ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「誹謗・中傷」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「誹謗・中傷」に関する情報が集まったページです。

「aespa」カリナと熱愛俳優への誹謗中傷や侮辱的な書き込み散見 事務所が「法的対応を行う」
双方の事務所が熱愛を認めた形としてコメントを発表していました。(2024/2/29)

東栄住宅、「営業所内での性被害に関するSNS投稿」は派遣社員によるものと発表 「しかるべき措置をとるべく弁護士に相談」
別の従業員が加害者であるかのような投稿が見られるとして、「誹謗中傷に該当しますので、厳に慎んでいただきますようお願いいたします」と述べています。(2024/2/15)

「バンドリ!」声優、誹謗中傷等の行為に事務所が刑事告訴 「豚」、写真を切り刻んだ画像を送りつける等の迷惑行為が相次ぐ
2023年8月に誹謗中傷、迷惑行為に対して「厳重に対処してまいります」と明かしていた。(2024/2/13)

「誹謗中傷をする方は中年の男性が多い」 “フェラーリ女子”YouTuber、密着取材で“炎上”コメントに言及 視聴者層は9割男性
「ちょっとかわいそうだなと思うところはある」と発言。(2024/2/13)

日本テレビ、芦原妃名子さんの訃報「重く受け止め」 関係者個人への誹謗中傷やめるよう呼びかけ
(2024/1/30)

登録者数90万人超え配信者・みけねこ、元夫・まふまふの“モラハラ告発”に反論 浮気は否定も誹謗中傷は認める「精神的に追い詰められ」
現在裁判中の2人。(2024/1/29)

まふまふが結婚・離婚していたことを明かす 元妻からの誹謗中傷も発覚し訴訟に
匿名掲示板上の誹謗中傷に情報開示請求をしたところ、ほとんどの書き込みが元妻によるものだったとしています。(2024/1/27)

高城亜樹、ほぼ寝たきり生活で“体重マイナス10キロ”していた 愛犬の旅立ち、中傷も経験で「本厄ってやばい」
「本厄って本当やばいなって感じた1年でした」(2024/1/23)

話題のゲーム「パルワールド」制作チームに誹謗中傷 “殺害予告”に近い投稿も 開発企業CEO「責任は私にある」
3Dオープンワールドゲーム「Palworld」(パルワールド)を開発したポケットペアは、同ゲームの制作チーム宛に誹謗中傷が届いてると明かした。同社の溝部拓郎CEOは、責任は全て自身にあるとし、誹謗中傷は控えるよう訴えている。(2024/1/22)

ともさかりえ、「金田一」堂本剛の結婚お祝い 当時は誹謗中傷も2019年再会で「こうやって笑いあえたことが嬉しかった」
美雪とはじめちゃん……!(2024/1/12)

“車いすアイドル”猪狩ともか、脊髄損傷の事故後に浴びせられた「最悪な言葉」 誹謗中傷の抑止巡って告白「一生忘れられません」
あまりにもひどい。(2024/1/12)

「消えろ」「考えろボケ」 “フェラーリ女子”YouTuber、誹謗中傷&自粛の選択肢に言及 2023年は高級車大破&炎上動画が話題に
「収益を募金活動に充てることも可能ですので、今後も変わらず動画投稿を行っていく予定です」(2024/1/4)

阪急百貨店、クリスマスディスプレイ問題で誤解受けたコラボ作家に謝罪 「SNSで誹謗中傷となる事実誤認の投稿が広がっている」
事実と異なる投稿について「削除など適切なご対応をお願い申し上げます」と呼びかけています。(2023/12/30)

YOSHIKIへの名誉毀損で小学館提訴 1億1000万円の損害賠償求める 「米国法人も法的措置の検討を開始」
米国法人も法的措置の検討を開始。YOSHIKIさん本人も訴訟を検討しているとのこと。(2023/12/28)

阪急百貨店ディスプレイでの無断使用問題、誤解受けた人形作家がコメント 「無実の誤解で全てが崩れそうに」
「SNS上で『盗作作家』という偽情報を発信された」など中傷を受けたことを明らかにしています。(2023/12/25)

久保建英を“投げ飛ばした”相手MF、「潰す気か」インスタ大荒れ 家族への中傷・脅迫まで届く事態に
悪質な行為で批判を浴びたカディスCFのルベン・アルカラス選手。(2023/12/23)

「≠ME」、ファンと本田珠由記の私的交流を強く否定 「事実無根」「一丸となって誹謗中傷に対処」
「社会のルールを守ってSNSをご利用いただくようお願い申し上げます」(2023/12/22)

清水、J1昇格ならずで所属選手家族への“誹謗中傷”「看過することはできません」 PK献上のDFと元AKB妻が被害訴え
妻でタレントの高城亜樹さんにも誹謗中傷のメッセージが。(2023/12/7)

