ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ヤマハ発動機」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ヤマハ発動機」に関する情報が集まったページです。

3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN 2020 ONLINE:
ヤマ発が語る、バイク開発に不可欠な「ほこり入り解析」の新手法とその妥当性
ヤマハ発動機は、オンラインイベント「3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN 2020 ONLINE」において、「モーターサイクルのほこり入りCFD解析について」と題し、CFDソリューション「PowerFLOW」をモーターサイクル(オートバイ)開発に適用した取り組みについて紹介した。(2020/7/17)

さすがにレアすぎ!? 50年前の名車オブ名車「トヨタ 2000GT」の純正部品が復刻再生産
何台残ってるんでしょうか……。でも取り組み自体が熱いです。(2020/7/8)

FAニュース:
ロボットシステム立ち上げを短縮する支援ソフト、3Dシミュレーター機能搭載
ヤマハ発動機は、ロボットコントローラー「RCX3」シリーズ用のサポートソフトウェア「RCX-Studio 2020」を発売した。3Dシミュレーター機能などの新機能を搭載し、ロボットシステムの立ち上げ時間短縮や作業者の負荷軽減に貢献する。(2020/6/12)

FAニュース:
食品や医薬品、化粧品、衣料品などの不定形物も検出できるビジョンシステム
ヤマハ発動機は、従来機種より最大45%、サーチ時間を短縮できるビジョンシステム「RCXiVY2+」を発表した。不定形物が検出可能で、食品や医薬品、化粧品、衣料品などの検出およびピッキングなどができる。(2020/6/10)

製造マネジメントニュース:
COVID-19で二輪車に注目集まる、通勤手段や物流に、先進国でも
ヤマハ発動機は2020年5月29日、2020年12月期第1四半期(2020年1〜3月)の決算を発表した。売上高は前年同期比7.8%減の3959億円、営業利益は同29.2%減の254億円、当期純利益は同66.1%減の96億円で減収減益となった。(2020/6/1)

FAニュース:
高精度はそのまま剛性を向上、ヤマハ発動機が新型高性能リニアコンベヤー発売
ヤマハ発動機は高速かつ高精度にワークを搬送できるリニアコンベアモジュール「LCMR200」を同年7月1日に発売する。現行機設置方法を見直すて高精度性はそのままに剛性を向上させた。(2020/5/28)

ヤマハ、ブッ飛び怪物スポーツバイク「YZF-R1M/R1」を日本でも発売 くぉぉ、お値段もブッ飛び319万円……
ズズズンと200馬力のモンスター級。【写真14枚】(2020/5/28)

医療機器ニュース:
感染者搬送車両や知財開放、自動車業界が新型コロナ向け支援拡大
トヨタグループ、ホンダ、スズキ、ヤマハ発動機などが、医療支援の取り組みを発表した。(2020/5/8)

FAニュース:
最大可搬質量10kgでアーム長610mmと710mmのスカラロボット
ヤマハ発動機は、スカラロボット「YK-XE」シリーズから、アーム長610mmの「YK610XE-10」、710mmの「YK710XE-10」を発売した。最大可搬質量は、両機種とも10kgとなっている。(2020/5/1)

ジュビロトレーナー監修、ヤマハ所属作曲家の音楽 ヤマハ発動機公式「Revストレッチ/エクササイズ」がヤマハらしさ満載
自宅でのリフレッシュにぜひー。(2020/4/28)

工場ニュース:
ヤマ発が新型コロナで工場の操業停止を延長、住友ゴムもGW前後で生産調整
ヤマハ発動機が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に対応するため生産調整と臨時休業を追加で実施する。住友ゴム工業も、ゴールデンウイーク(GW)前後で国内工場の生産調整を実施する。(2020/4/27)

工場ニュース:
東南アジアでのロボティクス事業を拡大、タイに新事務所を開設
ヤマハ発動機は、東南アジアでのロボティクス事業を拡大するため、タイのナワナコン工業団地に事務所とショールームを新設する。これにより、東南アジア地域での製品供給体制の強化や、新たなサービスの創出を図る。(2020/4/13)

工場ニュース:
二輪車も新型コロナで国内生産がストップ、ヤマ発が国内工場を操業停止
ヤマハ発動機は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に対応するため、2020年同年5月1日から国内8工場全ての操業を停止する。二輪車メーカーではホンダとスズキも二輪車の生産調整を行っている。(2020/4/10)

ロボット開発ニュース:
リンゴ自動収穫機のスタートアップに2億7500万円を追加出資
ヤマハ発動機は、リンゴ自動収穫ソリューションを開発するスタートアップ企業「Abundant Robotics」に、250万ドルの追加出資を実施した。果菜農業での自動化を推進し、省人化と生産性向上に貢献する。(2020/4/7)

ドローン:
ヤマ発が農業用ドローンに自動飛行機能を追加、RTK方式の位置測位で実現
ヤマハ発動機は農業用ドローン「YMR-08AP」を2020年3月中に発売する。高精度測位手法RTKと農業アプリケーションagFMSの組み合わせで自動飛行を実現。(2020/3/25)

