ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Webマスター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Webマスター」に関する情報が集まったページです。

テネシー州ノックスビル市が実践
工業都市が新型コロナ対策に「チャットbot」活用 何を実現したのか
米国テネシー州ノックスビルは住民に対する新型コロナウイルス感染症の情報提供に、チャットbotを生かしている。なぜ導入し、どのようなメリットを得ているのか。(2020/5/20)

強調スニペットやリッチリザルトなど:
GoogleにおけるSEO、2019年の動向まとめと2020年の予測
2020年はオリンピックイヤーということもあり、マーケティング的にも何かと変化の多い1年となりそうです。ここではSEOに関して今起きていることをまとめ、それを踏まえて2020年を予測します。(2020/1/10)

Google、REP(ロボット排除プロトコル)のWeb標準化に乗り出す
Googleは、Googlebotを含む多数のクローラーが採用している「REP(Robots Exclsion Protocol、ロボット排除プロトコル)」のWeb標準化を目指すと発表した。IETFにドラフトを提出し、GitHubで自社のrobots.txt関連データをオープンソースで公開した。(2019/7/2)

わずか500個のサンプルで学習:
CAPTCHAがとうとう終焉か? ディープラーニングを使った汎用解読ツールが開発
英ランカスター大学と米ノースウェスト大学、北京大学の研究者からなるチームが、33種類の「CAPTCHA」認証を破るAIベースのツールを開発した。高速に解読でき、大量の学習データを必要とせず、WebマスターがCAPTCHAに手を加えてもすぐに適応できるという。(2018/12/18)

ユーザーセッションを再生して分析:
Microsoft、Webマスター向けユーザー行動分析ツール「Clarity」を発表
Microsoftは、Webマスター向けのユーザー行動分析ツール「Clarity」のβ版をリリースした。ユーザーの画面操作をそのまま再生することで、Webページ設計の欠点をあぶり出すことができるという。(2018/12/14)

【連載】売り上げにつながるスピード改善 第5回:
IDOMが挑むモバイルWebサイトの表示速度改善、具体的なノウハウと効果は?
前回に引き続き、中古車買い取り・販売の「ガリバー」におけるWebサイトの表示スピード改善の取り組みについて、運営元であるIDOM(イドム)に聞いた。(2018/2/21)

【連載】売り上げにつながるスピード改善 第4回:
中古車の「ガリバー」がモバイルWebサイトのスピード改善に取り組む2つの理由
中古車買い取り・販売の「ガリバー」は、なぜモバイルWebサイトの表示スピードを高速化するのか。運営元であるIDOM(イドム)に聞いた。(2018/2/14)

【連載】マーケターのためのIT用語集 第3回:
マーケターが知っておきたいIT用語【セキュリティ編】
マーケティング部門とIT部門の協働のためにまず必要なのは、対話のベースとなる言語の理解。今回はセキュリティ関連用語を紹介します。(2018/2/12)

Googleが医療系サイトの評価方法をアップデート 情報の信頼性が高いサイトが上位に表示されやすく
医療系キュレーションメディアは表示されづらくなったようです。(2017/12/6)

「デイリーポータルZ」が東急グループに ニフティが譲渡
東急グループのイッツコムが運営。(2017/11/1)

Google検索およびGoogleニュースでの有料コンテンツの扱い変更
Googleが有料コンテンツパブリッシャー向けに提供してきた「First Click Free(検索結果の最初の1本は有料でも無料で読めるようにするサービス)」を終了し、パブリッシャーが無料化するコンテンツを柔軟に決められる「Flexible Sampling」に移行した。(2017/10/3)

Tech Basics/Keyword:
AMP(Accelerated Mobile Pages)
スマートフォンにおけるページ表示のイライラは過去のもの? 「AMP」と呼ばれるプロジェクトがスマートフォンのページ表示を高速化するという。AMPとはどのようなものなのかコンパクトに解説しよう。(2017/7/7)

