ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「歌ってみた」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「歌ってみた」に関する情報が集まったページです。

サントリー公式VTuber、YouTube更新を年内に停止 活動は継続
サントリー公式VTuberの「燦鳥(さんとり)ノム」が、YouTubeチャンネルへの定期的な動画の投稿を年内で停止すると発表した。理由は明かしていない。2022年以降は年に数回の頻度で生配信を行うことを検討中という。(2021/10/27)

元モー娘。福田明日香、“トラウマケア”受けることに 左右の手の震え、体重の減少で精密検査も異常なし
「トラウマケアってのを受けることになりました」と報告。(2021/10/15)

サンリオ、本物の社員がVTuberデビュー
サンリオは「リアル社員VTuber」こと「なつめれんげ」を10月15日にデビューさせる。本物の社員が担当しており、仕事の話やサンリオの最新情報、ゲーム実況を配信する予定という。(2021/10/11)

元モー娘。福田明日香、顔色悪化や手の震えで人生初の精密検査 脳だけでなく甲状腺にも疑い「バセドウかも」
不眠に苦しめられているようです。(2021/9/21)

「めっちゃ天使」「ずっと見てられる!」 福原遥、ご褒美の“高級焼肉”を食べる姿が世界一幸せそう
もぐもぐテラピー。(2021/9/19)

「AI加山雄三」が“歌ってみた”動画をYouTubeに 24時間テレビで反響
歌手の加山雄三さんが、自身の歌声を音声合成AIで再現したプロジェクト「バーチャル若大将」のYouTubeチャンネルを開設し、“歌ってみた”動画を投稿した。(2021/8/23)

後藤真希、10年ぶりの有観客ソロライブ開催 “伝説のアイドル”復活に「嬉しすぎる」「絶対に泣いてしまう」の声
ごっちーーーん!(2021/8/6)

ニコ動に“プレミア公開”風機能 新作動画を公開と同時に「ニコ生」で配信
ドワンゴは、同社が運営するニコニコ動画で「ライブ公開」機能を実装すると発表した。ニコニコ動画への動画投稿時に同機能を選択することで、公開時間に合わせて、自動的にニコニコ生放送で動画が配信されるという。(2021/8/2)

5歳娘「YouTuberになりたい!」→ママと動画撮影にチャレンジするも…… 本格的な“ごっこ遊び”とまさかの反応を描いた漫画にクスッとする
見ているとやってみたくなるよね。(2021/7/28)

進化を続ける「VTuber」ビジネス、今どうなってるか知ってる?
VTuberブームが巻き起こってから約3年。現在のシーンはどのようになっているのか、ライター・将来の終わりが分析する。(2021/5/13)

「ニコニコネット超会議2021」総来場者数は前回を超える1796万人に 次回は3年ぶり幕張メッセでの開催目指す
来年こそはリアルで……!(2021/5/2)

Netflixに公式VTuber、社員が“中の人”務める アニメ好きに向けて活動
Netflix日本法人が、公式VTuber「N子・メイ・黒野」を発表。公式YouTubeアカウントでアニメの紹介などを行う。“中の人”はNetflix日本法人の従業員が務める。(2021/4/27)

いったい何形態目 “ラスボス”小林幸子、ヘビメタ初体験の衝撃的な姿に「似合いすぎて感心」「この格好で紅白に」と反響
イベントで有名ボカロ曲のメタル調替え歌を熱唱しました。(2021/4/26)

Aimerのプロデューサーが手掛ける「ヒット曲を学習した作曲AI」 人気曲のどんな部分を学んでる?
アーティスト・Aimerのプロデューサーが監修するAI作曲アプリ「FIMMIGRM」。搭載しているAIは膨大な数のヒット曲の特徴を学習しているという。AIは一体、人気曲のどんな部分を学習しているのか。(2021/4/14)

YouTubeやTwitterの影響力がカギ 18歳Adoのデビューシングル「うっせぇわ」が月間ダウンロードランキング1位に
レコチョクランキングで18歳の女子高生シンガーAdoの「うっせぇわ」が初の月間ランキング1位を獲得した。音楽業界ではYouTubeなどの動画配信サービスやTwitterなどのSNSでいかに再生回数やフォロワーを伸ばしていけるかが、アーティストをヒットさせるポイントになってきている。(2021/3/19)

