ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「VRF(Virtual/VPN Routing and Forwarding)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

物理的な制御に依存しない
「ネットワーク仮想化」と「ネットワーク抽象化」は何が違うのか?
ネットワークの仮想化と抽象化には、ネットワークリソースを仮想的に構成するといった類似点があるが、複雑さや目的が異なる。(2019/5/16)

省エネ機器:
世界の空調・給湯器市場、日系メーカーの存在感が高まる
世界の空調・給湯機器市場は今後も堅調に拡大しそうだ。空調機器では特に、日系メーカーが高いシェアを誇るビル用マルチエアコンが高い伸びを示すことが予想されている。給湯機器では電気温水器などの従来品からエコキュートをはじめとするCO2冷媒製品への移行が進みそうだ。(2017/8/16)

省エネビル:
「完全なビルマネジメントを提供」、シュナイダーとパナソニックが戦略提携
パナソニックと仏シュナイダーエレクトリックが、日本を除くグローバル地域におけるHVAC(Heating、Ventilation、and Air Conditioning)設備とビルマネジメントに関し、戦略的提携を行うと発表した。両社の持つ製品・技術を組み合わせ、ビルマネジメント市場での競争力を高める狙いだ。(2016/10/13)

省エネ機器:
課題の大型空調で“2倍成長”、3年で空調事業7000億円を目指すパナソニック
パナソニックは同社の空調事業の売上高を、2018年度までに2015年度比約1.5倍となる7000億円規模に拡大する計画だ。特に“課題”の大型空調事業に注力し、同事業の売上高を2倍の2000億円規模に引き上げる。同時にグローバル販売網を強化し、海外売上の増強を図っていく方針だ。(2016/2/24)

ネットワークもシームレスな運用が可能に:
ミクシィが開発/本番の運用環境を改善、ジュニパーのスイッチを活用
ミクシィがジュニパーネットワークスのイーサネットスイッチ「QFX5100」を採用。迅速なアプリケーション開発とデプロイが可能になるネットワーク環境を構築した。(2016/2/3)

省エネ機器:
エアコン事業1兆円を目指すパナソニック、大型空調強化へ
パナソニックがクローバル市場で拡大が見込まれている空調機器分野への取り組みを強めている。同社の2014年度のエアコン事業の売上高は4606億円(製販連結)。これを2015年度には5133億円まで引き上げる計画だ。(2016/1/21)

省エネ機器:
世界の空調機器市場を舞台に、日本メーカーの主導権争いが白熱
世界の空調機器市場で日本メーカーが活発な動きを見せている。日本メーカーによる欧米メーカーの買収や提携、合弁会社の設立などによる主導権争いが繰り広げられているのだ。(2015/10/14)

VXLAN(RFC7348)を学ぶ:
VXLANが登場した理由、他の実装との違い、特徴を整理しよう
RFCとして仕様が公開されたVXLAN。なぜVXLAN? VLANではだめなんですか? という素朴な疑問から、仕様概要、VXLANを使ったネットワーク構成の勘所を紹介していきます。(2014/12/3)

連載:クラウド基盤とネットワーク【第4回】
VXLANの課題と今後のクラウドネットワーキング
連載の最終回として、VXLANの実装における課題と、これを解決する製品を解説し、さらに今後のクラウドネットワークに影響を与える新技術を紹介する。(2013/8/8)

3タイプの仮想ルータの特徴を理解する:
仮想ルータのいまとこれから〜Vyattaを例に〜
この記事に興味を持つ皆さんならば、最近注目を集めるようになった「仮想ルータ」という言葉も耳にしたことがあることでしょう。この記事では、仮想ルータを実現する3つの方法ごとに、メリットと最適な利用用途について考察していきます。(2013/4/25)

東芝ホームアプライアンス、IH炊飯器6機種を7月中旬より順次発売
真空&WAVE加工付き鍛造釜で、ふっくらご飯を炊きあげる東芝の新IH炊飯器「真空圧力かまど炊き」「真空かまど炊き」シリーズ計6機種が発売される。(2012/5/29)

クラウドガバナンス現在進行形【第3回】
クラウドは安全か? 事業者との責任分界点、注目すべき安全基準とは
「クラウドはオンプレミスに比べて安全ではない」は本当か? そもそも「安全」とは何か、そしてクラウド利用における利用者と事業者の責任分界点、事業者の安全基準を測るポイントを解説する。(2011/11/17)

仮想化で限界に達したVLAN
「VXLAN」入門──VLANを拡張する新標準とその必要性
仮想化の発展により、従来のVLANでは識別子が足りなくなる可能性がでてきた。また、VLANでは物理的に離れたデータセンター間での仮想マシンの移動にも対応できない。そこで登場したのが「VXLAN」だ。(2011/10/20)

ネットワークにも仮想化の波【第2回】
基幹ルータからUTMまで 仮想化を推し進めるネットワーク機器たち
サーバやストレージのみならず、ネットワーク機器にも仮想化の波が訪れ、ネットワークの構築・運用面で大きなメリットをもたらしている。今回は、仮想化機能を備えたネットワーク機器の具体像に迫る。(2009/3/12)

VLAN同士のリンクにも使える
仮想ネットワークを拡張するVRF技術
VRF(仮想ルーティング/転送)技術を利用すれば、複数の拠点に分散したコンポーネントで構成される単一の仮想システムを構築できる。(2007/8/13)

Keywords
VRF(Virtual Routing and Forwarding:仮想ルーティング/転送)
(2007/8/13)

ブロードコム、検疫ネット機能を実装したGbEチップを市場投入
通信機器向け半導体メーカーのブロードコムは、Cisco NACやMS NAPに対応する検疫ネットワーク機能を量産チップとしてサポートした新しい「StrataXGS」を市場に投入する。(2007/2/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。