ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「監視カメラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「監視カメラ」に関する情報が集まったページです。

世界を読み解くニュース・サロン:
ファーウェイの次に狙われる? 中国の「監視」を支えるあの企業
ファーウェイに続いて、中国の監視カメラ大手のハイクビジョンが米商務省の“ブラックリスト”入りするのではないかとうわさされている。世界トップシェアを誇る同社の監視技術の裏に何があるのか。そこにはファーウェイとの共通点もあって……(2019/6/6)

水曜インタビュー劇場(顔認証公演):
カジノの“監視ルーム”はどうなっているのか 潜入してみた
カジノに行くと、気になることがある。たくさん設置されている「監視カメラ」だ。不正を防止するために、または不正を暴くためにカメラを設置しているわけだが、膨大な映像はどのように分析しているのか。監視ルームに潜入したところ……。(2019/5/8)

フリービット、クラウドサービス+SIM+録画ソフトをセットにした法人向けの監視カメラサービス「クラウド録画」
フリービットは、法人向けのクラウド型監視カメラサービス「クラウド録画」を発表した。(2019/4/9)

革新的河川技術プロジェクト第3弾「簡易型河川監視カメラ」の開発完了、2020年度末までに3700カ所に設置
国土交通省が、革新的河川技術プロジェクトの第3弾として、民間企業などと検証を進めてきた「簡易型河川監視カメラ」の開発が完了し、現場への実装段階に入った。各地方整備局などで順次、現場での実装を進めていく。(2019/4/5)

プラネックス、Wi-Fiなしでも使えるLTE対応監視カメラ「スマカメ2 LTE」
プラネックスは、LTE対応で単体設置を行える監視カメラ「スマカメ2 LTE」を発売する。(2019/3/29)

日本の司法制度のあり方に厳しい視線:
「ゴーン被告保釈」を海外紙はどう報じたのか
会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告が6日、東京拘置所から保釈された。保釈金10億円を納付し、住居の出入り口には監視カメラを設置することや、インターネットの使用制限など厳しい保釈条件が付いた。だが、昨年11月の逮捕以降、身柄拘束は108日に上り、多くの海外メディアは、ゴーン被告よりも日本の司法制度のあり方に厳しい視線を向けている。(2019/3/19)

ゴーン被告保釈も、監視カメラ生活に 携帯メールもNG、弁護士との通話のみ
 会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(64)が6日にも、東京拘置所から保釈される。東京地裁が5日、弁護側の保釈請求を認める決定をしたのだ。保釈保証金は10億円で、監視カメラなど行動に制限が設けられるが、1泊2日の旅行も可能で、本人の記者会見も検討されている。裁判所の判断に疑問を持つ人も少なくない。(2019/3/7)

最新ネットワークへの対応が速い:
AIはFPGAのスイートスポット、Xilinxがエッジ推論をデモ
Xilinxは、組み込み技術の国際展示会「embedded world 2019」(2019年2月26〜28日、ドイツ・ニュルンベルク)で、自動車や監視カメラなどでの推論、いわゆるエッジデバイスでの推論をイメージしたデモを展示した。(2019/3/6)

東芝ライテック、カメラ付きLED照明を発売 SDカードにループ記録、スマホで確認
東芝ライテックは、監視カメラ代わりに使えるカメラ付きLED照明器具「ViewLED」(ビューレッド)を発表した。工場やオフィスのベースライトとして使われる蛍光灯型LED照明に録画機能を追加する。(2019/2/28)

「いざというとき録れてない」を防ぐドライブレコーダー向け高耐久microSD 東芝メモリが開発
東芝メモリは、ドライブレコーダーや監視カメラなど常時記録用途向けmicroSDを発表した。(2019/2/27)

信州善光寺、仁王門にクラウド監視カメラを設置 歴史的建造物への落書きなどを防止
長野県長野市の善光寺は、仁王門にクラウド監視カメラを2台設置した。シャープ製の無線LANアクセスポイント「QX-C300」を活用し、景観を損ねずに監視カメラを設置。落書きなどを防止し、参拝者に安心・安全な環境の整備を目指す。(2019/2/27)

