ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「Vivisimo」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Vivisimo」に関する情報が集まったページです。

はっきりした目的を持ってデータ活用に取り組め
ビッグデータ活用に成功している企業とそうでない企業の差異はどこにあるのか。日本IBMのビッグデータ&DWH製品営業部トップに話を聞いた。(2013/3/12)

日本IBM、社内データを可視化するデータ探索ソフトを発売
2012年に買収をVivisimoの製品を統合した初のソフトウェア製品になる。(2013/1/28)

ストリームデータ/ビッグデータ分析を身近に:
SPL言語学習なしでもストリームデータ処理の実装が可能になった「InfoSphere Streams V3.0」
センサネットワークなどから送出されるストリームデータの分析がより身近に。IBMは専用言語スキルがなくても機能を組み合わせて分析プラットフォームを実装可能にする製品を発表した。(2012/11/19)

日本IBM、ストリーミングデータ処理ソフトの最新版などを発表
ビッグデータ関連製品の「InfoSphere Streams」および「InfoSphere BigInsights」の最新版を日本IBMが発表した。(2012/11/19)

企業向け検索市場の足場固める:
Googleが検索アプライアンスにクロス言語翻訳機能を追加
検索大手のGoogleは企業向けハードウェアである検索デバイスのGSAを強化する。Microsoft FastやEndecaなどの追撃をかわし、エンタープライズ検索大手としての地位を固める狙いがある。(2008/12/19)

議論呼ぶGoogleの“検索内検索”――「広告収入乗っ取り」の声も
Googleの検索結果ページ上でForbesなどのサイト内を検索できる「検索内検索」機能は、「Webサイトの広告収入を乗っ取る」と一部専門家は指摘している。(2008/3/28)

CIOへの余震も
エンタープライズサーチ市場に激震を与えたMicrosoftによるFastの買収
MicrosoftはFastの買収により、自社のエンタープライズサーチ技術に箔(はく)を付けるだけでなく、IBMやOracleといった大手インフラベンダーを追い抜くことになる。(2008/3/21)

Google、“検索”と“解析”を結合へ
Googleでは、検索技術とビジネスインテリジェンスを結合することにより、ユーザーがWebサイト上で必要な情報をどれほど効率的に(あるいは非効率的に)検索しているかを測定するのを支援するという。(2007/10/22)

Web 2.0 Summit:
Fast、モバイル対応のソーシャル検索でライバル各社に先手
Fastはソーシャルネットワーク志向のレコメンデーションツールで携帯電話用の検索機能を強化した。(2007/10/22)

「オシム監督」で比べてみよう――Googleのモヤモヤ感を解消する?
米国のピッツバーグに本拠を置く米Vivisimoが開発する「Vivisimo Velocity 5」は、実際には、Googleというよりも、企業内の膨大な文書を的確に検索するエンタープライズサーチ製品としての色が濃い。(2006/8/9)

AOLが検索エンジン刷新、デスクトップ検索も提供へ
AOLが検索エンジンの新バージョンを発表。検索結果の絞り込み機能やローカル検索機能が強化された。今後デスクトップ検索にも進出する予定。(2005/1/21)

News Weekly Access Top10(2004年10月10日−10月16日)
Googleブリン社長「ネットとビデオは同じ」
アメリカの刑事が、Google検索でひき逃げ被害者の身元を明らかにしたという記事が今週のトップアクセスだった。(2004/10/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。