ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「中古車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「中古車」に関する情報が集まったページです。

羽賀研二、愛する中古車の“ちょっとカスタム”が数百万円達し動揺 値切り後も“日本製1台分”で「恐るべし」「貯金して頑張って」
少しだけまけてもらったようです。(2024/2/26)

やさしいデータ分析:
[データ分析]重回帰分析による予測(線形回帰、多項式回帰) 〜 年式、走行距離、排気量から中古車の価格を予測
データ分析の初歩からステップアップしながら学んでいく連載の第15回。複数の説明変数を基に目的変数の値を予測する重回帰分析について、Excelを使って手を動かしながら学んでいきましょう。カテゴリーなどの数値ではないデータを説明変数として利用する方法や、二次関数などの多項式を基に回帰分析する方法も紹介します。(2024/2/22)

“フェラーリ女子”YouTuber、追突の加害者へ“中古国産車を贈って”賛否「相手はバカでかい十字架を背負う」「人を見定めた結果」
加害者には以前「怒りは一切ありません」(2024/2/18)

テリー伊藤、“新車価格1800万円超”レア車の衝撃装備に「なんじゃこれは」「二度と出会うことはないかも」
ミラーの位置、マジか。(2024/2/16)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
実現すれば世界初? 特急車両に水素エンジンを載せる? JR東海と組んだベンチャーに聞く
JR東海が2023年12月、鉄道車両向け燃料電池の模擬走行試験を公開した。鉄道の脱炭素の多くが燃料電池方式で、水素エンジンは鉄道業界では初耳。JR東海は、この水素エンジンをi Laboと開発するという。i Laboとはどんな会社か、さらに水素エンジンの仕組みと可能性などを取材した。(2024/2/16)

製造マネジメントニュース:
トヨタは2023年度の業績予想を上方修正、ダイハツなどの不正も織り込み済み
トヨタ自動車は2024年3月期第3四半期の決算を発表した。営業収益は前年同期比23.9%増の34兆227億円、営業利益は同102.1%増の4兆2402億円、親会社の所有者に帰属する四半期利益が同107.9%増の3兆9472億円だった。(2024/2/7)

キャンパー妻が夫と一緒に中古ハイエースを“家”にDIYしたら…… 総額160万円で完成したロマンあふれる車内に「安く収まりましたよね」「嫉妬してしまいました」
お邪魔してみたい。(2024/2/6)

やさしいデータ分析:
[データ分析]単回帰分析による予測(線形回帰、指数回帰) 〜 排気量から中古車の価格を予測しよう
データ分析の初歩からステップアップしながら学んでいく連載の第14回。既知のデータから未知の値を「予測」する回帰分析の式の可視化や、求め方、実際の予測を、Excelを使って手を動かしながら学んでいきましょう。直線の式だけでなく指数関数の式での予測や時系列分析についても触れます。(2024/2/1)

テリー伊藤、50年ぶり再会の“激レア国産旧車”に感嘆 「これ乗ってたら勝者だね」
リアスタイルがすてき。(2024/1/31)

男性が選ぶかっこいいと思う輸入車 3位「ラングラー」、2位「Sクラス」、1位は?
NEXERが運営する日本トレンドリサーチが、グーネット中古車と共同で「かっこいい輸入車」に関するアンケート調査を実施した。男性が選ぶかっこいいと思う輸入車の1位とは。(2024/1/28)

テリー伊藤、“めったに街で見ない”左ハンドル仕様の日本車に感嘆 オシャなデザイン性&専用設計が光る1台
高いデザイン性が今でも評価されているキューブ。(2024/1/23)

外交官を狙った「Cozy Bear」の攻撃【後編】
「一般公開のメールアドレス」が危ない BMWでだます攻撃が広がる実態
サイバー犯罪集団Cozy Bearは、外交官を標的にした攻撃活動を実施している。Cozy Bearはどのようにして標的の狙いを定めているのか。要注意の国とは。(2024/1/22)

2023年の企業の休廃業は5万9105件 「あきらめ廃業」広がりの兆し
2023年は市場から4.0%の企業が消滅。そんな結果が、帝国データバンクが実施した調査で分かった。(2024/1/18)

テリー伊藤、“ダメージ仕様”の10万円軽自動車に感嘆 「いきなり欲しいなぁ」「車って面白い」
かわいく乗りこなしたい1台。(2024/1/16)

外交官を狙った「Cozy Bear」の攻撃【前編】
「BMWの格安中古車」はまさかの偽物だった? 外交官を狙った巧妙な手口
ロシアが侵攻したウクライナで働く外交官を標的にした攻撃活動が活発だ。攻撃者はロシア政府が絡むCozy Bearだ。高級車を餌にして、標的をわなに掛ける方法とは。(2024/1/15)

