ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「すれちがい通信」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「すれちがい通信」に関する情報が集まったページです。

組み込み開発ニュース:
Wi-SUNとWi-Fiを活用した無線ネットワーク、地域の見守りで実証実験
情報通信研究機構は、免許不要のIoT向け国際無線標準規格「Wi-SUN」とWi-Fiを併用した無線ネットワーク構築技術を開発したこと、また、同技術を用いた地域の見守りや、電子回覧板の実証実験について発表した。(2019/10/8)

電子回覧板や高齢者見守りにも効果:
Wi-SUN活用で「ネット環境が整わない地域」でもコンテンツ配信 NICTが開発
NICTのソーシャルICTシステム研究室は、Wi-SUNとWi-Fiを活用する無線ネットワークの構築技術を開発した。この技術を利用して、高齢者世帯を対象とした地域の見守りや、電子回覧板の配信の実証実験も始める。(2019/9/26)

黒部市在住の高齢者世帯が対象:
NICT、Wi-SUNを活用し地域見守りなどを検証
情報通信研究機構(NICT)ソーシャルICTシステム研究室は、Wi-SUNとWi-Fiを融合活用した無線ネットワーク構築技術を開発した。この技術を用いて、黒部市在住の高齢者世帯を対象とした「地域見守り」と「電子回覧板」の実証実験を2019年10月より、3カ月間の予定で始める。(2019/9/25)

「すれ違いIoT通信」で地域見守り、NICTが無線ネットワーク構築技術を開発
Wi-SUNとWi-Fi、BLEの通信に対応したIoT無線ルーターを活用し、高齢者世帯の見守りや電子回覧板配信の実証実験を始める。(2019/9/20)

CEATEC 2018:
色んな意味で今のIoTが分かる――CEATEC「IoTタウン2018」レポート
IT・エレクトロニクス展からCPS/IoT展に方針変更してから3年目となった「CEATEC JAPAN 2018」。主催者企画の「IoTタウン2018」では、「社会課題を解決してSociety5.0を築く」をテーマに、各カテゴリーのフロントランナー企業が多数出展した。(2018/10/26)

任天堂、「すれちがい通信中継所」を稼働停止へ すれちがい通信機能自体は継続
稼働停止日時は3月28日10時。(2018/2/28)

3DS版ドラクエ11、すれちがい通信でヨッチ族の不正なデータ出回る メーカーは「別れる」よう注意喚起
不正なデータを利用した場合、動作の保証はできないとのこと。(2017/8/10)

「ドラクエXI」オープニング映像公開で主要キャラが明らかに シリーズ30年をまたいだ“真のぱふぱふ”になるらしい
仲間は7人? 舞台は「ロトゼタシア」? 世界樹? ロトの剣? ジャンプフェスタで公開された情報でワクワクが止まらない。(2016/12/17)

「ジムで勝てない」「トレードしたい」 ポケモンGOで改善してほしいこと
楽しく遊んでいるポケモンGOですが、改善してほしい点もいろいろとあります。主なポイントをまとめてみました。(2016/7/27)

「モンスト」3DS版は12月発売 アニメと同じ世界観のRPGに
「モンスターストライク」の3DS版が12月17日に発売。価格は4500円(税別)(2015/9/29)

組み込み開発ニュース:
「すれちがい通信」的な体験をWi-Fiで実現、「Wi-Fi Aware」
「Wi-Fi Aware」は対応デバイス間で無線LANによる接続を確立する前に、近接情報に基づいて利用できるサービスを検出する技術だ。認証を得たチップも登場しており、製品への搭載が見込まれる。(2015/7/15)

ニンテンドーDS「すれ違い通信」を無線LAN搭載タブレットでも:
Wi-Fi Alliance、近接情報利用技術「Wi-Fi Aware」を日本で紹介
Wi-Fi導入デバイスでも近接情報を利用できることで、2019年までに433億ドルの付加価値を生む出すまでに成長するという。(2015/7/14)

「ドラクエ8」がニンテンドー3DSに! 8月27日発売
新たなシナリオや新たな仲間が加わります。(2015/5/13)

ニンテンドー3DSに「みんなのポケモンスクランブル」登場 基本プレイ無料
719種のポケモンが登場します。(2015/4/2)

笑うフォクすけ、どこでもダンスやサイクリング――KDDIが「Firefox OS WoTハッカソン」を開催
KDDIがアプリ開発者を対象にしたイベント「Firefox OS WoTハッカソン - Fx0 meets mbed -」を開催。Fx0をフックにしたアプリやサービスが、12チームから発表された。(2015/2/23)

