ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「VMware Infrastructure」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「VMware Infrastructure」に関する情報が集まったページです。

仮想環境に適したバックアップ手法とは
「VMware vSphere」バックアップのための主要テクニックとNGリスト
仮想環境のアーキテクチャと運用は、従来のバックアップ環境とは異なり、特殊なテクニックが必要だ。本稿では、「VMware vSphere」をバックアップする場合の主なテクニックを紹介する。(2019/3/27)

大容量と拡張性は当然
「オブジェクトストレージ」主要製品の詳細過ぎる特性分析
オブジェクトストレージシステムは複数のベンダーが発売しているが、その特徴を把握することは難しい。本稿はその助けとなるべくアクセス方法やデータセキュリティ、導入オプションなどについて解説する。(2017/10/24)

Windows Server 2012 R2時代のHyper-Vサーバ設計術:
第1回 最新モデルを意識したCPUとメモリのサイジング
仮想化が一般化した昨今のサーバ・システム。旧サーバの延命が目的だった数年前とは違い、最初から仮想環境上で動作させることを前提としたシステムが求められている。本連載では、Windows Server 2012 R2のHyper-Vをベースにして、今使える仮想化システムの技術トレンドや設計、機器の選択方法などについて解説する。第1回では、CPUとメモリのサイジングについて解説する。(2013/8/22)

ヴイエムウェア日本法人が設立10周年
2003年に日本法人を開設したヴイエムウェアは今年10周年を迎えた。今後はより顧客満足度の向上に注力していくという。(2013/6/11)

もう、選ばない理由はない:
PR:Hyper-Vが国内シェアナンバーワンを獲得した理由
国内における仮想化プラットフォームのトップシェアはどの製品かご存じだろうか。四半期ごとの仮想化プラットフォームのシェアを調査したIDCのレポートが示しているのは、ナンバーワンが、マイクロソフトのHyper-Vだということだ。(2013/3/14)

Honda Hybrid Cloud構想
【事例】世界6極をVMwareで統合、要件決めたら“一気に作る”ホンダのIT文化
災害対策とグローバル対応から、VMwareソリューションで共通基盤を整備したホンダ。標準的な仮想化基盤の構築、DR機能の実装、仮想デスクトップ導入の3つを実現した。(2012/12/13)

VMware vSphere 4.1の進化を探る(5):
仮想シリアルポートとUSBパススルー
シリアルポートやUSBデバイス利用を、サーバ仮想化環境に移行するには、一定の考慮や工夫が必要とされてきた。VMware vSphere 4.1では仮想シリアルポート機能、仮想USB機能に関する機能強化が行われた。vMoitonにも対応しており、サーバ仮想化技術の適用範囲を広げる重要な要素ともなっている。(2011/4/1)

ホワイトペーパーレビュー
仮想化のテーマにちなんだホワイトペーパーを3つピックアップ。それぞれ見どころを紹介する。(2011/2/3)

ホワイトペーパーレビュー
VMware vSphere 4の新機能が分かる3つのホワイトペーパー
VMware vSphere 4は、 前バージョンVMware Infrastructure 3と比較して何がどのように向上したのか。パフォーマンス向上や新機能を解説したホワイトペーパーを3つピックアップ。(2010/11/30)

仮想化導入事例
増えつつある仮想化の導入事例をまとめた。(2010/7/30)

VDI導入事例:三菱東京UFJ銀行
PCでのOA環境を「仮想デスクトップ」へ。三菱東京UFJ銀行VDIシステムの全容
三菱東京UFJ銀行は2010年春、VMware製品を中核にしたVDIシステムを構築した。同行は今後PCでのOA環境を順次仮想デスクトップへ移行する計画だ。(2010/7/27)

ホワイトペーパー:
VMware仮想化インフラでプライベートクラウドを構築した、キリングループ事例
2009年末には21台のVMwareESXサーバ上で230台の仮想サーバが稼働、2012年には新規アプリケーションサーバの8割を仮想化する予定(提供:ヴイエムウェア)。(2010/7/12)