パナソニック、法人向け監視カメラに4K対応モデル2機種を追加
パナソニックは、同社製の監視防犯システム「i-PRO EXTREME」シリーズのラインアップに4K解像度対応モデル計2機種を追加した。(2019/2/18)

従業員に知らせずスタッフルームに監視カメラ 串カツ田中、フランチャイズ加盟店と契約解除
(2018/12/21)

PR:QNAPで簡単! 「ペット見守りシステム」構築ガイド
QNAP+Webカメラで監視カメラシステムを安価に構築。いつでもどこでも、スマホでかわいいペットを眺めて癒やされよう!(2018/12/14)

AIで人物を検知して製鉄所の作業安全をサポート 危険時はAIが警報を発してラインを停止――JFEスチール、NECらが共同開発
大手鉄鋼メーカーのJFEスチールは、AIを活用して製鉄所の作業者の安全行動をサポートするシステムを、NEC、NECソリューションイノベータと共同開発した。監視カメラ映像が高精度に作業者を検知して、立ち入り禁止エリアへの不意の侵入にはAIが検知して警報を発し、自動でラインを停止させる。(2018/12/12)

BIMを活用した監視カメラの配置を検討可能なツールを開発、大成建設
大成建設は、BIMを活用して、設計段階で、監視カメラの適切な配置を検討できるツール「T-Sight simulator Security」を開発した。(2018/12/3)

東急池上線、監視カメラと映像解析AIで踏切の安全を確認 異常は警告と映像で通知――東急テクノシステムらが実証実験
東急テクノシステムは、理経、フューチャースタンダードとともに、踏切の安全性向上に向けた「踏切映像伝送システム」の実証実験を開始した。踏切に設置した監視カメラ映像をAIで解析し、異常があれば、付近を走行中の電車運転士や運行管理者に警告と映像で通知する。(2018/11/29)

不審者の監視や迷子探しに 複数のカメラから移動する人物をリアルタイム追跡――NTTとパナソニック、映像監視ソリューションを共同開発
NTTとパナソニックは、両社の画像認識技術を活用して、複数の監視カメラの映像から同一人物をモニタリングできる監視セキュリティソリューション「リアルタイム人物トラッキング」を開発。2018年度中に発売を開始する。(2018/10/4)

山や河川などでのモニタリングに向く電池駆動型のIoT監視カメラ
ベジタリアは、防水防塵対応の乾電池駆動式監視カメラ「FieldCam FC-1000」を発売する。(2018/9/28)

知らないうちに外国にデータ送信……監視カメラやスマートウォッチに潜むリスク
スマートウォッチや監視カメラの中には、本来IoT機器を簡単に接続するために作られたプロトコルを悪用し、一種の「隠しチャネル」を通じて、外国と何らかの通信を行っているものがある――。ハッキングカンファレンス「DEF CON 26」のセッションで、そんな指摘が出た。(2018/8/28)

乾電池でも使える屋外対応の監視カメラ
ダイトクは、IP54準拠の防水機能を備えた監視向けカメラ「ラディアントミニ」を発表した。(2018/7/2)

村田機械 KAIBER:
組み込みAI「KAIBER」が自動倉庫のシステム制御に
村田機械が自動倉庫システムの実証実験を開始。監視カメラに組み込みシステム向けDNNフレームワーク「KAIBER」を組み込むことで、リアルタイムの画像解析をシステム制御に活用している。(2018/6/8)

組み込み採用事例:
AIのリアルタイム画像解析を自動倉庫のシステム制御に活用
村田機械は、監視用カメラシステムに深層学習フレームワークを組み込み、AIによるリアルタイムの画像解析をシステム制御に活用する自動倉庫システムを開発し、設備稼働環境での実証試験を開始した。(2018/5/23)

ITの過去から紡ぐIoTセキュリティ:
監視カメラへの不正アクセスを機に考える、注意喚起のあるべき姿
4月下旬〜5月にかけて、複数の自治体で、河川監視などに利用している監視カメラが不正アクセスを受け、画面に「I'm Hacked. bye2」と表示される被害が相次ぎました。その原因は「パスワード」でした。(2018/5/21)

推論システムや防犯カメラに:
エッジAIで実現する未来、ソシオネクストが提案
ソシオネクストは、「第7回 IoT/M2M展【春】」で、エッジコンピューティングによるAI(人工知能)推論システムや監視カメラソリューションを紹介した。(2018/5/17)