ジャスティスジャスティスアトランティスぅ!! サンシャイン池崎、奇声連呼の「うっせぇわ」がカオスの極みでツッコミの嵐「全然元の曲と違う……」
やりたい放題の約2分間。(2021/3/5)

加護亜依、お団子&アイドル衣装で「ミニモニ。」時代の名曲「ひなまつり。」披露 「すごく可愛い〜!」「青春!」
懐かしい……!(2021/3/3)

信長やザビエルが「恋のマイアヒ」を歌ってみた……!? 写真の顔を動かすアプリ、歴史上の人物でもいけると話題に
思った以上に顔が自然に動く驚き!(2021/2/27)

これもう本物じゃん! ARuFa作詞作曲の“「けいおん!」っぽい曲”を平沢唯役・豊崎愛生がカバー歌唱してしまう
なんだこの世界線!(2021/2/25)

「いい意味で意外」「才色兼備」 後藤真希、『鬼滅の刃』伊黒小芭内のイラストで思わぬ高画力を発揮してしまう
なお、伊黒は「私的No.1」とのこと。(2021/2/5)

「お前も腕立て伏せをしないか?」 武田真治、節分の日に“猗窩座で筋トレ動画”というすばらしい提案をしてしまう
地道に筋トレする猗窩座好き。(2021/2/2)

「フリーザの動向も通勤時チェック」 アイデンティティ田島、Ado「うっせぇわ」野沢雅子ver.が“クセになる”語呂の良さと話題
「その可もなく不可もねぇブロリー」(2021/1/31)

「エヴァ」綾波レイの姿で「残酷な天使のテーゼ」“英詞版歌唱”する動画が海外でジワジワ注目集める
3曲目となるカバー歌動画「集結の園へ」が公開されました。(2021/1/15)

「無理だって!」 四千頭身、30分で仕上げたBTS「Dynamite」コピーが自他ともに認める“地獄”の出来
近所の子どもからも「下手くそ」の声。(2021/1/13)

逝去したYouTuberうごくちゃん、生前の動画公開 所属事務所が「ご遺族のご意向により公開」
YouTuberの総長ウララさんが伝えていました。(2021/1/9)

宮崎美子、『鬼滅の刃』珠世コスプレで“無限列車”に乗り込む 「リアル珠世さん」「本当に嬉しそう」と反響
これはうらやましい。(2021/1/8)

今日のリサーチ:
Twitterで2020年に話題になったアーティスト 言及数上位に「嵐」「BTS」「SixTONES」――ホットリンク調査
SNSマーケティング支援のホットリンクが「第1回 SNSサーチ」を実施。(2020/12/29)

ミスチル桜井&TERU&奥田民生、「ホルモン」新曲を歌ってみた レジェンドの登場に会場のざわつきが止まらない
大乱闘スマッシュブラザーズみたいな夢がある。(2020/12/17)

香取慎吾、LiSA「炎」を完コピするも……市松模様の半ズボンで日輪刀を振り回してしまう
笑いあり、涙あり。(2020/12/14)

後藤真希、歌ってみた第3弾で「雪の華」を熱唱 「炎」「残酷な天使のテーゼ」に続き“ゴマキ色”全開
後藤さんの「雪の華」が聞けるなんて……!!(2020/12/13)

misono、急性腎盂腎炎の発症を報告 メニエール病&逆流性食道炎との三重苦に「本当に自分が嫌になります」
入院する余裕がないため、仕事は全てこなすとも。(2020/12/7)

「WaTより全然先」 小池徹平、城田優とのユニットを17年ぶり再結成 コブクロハモりにファン「耳が幸せ」
ずっと聞いていられる……!(2020/12/2)

ニュータイプになった初音ミクはどこへ向かうのか  “VOCALOIDじゃないミク”の開発者に聞く
VOCALOIDの代名詞と言っても過言ではない「初音ミク」が、VOCALOIDとは別のソフトウェアとして登場した。開発者の佐々木渉さんに開発の経緯や、新型ミクに込めた思いなどを聞いた。(2020/11/30)

