ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「歌ってみた」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「歌ってみた」に関する情報が集まったページです。

「全国民いいから黙って見てくれ」 “ハロプロの歌姫”モー娘。小田さくら「紅蓮華」カバーが話題
これを待っていた。(2020/11/25)

GACKT、『鬼滅の刃』無惨コスで「炎」をアカペラ 鬼気迫る歌唱姿がファンを平伏させてしまう
これはカリスマ性のある無惨様。(2020/11/9)

「素敵すぎて言葉がでない……」 後藤真希による「炎」の表現力豊かなカバー歌唱に“アイドル時代以上”とファン感激
これが俺たちのゴマキだぁぁぁ!(2020/11/3)

「嬉しすぎて心臓がVirgin Beatです!」 チョコプラ長田、氷室京介のモノマネでまさかの“公認舎弟”に ヒムロックからも「ひどすぎて笑いました」
芸人になって最初のモノマネもヒムロックというガチぶり。(2020/9/30)

ニコスターインタビュー:
ニコラップの先駆者“らっぷびと”はなぜネットにラップを投稿したのか 1曲の投稿きっかけに人生が変わった瞬間
らっぷびと誕生の陰には伝説のサイト「歌詞→HIPHOP系」の存在がありました。(2020/8/29)

ラスボスとロックの融合! 小林幸子×松岡充、異色ユニット「シロクマ」結成 “金髪そろえ”で堂々デビュー
ニコニコつながりか!(2020/8/5)

「迷惑系YouTuber」とは何か なぜ迷惑行為を繰り返すのか
最近、「迷惑系YouTuber」という言葉を報道などで聞くようになった。迷惑系YouTuberは、なぜ迷惑行為を繰り返すのだろうか。(2020/7/28)

「誰かと思ったら……!」 ドランク塚地に激似のグラリオサ音子、チェゴとの「NiziU」ダンスカバー動画が圧倒的存在感
楽しそうで予想外に良コラボ。(2020/7/27)

生駒里奈、YouTubeチャンネル開設にファン歓喜 「踊ってみた」「歌ってみた」など企画リクエストが殺到
素の生駒ちゃんも見られるかも。(2020/7/23)

遠隔合奏のために、音質、低遅延に全振りしたいと思います ヤマハ「SYNCROOM」始動、開発の狙いを聞いた
NETDUETTOからSYNCROOMヘ。どこが変わったのか、担当者に聞いてきた。(2020/6/29)

「涙が出てきた」「圧倒的SMAP感」 香取慎吾、YOASOBI「夜に駆ける」を本気でカバー“聞き慣れた声”に感激する人続出
さすがパーフェクトビジネスアイドル。(2020/6/29)

「子供の声入っててかわいい」 後藤真希、16年前の楽曲を“歌ってみた”動画でママになったごっちんを感じる
歌声変わらないなあ。(2020/6/26)

ホアアーッ!! ホアーッ!! 肉声を生配信に直接届けられる新技術をヤマハとドワンゴが開発、「ニコニコネット超会議」で共同実験
拍手や歓声といった効果音も送れます。(2020/4/14)

生放送出演者を家から遠隔応援 ドワンゴとヤマハ、ニコニコネット超会議で実験
ドワンゴとヤマハは、オンラインイベント「ニコニコネット超会議2020」で、生放送番組の出演者に視聴者からの声援を音声で伝える遠隔応援システムの実験を行うと発表した。(2020/4/14)

「グッベェ おめぇの運命の人はオラじゃねぇ」 アイデンティティ田島、野沢雅子ver.の「Pretender」が65万回再生の反響
すごいフュージョンだ。(2020/3/26)

「ニコニコネット超会議」第1弾ネット企画を発表 初音ミク・EGOISTのオープニングライブや8日間連続ゲーム実況など
超歌舞伎・VTuber Fes・VOCALOID Fesは無観客開催に。(2020/3/25)

学校閉鎖の中国、リモート授業アプリに子どもたちから“星1”の低評価が殺到 アプリ側が「許して」とマスコットキャラが土下座する動画を公開
低評価が集まればアプリがストアから削除されるとの噂が拡散。(2020/3/13)