VMware vSphere 4徹底解剖(7):
もう1つのハイパーバイザ実装「VMware ESXi」
VMware vSphere 4では、従来型アーキテクチャを踏襲するVMware ESXと、新型アーキテクチャを採用するVMware ESXiの両方が提供されている。今回はESXiの位置付けと利用方法、従来型ESXとの違いなどについて紹介する。(2010/5/17)

VMware vSphere 4徹底解剖(6):
VMware Data Recoveryによるデータ保全
主要サーバ仮想化ソフトウェアであるVMware Infrastructure 3の後継バージョン、「VMware vSphere 4」が登場した。「クラウドOS」をうたい、基本機能を大幅に強化するとともに、重要な機能追加を行った。本連載では、このvSphere 4の主要機能を解剖する(2010/3/29)

NEWS
国内のVMware対応アプリケーションを確認できるサイトが開設
ヴイエムウェアは「VMware対応アプリケーション登録・閲覧サイト」を開設した。ユーザー企業は、既存のアプリケーションについて、仮想化環境のサポート状況を素早く確認できる。(2010/3/12)

キーワードでひもとくバックアップ最新事情【最終回】
サーバ仮想化環境のバックアップ 普通に取るか丸ごと取るか
サーバ仮想化環境のバックアップはそれほど難しい作業ではない。しかしサーバを仮想化によって集約しているために、思わぬコストが発生する可能性があるので注意が必要だ。(2010/2/24)

VMware vSphere 4徹底解剖(5):
無停止環境を実現するVMware FTとは
主要サーバ仮想化ソフトウェアであるVMware Infrastructure 3の後継バージョン、「VMware vSphere 4」が登場した。「クラウドOS」をうたい、基本機能を大幅に強化するとともに、重要な機能追加を行った。本連載では、このvSphere 4の主要機能を解剖する(2009/12/17)

キングジム、仮想化プロジェクトでWindows 2000ベースの業務システムを延命
キングジムは、VMware Infrastructure 3とNetApp FAS2050Aを採用した仮想化プロジェクトを推進中だ。70台にまで増加していた物理サーバを仮想化環境へ順次移行していく。(2009/12/16)

特集:IT資格動向ウォッチ(2):
インフラエンジニア注目の仮想化資格カタログ
サーバ保守・運用部隊にとって、いまや必須の技術である仮想化。VCP、Hyper-V、CCAといった主な仮想化資格の特徴を比較する。(2009/11/25)

VMware vSphere 4徹底解剖(4):
VMware vSphere 4のストレージ機構(2)
主要サーバ仮想化ソフトウェアであるVMware Infrastructure 3の後継バージョン、「VMware vSphere 4」が登場した。「クラウドOS」をうたい、基本機能を大幅に強化するとともに、重要な機能追加を行った。本連載では、このvSphere 4の主要機能を解剖する(2009/11/9)

ホワイトペーパー:
Sun Storage 7000 Series Unified Storage SystemにおけるVMware ESX 3.5の配備
Sun Storage 7000シリーズの使いやすさと優れたコスト・パフォーマンスで、費用効果の高い配備と保守を実現(提供:サン・マイクロシステムズ)。(2009/10/21)

VMware vSphere 4徹底解剖(3):
VMware vSphere 4のストレージ機構(1)
主要サーバ仮想化ソフトウェアであるVMware Infrastructure 3の後継バージョン、「VMware vSphere 4」が登場した。「クラウドOS」をうたい、基本機能を大幅に強化するとともに、重要な機能追加を行った。本連載では、このvSphere 4の主要機能を解剖する(2009/10/13)

キリングループ、2012年までに500台の物理サーバを仮想化で統合へ
キリングループは2012年までに500台の物理サーバをVMware製品で仮想的に統合し、消費電力やコストの削減を進めている。システムを柔軟に構築できるプライベートクラウド環境の整備も同時に進めていく。(2009/10/8)