超入門DNS:
ドメイン情報を提供するDNSのコンテンツサーバ
DNSサーバには、ドメインの情報(権威情報)を定義・公開するコンテンツサーバと、それを利用するリゾルバの2種類がある。今回はコンテンツサーバの機能についてまとめておく。(2017/6/22)

超入門HTTPS:
第1回 HTTPS(HTTP over SSL/TLS)とは
昨今はWebサイトを常時HTTPS対応させることが多い。HTTPSとは何か、HTTPS対応させる意義や問題となる点などについてまとめておく。(2017/4/12)

「Growth Hacker Awards 2017」レポート:
Webサイト改善で売り上げアップを請け負う「グロースハッカー」という仕事
Webサイトの改善提案で製品やサービスの売り上げ増に貢献する役割を担う「グロースハッカー」。2016年に最も貢献したグロースハッカーを表彰する「Growth Hacker Awards 2017」の模様をレポートする。(2017/4/12)

【連載】スモールスタートで成功するマーケティングオートメーション 第2回:
マーケティングオートメーションの起点「刺さるコンテンツ」を定義する
マーケティングオートメーションを始める上で魅力的なコンテンツは不可欠ですが、やみくもに作り始めても、なかなかうまくいきません。まずはしっかりとした「設計図」の作り方から学びましょう。(2017/3/6)

とにかく速いWordPress(16):
HTTPで稼働しているWordPressサイトを常時SSL、HTTP/2化する方法(実践編)
エンタープライズ用途での利用が増えている「WordPress」の高速化チューニングテクニックを解説する本連載。今回は、KUSANAGIで稼働しているWordPressサイトを「常時SSL、HTTP/2化する手順」を実践していきます。(2017/2/13)

常時SSL対策や高速化対策をワンストップで提供:
プライム・ストラテジー、高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」の導入支援ソリューションを独立行政法人、大学向けに展開
プライム・ストラテジーが、Azureを基盤とする高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI for Microsoft Azure」を独立行政法人と大学向けに積極展開していくと発表。Webサイトのセキュリティ対策やパフォーマンス改善などの課題解消を支援する。(2017/2/8)

とにかく速いWordPress(13):
「KUSANAGI」応用テクニック 常時SSLとHTTP/2の導入方法(Let's Encrypt編)
エンタープライズ用途での利用が増えている「WordPress」の高速化チューニングテクニックを解説する本連載。今回は、WordPressサイトを常時SSLとHTTP/2に対応させ、無償SSLサーバ証明書であるLet's Encryptを導入する方法を解説します。(2016/10/5)

Google Chrome完全ガイド:
Chromeのアドレスバーに「保護されていない通信」と表示される原因とその対策
Google ChromeでWebページを開いたとき、アドレスバー(オムニボックス)内の左側に「保護されていない通信」と表示されることがあります。この場合に注意すべきこと、またWebサイト管理者として対策すべきことを説明します。(2019/7/10)

トレンドキーワードを知る:
SEO――検索結果の最適化、もはや小手先のテクニックで上位の表示は狙えない
検索エンジンの検索結果ページにおいて、より上位にリストアップされることを目的に行われるのが検索エンジン最適化、すなわち「SEO(Search Engine Optimization)」である。大手検索エンジンのアルゴリズム変更により、最近は検索結果の品質を重視する傾向が強まっている。(2016/9/9)

Tech Basics/Keyword:
Google Search Console(旧Google Webマスターツール)
Webサイト管理者ならぜひ知っておきたい「Google Search Console」ツール。 Webサイトの状態を調査・監視したりSEO対策などのためによく使われる無償ツールだ。その概要を解説。(2016/2/25)

Google、「アプリダウンロードの全画面広告は逆効果」と不使用推奨
モバイルWebサイトにアクセスするユーザーにネイティブアプリのダウンロードを勧める全画面広告(インタースティシャル広告)を表示することは、あまり効果がないばかりかWebサイトからも離脱されてしまうとして、こうした広告の代替案を勧めている。(2015/7/27)