ロコドル、メンバー&Pに“嫌がらせ”を繰り返した男が逮捕「法的な責任を取らせます」 スピード対応に称賛の声「これは良い前例」
しつこい誹謗中傷に遭っていたメンバーやプロデューサーの中村浩一さん。(2023/12/6)

小林礼奈、誹謗中傷被害で警察へ “ヤバすぎる書き込み1位”に「酷すぎる」「傷付くとかのレベルじゃない」の声
一線を超えた書き込みを公開。(2023/12/3)

NHK、取材メモ流出認め謝罪 子会社の派遣スタッフによるもの
ネットでの誹謗中傷問題を取り上げる企画概要や、取材対象者へのインタビュー内容など。(2023/12/1)

匿名システム使い侵入、取引先に中傷メール… 元勤務先に不正アクセス容疑で逮捕、男が残した”痕跡”
「会社に恨みがあった」。以前勤務していた会社のシステムに侵入し、取引先に誹謗(ひぼう)中傷を流布していた男が、警視庁に逮捕された。職場でトラブルを抱え、自主退職させられた男は、匿名通信システムなども駆使し、憂さを晴らしていたという。隠微な復讐が明るみに出た理由は、不正アクセスの際に残された「痕跡」だった。(2023/11/27)

羽生結弦さんが離婚発表 相手への誹謗中傷やストーカー行為、無許可取材……「守り続けることは極めて難しい」
現状のまま自身と相手を守り続けていくことは極めて難しいと述べています。(2023/11/18)

“私人逮捕系YouTuber"「煉獄コロアキ」の関係先捜索 女性の名誉毀損疑い 警視庁
投稿動画で女性の名誉を傷付けたとして、警視庁生活安全特別捜査隊が、「煉獄(れんごく)コロアキ」と名乗って活動していた男性YouTuberの関係先を名誉毀損(きそん)の疑いで家宅捜索した。捜査関係者への取材で分かった。警視庁は男性から任意で事情を聴いている。(2023/11/13)

ABEMA「麻雀チャンネル」、選手への誹謗中傷対策でコメントをAI監視 法的措置も辞さず
サイバーエージェントは10日、「ABEMA」の「麻雀チャンネル」に出演する選手への誹謗中傷、嫌がらせへの対応方針を公表した。(2023/11/10)

ライボ調べ:
ネットの誹謗中傷「制御は困難だと思う」75.3% 改善するには?
ライボが「誹謗中傷に関する意識調査」を実施。76.5%が誹謗中傷に「気を付けている」としつつ、75.3%が匿名環境での制御は「困難だと思う」と回答していることなどが分かった。(2023/11/8)

弁護士が解説! VTuberの法律:
VTuberは人間か? キャラクターか? 止まらない誹謗中傷との戦い方 ポイントは「中の人」の存在
後を絶たないインターネット上での誹謗中傷。その矛先は、バーチャルYouTuber(VTuber)にも向けられている。この記事では、VTuberの誹謗中傷における法的見解をシティライツ法律事務所の前野孝太朗弁護士に解説してもらう。(2023/11/1)

「オタク用語辞典 大限界」巡り、出版元が声明 不適切な部分は「可能な限り改善」 出版予定は変更なし
SNS上で物議を醸していた書籍「オタク用語辞典 大限界」を巡って三省堂は、声明を発表した。語釈の不備や不適切な用例として指摘された部分について「可能な限り改善した」と説明。関係者への中傷コメントなどは止めるように求めている。(2023/10/26)

ぶいすぽっ!へ誹謗中傷を繰り返していた人物と事務所の示談成立 約120万円の賠償と記事の全件削除、今後の記事掲載禁止に
プライバシー侵害などもあったとのこと。(2023/10/13)

NEWS Weekly Top10:
小学生が「草www」 そのクソコメ、子どもが書いたかも問題
VTuber「兎田ぺこら」さんのグッズに対する誹謗中傷に関する記事が話題になった。事実無根の中傷をSNS書き込んだ複数の人物と示談が成立。声明によると示談の理由は「対象者と保護者が謝罪に応じたため」とあり、誹謗中傷者には未成年が含まれていた。(2023/10/2)

人気VTuber・壱百満天原サロメがまさかの総務省コラボ SNSの誹謗中傷対策を解説
お悩み相談ですわー!(2023/9/29)

「整形女!」「詐欺やめろ」 YouTuberきりまる、二重整形後に受けた誹謗中傷に言及 動画にした理由も明かす
「おまえは作った顔だろ」と心ない言葉を受けたことも。(2023/9/28)

