ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「トム・クルーズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「トム・クルーズ」に関する情報が集まったページです。

「予告だけで鳥肌」 トム・クルーズ主演「トップガン」続編の予告が公開、前作を上回る迫力にファン大興奮
「トップガン」を映画館で見られる日が来るとは。(2019/7/19)

正答率66%→81%に:
認知されにくい読み書き障害 UDフォントを使うと 
「ディスレクシア」という言葉をご存じだろうか。文字の読み書きに困難を伴う学習障害の一種で、米映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏も自身がディスレクシアであると公表している。(2019/5/9)

福山雅治の顔芸&アクション炸裂「集団左遷!!」 トム・クルーズばりの熱血コミカル第1回を徹底検証
「平成最後の下剋上」ドラマ、28日今夜が平成最後の75分スペシャル。(2019/4/28)

2019年春ドラマ注目作レビュー【随時更新】
ドラマ注目作をレビュー!(5月6日更新)(2019/4/16)

架空世界で「認証」を知る:
映画「ミッション:インポッシブル」5作品の“セキュリティ突破方法”を考察してみた
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第6回のテーマは映画「ミッション:インポッシブル」に登場する認証技術。(2019/1/7)

「ミッション:インポッシブル」の愛されキャラ、ベンジー役のサイモン・ペッグが語る作品愛 トム・クルーズへの気持ちも吐露
かわいいポーズをおねだりしたらノリノリでしてくれたよ!(2018/7/27)

ねとらぼおでかけ部(番外編):
渋谷の街を“スパイ”になって爆弾解除 1日限りのスパイゲーム「渋谷フォールアウト」を体験してきた
スパイって大変なお仕事なんだなあ……。(2018/7/13)

「最高にダンディ」 山田孝之、グラサン&ヒゲで熟れたハリウッド風プロデューサーに変身する
間違いなくプロデューサーだ。(2018/3/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
なぜ伝説のプロデューサーは天才たちをディスりまくったのか
最近、米国で著名人たちのインタビューが物議を醸している。インタビューの中で最も強烈な発言をしたのは、伝説的な米音楽プロデューサーのクインシー・ジョーンズだ。とんでも主張の数々に、後に本人がことの重大さに気付いて謝罪するという事態になっている。(2018/3/1)

「TOHOシネマズ日比谷」誕生に合わせ:
日比谷を“日本のブロードウェイ”に 「シャンテ」に芸術特化の書店など誕生
東宝が、「日比谷シャンテ」にエンターテインメント施設やレストランなどを新設する。日々谷を「“日本のブロードウェイ”に進化させる」という。映画スターの手形は地下通路に移設する。(2018/1/24)

アップルPickUp!:
今秋登場するiOS 11のiPad Proはどうやって使う? ビデオで新機能をチェック
プレビュー動画で新機能をチェック(2017/8/24)

トム・クルーズ、トップガン続編は「本当だよ」 アイスマンも「準備OK」で2018年撮影スタート
UAV操るオペレーターとかだったらあたしゃ嫌だよ。(2017/5/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
渡辺謙の不倫スキャンダルが、世界で報じられない事情
最近、俳優・渡辺謙のスキャンダルが話題になった。『週刊文春』が彼の不倫疑惑をスクープしたわけだが、いまのところ海外メディアはこの問題を報じていない。ハリウッド映画の「アクター」であるにもかかわらず、なぜ海外メディアはこの疑惑を取り上げないのか。(2017/4/4)

声優・森川智之がTwitterはじめる プロフィール「日本中の女子をお世話してます(笑)」
帝王降臨。(2017/1/13)

世界最小のスティック型Android TV端末「Air Stick」――e☆イヤホンで先行販売開始
(2016/12/19)

映画「胸騒ぎのシチリア」、青い海に超ハイテンションなヴォルデモートがいた 
音楽はザ・ローリング・ストーンズ、衣装はディーオールという豪華さ。(2016/9/30)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
インポッシブルな“かつての未来”を実現する技術
たんたたんたんたんっ!(あのテーマソング)(2015/11/19)

バイク乗り驚喜 「RIDERS CLUB」500号記念で全号デジタル化して公開
バイクへの熱い思いに再び火が入る人も少なくないはず!(2015/10/27)

実写版「進撃の巨人」大特集の『Cinema☆Cinema』、6月30日発売
エレン役・三浦春馬さんや、監督・樋口真嗣さんらへのインタビューのほか、未公開のビジュアルショットなどを掲載する。(2015/6/22)

実写映画「テラフォーマーズ」、主演の小町小吉役に伊藤英明さん決定!
日本原産オオスズメバチが伊藤さんか……(強そう)。(2015/5/1)

FA メルマガ 編集後記:
スマートファクトリーの先に待つのは“無人化”か
“機械VS人間”の関係が生まれるのか。(2014/12/19)