「パズドラ」に3DS向け“マリオエディション”登場 マリオがパズルで戦う!
「すれちがい通信」や「ローカル通信」など3DS独自の要素も搭載。(2015/1/8)

Uplinq 2014:
スマートグラス、3Dカメラ、ロボット――Qualcommの「Snapdragon」が目指す新しい世界
Qualcommが、開発者向けのイベント「Uplinq 2014」を、米カリフォルニア州サンフランシスコで開催。ロボティクスやスマートグラスなど、モバイルの次を見据えた技術を披露し、技術の進化のすごさを垣間見ることができた。(2014/9/26)

小寺信良「ケータイの力学」:
内閣府調査に見る青少年のスマートフォン利用(1)
内閣府が発表した平成25年度の青少年ネット利用実態調査。中高生のスマホ利用率が年々高くなっているが、小学生では子供向け端末の利用が広がり、その有用性が広がりつつあるようだ。(2014/4/14)

任天堂のAWS導入事例 「すれちがい通信中継所」や「Miiverse」に活用
「Amazon Web Services」(AWS)の導入事例紹介ページに、任天堂の事例が掲載された。「ニンテンドー3DS」や「Wii U」向けサービスでのAWS活用について解説している。(2014/3/7)

ニンテンドー3DSで「ニコニコ」登場 ステマ機能搭載? いいえスレマです
すれちがいマーケティング略してスレマです。(2014/2/14)

「パズドラZ」パッケージ版、発売約1週間で100万本出荷
3DS版もヒット。「パズドラZ」パッケージ版(4400円)の出荷数が累計100万本を達成した。(2013/12/20)

「モンハン4」で出回る不正改造データ カプコンが見分け方を公開
不正データだと分かったら、遊ばないで削除!(2013/10/18)

「モンハン4」改ざんギルドクエスト判別法、カプコンが公開
カプコンは、「モンスターハンター4」で、不正に改ざんされたギルドクエストが多数確認されているとし、判別するための情報を公開した。(2013/10/18)

「モンハン4」改造セーブデータ「絶対に使用しないで」とカプコン
カプコンは、「モンスターハンター4」でセーブデータを改ざんする行為が確認されているとし、改造された武器やギルドクエストなどを「絶対に使用しないで」と呼びかけている。(2013/10/8)

「単なるアプリ版の移植ではない」 3DS「パズドラZ」12月に発売決定
ガンホーは、ニンテンドー3DS向けソフト「パズドラZ」を12月12日に発売すると発表した。子どもを中心に、ユーザー層のさらなる拡大を狙う。(2013/8/27)

「パズドラZ」発売日が12月12日に決定 すれ違い通信、モンスタートレードなどの新機能も
なお魔法石の販売(アイテム課金)はないもよう。(2013/8/27)

故・飯野賢治氏にCEDEC AWARDS最優秀賞
コンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC」で発表された「CEDEC AWARDS 2013」で、ゲームデザイン部門最優秀賞に飯野賢治さんが選ばれた。(2013/8/23)

“すれちがい難民”救済に愛の手 任天堂、全国で「すれちがい通信中継所」サービスを開始
すれちがわなくてもすれちがえます。(2013/8/6)

ニンテンドー3DS向け「パズドラZ」、2013年冬発売 すれ違い通信など対応
「パズドラZ」はローカル通信、すれ違い通信、いつの間に通信といったニンテンドー3DS専用の通信機能にも対応する予定だ。(2013/4/19)

「KORG M01D」登場、3DSでパワーアップ SDカードにセーブ・MIDIデータ出力可能に
往年のデジタルシンセを再現した3DSソフト「KORG M01D」が登場。同時発音数など、DS版からパワーアップしている。(2013/4/10)

「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち」パッケージ版出荷本数100万本突破
ダウンロード版含まず。(2013/2/12)

日本じゃ余裕だけれども…… すれちがい通信を使って3DSの北米での普及度合を調べてみた【デジ通】
CES取材での訪米に合わせアメリカの西海岸ですれ違い通信を試してみた。(2013/1/18)

日々是遊戯:
【おいでよ恐怖の森】「とびだせ どうぶつの森」で“恐怖の部屋”がひそかに流行中らしい
スローライフとは何だったのか。(2012/11/30)

3DS「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち」公式サイトオープン
オリジナル予約特典キャンペーンのお知らせも。(2012/11/15)