総務省、VTuber「壱百満天原サロメ」とコラボ SNSでの中傷対策呼びかけ
総務省が、SNSにおける中傷対策を呼び掛ける動画と特設サイトを公開した。どちらもVTuberの「壱百満天原(ひゃくまんてんばら)サロメ」を起用。中傷を受けたときの具体的な対処法について案内している。(2023/9/28)

VTuber「兎田ぺこら」グッズにSNSで風評被害→示談成立 「保護者同伴で謝罪などがあったため」
グッズ制作を手掛けるイクリエは、商品に対してSNSで誹謗中傷を書き込んだ人物たちと示談が成立したと発表した。法的措置などを検討してたが、対象者やその保護者などから謝罪があったため示談成立に至ったという。(2023/9/26)

新庄監督、選手への誹謗中傷に怒り心頭 「起用したのは僕」「言いたいことがあるなら監督の僕に言ってこい」
「言われる側の気持ち」を想像するよう呼びかけ。(2023/9/12)

「ボールに頭を打たれて引退しなさい」 WBC日本代表・伊藤大海、“誹謗中傷コメント”に抗議「絶対に許しません」
怒りをあらわに。(2023/9/11)

「ネット上に悪質コメントを書き込まれた」10.9%、書き込んだ人は?
インターネット上で誹謗中傷や悪質なコメントを書き込まれたことがある人は、どのくらいいるのか。20〜50代の男女に聞いた。(2023/9/9)

長瀬智也、誹謗中傷寄せるアンチへ複雑な思い「寂しいですよ」 一方で「よわいものいじめ ぜったいにゆるさないよ」と宣戦布告も
「誹謗中傷にも感謝」とも。(2023/8/30)

木下優樹菜、止まらない誹謗中傷に怒りあらわ 「有名人だからとか関係ない」「みんな人間なんだよ」
「一般人だからとか武器にしてくんな」(2023/8/25)

「オオカミちゃん」出演女子高生TikToker、模試で慶応A判定の健闘も“不正”疑う声→反論「一切してないです」
誹謗中傷も受けたと明かしています。(2023/8/22)

人気DJが痴漢被害に遭った大阪のフェス、主催とDJが共同声明 犯人とSNS上での誹謗中傷に法的措置
今後はフェス主催が主導で処理を進めていくとのこと。(2023/8/19)

西田有志「今大会で多くの誹謗中傷を受けました」 日本男子バレー快挙&東南アジアで人気沸騰の一方で
西田選手「しっかりとした対処を取ろうと思います」(2023/7/24)

ryuchellさん巡る誹謗中傷、木下優樹菜がネットユーザーを批判「すごいんだから地獄」 ざわちんも憤激「無責任」
匿名の中傷を批判しています。(2023/7/13)

27歳年上のファンと“推し婚”した元アイドル、「介護だらけの人生」など誹謗中傷→「他人が介入してこないで」
アイドル卒業後に元ファンの夫と結婚した幸さん。(2023/7/3)

京丹後市、PC破壊した41歳職員に減給・告訴 注意受け上司に嫌がらせか SNSで誹謗中傷&スケジュール削除も
京都府京丹後市は、上司のPCを壊した職員1人を3カ月の減給処分にしたと発表した。損害額は14万575円。問題の職員は日頃、上司から勤務態度を注意されていたという(2023/7/3)

炎上加担、実際は40万人に1人 経済学者が誹謗中傷の"リアル"分析
6月28日に開催されたクリエイターエコノミー協議会の発表会で、経済学者の山口真一博士が、「炎上事件にネガティブな投稿をしている人は約40万人に1人」など、誹謗中傷の実態について説明した。(2023/6/29)

UUUM、ANYCOLOR、カバー、Google、noteが「誹謗中傷対策検討会」設置 事務所とプラットフォーマーがタッグ
クリエイターエコノミー協会が「誹謗中傷対策検討会」を設置した。クリエイターを抱えるUUUM、ANYCOLOR、カバーと、プラットフォーマーであるGoogle日本法人とnote、および専門家が参加し、クリエイターへの誹謗中傷について検討していく。(2023/6/28)

UUUM、カバー、noteら参画の「誹謗中傷対策検討会」設置 業界の垣根を超え連携へ
それぞれの立場から意見を交換し、啓発活動に取り組むとしています。(2023/6/28)

生活保護→大手正社員で再スタートの元ハロプロアイドル、誹謗中傷に悲嘆 「心ない言葉ですごく心が痛かった」
SNSでの度重なる誹謗(ひぼう)中傷に心痛。(2023/6/26)

数名出禁済みのアイドル運営、誹謗中傷に「場合によっては法的処置」と一部ファンへ釘刺し 「深く傷つくこともございます」
新規ファンにも配慮するよう呼びかけています。(2023/6/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。