2014年最も読まれた漫画とは、電子と紙の年間ランキングをチェック
BookLive!、Amazon、日販の年間ランキングを漫画に注目してまとめてみた。(2014/12/2)

今どきの人工知能:
人工知能の怖さは予測精度にある
人工知能は、“人間らしく”する必要はありません。ただ単純に、予測精度が高ければいい。鉄腕アトムのような形でもなく、また、人間のようなふるまいもしないのです。(2014/11/5)

【連載】インサイトをめぐる冒険:
第5回 コンテンツマーケティングの未来予想図――潜在興味を追求する冒険は続く
広告会社が生き残るにはどうすればよいのでしょうか。広告会社本来の機能を見つめ直し、テクノロジーに対して適切な対応をしたうえで、アナログ的なスキルを磨くことが必要です。その時に最も重要な鍵となるのがデータなのです。(2014/10/2)

「やらせ」疑われた“ASKAファン”秋本志保さんを直撃 ネットでの話題に「びっくりしています」
街頭インタビューに頻繁に登場し、「テレビ局によるやらせでは」とネットで騒がれている女性がいる。以前から「最強追っかけ女」として彼女を取材していたライターが再び、彼女に話を聞いた。(2014/8/4)

まさかの公式企画ですよ 「トム・クルーズだけど何か質問ある?」緊急開催
来日中のトムさんがあなたの質問に答えてくれるかも。(2014/6/26)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
最強プレーヤーを進化させた脳科学的なアプローチ――OPPO「BDP-105DJP」
2014年2月現在、世界最強のユニバーサルプレーヤーだと筆者が信じるOPPOの「BDP-105JP」に新製品が加わった。新しい「DARBEE VISUAL PRESENCE」の効果を合わせ、じっくり検証してみた。(2014/2/20)

潮晴男の「旬感オーディオ」:
アキュフェーズの40年を詰め込んだ純A級アンプ「E-600」
「E-600」は、アキュフェーズが創立40周年を記念して、昨年11月に送り出したプリメインアンプの最上位モデルである。設立時の理念を頑なに守り続けている同社だが、このモデルは若い世代のオーディオ・ファンにも手を差し伸べる。(2014/2/14)

新連載・人に話したくなるコラム:
本田圭祐のサングラスはどこのモノ? 知られざるアイウエア界の王
本田圭祐が所属する「ACミラン」の本拠地に、世界最大のアイウエア企業があることをご存じだろうか。その企業は、ルックスオティカ社。聞き慣れない名前だが、実は世界シェアを8割も占めているのだ。(2014/2/14)

過去30年で最もレンタルされたSF映画は? TSUTAYAが歴代ランキング発表
あなたが借りたSF映画はありますか?(2013/12/27)

原作は日本のラノベ! トム・クルーズ主演のSF大作「Edge of Tomorrow」の予告編解禁
原作は桜坂洋さんのライトノベル「All You Need Is Kill」。バトルの迫力がすごいぜ……!(2013/12/12)

ミッション・インポッシブル!?:
「Visaカード」のデータが集まる極秘の場所に日本メディアで初めて潜入した
米東海岸のとある場所。5階建てのビルの裏側に隠されるように作られた地下3階の施設がVisaの電子決済ネットワークをつかさどる現代の難攻不落の城なのです。(2013/10/25)

BMW 開発部門担当取締役 Herbert Diess氏 インタビュー:
BMWのハイブリッドにはスポーティさが必要、「プリウス」とは思想が異なる
2013年1月、燃料電池車やスポーツカー、車体の軽量化技術の共同開発で合意したトヨタ自動車とBMW。国内では「トヨタ」を主語とした報道は多いものの、BMW側の狙いはあまり伝わっていない。そこで、BMWの取締役会メンバーで開発部門を率いるHerbert Diess氏に、トヨタとの提携の狙いについて聞いた。(2013/3/19)

eBookJapan、集英社の文芸書/一般書籍を配信――初回は浅田次郎、北方謙三など349冊
「eBookJapan」は、浅田次郎や北方謙三、田中慎弥の『共喰い』など集英社の文芸書/一般書籍349冊を配信開始。また、トム・クルーズ主演で映画化が決定した『All You Need Is Kill』など382冊のライトノベルもリリースする。(2013/3/18)

世界一高い建物「ブルジュ・ハリファ」からの眺めを体験できる
高所恐怖症の方、注意。(2013/1/30)

トム・クルーズさんに単独インタビュー 映画「アウトロー」ジャパンプレミア生中継
2月1日公開の映画「アウトロー」のジャパンプレミアイベントをニコニコニュースがライブ配信する。主演のトム・クルーズさんとクリストファー・マッカリー監督が来日。クルーズさんの単独インタビューなどレッドカーペットの模様を届ける。配信は1月9日16時50分〜。(2013/1/7)

