ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「テストツール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「テストツール」に関する情報が集まったページです。

負荷テストの重要性と準備方法:
Pythonベースの負荷テストについて知っておくべきこと
アプリケーションに多くのユーザーが同時にアクセスすることで、障害が発生する危険性がある。そうした需要に対応する準備が整っていることを確認することは重要だ。本稿では、負荷テストのベストプラクティスにPythonを利用できる箇所と、アプリケーションを適切に準備する方法を解説する。(2024/2/16)

必要なのは「戦略」:
単体テストで終わってない? 重要度が高まるAPIテスト、その始め方について解説
TechTargetは、「APIの機能テスト」に関する記事を公開した。APIの信頼性をテストすることは、全てのチームにとって重要なタスクだ。(2024/2/15)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーション」&「A/Bテスト」ツール売れ筋TOP5(2024年1月)
今週は、パーソナライゼーション製品と「A/Bテスト」ツールの国内売れ筋各TOP5を紹介します。(2024/1/16)

サイジング、パフォーマンスベンチマーク、負荷テストを支援:
Google Cloud、パフォーマンスとリソースの最適化に役立つ3つのOSSツールを公開
Google Cloudは、Google Cloud上のKubernetesクラスタの最適化に役立つ、サイジング、パフォーマンスベンチマーク、負荷テストといったタスクを支援するオープンソースツールを公開した。(2023/12/20)

PR:ThinkPadには開発者の“魂”が注入されている! レノボの濃すぎるユーザーイベント「大和魂の会 2023」潜入レポート
レノボ・ジャパンのノートPC「ThinkPad(シンクパッド)」は、日本で生まれ育ったグローバルモデルだ。ThinkPadの企画/研究/開発に携わるスタッフが日本のユーザーに直接語りかけるイベント「大和魂の会 2023」に潜入してきたので、その模様をお伝えしたい。(提供:レノボ・ジャパン合同会社)(2023/12/15)

サイバー攻撃の増加に備える:
IoT機器の脆弱性を3ステップで可視化、キーサイトの検査ツール
キーサイト・テクノロジーは「EdgeTech+ 2023」で、IoT(モノのインターネット)機器におけるセキュリティの脆弱性を容易に可視化できるテストツール「IoT Security Assessment」を展示した。既知と未知、両方の脆弱性を確認できるという。(2023/12/13)

組み込み開発ニュース:
マスワークスがテスト/解析機能を拡充、故障注入の前倒しと動的テストが可能に
マスワークスのモデルベース開発環境「MATLAB/Simulink」は半年に1回のアップデートを行うことで知られている。2023年9月発表の「R2023b」ではテスト/解析関連の機能を大幅に拡充した。(2023/12/12)

Social Media Today:
ARで小売業との連携を強化、ショッピングにより強いSNSに――2024年のSNS大予測(Pinterest編)
2024年のPinterestのテーマはIRL(In Real Life:現実世界)との接続となるだろう。(2023/12/2)

システムテストや統合テストとどう違うのか:
DevOpsチームとQAチームが注目 CIとCDの間にある「CT」とは
CI/CDはアプリケーションの開発とリリース、改善のサイクルを高速化する。この「開発すること」と「リリースすること」の間には「品質を保つこと」という重要な要素が隠れている。本稿は、品質を高く保つために有効な「継続的テスト」(CT)について解説する。(2023/11/20)

たくさんのサーバを一気に構築できる“自律構築の仕組み”とは:
「ダブルチェックを頑張る」でごまかさない、スクウェア・エニックスのサーバ設定漏れ防止策
スクウェア・エニックスは膨大な数のゲームを提供している。当然、それらを支えるインフラも大量で、運用管理にかかる手間も大きい。「Cloud Operator Days Tokyo 2023」のセミナーを基に、大量サーバの最適な管理法を紹介する。(2023/11/9)

開発から公開までに3年、何に取り組んでいたのか:
GitHubが「GitHub Copilot」開発で得た教訓、LLMアプリケーション開発のベストプラクティスとは
GitHubは、「GitHub Copilot」の開発から公開における同社の経験を振り返り、個人と企業の両方に大きな価値を提供するLLM(大規模言語モデル)アプリケーションの開発に役立つ教訓として紹介した。(2023/9/12)

セキュアコーディングの極意【第6回】
セキュアなアプリケーション開発に求められる「4つの指標」とは?
セキュリティを意識したアプリケーション開発プロジェクトを進めるには、何を重視すればよいのか。プロジェクトを評価するための4つの指標と、リスク要因として懸念すべき事項を紹介する。(2023/8/24)

セキュアコーディングの極意【第2回】
AIは「開発のテスト」をどう変える? “単純作業の終わり”は基本の「き」
サイバー攻撃者は、AI技術を駆使して攻撃を拡大させている。その動きに対抗するには、AI技術を取り入れたツールの活用が不可欠だ。セキュリティテストにAI技術を用いる「AIテストツール」のメリットとは。(2023/7/27)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2023年7月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2023/7/25)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2023年6月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2023/6/27)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2023年5月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2023/5/30)

