ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「中古車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「中古車」に関する情報が集まったページです。

来ました自動車税の季節 日本の重課税(13年/18年)と欧米のクラシックカー優遇を比べてみると…… 多事走論 from Nom
もうすぐ期限(原則5月31日)……毎年気が重い「自動車税納付」の季節。そういえば、日本ってなぜ「旧車」だと重課税されてしまうのでしょう。(2022/5/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
営業利益11倍に マツダ地獄からの脱出、最終章
2010年以来マツダが取り組んできたことをひも解いてみる。それは一度マツダ車に乗るとマツダ車から抜け出せない、俗に「マツダ地獄」と揶揄(やゆ)されてきた状況からの脱出だ。(2022/5/23)

まるで神隠し 「じいちゃん家の近くに捨てられてる」と道路脇で無造作に放置された名車がTwitterで話題
この特徴的なデザインは……!(2022/5/22)

売却も入金もアプリからリアルタイムで:
Embedded Paymentsとは? 急成長Lithiaのサービスから読み解く
U.S.BankとLithia Motorsが共同で中古車売買のユーザー体験を変えるアプリを開発した。自宅にある自動車をオンラインで即売却でき、リアルタイム決済を通じて即時入金も実現する。(2022/5/13)

製造マネジメントニュース:
資材価格高騰の影響は1兆4500億円に、トヨタは数年単位の体質改善で吸収
トヨタ自動車は2022年5月11日、2022年3月期(2021年度)の通期決算を発表した。営業収益が前年度比15.3%増の31兆3795億円、営業利益が同36.3%増の2兆9956億円、当期利益が同25.9%増の2兆8501億円となった。(2022/5/12)

人気の車種について調査:
車の買い替えを検討する車種は? 年代や性別から見える傾向
車の購入や買い替えを検討している方の多くは、使い勝手の良さや安全面を考慮して選ぶ傾向が。(2022/5/10)

バットマンの愛車が5200万円で買える!? 超精工なレプリカ「タンブラー」が売出し中 トヨタ製V8エンジンを搭載
現在はカザフスタンに保管されているそうです。(2022/5/4)

「ついに売りに出た!」 ロンブー亮、次に買う「昭和の旧車」発見で大興奮 その名車とは……?
買っちゃうのかー!(2022/4/26)

電気自動車:
トヨタのEV「bZ4X」はKINTOやリースで、リユース前提にバッテリーを確実に回収
トヨタ自動車は2022年4月12日、EV(電気自動車)の「bZ4X」を5月12日に日本で発売すると発表した。個人にはサブスクリプションサービス「KINTO」で、法人にはリースで提供する。5月12日からは第1期として3000台の申し込みを受け付ける。第2期の申し込みは2022年秋を予定している。2022年度としては5000台の生産と販売を計画する。(2022/4/13)

ホンダの中古車サブスク、全国展開と拠点拡大を発表
 ホンダは4月7日より、中古車サブスクリプションサービス「Honda Monthly Owner」の展開エリアを、全国47都道府県、378拠点に拡大すると発表した。(2022/4/8)

房野麻子の「モバイルチェック」:
ドコモも参入の中古スマホ販売、各社あの手この手の保証やサポート
MM総研の調査によると、中古スマホ市場は右肩上がり。2020年度の中古スマホ販売台数は185万台、前年度比13.5%増で過去最高を記録したが、25年には販売台数が268万台に上る見込みだという。そんな中、NTTドコモは3月23日から、同社認定リユース品「docomo Certified」の取り扱いを開始した。(2022/4/8)

満足度の高い「中古車専門販売店」ランキング 3位は「カーセブン」、2位は「TAX」、1位は?
調査対象者は全国の“過去4年以内に中古車販売店の店舗で中古車を購入し、価格を把握している” 18〜75歳の人。(2022/4/7)

電動化:
価値を算定できない中古車EVのバッテリー、SCiBの技術を応用して電池状態を診断
ファブリカコミュニケーションズ、丸紅プラックス、東芝の3社は、中古車EVの安全性と流通の活性化を目的とした新サービスの検討を目的に、中古車EVの電池状態診断技術の実証実験を行うことで合意したと発表した。実証実験を通じて、3社共同で次世代に向けたEV普及に寄与するソリューションやサービスの創出を進めていく方針。(2022/4/7)