ホワイトペーパーレビュー
「仮想化」をさまざまな観点から学べる4つのホワイトペーパー
オープンプラットフォーム上の仮想化技術は、単なるITトレンドの段階を過ぎ、今や本格導入フェーズに入ろうとしている。本稿では、この仮想化技術をさまざまな切り口から取り上げたホワイトペーパーを紹介する。(2009/9/29)

サーバ台数を大幅削減:
北弘電社、業務サーバ、ネットワークサーバを統合
札幌に本社を置く電気工事会社 北弘電社は、自社のサーバ統合プロジェクトで仮想化ソリューション「VMware Infrastructure 3」を採用、今後30〜40%の運用コスト削減を見込んでいるという。(2009/6/19)

NEWS
北弘電社、VMware Infrastructure 3で12台の物理サーバを2台に統合
北弘電社がVMware Infrastructure 3の導入でネットワーク系/業務系サーバ12台を2台に統合し、本格稼働を開始した。今後30〜40%の運用コスト削減を見込んでいるという。(2009/6/19)

「VMware 仮想化サミット2009」イベントリポート
ベールを脱いだヴイエムウェアの「クラウドOS」戦略
2009年5月29日、東京・六本木で開催された「VMware 仮想化サミット2009」。4月に発表された新仮想化プラットフォーム「VMware vSphere 4」を中心とした、ヴイエムウェアのクラウド戦略が明かされた。(2009/6/15)

クラウドは21世紀のメインフレーム――ヴイエムウェアの三木社長
ヴイエムウェアは、仮想化ソフトウェア「vSphere 4」を紹介するユーザー向けイベント「VMware 仮想化サミット2009」を東京で開催した。(2009/6/10)

VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編(15):
VMware HAによる可用性の向上
連載「VMware Infrastructure 3徹底入門」では、VMware Infrastructure 3のコンセプトやアーキテクチャといった、いわば理論的な部分を紹介した。新連載の「VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編」では、実際の設計から導入、運用までを紹介する。今回は稼働中の仮想マシンに障害が発生した際、これを別の物理マシンで再起動できる「VMware HA」について解説する(2009/6/9)

ミラクル、VMware vSphere 4対応のバーチャルアプライアンス型ロードバランサ
ミラクル・リナックスは、仮想マシン上で動かすロードバランサをバーチャルアプライアンス型で販売する。VMware vSphereにも対応した。(2009/5/28)

中小企業向けのパッケージも用意:
VMware vSphere 4が出荷開始、値下げ効果も
(2009/5/22)

日本IBM、F5、ヴイエムウェアが共同で:
“ユーザーに気付かせない”災害復旧を検証
(2009/5/19)

VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編(14):
VMware DRSとVMware DPMによる自律運用
連載「VMware Infrastructure 3徹底入門」では、VMware Infrastructure 3のコンセプトやアーキテクチャといった、いわば理論的な部分を紹介した。新連載の「VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編」では、実際の設計から導入、運用までを紹介する。今回は稼働中の仮想マシンを、複数の物理サーバ間で自動再配置することで、負荷の平準化を実現できる「VMware DRS」、そしてこれを応用して消費電力を削減する「VMware DPM」について解説する(2009/5/19)

VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編(13):
VMotionによる仮想マシンの無停止移行
連載「VMware Infrastructure 3徹底入門」では、VMware Infrastructure 3のコンセプトやアーキテクチャといった、いわば理論的な部分を紹介した。新連載の「VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編」では、実際の設計から導入、運用までを紹介する。今回は稼働中の仮想マシンを、サービスの停止なしに別の物理サーバへ移動できる機能「VMotion」について解説する(2009/5/13)

移行コストを10分の1に:
Windows NT/2000を仮想環境へ移行、菱中海陸運輸が再構築
菱中海陸運輸は、Windows NT/2000で稼働させている基幹システムをVMwareの仮想環境に移行し、システムを再構築した。(2009/5/11)

あらゆるアプリケーションに対応:
ヴイエムウェア、社内クラウド実現に向け「vSphere 4」を発表
(2009/4/22)