「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち」が3DS向けリメイク 2月7日発売
「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち」がニンテンドー3DS用にリメイクされ2月7日に発売。(2012/10/31)

「ドラゴンクエストVII」12年ぶりリメイク 3DSで2013年2月7日発売
石版集めの悪夢、ふたたび!(2012/10/31)

3DS向けでは初:
ニンテンドー3DS向け電子書籍サービス「どこでも本屋さん」、10月から開始
ニンテンドー3DS/ニンテンドー3DS LL向け電子書籍配信サービス「どこでも本屋さん」。マンガ作品100タイトル以上をそろえるほか、本機の特徴を利用したゲーム性のある読書環境を提供するという。(2012/9/21)

TGS2012開幕:
東京ゲームショウ2012開幕 ソーシャルゲームの存在感増す
9月20日、ゲームの祭典が幕張メッセで開幕した。今年はどんなゲームに注目が?(2012/9/20)

整理券配布情報も公開:
東京ゲームショウ2012、会場マップ&イベントステージプログラム公開
9月20日から23日の期間開催される東京ゲームショウ2012の詳細が決定。東日本大震災復興支援「ゲームで日本を元気に」は今年も開催。(2012/9/12)

日々是遊戯:
「ドラゴンクエストX」の「ダブルすれ違い」がスタート。週末のヨドバシAkibaはどんな感じ?
秋葉原組は「サーバー31 グレン城 宿屋前」でボクと握手!(2012/8/27)

「ドラクエX」にすれちがい機能 3DS「冒険者のおでかけ便利ツール」配信開始
現実とゲーム内ですれ違うことで、嬉しいゲーム内アイテムが手に入るそう。(2012/8/22)

CMにSMAPを起用、そして3DSとの連動も 「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」完成披露発表をリポート
2008年から長らく「開発中」の枠に収まっていたタイトル「ドラゴンクエストX」がついに完成! SMAPによるCMも決定した本作の完成披露発表会の様子をお届けする。(2012/7/25)

いつでもどこでも「ドラクエX」!――ニンテンドー3DS向け「ドラゴンクエストX 冒険者のおでかけ便利ツール」8月22日より無料配信開始
8月2日に発売となるWii向け「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」。そのデータをニンテンドー3DSに持ち出し、出先からオンライン情報をチェックしたり、すれ違い通信で新しいフレンドを探せるツールが無料配信される。(2012/7/25)

「Newスーパーマリオブラザーズ2」で有料の追加コース配信
「Newスーパーマリオブラザーズ2」の「コインラッシュ」モードで、有料の追加コースを配信する。(2012/6/22)

ニンテンドー3DSカンファレンス 2011:
3DSに「モンハン4」「どうぶつの森」「トモダチコレクション」――任天堂が負けられない戦いに挑むタイトルたち
年末から2012年にかけての3DSのラインアップで任天堂の本気を見た。ニンテンドー3DSに「モンスターハンター4(仮題)」も!(2011/9/13)

「ビデオゲームの歴史上例がないのでは」 大量ソフトで攻勢をかけるニンテンドー3DS
任天堂が年末商戦から来年にかけて発売する3DS向けゲームソフトを発表。カプコンが「モンスターハンター4」を3DS向けに開発表明するサプライズも。(2011/9/13)

3DS向け「お茶犬といつもなかよし」、12月1日発売
2002年からさまざまなグッズなどが発売されている癒しキャラ「お茶犬」が3DS向けのゲームとして登場。お茶犬との生活でさまざま癒しが得られるほか、すれ違い通信の活用でさらに楽しめる仕組みが盛り込まれている。(2011/9/12)

Wii/Wii Uで発売、3DSとの連携も:
皆をつないで世界がつながる 「ドラクエX」はオンラインゲームのハードルを下げるか
「誕生25周年 ドラゴンクエスト新作発表会」において、Wii/Wii U対応ソフト「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」が発表された。(2011/9/5)

贈り物、ゲーム、場所、ランチ、読書――KDDIが選んだ5つのスタートアップ、そのアイデアとは
KDDIによるベンシャー支援プログラム「KDDI∞Labo」が本格的に動き出す。多数の参加希望者の中から選考を勝ち上がった5チームが六本木のオフィスに集まり、それぞれのビジョンを説明した。(2011/8/25)

セガの名作「Shinobi」が3DSで復活!――「Shinobi 3D」、11月17日発売
PS2時代のセガの人気アクションゲーム「Shinobi」が、3D立体視バージョンとしてニンテンドー3DS向けに発売される。(2011/8/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。