日本トレンドリサーチ調査:
車の渋滞、若者ほど「イライラしない」多く ”車内カラオケ”など娯楽と親和性高い?
日本トレンドリサーチは、グーネット中古車と共同で「車の渋滞」に関するアンケートを実施。30代以下の34%が渋滞に巻き込まれても「イライラしない」と回答した。(2022/4/1)

中古スマホの故障を“予知”して同一機種と交換 独自診断アプリ付き「NewsedPhone」
中古スマホ事業を行っているニューズドテックが、スマホ故障診断アプリ「スマホカルテ」をプリインストールした「NewsedPhone」を販売。スマホカルテで故障診断し、“故障前サイン”が出たら、原則、同一端末と交換できる。故障を自分で調べたり店舗に出向いたりする負担を軽減する。(2022/3/31)

高根英幸 「クルマのミライ」:
高くなるクルマ コスト高は本体価格だけではない
この20年、サラリーマンの給料が上がらないといわれているにもかかわらず、クルマの価格は上昇していく一方だ。軽自動車でも200万円が当たり前の時代。クルマを買い替えよう、あるいは新たに購入しようと思った時、感じたことはないだろうか「クルマって高くなったなぁ」と。(2022/3/31)

リコーの360°カメラ「THETA X」登場、国内はネット直販中心に 業務用は“SaaS+a Box”展開
リコーが「THETA(シータ) X」を国内で発表した。4月からの流通が変わるため、一般ユーザーは直販サイトで購入するケースが中心になりそうだ。(2022/3/30)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
よく見ると実物と製品写真のサイズが違う? 「優良誤認」が疑われる画像にだまされないために
製品を本物以上によく思わせようとする製品画像の加工は、海外メーカーで見られることがある。これらは優良誤認ではないのか、またユーザーとしてだまされないようにするには、どうすればいいだろうか。(2022/3/18)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(20):
メタバースは視界良好、メガネ型HMD「MeganeX」が見る未来
「CES 2022」で話題をさらったのが、Shiftallのメタバース用HMD「MeganeX」だ。従来HMDといえば、左右がつながったボックス型を思い浮かべるところだが、まさにメガネのように左右が分離したスタイルは、多くの人に驚きをもって迎えられた。Shiftallの岩佐琢磨氏に、MeganeXの開発経緯やメタバースの未来について聞いた。(2022/3/3)

乗りたいクルマはこっち:
新型のノアとヴォクシー、人気を集めたのはどっち?
トヨタ自動車から新型の「ノア」と「ヴォクシー」が発売されたことを受け、日本トレンドリサーチとグーネット中古車は共同で「乗りたいクルマ」に関するアンケートを実施した。より乗ってみたいのはどちらのクルマなのか。(2022/3/2)

高根英幸 「クルマのミライ」:
トヨタがEVメーカーになることを待望するヒトに欠けている視点と残念な思想
トヨタのバッテリーEV戦略に関する説明会では、トヨタの底力を見せたのは間違いない。しかし、あれを見て「トヨタもBEVに注力するのか」と思った人は多かったようだ。そう思わせるのが目的だとはいえ、この見方はあまりにも単純すぎる。(2022/3/1)

西川善司の「日産GT-Rとのシン・生活」:
新車買ったらペイントプロテクションフィルムを ボディーコーティング、スマホの保護フィルムとはここが違う
西川善司さんによる国産高級スポーツカー「GT-R nismo Special Edition」連載、今回は車体の保護について。スマートフォンで一般的になりつつあるフィルム保護のようなことを、車にも施すのである。(2022/2/28)

オリラジ藤森、「ヨンフォアの次に乗るバイク」物色 めっちゃ手強そうな旧車「GTサンパチ」お買い上げか?
これは買っちゃう雰囲気です……!(2022/2/26)

矢野経済研究所が調査結果を発表:
車載用LiBの廃棄量は9万トン、回収量は想定を下回る
矢野経済研究所は2022年2月15日、リチウムイオン電池(LiB)のリユースおよびリサイクル動向についての調査結果を発表した。(2022/2/22)

