ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「犯行予告」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「犯行予告」に関する情報が集まったページです。

京アニ事件1カ月(上):
不可解な敵意 男を凶行に駆り立てたものは 京アニ事件、容疑者の生い立ちからひも解く
「お金持ちになりたい」。友人も多く、柔道教室に通っていた小学生は、約30年後の夏、京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)第1スタジオにガソリンをまいて火を放ち、35人を殺害した。(2019/8/20)

この頃、セキュリティ界隈で:
差別も憎悪も野放し 無法サイトは閉鎖させるべきか
ヘイトにあふれるSNSが問題となっている。追い出されたら彼らはどこに行くのか?(2019/8/19)

スクエニのゲーム「星と翼のパラドクス」のイベント中止 運営チームに殺害予告
来場客の安全を最優先に考えて中止を決定したとしています。(2019/8/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
「表現の自由」を企業がどこまで守るか 8chan、愛知芸術祭に見るリスクと責任
愛知県・国際芸術祭の展示中止問題で「表現の自由」を巡る議論が盛り上がっている。米国でもネット掲示板「8chan」が一時停止に追い込まれた。企業の事業や自治体のイベントにも、表現の自由を巡るリスクが隠れている。どのように扱うべきだろうか。(2019/8/8)

Cloudflare、8chanのサポートを停止 エルパソ乱射事件を受けて
米CDN大手のCloudflareが、エルパソの乱射事件の容疑者が犯行マニフェストを投稿した匿名掲示板「8chan」のサポートを停止したと発表。容疑者は8chanでのクライストチャーチ事件賛美に触発されたと指摘した。(2019/8/5)

20人死亡のエルパソ乱射事件、「8chan」がまた犯行予告に利用された
テキサス州エルパソで20人が犠牲になった銃乱射事件の容疑者が、匿名掲示板の「8chan」に犯行前に「マニフェスト」を投稿していたと米メディアが報じた。声明文には「ヒスパニックがテキサスを支配するだろう」などと書かれていた。(2019/8/5)

権利は国民の不断の努力によって保持しなければならない:
被告弁護人と高木浩光氏は何と闘ったのか、そしてエンジニアは警察に逮捕されたらどう闘えばいいのか(Coinhive事件解説 前編)
Coinhive、Wizard Bible、ブラクラ補導――ウイルス作成罪をめぐる摘発が相次ぐ昨今、エンジニアはどのように自身の身を守るべきか、そもそもウイルス作成罪をどのように解釈し、適用すべきか。Coinhive事件の被告人弁護を担当した平野弁護士と証人として証言した高木浩光氏が詳しく解説した。(2019/6/13)

瀬戸康史「デジタル・タトゥー」は匿名の悪をどう描く? ユーチューバー、Vチューバー、匿名ブロガー……NHKが迫る“ネット世界の現在”
高橋克実&八嶋智人懐かしのトリビアコンビも登場、8へぇ。(2019/5/25)

「あくまで噂は噂」 NGT48劇場・早川麻衣子支配人が初のTwitter投稿で騒動に言及 ファンからは賛否「今更かよ」
バッシングが収まる気配はありません。(2019/5/24)

NHKドキュメンタリー番組で「世界最大級のネット炎上」放送 唐澤貴洋弁護士をゲストに迎え炎上を追体験
ネット上で有名な“炎上”を取り上げます。(2019/5/17)

アニメに潜むサイバー攻撃:
「笑い男」事件は実現可能か 「攻殻機動隊 S.A.C.」好きの官僚が解説
そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さんが対策を解説します。第6回のテーマは「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」です。(2019/5/24)

海賊版サイト問題の解決を阻む「防弾ホスティング」 その歴史から現在までを読み解く
ダークウェブを日常的に調査している筆者が、防弾ホスティングについての各国の事情や歴史を解説していく。(2019/1/17)

ニューヨーク発デジタル新潮流:
日本人がまだよく知らないYextと「DKM」のこと
2018年10月に米国ニューヨークで開催された「ONWARD18」の概要を紹介する。(2018/11/13)

アニメに潜むサイバー攻撃:
「敵とは何か」 SNSの未来を描く「ガッチャマン クラウズ」のメッセージを解く
そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さん(上席サイバーセキュリティ分析官)がセキュリティ対策を解説します。第4回のテーマは「ガッチャマン クラウズ」です。 (2018/10/12)

@ITセキュリティセミナー2018.6-7:
本番さながらの演習「サイバークエスト」を支える「レッドチーム」の正体とは?
@ITは、2018年6月22日、東京で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、カーディフ生命保険、カブドットコム証券、ジャパンネット銀行、シティグループ証券、みずほフィナンシャルグループ、金融ISACによる特別講演「サイバークエスト 昼は銀行員、夜は――攻撃者チームが手口を語る」の内容をお伝えする。(2018/8/23)