17年間放置のスーパーカーを徹底整備したら……? 蘇った「フェラーリ」名車に思わず感動「すばらしい仕事」
外装がピカピカだ……!(2024/1/21)

「日本の自動車メーカー頭いい」 テリー伊藤、“フランス車みたい”な国産小型車に感嘆の声 新車は終了→視聴者「再販してほしいなぁ」
顔違いの「スペイド」もありましたね。(2024/1/11)

「ライセンス」藤原、高級中古車の買い替えで感激「そんな値段で出してんの!?」 きれいな海外モノが“余裕で半分以下”
新車では800万円以上するもよう。(2024/1/11)

ヒロミ、ジムニーをベンツの“ゲレンデ風”に大改造 まるで本物な仕上がりに「クオリティ凄すぎる」「完全にゲレンデ」
ママ気付くのか!?(2023/12/30)

スノボ・スキーで人気の国産車 3位「アルファード」、2位「ハイエース」、1位は?
スノボやスキーに行く際、乗りたいクルマは何か。日本トレンドリサーチ・グーネット中古車が共同で調査した結果を発表した。(2023/12/29)

Appleのサイドローディング問題、独占制限の新法は誰のための法案か
2023年は、AppleやGoogleなどのアプリストアに関する「サイドローディング」問題の動きが継続的に話題に上った。その最新の動向を林信行氏がまとめた。(2023/12/28)

「あまりに不運」「よりによって……」 発表された「スーパー戦隊」新作、“まさかの設定”が話題
自動車がテーマの作品でした。(2023/12/22)

2024年、世界のパブリッククラウドサービス支出は総額6790億ドルに:
「2028年までにクラウドはビジネスに不可欠のものになる」Gartner予測
Gartnerはクラウドコンピューティングがビジネスに果たす役割を予測した。2023年時点では“Technology Disruptor”(テクノロジーの破壊者)であるクラウドは、2028年までには“Business Necessity”(ビジネスに不可欠のもの)に進化するという。(2023/12/19)

2023年に最も注目された中古車 同率2位は「コペン」「タント」、1位は?
2023年に中古車として注目が高かったクルマは何か。カーセンサーが調査結果を発表した。(2023/12/19)

「夢のまた夢やと」 陣内智則、世界500台の“超高級外車”をドカンと購入 1000万円台より1ランク上で「震え止まらん」「乗りこなせるかな」
アストンマーティンDBX!(2023/12/18)

藤森慎吾、憧れの“1982年製シビック”納車に喜び 市場に出回らないレアな旧車も「超お買い得!」
エアコンを後付けするなど手間がかかっています。(2023/12/16)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜクルマは高くなってしまったのか 高額化に恩恵を受ける人も
自動車の価格がどんどん高くなっている。製造コストや開発コストの増大に加えて、先進装備の充実や安全性向上も求められているからだ。メーカー、ディーラー、そしてユーザーにとって、高額化はどのような意味があるのか。(2023/12/15)

テリー伊藤、“街で絶対見ない”80年代激レア日本車に「これをどう乗りこなすか」「問題は車じゃなくて」
本当に貴重だ。(2023/12/12)

影響深く:
ビッグモーター騒動で「誰が」もうかったのか?
ビッグモーター騒動以降、中古車販売業界の勢力図はどのように変化したのか。業界全体に影響が色濃く残る中、急成長するスタートアップがいた。(2023/12/12)

イメージが悪化した「不祥事ランキング2023」 1位「ビッグモーター不正請求」、2位「ジャニーズ事務所性加害問題」
今年もいろいろありました。(2023/12/1)

新品みたい:
中古スマホって“ガチャ”だよね? 外資系の「整備品」が3倍ペースで伸びている背景
「中古スマホ市場」が盛り上がっている。フランス発のスタートアップ「Back Market(バックマーケット)」では、中古品の品質を最大限に引き上げることで急成長している。日本市場ではどんなことをしているのかというと……。(2023/12/1)

自動車業界の100年に1度の激変期を乗り越えるために:
ホンダが7000人で取り組むデータ分析――「パッションドリブン」を「データドリブン」で支える
ホンダが全社を挙げてデータドリブン文化の醸成に取り組んでいる。その真意について、推進者に話を聞いた。(2023/11/28)

ノンスタ井上、妻要望のMINI納車も……「大丈夫ですかブツけたり」 “事故”イジり倒され「今はゴールド!」
現在はゴールド免許だそうです。(2023/11/23)