電気自動車:
リチウムイオン電池のリユース/リサイクル市場、廃棄量が想定下回るが対応急務
矢野経済研究所は2022年2月15日、リチウムイオン電池のリユースとリサイクルの市場に関する調査結果を発表した。(2022/2/16)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
【自動車メーカー7社決算】ものづくりのターニングポイントがやってきた
内自動車メーカーの第3四半期決算が出揃った。しかし、今年の第3四半期決算は少し趣が違う。どう違うかを解説する前に、まず第2四半期までの状況を振り返っておこう。(2022/2/14)

西川善司の「日産GT-Rとのシン・生活」:
「身の丈以上の高級車」を買うときに役立つ、西川善司流「スポーツカーの買い方」指南
日産の最新スポーツカー「GT-R nismo Special Edition」を購入した西川善司さん。一括ではなくローンでの支払いだ。(2022/1/24)

西川善司の「日産GT-Rとのシン・生活」:
断絶危機の純ガソリンスポーツカーにして人生最後のクルマ「GT-R nismo Special Edition」、ついに納車されました
2022年と2026年は多くの純ガソリンエンジン搭載スポーツカーが生産終了に追い込まれる。その理由を説明しよう。(2022/1/22)

製造業がサービス業となる日:
株式売却も日立との技術連携深める日立建機、DX基盤の構築で国内営業の革新へ
日立建機と日立製作所は、日立建機がグローバルで展開する事業のDXを加速するための「DX基盤」を構築したと発表。その活用の第1弾となるのが、日立建機傘下で国内の建設機械の販売や部品・サービス事業などを担う日立建機日本の販売、サービス、レンタル、中古車の各担当者を対象に運用を始める「営業支援アプリ」である。(2022/1/21)

自動車業界の1週間を振り返る:
クルマが文化としていつまでも豊かなものでありますように
これを書いている金曜日は、千葉の海風に吹かれて凍える思いをしていました。海風に吹かれながらどこに行ってきたかというと、この週末に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開かれる「東京オートサロン2022」です。(2022/1/15)

幻のGT-Rコンプリートカー「NISMO 400R」、デジタル資産「NFT」として販売
NFTって、何だー?(2022/1/11)

オートモーティブ 年間ランキング2021:
ナイロン、電池、半導体……クルマに不可欠だからこそ、注目が集まる
本稿は、1年間に読まれた記事をランキングで振り返る、MONOistの毎年恒例の企画です。2020年に同じように作成したランキングを読み返してみると、工場の操業予定に関する複数の記事が上位に入っていました。2021年のランキングにそうした記事はありませんでしたが、毎月発表される日系自動車メーカーの生産動向を見ていると、2021年の前半は前年の生産台数を上回る月もありましたが、徐々に前年割れの月が増えていったように思います。(2021/12/27)

ポップなのに上品さも感じる 第6代クウェート首相の愛車「ポルシェ911」が売りに出される
以前はクウェートの首相が使っていたそうです。(2021/12/23)

従来の中古車販売とは違う:
初代コペンやミラ・ジーノ……人気の旧型車を復活させた、琉球ダイハツの狙い
琉球ダイハツ販売は、ダイハツの人気車種をリバイバル(復活)させて販売する「Uリバイバルプロジェクト」を実施している。(2021/12/23)

安全システム:
購入から数年たったクルマをトヨタがリフレッシュ、ADAS追加やシート表皮交換
トヨタ自動車とKINTOは2021年12月21日、購入後の車両を最新の状態にするサービスを2022年1月下旬から開始すると発表した。(2021/12/22)

最も人気を集めた「中古車」とは カーセンサー「カー・オブ・ザ・イヤー 2021」発表、3位にスズキ「ジムニー」
SUVがアツい!(2021/12/21)

「新型の中古買い」がスタンダードに:
「カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー 2021」発表 中古車人気1位は「トヨタ ハリアー」
リクルートは、同社が企画・制作する中古車情報メディア「カーセンサー」が、今年掲載した中古車の全モデルの中から、ユーザーの購入意欲の高さに注目したランキング結果を発表した。(2021/12/20)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
半導体不足とEV化と元祖ハチロク復活で見えてきた“愛車を長く乗る時代”
ディーラーがクルマを勧めない理由とは?(2021/12/17)