スピン経済の歩き方:
剛力彩芽が叩かれる背景に、日本人の国民性
タレントの剛力彩芽さんが、ネット上で壮絶なリンチにあってしまった。交際宣言したスタートトゥディの前澤友作社長と同じタイミングで、ロシアW杯を観戦した写真をInstagramにあげたところ、批判が殺到したのだ。それにしても、なぜこのような「いじめ」が後を絶たないのか。(2018/7/31)

「今後のサイバーセキュリティ業界にとっても貴重な人材を失った」 Hagexさん、勤務先が追悼コメント
サイバーセキュリティ関連会社「sprout」高野聖玄社長の名義で。(2018/6/26)

Hagexさん刺殺「低能先生」と呼ばれ恨み? 出頭直前、“犯行声明”とみられる投稿
はてな匿名ダイアリーに投稿された、容疑者のものとみられるエントリが話題になっています。(2018/6/25)

著名ブロガーHagex氏刺殺 「ネット上で恨んでいた」 「増田」に犯行声明か
ネットセキュリティ企業社員で、「Hagex」の名でブログを運営していたブロガー・岡本顕一郎さんが24日夜、刺殺された。容疑者は「ネット上で恨んでいた」などと供述しているという。(2018/6/25)

アニメに潜むサイバー攻撃:
「ルパン三世 PART5」に隠された“凄腕ハッキング”の手口 専門家が解説
近未来の世界、最新技術へのセキュリティ対策はイメージしにくい部分もあります。そこで、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンターの文月涼さん(上席サイバーセキュリティ分析官)が対策を解説。第2回のテーマは「ルパン三世 PART5」です。(2018/6/25)

悪質な嫌がらせの一環か “はるかぜちゃん”出演舞台のヌード表現に児童ポルノ強制の通報 警視庁から自粛要請で内容差し替えに
はるかぜちゃん「私が18歳になった時に上演致します。どうか観に来てください」。(2018/6/4)

「信じられない艶やかさ」 のん、“桜を見る会”の着物姿で魅力満開の大和撫子になる
かっわええ……。(2018/4/22)

@ITセキュリティセミナー2018.2:
2017年、あまり報じられなかったビジネスメール詐欺、DDoS、標的型ランサムウェア攻撃――その対策とは
@ITは、2018年2月27日、福岡で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、講演「セキュリティリサーチャーズナイト(世界のどこかはきっと夜)〜世間から見過ごされた注目事件〜」の内容をお伝えする。(2018/4/5)

「なんでも書けばいいという風潮に笑えます」GACKT、仮想通貨SPINDLE関連のネットニュースに言及
リテラシーって難しいね。(2018/1/18)

早稲田大に爆破予告 3限まで休講・立ち入り禁止に
早稲田大学に爆破予告。7日の1限から3限(午前9時〜午後2時半)を休講にし、構内を立ち入り禁止にした。【更新】(2017/11/7)

アプリ「マガポケ」が大リニューアル 金田一に暴かれた犯人視点のスピンオフ、『中華一番!』の続編など20本の“新連載”がスタート
読み応えがありそう。(2017/11/1)

デジタルID最新動向(2):
図解:OAuth 2.0に潜む「5つの脆弱性」と解決法
SNSなど複数のWebサービスが連携して動くサービスは広く使われている。連携に必要不可欠なのが、アクセス権限をセキュアに受け渡すための「OAuth 2.0」といった仕組みだ。今回はOAuth 2.0に関連する代表的な5つの脆弱(ぜいじゃく)性と攻撃手法、対策についてシーケンス図を使って解説する。(2017/10/24)

LINEが2017年上半期「透明性報告書」公開 捜査機関からの情報開示請求について報告
2017年1〜6月に捜査機関から1614件の情報開示請求があったと公表しています。(2017/10/12)

刃牙×ねとらぼ『男雄漢比較べ』:
独特な魅力と迫力が織りなすバキの擬音たちッ!
あなたはナポ派? それともチュピ派?(2017/9/10)

スペイン・バルセロナの車両突入テロ 外務省が日本人向けの注意喚起ページを公開
バルセロナ市の発表によると、死傷者は110人以上に及んでいます。(2017/8/18)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
上西議員のツイート、海外メディアの幹部が驚いた2つのこと
上西小百合議員のツイートが、炎上商法ではないかと疑念を向けられ、世間から大きなひんしゅくを買っている。サッカーJ1リーグ、浦和レッズのサポーターと激しい火花を散らし合ったわけだが、海外メディアの幹部はこの事態をどのように見ているのか。(2017/7/28)