冬のドライブで行きたい場所 関東エリア2位「東京ディズニーリゾート」、1位は?
調査対象者は全国の男女1651人。全国を6つのエリアに分け、居住エリアごとにランキングを作成した。(2023/11/23)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
「日本品質」における「ステルス値上げ」について考える
どういう方向性が正解なのか、判断が難しいところだと考えます。(2023/11/20)

ベンツ4台にマセラティも! 元メジャーリーガーが15台の愛車遍歴を披露も、現役テスラ車の査定額にズッコケ「そっちのが高いの!?」
巨人やDeNAでも活躍した高橋尚成さん。(2023/11/16)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
「環境保護活動による道路封鎖」と「交通機関のストライキ」の違い
どこまで許容し、応援できるのか。どこから「迷惑」になるのか。(2023/11/15)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
テスラが直面する「分岐点」 自動車ビジネスの普遍的構造から読み解く
米テスラは今、大きな分岐点に差し掛かっている。すでにメディアにもさまざまな悲観論があがり始めているが、それらはテスラの現状の表層をなぞっただけで、全く本質に届いていない。(2023/11/13)

ビッグモーター、問い合わせフォーム利用者7年分の個人情報漏えいか 不正アクセスを受け
氏名、住所、電話番号、メールアドレス等の情報が含まれていた。(2023/10/30)

ビッグモーターに不正アクセス、個人情報漏えいか フォームからの問い合わせ、約7年分
ビッグモーターは30日、自社Webサイトが第三者による不正アクセスを受け、「お問い合わせフォーム」から同社に連絡していた人達の個人情報の一部が漏えいした可能性があると発表した。(2023/10/30)

ビッグモーターの支援先はどこか 3社に絞り込み
経営危機に陥っている中古車販売大手、ビッグモーターがオリックスとテレビショッピング大手のQVC、中古車販売店「ガリバー」を運営するIDOMの3社を支援先候補に絞り込んだことが、関係者への取材でわかった。(2023/10/30)

ビッグモーターは圏外 中古車買い取り満足度総合ランキング 3位「カーセブン」、2位「アップル」、1位は?
ビッグモーター騒動で話題になった中古車買い取り。各社の満足度ランキングが発表となった。1位はどこだったのか。(2023/10/20)

帝国データバンク調べ:
「中古車店」の倒産、過去最多ペース ビッグモーター問題が追い打ち
帝国データバンクの「中古車店」の倒産発生状況の調査によると、中古車の買い取り・販売を手掛ける「中古車店」の倒産は1〜9月に合計57件発生。過去10年で年間最多の90件に到達する可能性がある。(2023/10/13)

民間企業のケースも解説:
「業務ミス」で教員に95万円請求──個人への賠償請求は合法なのか?
川崎市の市立小学校で、教員のミスによりプールの水が出しっぱなしになった結果、約190万円の上下水道料金が発生した。市は損害賠償金として、約95万円を、教員と校長に請求した。このように業務上のミスをめぐって、個人へ賠償請求することは合法なのか?(2023/10/5)

吉本新喜劇座長、約50年前製造の旧車を手に入れ歓喜 「もう僕のものですもんね!」
かっこいい〜!(2023/10/3)

“150万回再生の車選び動画”から4カ月…… 日向坂46富田鈴花、旧車に目覚める→渋すぎる趣味に反響「まさに車好き」
シブい。(2023/10/2)

旧車好きのロンブー亮、約160万円のホンダ・インテグラ納車でニヤニヤが止まらない “元祖VTEC”に「サーキット行きたくなる」
口角上がりっぱなし!(2023/10/1)

「あまりにも衝撃的」「何色に?」 小田急ベテラン車両の西武“転身”にざわつき
「うそだろ」「あまりにも衝撃的」。西武鉄道が東急電鉄と小田急電鉄から、中古車両計約100両を有償で譲り受けて導入すると発表した26日、X(旧ツイッター)などのSNSでは、鉄道ファンの間で「予想外」「まさか」といった驚きの声が相次いだ。(2023/9/27)

中尾明慶、“THE・芸能人”な高級ミニバンをドカンと購入 アメ車&ディフェンダーに続き「買っちゃいました!」
家族の心配を受けて購入。(2023/9/27)

そこのクルマ止まりなさい→ひぇっ……! 約10年前に「警察に言われた衝撃的な一言」が話題 「普通に怖い」「ゾワっときました」の声
お姉さん「えっ」(2023/9/24)

PR:車買取アップル 中古車の販売も買取も、中古車のことはアップル


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。