より高度なWeb解析を実現:
旧Google Analyticsからユニバーサル アナリティクスへの移行を支援、ジェー・ピー・シーが新サービス
ジェー・ピー・シーは、新たなWebサイト解析サービス「PRO-MAINTE プレミアム」を2015年7月13日から開始した。現行のGoogle アナリティクスからユニバーサルアナリティクスへの移行をサポートし、より高度なWebサイト解析リポートを提供する。(2015/7/13)

Google、「Webmaster Tools」を「Search Console」に名称変更
Googleが、Google検索結果でのWebサイトのパフォーマンスをチェックするための無料ツール「Webmaster Tools」の名称を「Search Console」に変更した。機能は変わらない。(2015/5/22)

自然な外部リンクの機会発見や獲得を戦略的に支援:
自然な外部リンクを獲得するには
アイレップは1月29日、Webサイトの自然検索結果順位の改善につなげる、自然な外部リンクの機会発見や獲得を戦略的に支援する「自然リンクファインダー」サービスを提供開始すると発表した。(2015/1/29)

【連載】今こそ! ヒートマップ:
第5回 ヒートマップでSEO担当者の働き方が変わる(前編)
これまでに筆者は「ヒートマップはSEOに役立ちますか?」という質問を何度かいただきました。答えはもちろん「イエス」です。今回は、ヒートマップをSEOに活用する具体的な方法を解説します。(2014/10/30)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
アダルトサイトのリスク、注意事項総まとめ
これまで企業向けの話題を中心に取り上げてきたが、最近は「個人をターゲットにした相談も含ませて欲しい」という希望をいただく。そこで今回は、個人向けを含めて相談の多い「アダルトサイト」の注意事項をまとめてみたい。(2014/2/21)

米Yahoo!、人気コラムニストのデビッド・ポーグ氏を新サイト責任者として採用
iPhoneのレビューなどで人気のコラムニスト、デビッド・ポーグ氏が13年間勤めたNew York Timesを辞め、米Yahoo!の新設Webサイトの責任者として同社に参加する。(2013/10/22)

Googleの検索結果に“掘り下げた内容”コーナー まずは米国でスタート
Google検索で「人口増加」や「検閲」などを検索すると、そうしたテーマを掘り下げた高品質のコンテンツがまとめて紹介されるコーナーが表示されるようになる。(2013/8/7)

UXClip(24):
ビギナー向けデバッグツールで効率的に開発しよう
主要なブラウザ「Chrome・Safari・Firefox・Internet Explorer」のビギナー向けデバッグツールが紹介された勉強会のエッセンスをお届けする。(2013/4/3)

UXClip(22):
オフラインWebの活路はモバイルアプリにある
「2013年、Web開発の進化を探る」勉強会レポート。HTML5はどこまで活用されているのか、またこれからどうなっていくのか?(2013/2/28)

UXClip(18):
Webサイト高速化のプロセスだって自動化したい
サーバ側にmod_spdyをインストールし、Google Chromeで、HTTP2.0でベースとなるSPDYのデモが行われた「Chrome Tech Talk Night #5」をレポートする。(2013/2/5)

ここは前に何があった? 記憶を記録していく地図サイト「ここまえなんだっけ」
みんなの「あのとき」がつまった、ほっこりする地図。(2013/1/18)

カヤック、iPhone向け個人出版サービス「Paberish」を発表
カヤックが、iPhoneアプリ内で個人が作品を出版できるサービス「Paberish」(ペイバリッシュ)を正式発表。Webエディターを使いブログ感覚で作品を執筆でき、完成した作品はiPhoneアプリ内で85円から販売できる。(2012/11/26)

【連載】デジタルの時代にマーケターが知るべきこと:
第2回 デジタルシフトでマーケティングの何が変わったのか?
現在のマーケターが業務上必要とする知識やスキルは数年前とはかなり異なる。マーケティングを取り巻く状況はデジタルにシフトした。いまや、マーケターとはデジタルマーケターにほかならない。(2012/10/29)

渋谷ヒカリエが教えてくれた、リニューアルの真髄と覚悟
4月に開業した渋谷ヒカリエ。そのコンセプトからWebマスターが見習うべき「Webサイトをリニューアルすること」の本質的な意義について考えてみた。(2012/6/20)