“クラウドOS”vSphere:
VMware、クラウド用仮想OS「VMware vSphere 4」を発表
VMwareが社外のクラウドと連係するプライベートクラウドを構築するための仮想OS「vSphere 4」を発表した。(2009/4/22)

マラソンテクノロジーズが新製品:
XenServerで完全無停止のフォールトトレランスを実現
(2009/4/21)

ヤマハ、VMwareで物理サーバの消費電力を90%削減
ヤマハは、部門ごとに整備していた物理サーバを仮想化環境に移行し、サーバの消費電力を年間90%削減した。(2009/4/21)

VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編(12):
VI3におけるクローンとテンプレート
連載「VMware Infrastructure 3徹底入門」では、VMware Infrastructure 3のコンセプトやアーキテクチャといった、いわば理論的な部分を紹介した。新連載の「VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編」では、実際の設計から導入、運用までを紹介する。今回は基準となる仮想マシンイメージを作成し、そこから複数の仮想マシンを展開するための作業を紹介する(2009/4/8)

VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編(11):
VMware Infrastructure 3のストレージ機構[3]
連載「VMware Infrastructure 3徹底入門」では、VMware Infrastructure 3のコンセプトやアーキテクチャといった、いわば理論的な部分を紹介した。新連載の「VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編」では、実際の設計から導入、運用までを紹介する。今回はVI3環境におけるストレージ構成に関する3回にわたる解説の第3回として、NFSによるNASの利用や、各種ストレージ方式の使い分けについて解説する(2009/3/26)

サーバ仮想化環境のためのプラットフォームを志向:
シスコの新ブレードサーバは「イーサネット命」
(2009/3/17)

[Analysis]:
コスト削減策としてのサーバ仮想化の成否の境目
(2009/3/4)

VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編(10):
VMware Infrastructure 3のストレージ機構[2]
連載「VMware Infrastructure 3徹底入門」では、VMware Infrastructure 3のコンセプトやアーキテクチャといった、いわば理論的な部分を紹介した。新連載の「VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編」では、実際の設計から導入、運用までを紹介する。今回はVI3環境におけるストレージ構成に関する3回にわたる解説の第2回として、ファイルシステムVMFSの構築,、およびiSCSI SANの構成と利用方法について解説する(2009/3/2)

最新のサーバ統合事情を知る:
PR:デモで実感!――サーバ仮想化&バックアップ
サーバルームの省スペース化や運用負荷軽減を目的に、仮想化によるサーバ統合を検討する企業は多い。しかしカタログの情報だけでは「サイジングはどうすれば?」「仮想化によるオーバーヘッドはないのか?」「仮想環境でのバックアップはどのような構成か?」といった疑問が晴れないだろう。リアルな疑問を解決できる場はあるのだろうか?(2009/2/27)

サーバとOSのサポートサービスを一本化のメリット:
サンとHP、SolarisのOEM契約を締結
(2009/2/26)

vProテクノロジと組み合わせ、共同で推進:
ヴイエムウェア、PC仮想化でインテルとの協業発表
(2009/2/25)

VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編(9):
VMware Infrastructure 3のストレージ機構[1]
連載「VMware Infrastructure 3徹底入門」では、VMware Infrastructure 3のコンセプトやアーキテクチャといった、いわば理論的な部分を紹介した。新連載の「VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編」では、実際の設計から導入、運用までを紹介する。今回はVI3環境におけるストレージ構成に関する3回にわたる解説の初回として、利用できるストレージ接続形態と、ファイバチャネルSANの構成を紹介する(2009/2/3)

NEWS
ネットワールドが“VMwareレディ”の仮想化対応10Gスイッチを販売
ラックレベルでのネットワーク仮想化機能を搭載した10GbEスイッチの国内販売を開始。VMwareやNetApp FASといったサーバ/ストレージ仮想化環境にマッチしたネットワーク機器として売り込む。(2009/1/27)

芝通が低価格なツールを発表:
VMware上のアプリケーション障害対応を簡単に自動化
(2009/1/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。