映像だけで人の姿勢を検出できる AIで高精度を実現 モルフォ
映像だけで人や動物の姿勢を検出できる技術を、モルフォが開発した。監視カメラを使った異常検知などでの活用を見込む。(2018/5/10)

Amazon、スマート監視カメラのRing買収完了で製品大幅値下げ
Amazon.comが、ホームセキュリティ製品メーカーのRingの買収を完了し、スマートフォンアプリで操作できる監視カメラ「Video Doorbell」を180ドルから100ドルに値下げした。(2018/4/13)

「絶対尻尾を出すはずです」 石田ゆり子、“靴泥棒”の犯人捕獲のため監視カメラを設置する
ほほ笑ましすぎる。(2018/4/3)

人のふらつきや座り込みも検知:
自立走行型ロボットが鉄道の駅を警備――アースアイズが2018年秋に実証実験を開始
アースアイズは、2018年秋から西武鉄道の一部駅構内で警備・監視ロボットの実証実験を実施する。自律走行して駅に設置されている定点監視カメラの死角を補完し、不審者や不審物などを検知する。(2018/3/9)

PR:ペットを監視! NASで構築する格安“見守り”システム
ASUSTOR NASのネットワークカメラ管理機能と安価なIPカメラを組み合わせて、監視カメラシステムを手軽に構築してみよう。(2018/2/21)

データ暗号化やデジタル署名機能を搭載:
Keychainがブロックチェーンを活用したIoT向けセキュリティソフトを開発、8MBのメモリで稼働
Keychainは、ブロックチェーン技術を活用したIoT認証向けのセキュリティソフトウェアを開発した。コネクテッドカーや監視カメラ、POS端末、ATM、ロボット、ドローンなどでの利用を想定している。(2018/2/19)

不在時でも宅配受け取り スマートロック完備の“IoTマンション”登場
スマートロックを完備した“IoTマンション”が登場。スマホ連携する監視カメラも備え、自宅にいなくても安全に宅配物を受け取れるという。(2018/1/30)

“困っている人”をAIで自動検知――東京・新丸ビルで三菱地所、ALSOKなどが実証実験
三菱地所、綜合警備保障(ALSOK)は、PKSHA TechnologyのAIを活用し、監視カメラの映像をAIで解析して“困っている人”を自動検知する実証実験を行う。(2018/1/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国で話題の「鬼ごっこ」が、世界中に広まるかもしれない
中国の「鬼ごっこ」が話題になっている。とはいっても、子どもの遊びではない。現在、中国では監視カメラのシステムが広がっていて、犯罪者が大手を振って歩くことが難しくなりつつあるのだ。どういうことかというと……。(2017/12/21)

踏切の異常、AIが検知 運転士へ警告 東急世田谷線で実証実験
東急テクノシステムが、AI(人工知能)が監視カメラの映像から踏切の異常を検知し、付近を走行する電車の運転士などに警告する実証実験を始めた。(2017/11/21)

Alphabet傘下のNest、ホームセキュリティ製品「Nest Secure」を499ドルで発売へ
Googleが2014年に買収し、現在Alphabet傘下にあるNestが、ホームセキュリティ製品「Nest Secure」と屋外監視カメラ「Nest Cam IQ Outdoor」を11月に発売する。2018年にはカメラ付き呼び鈴「Nest Hello」も発売する。(2017/9/21)

ルネサス RAA462113FYL:
月明かりでもフルカラー撮影、4K対応の800万画素ハイエンドCOMS
ルネサスがネットワーク監視カメラ向け4K対応CMOSセンサー「RAA462113FYL」のサンプル出荷を開始した。800万画素を超えるハイエンド製品で、AFやHDRなどの機能を有したモジュールも後日提供する。(2017/9/12)

一般拡販をスタート:
ルネサス、監視カメラ向けイメージセンサー参入
ルネサス エレクトロニクスが、これまでは特定顧客向けに販売していたCMOSイメージセンサー製品の一般向け販売を開始する。一般販売を行うのは、既に量産中の212万画素CMOSイメージセンサーと、848万画素CMOSイメージセンサーである。(2017/8/31)