上坂すみれ、個人SNSの閉鎖を発表 「情報発信の集約化を行うため」と説明も心配する声広がる
ふむ……。(2017/7/21)

声優・上坂すみれ、度重なる脅迫や嫌がらせで所属事務所が声明 「上坂本人も事務所も活動に支障」
STOP! 迷惑行為!(2017/7/19)

その日の裁判予定が分かる「裁判.in」登場 管理人が手作業で毎日更新中
東京地裁でその日に開かれる裁判の予定を確認・検索できるサイト「裁判.in」を、個人開発者の矢野さとるさんがオープンした。(2017/6/28)

1719件のうち58%に対応──LINE、犯罪捜査機関への情報開示状況を公開
日本で受領した開示要請は1500件だったという。(2017/4/24)

殺人事件の容疑者が犯行現場の動画を投稿 Facebookが対応を改善するとコメント
恐ろしい事件に対し、Facebookの対応は?(2017/4/18)

Facebook、“射殺動画”削除に2時間かかったプロセスを説明
高齢者を射殺する動画が約2時間にわたってサービス上で視聴できてしまった問題について、Facebookが削除までのプロセスを説明し、レビュー体制の強化を約束した。(2017/4/18)

殺害予告受け生放送出演取りやめ スマイリーキクチさん
お笑いタレントのスマイリーキクチさんが、ブログのコメント欄で殺害予告を受けたとし、生放送への出演を取りやめた。(2017/3/6)

スマイリーキクチさんに殺害予告 「周囲への安全面を考慮」して生放送出演辞退を明かす
ネット掲示板に「殺人事件の犯人だ」と書き込みされ、10年間にわたり誹謗中傷を受けていた。(2017/3/6)

炎上中のキンコン西野に“狂気の漫画家”ちょぼらうにょぽみ先生がアプローチ 「地獄の釜が開いた」と話題に
ちょぼらうにょぽみ先生「プペルを私が描いているあいまいみーに登場させても宜しいでしょうか?」(2017/1/28)

セキュリティ啓発の日本版サイトに改ざん被害、運営機関が中間報告
米APWGとフィッシング対策協議会が共同運営する「STOP. THINK. CONNECT.」の日本語サイトが改ざんされた問題で、協議会が中間報告を行った。(2017/1/26)

IKEA鶴浜、犯行予告で一時騒然も「神対応」に絶賛の声 上着を子どもに渡し、売り物の毛布を配布
現場のスタッフ判断がすばらしい。(2017/1/16)

政府と重要インフラ組織のサイバー演習、過去最大規模で実施
政府省庁と13の重要インフラ組織による横断型のサイバー演習が行われ、過去最大となる505組織2084人が参加した。(2016/12/7)

声優・水瀬いのりさんへの殺害予告、投稿者を書類送検 水瀬さん「私は負けないですよ」
声優・水瀬いのりさんに対する殺害予告がネット上に書き込まれた問題で、投稿者が書類送検されたとソニー・ミュージックアーティスツが発表。(2016/11/30)

殺害予告を受けた声優・水瀬いのりさん、ブログに悔しさつづる 「私は負けないですよ」とも
「この件に関しては、悔しいし、ずっとイライラしてます」(2016/11/29)

声優・水瀬いのり、殺害予告を受け台湾でのイベントをキャンセル 悔しさにじませるも「絶対次の機会を」と前向き発言
所属事務所と所属レコード会社が発表しました。(2016/11/25)

声優・水瀬いのりさんに殺害予告 出演イベント中止
声優・水瀬いのりさんに対する殺害予告がネット上に投稿されたことを受け、11月〜12月に予定していた出演イベントが中止に。(2016/11/25)

セキュリティ・ミニキャンプ in 中国 2016 レポート(前編):
地域を問わないサイバー攻撃被害――急がれる地方の啓蒙活動
地方向けに最新のセキュリティ動向や技術を伝える「セキュリティ・キャンプ地方大会」。本稿では2016年9月23日から25日にかけて広島県で開催された「セキュリティ・ミニキャンプ in 中国 2016」の模様をレポートする。(2016/10/31)

DDoS攻撃クロニクル(6):
IoT、FinTech時代のDDoS攻撃とは
DDoS攻撃の“歴史”を振りながら、有効なDDoS攻撃対策について考える本連載。最終回となる第6回では、連載開始以降に起きたDDoS関連の出来事や、IoT、FinTech領域でのDDoS攻撃対策の展望を紹介する。(2016/9/27)

反ドーピング機関のDBから五輪選手の個人情報流出、「犯行はロシア」とWADAが名指し
WADAの発表によると、ロシアのサイバースパイ集団がスピアフィッシング詐欺の手口でパスワードを入手して、国際オリンピック委員会のアカウントを通じてデータベースに侵入したという。(2016/9/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。