令和最初の「ニコニコ超会議」は「闘会議」と同時開催! 「超サウナ」や「超クラウドファンディング」など新企画も
今年もちゃんと開催するよ!(2020/2/10)

まさかのご本人 アイマスの曲をビリーバンバンに音MADで歌わせる動画登場 → 本人が歌ってみた動画投稿でPたち騒然
なんという美声……。(2020/1/14)

「多才過ぎません!?」「上手すぎてびっくり」 Matt、自作のバラード披露にファンうっとり
何でもできてしまうMattさん。(2019/12/9)

PR:なんだその美声! 日立の異色すぎる家電VTuber“白花伝伯爵”がCMでおなじみの「この木なんの木」を熱唱する動画がクセにな〜る
めっちゃ美声だしめっちゃヌルヌル動く。(2019/8/23)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
タピオカバブルは崩壊間近? 有力チェーン「ゴンチャ」が荒波を乗り越える条件
雨後のタケノコのように増殖し続けるタピオカ店。筆者はタピオカバブルの崩壊は近いと予想する。人気ナンバー1の「ゴンチャ」はスタバのように“文化”を創出できるか。(2019/8/6)

歌い手「そらる」インタビュー:
この10年間で“歌い手”という存在はどう変わったのか 歌い手「そらる」に聞く“歌ってみた”の可能性
10代・20代から圧倒的な支持を集める“歌い手”、そらるさんにインタビュー! 「歌い手を始めたきっかけ」「歌手との違い」「顔を隠す理由」など、徹底的に聞きました。(2019/3/6)

「空耳ソング」の自動生成プログラムが開発中 きっかけは「さくらんぼ」を野球選手名だけで歌う替え歌
現状でも「地上の星」を国名だけで自動生成する試みが、ある程度形になっています。(2019/2/7)

「平成\(^o^)/ネット史というタイトル案もありました」 NHKの正月特番「平成ネット史(仮)」、制作裏話を聞く
NHKが20年以上に及ぶインターネットの歴史をひもとく番組「平成ネット史(仮)」をEテレで放送する。「『平成ネット史』というと固いじゃないですか、だから(仮)が付いているんですよ」――そう話すのは、同番組のチーフプロデューサーだ。制作の裏話を聞いた。(2018/12/28)

「かなり顔出てる」 “顔出しNG”のアーティスト・そらるが「ZIP!」に登場、朝から尊いと興奮の声
(30)要らなくない?(2018/11/15)

「Google Play Musicは縮小する」 有料の“広告なしYouTube”日本でもスタート 音楽配信は統合へ
YouTubeの有料サービス「YouTube Premium」が始まった。国内向けのオリジナルコンテンツを強化する他、音楽再生特化のアプリもリリースする。(2018/11/14)

サントリー初の公式VTuber「燦鳥ノム」119歳、きょうデビュー
サントリーコミュニケーションズが、サントリー初の公式バーチャルYouTuber「燦鳥ノム」(さんとりのむ)のデビューを発表し、キャラクタービジュアルを公開した。8月17日午後6時にデビュー動画を配信する。(2018/8/17)

おっとりした119歳、水の国出身な女の子 サントリーが公式バーチャルYouTuber「燦鳥ノム」を発表
また新たな強個性のVtuberが生まれてしまった感。(2018/7/19)

別宅 きょうの横山家:
「元気だったかコラァ」――かわいいけれどヤンキー口調 アバターと中身の落差が壮絶なVTuber漫画
不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまう豪快な動画配信。(2018/6/9)

「ニコニコ超会議2018」リアル来場者数が過去最高の16万人超え! ネット来場者数も盛り返す
天気にも恵まれ多くの来場者が訪れた。(2018/4/29)

小林幸子、“バーチャルグランドマザー”としてVTuber界に降臨 キズナアイとの「千本桜」コラボも
なんというパワーワード……!(2018/4/29)

インターネットを守る翼竜:
バーチャルYouTuber800人全員を追う本物の男に聞く、最近のバーチャルYouTuber事情
「毎日最低4時間はログインしてます」(2018/3/18)

こんなクエストなら喜んで! 妻が夫のために作ったFFのクエストボード風貼り紙が最高のセンス
なんてステキな奥様なんだ……。(2018/2/11)