「アースアイズ for 寺社仏閣」:
AIでさい銭泥棒を察知 「寺社仏閣特化」の監視カメラ
さい銭泥棒や墓へのいたずらが増える夏に向け、アースアイズが寺社仏閣に特化した監視カメラを開発。犯行の動きを学習したAIが、不審人物の自動察知や検知を行う。(2017/7/31)

空中散歩する鳥さんを目撃 羽ばたかずに浮遊する姿が監視カメラで撮影される
スーーーッ。(2017/7/20)

ソシオネクスト M11S:
3DNRなど備えた低消費電力の監視カメラ向け画像処理プロセッサ
ソシオネクストがノイズ低減機能や広域なダイナミックレンジを持ち、監視カメラに最適にな画像処理プロセッサ「M11S」(SC2002)のサンプル出荷を開始した。(2017/6/8)

古田雄介のアキバPickUp!:
WD Red&Purpleの10TBモデルが5万円切りで店頭に並ぶ
NAS向けHDD「WD Red」の10TB HDDモデルが登場し、監視カメラ向けHDD「WD Purple」の同容量モデルも多数の店舗で取り扱いが始まった。いずれも税込み5万円切りで注目を集めている。(2017/6/5)

Alphabet傘下のNest、インテリジェント監視カメラ「Nest Cam IQ」を299ドルで発売
“iPodの父”が立ち上げ、Googleに買収されたスマートホーム企業Nestが久しぶりに新製品を発表した。「Nest Cam IQ」は顔認識や音声認識機能を搭載するインテリジェントな監視カメラだ。(2017/6/1)

人とくるまのテクノロジー展 2017:
次世代の前方監視用カメラは“三つ目”、異なるレンズで広い検知範囲
ゼット・エフ(ZF)は「人とくるまのテクノロジー展2017」において、次世代の前方監視用カメラ「TRI-CAMカメラ」と自動運転用コンピュータを出展した。(2017/5/29)

FM:
スマホからビルの異常をいつでも遠隔監視、月額2000円で始めるセキュリティ対策
三菱電機ビルテクノサービスは、中小規模ビル向けのセキュリティサービス「おてがるっく」の提供を2017年4月1日から開始した。監視カメラシステムと入退室管理システムを連携。これらの情報をクラウドにあげることで、スマートフォンやPCのWebブラウザから、いつでも監視カメラの映像や入退室情報を確認できるという。月額2000円(税別)から利用できるのが特長だ。(2017/5/25)

警戒されずにこっそり撮れるペットボトル型監視カメラ
アビカは、ペットボトル型デザイン筐体を採用した監視カメラ「ABC-500ML」の取り扱いを開始した。(2017/5/22)

世界の鉄道の安全性向上に向けて第一歩:
PR:東急世田谷線で2017年6月から始まるカメラ×AIクラウド実証実験が見据える未来
踏切の監視カメラ映像を解析して異常を検知し、踏切事故を防ぎたい――。踏切事故防止を目指した実証実験が東急電鉄世田谷線で2017年6月からスタートする。踏切監視カメラの映像を低遅延かつ安定的に伝送するシステムの構築は困難を極めたが、LTE、AI(人工知能)クラウドを活用することで実用化のメドが立ちつつあるという。「このシステムが実現できれば、踏切事故だけでなく、世界中の鉄道の安全性向上に貢献できる」(東急テクノシステム)と期待を寄せるAIクラウドを活用した画像伝送システムに迫る。(2017/5/15)

Amazon、7インチタッチスクリーン付き「Echo Show」を230ドルで発売へ
AmazonがAlexa搭載Echoシリーズ初のディスプレイ付きスピーカー「Echo Show」を6月に発売する。ビデオ通話や監視カメラのモニタリングにも使える。(2017/5/9)

気づかれずこっそり監視できる超小型カメラ――上海問屋
ドスパラは、超小型設計のバッテリー内蔵型監視カメラ「DN-914839」の取り扱いを開始した。(2017/5/9)

はじめてのAI:
人工知能を使ってどんなことができるの? 「東京サマーランド」も導入した監視カメラ画像解析サービスを見てきた
これまでに勉強した「顔認識API」と「感情認識API」を使って実際にサービスを提供している企業におじゃましてきました。(2017/4/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。