ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Symbian^3」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Symbian^3」に関する情報が集まったページです。

マカフィー、各種モバイル端末向けのセキュリティスイート「McAfee Mobile Security」
マカフィーは、モバイル端末向けセキュリティスイート「McAfee Mobile Security」の提供を開始する。(2011/7/4)

Nokia、Microsoftと提携 Windows Phoneをスマートフォンに採用
NokiaはMicrosoftのWindows Phoneを主要なスマートフォンプラットフォームとして採用し、Bing検索エンジンを自社製品に搭載する。(2011/2/11)

Nokia、7〜9月期は黒字に 最大1800人の人員削減も発表
NokiaはSymbianスマートフォン事業とOviサービス事業の合理化に取り組むとしている。(2010/10/25)

Samsung、Symbianサポートを打ち切り
Sony Ericsson幹部の「Symbian新端末の計画はない」発言に続き、SamsungがSymbianのサポート終了を明らかにした。(2010/10/4)

Nokia、初のSymbian^3スマートフォン「N8」発売
Nokia N8はSymbian^3搭載端末の第一弾で、3.5インチのマルチタッチスクリーンと1200万画素カメラを備える。(2010/10/1)

Nokiaのエロップ新CEO、Nokia Worldに飛び入り登場――開発者にラブコール
Microsoft幹部からNokiaのCEOに転身するエロップ氏がNokiaの年次カンファレンスに飛び入りで登場し、開発者にエールを送った。(2010/9/16)

Nokia、「Nokiaのスマートフォンは1日当たり26万台売れている」とAppleに反撃
Nokiaは14日に開催の「Nokia World 2010」でSymbian^3搭載の新スマートフォン3機種を発表し、「Nokia is Back」とスマートフォン市場でのシェア拡大への意気込みを示した。(2010/9/15)

Nokia、Symbian^3スマートフォン発表 巻き返し狙う
NokiaがSymbian^3を搭載した新型スマートフォン3機種を発表。リーダーシップ奪還を目指す。(2010/9/15)

Android、2010年中に世界携帯OS市場で2位に――Gartner予測
Gartnerは、GoogleのAndroidが携帯向けOS市場で2010年中にBlackBerryを抜いて2位になると予測している。(2010/9/13)

Nokia、四半期利益が減少 スマートフォンでの反撃に意欲
Nokiaは端末価格や粗利率の下落に見舞われたが、Symbian^3搭載機による「ハイエンドスマートフォン市場での反撃」に自信を見せている。(2010/7/26)

Nokia、Android携帯のうわさ否定 SymbianとMeeGoを柱に
Nokia幹部は同社がAndroid携帯をリリースするといううわさを否定。Nokiaが挑戦者の立場になったことを認め、「ハイエンド端末ナンバーワンの座」奪還を目指す。(2010/7/6)

Nokia、Symbian^3搭載の“iPhoneキラー”「N8」を発表
「Nokia N8」は3.5インチのマルチタッチスクリーンと1200万画素のデジタルカメラを搭載し、7〜9月に370ユーロで発売の予定だ。(2010/4/28)

Nokia、スマートフォン販売が大幅増 Symbian^3搭載機は第2四半期に
Nokiaは第1四半期にスマートフォン出荷台数を57%伸ばした。今四半期中にはSymbian^3搭載のスマートフォンを立ち上げる計画だ。(2010/4/23)

Mobile World Congress 2010:
真の中立性を保っている点が強み――「Android」「MeeGo」との競争に自信を見せるLiMo
NokiaとIntelのMeeGo、Samsungのbadaなど新たなモバイルプラットフォームが登場し、覇権争いが激しさを増しているモバイル市場。Linuxベースのプラットフォームを展開するLiMoは、どこに優位性があり、どのような戦略でシェア拡大を目指すのか。(2010/2/24)

2009年の世界スマートフォン販売、iPhoneがWindows Mobileを抜いて3位に――Gartner調査
2009年に世界で販売された携帯電話は前年比0.9%減の12億1100万台、スマートフォンは前年比23.8%増の1億7240万台だった。(2010/2/24)

Mobile World Congress 2010:
シェア低下はiPhoneの影響、2010年は前進の年に――Symbianのフォーサイス氏
モバイルプラットフォーム間の競争が激化する中、シェアを落としたSymbian。Symbian Foundationのフォーサイス氏はその要因として、iPhoneの躍進を挙げる。Symbian Foundationは2月のソースコード公開を機に攻勢に出る構えで、2010年の後半には「Symbian^3」、2011年にはUIを強化したSymbian^4をリリースする予定だ。(2010/2/23)

Symbian^3発表 HDMIサポートなど追加
Symbian^3ではHDMIサポート、マルチタッチジェスチャーサポートなどが盛り込まれている。(2010/2/15)

Symbian Foundation、Symbian^3の全コードをオープンソース化
Symbian Foundationは予定より4カ月早くSymbian OSのソースコードをオープンソースとして公開した。(2010/2/5)

Symbian Exchange&Exposition 2009:
最優先課題は、開発者の確保とユーザビリティ強化――Symbian Foundationのウィリアムズ氏
iPhoneの躍進、Android端末のラインアップ拡充、Windows Mobileの新バージョン登場など、シェア争いの激化が予想されるトピックがめじろ押しのスマートフォン市場。こうした中、Symbianはシェアトップの座を維持するために、どんな戦略で臨もうとしているのか。日本での戦略も合わせてSymbian Foundationのリー・ウィリアムズ氏に聞いた。(2009/11/2)

Symbian Foundation、プラットフォーム開発計画を明らかに
「Symbian^2」プラットフォームは年内に完成の見通しで、Symbian^2搭載デバイスは年末ごろに登場する可能性がある。(2009/3/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。