米国の政治家はどのようにイメージ作りしているのか――『完璧なイメージ』著者に聞く
衆議院総選挙の投票日まであと少しとなったが、多くの人の支持を集めなければならない政治家にとって重要なのがイメージ戦略。映像先進国である米国の政治家はどのようなことを行っているのだろうか。『完璧なイメージ: 映像メディアはいかに社会を変えるか』の著者であるキク・アダット氏に尋ねた。(2012/12/11)

TSUTAYA、2012年度DVDレンタルランキングを発表――1位は「M:I/ゴースト・プロトコル」
カルチュア・コンビニエンス・クラブは、2012年のDVD・BDレンタルの年間ランキングを発表した。総合1位は「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」で、邦画1位は「テルマエ・ロマエ」。(2012/12/10)

きっかけは「攻殻機動隊」 “透明プリウス”の稲見教授が語るアニメと科学の関係
藤子・F・不二夫先生の「21エモン」などは科学者を目指す人にぜひ読んでほしい――マンガ「攻殻機動隊」をきっかけに「光学迷彩」を開発した慶応義塾大学の稲見教授が、マンガやアニメが研究者にもたらす影響について語った。(2012/11/2)

桜坂洋原作のライトノベル「All You Need Is Kill」がハリウッド映画に
日本のラノベがハリウッドへ。トム・クルーズ主演。(2012/10/3)

海外モバイルニュースピックアップ:
Windows Phone型ケーキコンテスト、スタート
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、Windows Phone型ケーキコンテスト、SiriとiPhone 4Sの新コマーシャル、スマホがドアのカギに、iPadのオモシロアクセサリーなど。(2012/5/25)

ナニコレ:
「ジョブズ氏がいたから、私はこうして絵を描いている」――iPhoneで描く3次元の肖像画
iPhoneで描かれた若かりし日のスティーブ・ジョブズ氏の肖像画が、次第に年を取っていく。2次元に時間軸が加わったことにより、3次元の絵が誕生した。(2012/1/31)

あの映画ざっくりレビュー:
This is 最高にトム・クルーズな『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』
12月16日公開の『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』。全編こってりとインポッシブルすぎて、「不可能」の意味が変わりそう!(2012/1/7)

トム・クルーズさんが「史上最大」のファンミーティング 布袋寅泰さんも登場だ!
映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のPRで来日したトム・クルーズさんが、都内で「史上最大」のファンミーテングを開催。その模様をライブ配信する。同作に出演する俳優のポーラ・パットンさんと、ブラッド・バード監督、メインテーマ曲のアレンジを手がけた歌手の布袋寅泰さんも登場。アイドルグループ「SUPER☆GIRLS」が現場レポートや単独インタビューを実施する。配信は12月1日17時20分〜。(2011/12/1)

トム・クルーズさんの来日記者会見をライブ配信
映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のPRで来日した、俳優のトム・クルーズさんが記者会見。その模様をライブ配信する。同作に出演する俳優のポーラ・パットンさんと、ブラッド・バード監督も出演する。配信は1月1日11時30分〜。(2011/11/30)

トム・クルーズさん来日の模様をニコ生で
俳優のトム・クルーズさんが来日する模様を、ニコニコ生放送がライブ配信する。「空港にいるエージェント(ニコニコ記者)と一緒に、来日するその瞬間を待とう!」。配信は11月30日20時0分〜。(2011/11/30)

識字障害の子供をiPadで支援、目指すは大学進学――DO-IT Japanの挑戦
高い能力を持ちながら、読み書きが苦手なために大学進学が困難――。そんな識字障害を持つ子供の学びを支援しようというプロジェクトが発足した。5人の小学生が、iPad 2を片手に大学進学を目指す。(2011/8/8)

Macを未来へといざなう最新OS:
ついに降り立った未来のパソコン環境――「OS X Lion」に迫る
待望のMac最新OS、「Lion」がついに登場した。Mac OS Xの最初のバージョンが出たのが2001年、それからちょうど10年目のLionは、これから先10年に渡ってPCの在り方を左右する、分岐点的なOSになると言っても過言ではないだろう。1984年に登場し、マウス操作を世界へ広げたMacが、今まさにPCの新しい時代、新しい操作を開拓しようとしている。(2011/7/20)

見せてもらおうか“世界一の朝食”とやらを…… 「bills」お台場に潜入だ!
“世界一の朝食”を提供するというシドニー発のレストラン「bills」が東京に初進出する。売りはパンケーキと「固定概念を覆す」というスクランブルエッグ。その味いかほど!?(2011/7/14)

Stuxnetに関する質疑応答
制御システム「SCADA」などを狙うStuxnetワームによる騒動が世界中に広がっている。セキュリティベンダー各社に寄せられた同ワームに関する質問とその回答を紹介しよう。(2010/10/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。