Google Chrome完全ガイド:
Google Chromeとは?
世界シェアでInternet Explorer(IE)を超えて1位になるなど、多くのユーザーを獲得しているGoogleのWebブラウザ「Google Chrome」。受け入れられている理由は? そのメリットや注意点を解説します。(2018/6/27)

Adobe Digital Marketing Summit 2012:
消費者はパーソナライズを求めている?――Adobeが示すマーケティングの“3本柱”
Adobeは、デジタルマーケティング分野の年次カンファレンス「Adobe Digital Marketing Summit 2012」を開催。オープニングセッションでは「パーソナライズ」に主眼を置いた同社のマーケティング製品戦略と、3つの新製品が紹介された。(2012/3/23)

オルタナティブな生き方 高木芳紀さん:
2塁打の人間の生き方
「人のすごいところを見ると、すぐにうらやましく思ってしまう」――自分は徹底的に“普通”だと話す高木芳紀さんは、ブログのタイトルも「普通のおじさんとソーシャルメディア。」と“普通”だが、実は著書が3冊ある。(2011/12/8)

Googleが指南する「災害時の急激なアクセス集中に備えてできること」
災害時の急激なアクセス集中に備えてできることは――。Webサイト管理者向けの対策法をGoogleが公式ブログで紹介している。(2011/9/30)

Google、「パンダアップデート」を英語以外にも拡大
Googleが検索結果向上のために取り組んでいるアルゴリズム変更の対象言語が英語以外にも拡大された。ただし、日本語、中国語、韓国語についてはまだテスト段階だ。(2011/8/15)

Google、Microsoft、Yahoo!が検索結果向上で協力 schema.orgを立ち上げ
構造化データマークアップを標準化することでWebサイトでのマークアップ利用を促進し、より良い検索結果の提供を目指す。(2011/6/3)

有事の情報発信体制を考える:
震災時に企業サイトが発信できなかった理由とは?
今回の震災で、インターネットは企業活動の報告、安否確認、支援活動など情報発信に大きく貢献しました。そして震災時、一時止まったかに見えた企業活動でしたが、オンラインで製品やサポートなどの情報を次々に出して流通させるという、もう1つの企業活動が活発化していました。(2011/5/20)

スマートフォン向けUI設計を解説 ゴメス・コンサルがセミナー開催
ゴメス・コンサルティングが、スマートフォンのUI設計やサイトパフォーマンスについて解説するセミナーをい開催する。(2011/4/18)

Google、エイプリルフールもキーワードは“高速化”?
Chromeを究極の高速ブラウザにする拡張機能「ChromeLite」や「Google Instant」を支える「Autocompleter」など、Googleは今年も多くのネタを提供した。(2011/4/2)

ITmedia エンタープライズ電子ブックレット:
Webマスターが引き出す企業の秘力
ITmedia エンタープライズで過去注目を集めた記事を、PDF形式の電子ブックレットとしてお送りする「ITmedia エンタープライズ電子ブックレット」。本日は「Webマスターが変える 企業サイトの秘力」をお届けします。(2011/3/14)

年末デスク整理術:
山積みの書類を一掃する「何でも日付ファイリング術」
もしあなたのデスクが資料の山積みになっている場合は、資料を日付でファイリングする方法を試してみてください。用意するものは、日付スタンプとファイルのみ。机の上の書類の山を一掃しましょう。(2010/12/22)

年末デスク整理術:
「書類は寝かすな!」という定説を道具面から考える
「書類は立てて整理しよう」――。この意図はよく分かりますが、なかなかうまくファイリングできないもの。ある文具を使えば、このストレスはすっきり解消できます。(2010/12/15)

Web最適化で勝つ:
ビジネスチャンスを創出する、これからのWeb戦略とは
Webサイトがビジネスチャンスを作り出すメインエンジンになる――。以前から語られてきたが、それを実現できる企業とできない企業の差がはっきりと出るようになった。実現に成功した企業の取り組みを紹介しよう。(2010/10/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。