創造的なプロセスをサポートするためのツールとして活用:
今度は「プロンプトから音楽を作るAI」が登場 Googleが「MusicLM」を提供開始
Googleは、テキストを音楽に変換できるAI(人工知能)ツール「MusicLM」の提供を開始した。楽曲生成支援を目的に開発したという。(2023/5/27)

セキュリティ機能を強化、「V8」エンジンの更新に対応:
Node.jsの最新版「Node.js 20」が公開
Googleの「V8」JavaScriptエンジンで動作するサーバサイドJavaScript環境の最新版「Node.js 20」が公開された。(2023/5/9)

データ活用のための思考術:
「因果関係があるように見える」のと「因果関係がある」のは、大違い
中だるみを感じる水曜日を乗り越えようとしている皆さまに向けて、今週もデータ活用のための思考術をお届けします。「データを活用しよう」という掛け声に乗ってデータをそろえたものの、そこで足踏みしていませんか。実際の仕事に使うためには、データから何をどのように読み取るべきでしょうか。(2023/4/26)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2023年4月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2023/4/25)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2023年3月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2023/3/28)

組み込み開発ニュース:
C/C++言語の新たなコーディング規約に完全対応したテストツールを販売開始
テクマトリックスは、C言語/C++言語のコーディング標準に対応したテストツール「C++test 2022.2」の販売を開始した。(2023/3/24)

レガシーシステムからクラウド基盤への刷新で企業が知っておくべきこと
レガシーシステムをクラウド基盤へ刷新するのは難しい。明確な答えも持たないで推進すれば後になって痛手を負うかもしれない。本稿はそのような状況を避けるために、企業が知るべきことを解説する。(2023/3/9)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2023年2月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2023/2/28)

A/Bテストツールをどうするか:
Googleオプティマイズ終了後のサードパーティーツールに「ABTasty」「Optimizely」「VWO」を公式選定
ギャプライズはA/Bテストツール「ABTasty」「Optimizely」「VWO」を取り扱っている。(2023/2/14)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2023年1月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2023/1/31)

IaC、シフトレフト、コンウェイの法則をキーワードに:
DevOpsにおける3つのアンチパターンと対処法とは
GitHubは公式ブログで、DevOpsのよくあるアンチパターンとして「活動を広く展開できないチーム体制」「不十分なシフトレフト」「ツールの進化に組織が追い付いていない」の3つを取り上げ、どうそれらを克服すればよいのかを解説した。(2023/1/24)

State of JavaScript 2022:
JavaScript大調査「人気機能」「人気ライブラリ」「ランタイム」「情報源」などが明らかに
JavaScriptの利用動向に関する年次調査「State of JavaScript 2022」の結果が発表された。各種ライブラリ、機能、ツール、リソース、意見といったカテゴリー別に報告されている。(2023/1/16)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2022年12月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/12/27)

コーディングスキルがいらないIT職8選【第2回】
コーディング不要のIT職「プロジェクトマネジャー」「ソフトウェアテスト担当者」が担う役割とは
コーディングスキルがいらないIT職であるプロジェクトマネジャー」「ソフトウェアテスト担当者」とは何か。それぞれの具体的な業務や必須スキルを解説しよう。(2022/11/30)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2022年11月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/11/22)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2022年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/10/25)

山浦恒央の“くみこみ”な話(158):
業務効率化の道具箱(5)Google Testを使ってみよう【その1】
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第5回は、単体テストで役立つフリーのツールである「Google Test」と「gcov/lcov」を紹介する。(2022/10/20)

認証プログラムも開始:
スマートホーム規格「Matter」が始動、バージョン1.0が登場
標準化団体「CSA(Connectivity Standards Alliance、旧ZigBee Alliance)」が2022年10月4日(米国時間)、「Matter 1.0」規格をリリースし、Matter認証プログラムが始動した。CSAはこれにより、主にスマートホームにおけるIoT(モノのインターネット)コネクテッドデバイス間の相互運用性向上を目指していく。(2022/10/19)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2022年9月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/9/27)

ポストコロナの企業を救う「マーケティングDX人材」の育て方:
マーケターもエンジニアもデザイナーもアナリストも現状の役割を超えて「マーケティングDX人材」に脱皮しよう
マーケティングDX人材育成が企業全体にどのような効果をもたらすのか、ある求人情報サービスの運営企業の事例を基に紹介します。(2022/9/22)

Javaプログラム用単体テストツール:
Google社内ではどのようなテストツールを使っているのか
GoogleはJavaプログラム用単体テストツール「JUnit」を利用する際、自社開発のテストフレームワークを利用している。社内では「JUnit 4」とこのテストフレームワークを組み合わせて利用している。2021年3月にテストフレームワークをオープンソース化しており、2022年9月には他社の開発者向けに「JUnit 5」をサポートした。(2022/9/12)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2022年8月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/8/23)

