ぼくのせい」と強調しています。(2021/8/26)

活用進むヤフーの“中傷対策AI” 無償提供の背景は
ネット空間での匿名の誹謗(ひぼう)中傷は東京オリンピックでも問題化した。対策が迫られる中、「ヤフコメ」と呼ばれるニュース配信サービス大手「Yahoo!ニュース」のコメント欄は、1日平均32万件超の投稿のうち約2万件が連日削除されている。複数のAIと人力を駆使し、論理的な投稿を上位に表示することで健全化を目指し、技術は同業他社にも無償提供されている。(2021/8/24)

ヤフーニュースに中傷コメント投稿 男性に罰金
ニュース配信サービス「ヤフーニュース」のコメント欄に、大阪府高槻市の北岡隆浩市議について事実無根の内容を投稿して中傷したとして、茨木区検が名誉毀損(きそん)の罪で、同市に住む30代の介護士の男性を略式起訴していたことが、22日分かった。略式起訴は5月13日付。茨木簡裁は同月27日、罰金10万円の略式命令を出した。(2021/8/23)

Yahoo!ニュースに中傷コメント投稿 男性に罰金
ニュース配信サービス「Yahoo!ニュース」のコメント欄に、大阪府高槻市の北岡隆浩市議について事実無根の内容を投稿して中傷したとして、茨木区検が名誉毀損(きそん)の罪で、同市に住む30代の介護士の男性を略式起訴していたことが分かった。(2021/8/23)

選手へのネット中傷、JOCが監視チーム すでに記録保存
閉幕した東京五輪について、日本オリンピック委員会では選手らに対するネット上の誹謗中傷を監視するチームも設置していた。50人規模のスタッフでチェックし、問題がありそうな内容は記録していたという。(2021/8/20)

Instagram、中傷対策で「抑制」機能 コメント・DM送れるアカウントを一時非表示に
誹謗中傷を含むDMを分類できる「非表示ワード」機能も。(2021/8/12)

中韓メダリストも中傷の標的 SNSの功罪
熱戦が繰り広げられた東京五輪だが、選手のSNSをめぐっての議論も過熱していた。選手自らが情報発信し、ファンと交流できるとあってもはやSNSは欠かせないツールだ。その一方で、ナショナリズムが高まりやすくなる五輪の試合では、試合内容や採点方法をめぐって相手選手を誹謗(ひぼう)中傷したりするなど、匿名性を盾に過激化している。選手のメンタル面にも大きな影響を及ぼしている。(2021/8/10)

東京五輪とネット:
五輪選手への相次ぐ誹謗中傷 実際にどれくらい増えたのか分析してみた
五輪選手への中傷が相次ぎ、問題になっている。SNS上でそうしたコメントがどれくらい増えたのか、水谷選手へのメンションを例として、分析会社のユーザーローカルに調査してもらった。(2021/8/7)

カードゲーム開発者がSNSで個人を中傷、解職処分に 同社代表ら3人も役員を辞任
トレーディングカードゲームの開発を手掛ける大遊は、同社のスタッフがSNS上で個人へ中傷などの不適切な発言をしたとして、解職処分にしたと発表した。合わせて、代表取締役2人と取締役1人も役員を辞任するという。(2021/8/4)

今度はフェンシング 選手への誹謗中傷に太田雄貴「笑って看過出来るものではありません」
太田さん「言葉の暴力は許されるものではありません」(2021/8/2)

選手へのSNS中傷相次ぐ IOCも対応へ
熱戦が繰り広げられている東京五輪だが、選手のSNSには、試合内容や採点方法をめぐって国内外から誹謗中傷の書き込みが相次いでいる。選手のメンタルに大きな負担となる可能性が高く、IOCも対策に乗り出した。(2021/8/2)

「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
全てスクリーンショットしているとのこと。(2021/7/31)

小寺信良のIT大作戦:
アスリートへの誹謗中傷、モラルだけでは止められない オリンピックの勝敗の鍵を握るかもしれないSNS対策
オリンピック選手に対する誹謗中傷問題が浮上している。解決策はあるのか?(2021/7/31)

52歳市長との結婚・妊娠を発表した友寄蓮、誹謗中傷に対する率直な気持ちを吐露 具体的な対応も明かす
26歳離れた“年の差婚”が話題に。(2021/7/23)