「全国民いいから黙って見てくれ」 “ハロプロの歌姫”モー娘。小田さくら「紅蓮華」カバーが話題
これを待っていた。(2020/11/25)

GACKT、『鬼滅の刃』無惨コスで「炎」をアカペラ 鬼気迫る歌唱姿がファンを平伏させてしまう
これはカリスマ性のある無惨様。(2020/11/9)

「素敵すぎて言葉がでない……」 後藤真希による「炎」の表現力豊かなカバー歌唱に“アイドル時代以上”とファン感激
これが俺たちのゴマキだぁぁぁ!(2020/11/3)

「嬉しすぎて心臓がVirgin Beatです!」 チョコプラ長田、氷室京介のモノマネでまさかの“公認舎弟”に ヒムロックからも「ひどすぎて笑いました」
芸人になって最初のモノマネもヒムロックというガチぶり。(2020/9/30)

ニコスターインタビュー:
ニコラップの先駆者“らっぷびと”はなぜネットにラップを投稿したのか 1曲の投稿きっかけに人生が変わった瞬間
らっぷびと誕生の陰には伝説のサイト「歌詞→HIPHOP系」の存在がありました。(2020/8/29)

ラスボスとロックの融合! 小林幸子×松岡充、異色ユニット「シロクマ」結成 “金髪そろえ”で堂々デビュー
ニコニコつながりか!(2020/8/5)

「迷惑系YouTuber」とは何か なぜ迷惑行為を繰り返すのか
最近、「迷惑系YouTuber」という言葉を報道などで聞くようになった。迷惑系YouTuberは、なぜ迷惑行為を繰り返すのだろうか。(2020/7/28)

「誰かと思ったら……!」 ドランク塚地に激似のグラリオサ音子、チェゴとの「NiziU」ダンスカバー動画が圧倒的存在感
楽しそうで予想外に良コラボ。(2020/7/27)

生駒里奈、YouTubeチャンネル開設にファン歓喜 「踊ってみた」「歌ってみた」など企画リクエストが殺到
素の生駒ちゃんも見られるかも。(2020/7/23)

遠隔合奏のために、音質、低遅延に全振りしたいと思います ヤマハ「SYNCROOM」始動、開発の狙いを聞いた
NETDUETTOからSYNCROOMヘ。どこが変わったのか、担当者に聞いてきた。(2020/6/29)

「涙が出てきた」「圧倒的SMAP感」 香取慎吾、YOASOBI「夜に駆ける」を本気でカバー“聞き慣れた声”に感激する人続出
さすがパーフェクトビジネスアイドル。(2020/6/29)

「子供の声入っててかわいい」 後藤真希、16年前の楽曲を“歌ってみた”動画でママになったごっちんを感じる
歌声変わらないなあ。(2020/6/26)

ホアアーッ!! ホアーッ!! 肉声を生配信に直接届けられる新技術をヤマハとドワンゴが開発、「ニコニコネット超会議」で共同実験
拍手や歓声といった効果音も送れます。(2020/4/14)

生放送出演者を家から遠隔応援 ドワンゴとヤマハ、ニコニコネット超会議で実験
ドワンゴとヤマハは、オンラインイベント「ニコニコネット超会議2020」で、生放送番組の出演者に視聴者からの声援を音声で伝える遠隔応援システムの実験を行うと発表した。(2020/4/14)

「グッベェ おめぇの運命の人はオラじゃねぇ」 アイデンティティ田島、野沢雅子ver.の「Pretender」が65万回再生の反響
すごいフュージョンだ。(2020/3/26)

「ニコニコネット超会議」第1弾ネット企画を発表 初音ミク・EGOISTのオープニングライブや8日間連続ゲーム実況など
超歌舞伎・VTuber Fes・VOCALOID Fesは無観客開催に。(2020/3/25)

学校閉鎖の中国、リモート授業アプリに子どもたちから“星1”の低評価が殺到 アプリ側が「許して」とマスコットキャラが土下座する動画を公開
低評価が集まればアプリがストアから削除されるとの噂が拡散。(2020/3/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。