いまさら聞けない自動車業界用語(18):
高齢者とクルマの運転、技術は何をできるのか妄想してみよう
皆さんは将来の自動運転車の在り方や、高齢者の移動問題がどのようになると思いますか。運転が好きな方は、自分の身体機能や認知機能が衰えたときに未練なく免許を返納できるでしょうか。それとも、いつまでも運転できる方法を探すでしょうか? 今の技術や社会から、ちょこっと妄想してみませんか。(2021/12/17)

産業動向:
土地所有者と事業用地を探す事業者をつなぐ、三井不動産リアルティの新サービス
三井不動産リアルティは、土地所有者と事業用の土地などを探す事業者をつなぐ土地活用サービス「ALZO」を提供している。今後は、2021年度中に、ALZOの提携企業を150社にすることを目指す。(2021/12/3)

伸び悩み:
「車を買ったのを忘れてしまう」1年たっても届かない新車 納期大幅遅れの波紋
新型コロナによる半導体不足で、車社会の沖縄県内でも新車の納期が大幅に遅れている。スポーツタイプ多目的車(SUV)など人気の車種では、予約から「1年待ち」も起きていて……。(2021/11/30)

「バイク大好きすぎてバイクメーカーまで作った男」 キアヌ・リーブスのバイクコレクションがマジスゲー!
「キアヌと友達になりたい」という人続出です。(2021/11/21)

1980s国産名車・カワサキ「Z400FX」再見 新時代を開拓したカワサキ初の400ccマルチ
今も絶大な人気を誇る「1980年代の名車」たち。2021年中古車相場は300〜600万円、クラス初のDOHC並列4気筒を搭載した爆発的ヒットモデル「Z400FX」を紹介します。(2021/11/20)

自動車業界の1週間を振り返る:
日米独仏中が参加しなかった、「2040年までに全てゼロエミッション車」の宣言
さて、今週で「COP26」(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)が終わりました。自動車に直接関係のある話題としては、パリ協定の目標達成に向けてゼロエミッション車への移行を加速する宣言と、2022年の行動計画があります。(2021/11/13)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
「これ以上の豊かさはいらない」といえる分野、いえない分野
自分に向けて言うのはいいかもしれませんが、他者、特に次世代に向けて言うべきではありません。(2021/11/11)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
おカネで懐かしさを手に入れる、大人の遊び
クルマのことを考えると駐車場のことが気になり、駐車場のことを考えると住む街のことも考えてしまうので、実現までの道のりは長い。(2021/11/10)

電気自動車:
中国でEV用バッテリーをターゲットに保険やサービス、パナソニックと三井住友海上
パナソニック、中国太平洋財産保険、三井住友海上火災保険は2021年11月8日、中国で電気自動車(EV)向けの新たな保険商品やサービスの提供や、新たな事業創出に向けて協力する協定を締結したと発表した。(2021/11/9)

コロナ禍でもマフラーは爆売れ! なのに「ニューモデル用マフラーが発売されない」意外な理由とは?
バイク人気でカスタムパーツ需要も活況。しかし、GB350用、レブル1100用、ハヤブサ用……など「今年登場の新モデル用マフラー」はそういえばあまり登場していません。一体なぜ……?(2021/11/7)

自動車業界の1週間を振り返る:
「トヨタが最下位」の気候対策ランキングは、脱SUV、脱マイカーも求めている!?
環境保護団体グリーンピースが発表した自動車メーカーの気候対策ランキングで、トヨタ自動車が最下位だったと話題ですね。ニュース配信サイトでは記事が短かったので、グリーンピースの発表を見てみました。(2021/11/6)

ココリコ遠藤、超人気車「新型ランドクルーザー」一目惚れで即決購入!? ……からの激ヤバ納車時期に残念ノックアウト
納車時期はまさかの「5年後」……!! ひぇぇ〜(泣)(2021/11/2)

PR:車買取アップル 中古車の販売も買取も、中古車のことはアップル


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。