元「アイドリング!!!」遠藤舞、学歴や容姿への誹謗中傷に不快感あらわ 「傷つかないとか思ってるんかね?」
メディア露出のたびに中傷を受けているそうです。(2021/7/21)

上原さくら、インスタライブ中止の理由は“悪質な嫌がらせや誹謗中傷” 「事務所の専務と一緒に警察に行ってきました」
以前からブログには配慮にかけたコメントが寄せられていました。(2021/7/15)

陣内智則、“誹謗中傷の貼り紙”にまさかの対応 罵詈雑言の嵐に直接対面を呼びかける 「マジで悲しくないんか」
陣内さん「こんだけ俺の事気にしてるんやったらひっくり返ると思うで」(2021/7/15)

「クリエイター支援を社会のテーマに」 note、BASE、UUUMが業界団体 規制緩和や中傷対策を議論
note、UUUM、BASEが、クリエイターの保護を目指す業界団体を設立した。誰でも発信者になれるプラットフォームが増えつつあることを受け、創作活動を妨げる法規制の緩和や、中傷への対策を議論する。(2021/7/8)

堀ちえみ、誹謗中傷犯の摘発は「氷山の一角」 人権無視の言葉で心折れたことも「病を乗り越えたことは間違いだったのでは」
45歳女性が堀さんへの誹謗(ひぼう)中傷コメントで書類送検されています。(2021/6/21)

アマゾン、不正商品管理に不備 名誉毀損やわいせつ物頒布の疑い
電子商取引(EC)大手のアマゾンジャパン(東京)のECサイトで、女性芸能人への名誉毀損(きそん)やわいせつ物頒布などの疑いがある不正な商品が多数販売されていることが20日、分かった。一部の出店者による不正商品の販売に対するアマゾンの管理に不備がある形で、アマゾン自体の責任が問われる可能性もある。政府もアマゾンに聴取するなどの検討に入った。(2021/6/21)

巨大ITに問われる責任 Amazonに不正商品多数 質向上へアメとムチ
EC大手のアマゾンジャパンのECサイトで、女性芸能人への名誉毀損(きそん)やわいせつ物頒布などの疑いがある不正な商品が多数販売されていることが分かった。同社を含むプラットフォーマーは、不正出品をAIで検出して強制排除したり、質の高いコンテンツを優遇したりするなど、アメとムチを使い分ける対策を進めている。(2021/6/21)

Google検索、いわれなき中傷の被害者を守るアルゴリズム変更
Googleが、個人を中傷する投稿を公開するWebサイトから被害者を守るため、検索アルゴリズムを変更した。削除リクエストのあったWebサイトの類似サイトの結果も表示しないようにする。(2021/6/11)

「SNS誹謗中傷をなくす」団体代表、過去の誹謗中傷ツイートを謝罪
SNS上の誹謗中傷をなくすために活動する団体「この指とめよう」代表理事が、過去に自らが投稿した誹謗中傷ツイートについて謝罪。(2021/5/31)

SNS誹謗中傷を発見→啓発広告をリアルタイム配信 新組織「この指とめよう」設立
SNS上の誹謗中傷をなくすために活動する一般社団法人「この指とめよう」が設立。SNS上の炎上や誹謗中傷を監視し、リアルタイムに啓発バナーを掲示する計画。(2021/5/26)

「シン・エヴァ」関係者への脅迫に「強く抗議」 カラー「海外でも通報する」
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」について、作品関係者個人への誹謗中傷や脅迫を確認しているとして、カラーが「強く抗議する」との声明。犯罪行為に当たる場合、海外でも法的措置を取るとしている。(2021/5/14)

カラー、「シン・エヴァ」制作関係者への脅迫・誹謗中傷について声明 悪質な場合は法的措置も
ネットでは「負けないで」とカラーを応援する声も。(2021/5/13)

茨城一家殺傷事件巡り同姓の市議と建材会社が誹謗中傷被害 「市議の孫・甥」「社長の息子」等事実無根の書き込み
SNSやトレンドブログなどを中心に誤った情報が拡散しています。(2021/5/12)