任天堂だけじゃない? “段ボールガジェット”まとめ
任天堂が発表した「Nintendo Labo」だけじゃない、さまざまな“段ボールガジェット”をまとめてみた。(2018/1/23)

「ニコニコ超会議2018」は4月28〜29日 「超歌舞伎」も開催決定
「ニコニコ超会議2018」の公式サイトオープン。4月28〜29日に幕張メッセで開催する。(2018/1/18)

なぜ台湾人はハム太郎ソングでとっとこ走り回ったのか アニソンDJ界の流行「ハム太郎コール」、ルーツを探る
「ハム太郎とっとこうた」に合わせて台湾人が輪を作って走り回った動画が話題に。あの瞬間が生まれたのは、偶然だけではなかった。(2018/1/1)

寄稿・福井健策弁護士:
「森のくまさん」騒動からJASRAC問題まで……著作権10大ニュースで考える、情報社会の明日はどっちだ?
著作権まわりでもさまざまなニュースがあった2017年。この1年の「10大ニュース」を、弁護士の福井健策さんが振り返る。(2017/12/26)

カラオケ採点機で100点、どうすれば取れる? 第一興商・開発者に聞いた攻略法を紹介
とにかく音程正確率を上げろ。話はそれからだ。(2017/10/28)

「スマートスピーカー」の今と近未来(2):
「ねえGoogle、Google Homeは使いものになる?」実際に触って実力をチェック
スマートスピーカーは実際、どのような用途で価値を発揮するか。どんな人にとって便利か。ここでは、2017年10月6日に日本で発売されたばかりのGoogle Homeに焦点を当て、実際に触って、その使い勝手を独自の視点でまとめてお伝えする。(2017/10/11)

「ゼルダ」など800タイトル:
任天堂、「ニコ生」ゲーム動画配信に公式許諾
ドワンゴと任天堂が、著作物利用に関する包括許諾契約を締結。「ニコニコ生放送」での任天堂指定のゲームタイトルを利用した創作・配信活動が公認された。(2017/9/22)

「初音ミク」10周年 2007年8月31日の発売から
「初音ミク」が8月31日、発売から10周年を迎えた。(2017/8/31)

ゆとり記者が聞く(番外編):
俺がこんなにカワイイわけがない──誰でも“美少女に変身する”VR 「かわいさ」追求する男3人の挑戦
VR(拡張現実)を使い、誰でも美少女になれる――そんな夢のような時代がやってきた。次世代のVRコミュニケーションに挑戦するベンチャー企業・カバーに開発の裏側を聞く。(2017/7/24)

「京急電鉄カラオケルーム」:
京急車内をリアルに再現 「鉄道カラオケ」ルーム登場
運転手や車掌になりきってアナウンスを読み上げる「鉄道カラオケ」が好評。JOYSOUNDと京急電鉄がコラボし、よりリアルに体感できる「京急電鉄カラオケルーム」を7月20日にオープンする。こだわりのルームに行ってきた。(2017/7/19)

自作音楽共有サービス「TmBox」が終了へ 運営はユーザーが作った「MQube」を後継に推薦
連携するTwitterのAPI制限などが終了の理由としています。(2017/5/24)

カラオケ歌唱動画の投稿で敗訴 何がどう問題なのか、カラオケ大手メーカー2社に聞いた
著作隣接権を侵害しているとのこと。(2017/5/12)

なるほどこの組み合わせは最高だな 「囲碁フォーカス」司会の金髪美女がすごい破壊力
Eテレはいい仕事する。(2017/5/7)

ニコニコ超会議2017:
動けー! ニコ超会場内をジャパリ“馬車”が疾走中、動力は人力
「う゛っ」となるような事故は起きていません。(2017/4/29)

「Key」所属のシナリオライター・麻枝准がまさかのシンガーデビュー!? 特設サイト上で本人による新曲が公開
やだ、かっこいい……。(2017/4/1)

GarageBandオンザラン:
iPhoneのGarageBandでケロってみた
セカオワやきゃりーぱみゅぱみゅみたいにケロケロできる。そう、iPhoneならね。(2017/1/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。