ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「THE YELLOW MONKEY」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「THE YELLOW MONKEY」に関する情報が集まったページです。

「第61回輝く!日本レコード大賞」候補に欅坂46、乃木坂46、日向坂46、DA PUMPら 各賞の受賞者が発表に
坂道グループからは3組が選出……!(2019/11/16)

Amazon Musicが「Alexa」対応 話し掛けるだけで音楽再生可能に
アマゾンジャパンは3月30日、「Amazon Music」アプリ(iOS/Android)で音声アシスタント「Alexa」が利用可能になったと発表した。スマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズと同じように、音声操作で音楽の検索や再生が行えるという。(2018/3/30)

斉藤和義、トータス松本らが全力の「シェー」 アニメ「おそ松さん」EDのMVがフェスを開けるレベルの豪華さ
こんなすごいメンバーにED歌ってもらえるとかやっぱり世界一幸せな6つ子。(2017/11/17)

4000万曲聴き放題「Music Unlimited」開始 「Amazon Echo」と連携
定額制音楽聴き放題サービス「Music Unlimited」の提供が日本国内でスタート。間もなく日本上陸の「Amazon Echo」にも対応する。(2017/11/8)

門前にデーモン閣下のお言葉を掲げるお寺が話題に → お寺が悪魔の言葉を掲示してもいいのか聞いてみた
人間をろう人形にしても極楽浄土に行けるかも聞いています。(2017/5/21)

DAIGO、39歳の誕生日で吉井和哉、倉木麻衣らと記念うぃっしゅ! 「サンキューイヤーにします!」
X JAPANのYoshiki、GLAYのTERUからもお祝い。(2017/4/9)

「今夜、一緒に歌ってください」 THE YELLOW MONKEYが朝日新聞朝刊に名曲「JAM」の歌詞一面広告
なんて粋なの……(号泣)。(2016/12/31)

関ジャニ∞で始まり嵐で〆る! 紅白歌合戦の曲順発表 「君の名は。」のスペシャル映像も
郷ひろみ&土屋太鳳、松田聖子&YOSHIKIのコラボにも注目!(2016/12/25)

2016年紅白の曲目発表! 星野源は “逃げ恥”の「恋」、RADWIMPSは「前前前世」に
大みそかはやっぱり紅白かな。(2016/12/19)

2016年紅白出場歌手発表! RADWIMPSや宇多田、RADIOFISHなど初10組 SMAP、和田アキ子は不出場
「君の名は。」が大人気のRADWIMP……何を演奏するか気になるところ。(2016/11/24)

イエモン、15年9カ月ぶりのニューシングル発売決定! 10月開始のTBSドラマ「砂の塔〜知りすぎた隣人」主題歌
いち早く試聴もできるWebキャンペーンも!(2016/9/10)

バンド「THE YELLOW MONKEY」が再始動決定! メンバー再集結で全国10カ所をめぐるツアー開催へ
例のカウントダウンサイトはやはり「イエモン復活」でした。(2016/1/8)

THE YELLOW MONKEY復活か? 謎のカウントダウンサイトに意味深な文字列
解読を試みる音楽ファンも。(2016/1/6)

眞鍋かをりが元イエモンの吉井和哉と結婚&妊娠をブログで発表
おめでとうございます。(2015/6/26)

レコチョク、103組のアーティストが参加するバーチャルフェス「dHits Fes」開催
レコチョクは、ドコモのスマホ向け定額制音楽配信サービス「dヒッツ」会員を対象にバーチャルフェス「dHits Fes」を開催する。103組のアーティストが参加する。(2014/3/11)

年末年始はネットで楽しもう アニメ・ライブ配信まとめ
年末年始に家でゆっくりしたいというあなた、ネットでアニメや映画、ライブを見るのはどうですか?(2012/12/26)

MONGOL800など沖縄アーティストからAKB48まで――「モバイルうた!フル」開始
(2008/11/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。