組み込み開発ニュース:
アーキテクチャ分析ツールの最新日本語版を販売開始
テクマトリックスは、アーキテクチャ分析ツール「Lattix」の最新日本語版「Lattix 2022.1.1」の販売を開始した。ヒートマップ表示機能を追加した他、「Parasoft C++test」と連携している。(2022/8/12)

MITRE ATT&CKで始める脅威ベースのセキュリティ対策入門(3):
「脅威ベースアプローチ」のリスク評価とは何か――MITRE ATT&CKとNavigatorで攻撃グループと対策を特定してみた
ここ数年一気に注目度が高まり進化した「脅威ベースのセキュリティ対策」。その実現を支援する「MITRE ATT&CK」(マイターアタック)について解説する連載。今回は、リスク評価における「脅威ベースアプローチ」と「ベースラインアプローチ」の違い、攻撃グループと対策を特定するプロセスを例にATT&CKとNavigatorの実践的な使い方を紹介する。(2022/8/8)

独Technica Engineering:
車載イーサネットテストの先駆的企業が日本展開を強化
クルマの自動化/電動化が加速する中、既存技術に比べて高速大容量な通信が可能となる車載イーサネットの採用が進んでいる。この技術の黎明期からテスト/検証製品の開発やコンサルティングサービスなどを手掛けてきたのが、ドイツのTechnica Engineeringだ。今回、同社の事業開発部長、Erick Parra氏に事業内容や強み、新製品の概要などを聞いた。(2022/7/28)

開発サイクルの高速化を支援:
ローカルマシンで主要なAWSサービスやLambdaを基本無料で実行できる「LocalStack」公開
LocalStackチームはAWS向けのクラウドアプリケーションをローカルで、迅速かつ便利に開発、テストできるオープンソースプラットフォームの正式版「LocalStack 1.0」の一般提供を開始した。(2022/7/27)

テストの結果得られた4つの教訓とは:
「AWS」「GCP」「Azure」のストレージを比較テスト、その性能はコストに見合うのか
Cockroach Labsはクラウドサービスの性能を評価した「2022 Cloud Report」から、「AWS」「GCP」「Azure」について、OLTPアプリケーションの性能テスト結果を評価した。4つの教訓が得られたという。(2022/7/26)

MITRE ATT&CKで始める脅威ベースのセキュリティ対策入門(1):
MITRE ATT&CK(マイターアタック)とは? 「今のサイバー攻撃って何してくるの?」が分かる6つの利用方法
ここ数年一気に注目度が高まり進化した「脅威ベースのセキュリティ対策」。その実現を支援する「MITRE ATT&CK」(マイターアタック)について解説する連載。初回は、概要や6つ使用方法について、具体例を挙げて解説する。(2022/7/21)

Javaのよくあるランタイムエラーの5大原因【第2回】
Javaエンジニアがうんざりする「リソース不足」問題と対処法
「Java」アプリケーションで発生するランタイムエラーが発生する原因は、開発者のミスだけではない。主な原因のうち「リソース不足」を取り上げ、その対策を紹介する。(2022/6/21)

結果は自明
DockerコンテナがロシアへのDDoS攻撃に利用されるリスクに注意
ロシアやベラルーシのWebサイトにDDoS攻撃を仕掛けるDockerコンテナが、APIを介して広がっている。このコンテナに侵害されるとDDoS攻撃に加担させられる。その結果、何が起こるのか。(2022/6/21)

Innovative Tech:
道路脇にごみ箱があると自動運転車が間違って止まる? 米国の研究者らが検証
米カリフォルニア大学アーバイン校と米カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究チームは、自動運転車において、道路脇に置かれた物に反応し停止してしまうかを検証した論文を発表した。(2022/6/9)

IT運用担当者が着目すべき「トイル」というキーワード:
PR:IT運用管理をめぐる状況は激変、これをチャンスとするには
DXの波により、IT運用管理をめぐる状況は激変している。既存システムの運用はますます効率化が求められ、新たなシステムでは短いリリースサイクルに運用も追随していかなければならない。これらにどう対処するか。「アシスト運用フォーラム」では具体的な解決策が提示された。(2022/6/9)

これで分かる「DevSecOps」の課題と解決【第2回】
脆弱性検出ツール「IAST」が「DevSecOps」に欠かせないのはなぜか?
アプリケーション開発時のセキュリティツールとして、脆弱性を検出する「IAST」がある。セキュリティを取り入れたアプリケーション開発手法「DevSecOps」の具現化に役立つという、IASTの特徴とは。(2023/1/18)

「可観測性」を成功させる4つのポイント【前編】
「システムが急に止まった」の阻止には“4つのゴールデンシグナル”を見るべし
分散化によってシステムが複雑になれば、システムの「中」を見える化する透明性が重要になる。そのための有効な方法が、「可観測性」の追求だ。具体的に何をすればいいのか。(2022/5/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。