「絶対許さんからな。後悔すんなよ」 井岡一翔、薬物騒動後の“家族への誹謗中傷”に怒りあらわ
井岡さん「言っていい事と悪い事あるからな」。(2021/5/11)

専門家のイロメガネ:
女子アナのステマ疑惑に揺れるフジテレビ グレーなステマの難しさ
フジテレビが揺れている。テラスハウス出演者に対する誹謗(ひぼう)中傷、放送法の外資規制違反と続き、そして新たに出てきた問題が、女子アナによるステマ疑惑だ。フジテレビの女子アナが、自身のインスタグラムのアカウントで投稿している内容や美容室がアカウントに登場していることはステマにあたるのではないか?(2021/4/27)

藤本美貴、アイドル時代の誹謗中傷「全然響かなかった」 アンチ意見はなくならないと、発想の転換を提案
藤本さん「『かわいくない』とかいわれても『でもかわいいし』」。(2021/4/21)

叶姉妹、ファンへの誹謗中傷ツイートに「とてもいきどおりをかんじます」 “醜い姑息な行為”に法的措置も検討
「悪意があって、とはなるべく思いたくはありません」とも。(2021/3/11)

プロバイダ責任制限法、改正案が閣議決定 投稿者IPアドレスなどの開示手続きを簡略化
政府がプロバイダ責任制限法の改正案を閣議決定したと、共同通信などが報じた。インターネットで誹謗中傷を受けた被害者が訴えを起こしやすいよう、裁判手続きを簡略化する。(2021/2/26)

SHOWROOM、誹謗中傷コメントの監視AIを開発 “遠回しな言い方”でも検知して自動通報
SHOWROOMが誹謗中傷コメントを監視するAIを開発し、仮想ライブ空間「SHOWROOM」に新機能として搭載したと発表。不適切なコメントをユーザーの代わりにAIが通報する。(2021/2/22)

日本陸連、アスリートの身長・体重情報を非公開に 情報収集も基本控える方針
選手への誹謗(ひぼう)中傷や誤った情報の拡散が背景にあると説明しています。(2021/2/15)

「誹謗中傷でしょうか」「死にたい」 「映画秘宝」編集長、公式Twitterでユーザーどう喝 勤務先が謝罪
雑誌「映画秘宝」の制作会社・オフィス秘宝は、岩田和明編集長が同誌の公式Twitterアカウントから、一般ユーザーにどう喝のようなダイレクトメッセージを送っていたとして謝罪した。(2021/1/26)

ネットで誹謗中傷を受けたらどうしたらいい? 法務省が相談窓口選びのフローチャートを公開
法務省が、ネットで誹謗中傷や名誉毀損などの行為が増えているとして、被害を受けた際の相談窓口の選び方をフローチャートにして公開した。(2020/12/14)

弁護士検索サイト「ネット中傷解決くん」、一括相談や弁護士個人へのレビュー機能を追加
SNSのモニタリングサービスなどを手掛けるエルテス(東京都千代田区)が弁護士検索サイト「ネット中傷解決くん」に、弁護士個人へのレビュー機能や一括相談の機能を追加した。(2020/11/18)

「指一本で、人は人を追い込むことができる」 SNSの誹謗中傷を減らす啓発広告キャンペーン「この指とめよう」立ち上げ
屋外広告の掲出費用を募集します。(2020/10/30)

アミューズ、ネット上の誹謗中傷・デマ情報の流布を警察に通告 法務部Twitterアカウントも開設
すでに事実無根のデマ情報を警察に相談したとのこと。(2020/10/20)

温泉から盗まれた「鬼滅の刃」全巻が返ってきた ネットで話題になり「怖くて返せなかった」と反省
日帰り温泉のリラックスルームから「鬼滅の刃」1〜20巻が無断で持ち出され、施設がTwitterで「元に戻してほしい」と呼び掛けていた件で、全巻が返送されたという。施設は、返却した人の勇気をたたえ、その人を中傷しないよう呼び掛けている。(2020/10/16)

コメント目にした長男「ひどいね」 高嶋ちさ子、自らに向けられる誹謗中傷に言及 「母は打たれ強く生きます!」
自覚なき誹謗(ひぼう)中傷の連鎖。(2020/10/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。