トヨタ「新型コロナ」自社工場で感染者を確認 ホンダや日産など国内メーカー「COVID-19」対応発表まとめ
国内の自動車・バイクメーカーのコロナ対応情報をまとめました(2020/3/22)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
高輪ゲートウェイだけじゃない! 製造業注目の静岡県のJR新駅とは
前からここいらへんに駅があるといいな、とは思っていました。(2020/3/10)

おぉぉこれもしかして「RZ」……!? 「XSR900」に2020年モデル 80年代の流行イメージをビッと再現
中見は最新、雰囲気はブリバリ80年代。【写真39枚】(2020/2/7)

電気自動車:
ヤマハ発動機が駆動用モーターの試作開発をサポート、最大200kWまで対応
ヤマハ発動機は2020年2月4日、四輪車を含めたモビリティ向けの電動モーターユニットの試作開発受託を開始すると発表した。社外に試作ユニットを提供し、市場ニーズを発掘する。(2020/2/5)

協働ロボット:
ヤマハ発動機が協働ロボット市場に参入、早大発スタートアップと技術提携
ヤマハ発動機は都内で記者会見を開き、東京ロボティクスへの出資および協働ロボット分野での技術供与に関する契約を締結したと発表した。(2020/1/22)

FAニュース:
少量多品種生産でも11万5000CPHを実現、ヤマハ発動機が新実装機を投入
ヤマハ発動機は2020年1月10日、表面実装機の新製品「YRM20」を同年4月1日に発売すると発表した。同社主力となる中級クラス帯の新シリーズとなり、自動車や産業機械、PCなど段取り替えが必要な少量多品種製品の工場に対し、年間500台の販売を目指す。(2020/1/15)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
自動車業界の2020年のイベント、大規模実証も新型車も楽しみ
いいことで忙しい1年になりますように。(2020/1/8)

製造業のデジタル変革:
PR:なぜデジタル変革をするのに、基幹業務システムを考えなければならないのか
製造業でもデジタル変革に大きな関心が集まっているが、実際には思ったようには進められないケースが多い。実はそのボトルネックになっているのが「基幹業務システム」だという。デジタル変革に欠かせないこれからの新たな基幹業務システムには、どのような要件が求められるのだろうか。ビジネスエンジニアリング主催イベント「mcframe Day 2019」オープニングキーノートの内容をお伝えする。(2020/1/6)

このすごい痛車たちに祝福を! 聖地「秋葉原UDX」インタビューからコスプレ美女まで2019年「痛車」ネタ総まとめ【写真総数2000枚以上】
2019年に取材した痛車イベントのレポート記事のまとめです。(2020/1/3)

政治に翻弄された1年に:
2019年のエレクトロニクス業界を記事で振り返る
2019年の主なニュースを、EE Times Japanに掲載された記事で振り返ります。(2019/12/27)

“空飛ぶバイク”に、ヤマハの“謎の四輪駆動車”も 2019年に見た未来のクルマ
2019年は、東京モーターショーが開催され、未来を感じるクルマやバイクが多数展示された。どんな製品が発表されたのか振り返ってみたい。(2019/12/24)

車・バイク大好きものづくりコンサルタントが見た学生フォーミュラ2019:
学生フォーミュラの「デザイン審査」で何が問われるか、知っていますか
2019年の学生フォーミュラレポートも今回で最終回。実は今大会開催の1カ月ほど前に、2012年大会で横浜国立大学フォーミュラプロジェクトのリーダーを務め、その後中小企業の雄、由紀ホールディングスで開発の仕事をされている曽根健太郎氏から「デザイン審査員さんにインタビューしませんか?」といううれしいお話を頂いた。(2019/12/19)

ヤマハ「セロー250」生産終了へ ファイナルエディションを2020年1月に発売、ファン「寂しい」別れ惜しむ声
最後のセロー250は初代リスペクトの2色展開。(2019/12/5)

IIFES2019:
ロボットSIに注力する日立、ラインビルダーとしての実力もアピール
日立製作所は、「IIFES2019」において、ロボティクスソリューションの実機デモを披露した。前工程と後工程2つのセルから成る生産ラインであり、ラインビルダーとしての実力もアピールする内容になっている。(2019/11/29)

車・バイク大好きものづくりコンサルタントが見た学生フォーミュラ2019:
学生もEV開発に試行錯誤、先輩から後輩への技術伝承も課題に
ラグビーワールドカップで日本がアイルランドに勝利し、沸きに沸いた静岡県袋井市・掛川市内の小笠総合運動公園(通称「エコパ」)。その約1カ月前の8月27〜31日に「第17回学生フォーミュラ日本大会2019」(以下、学生フォーミュラ)が開催されました。2019年もピットレポートを中心に学生さんの熱き活動を伝えていきたいと思います。(2019/11/11)

産業用ロボット:
ヤマハ発動機、シミュレーション機能などを強化した2軸ロボットコントローラー
ヤマハ発動機は2019年11月1日、2軸ロボットコントローラー「RCX320」を同年12月1日に発売すると発表した。従来モデルに対し13年ぶりのバージョンアップとなり、基本性能を大きく向上させた他、設定プログラムの簡易シミュレーション機能など、PCベース設定との親和性を高めた点などが特徴となる。(2019/11/5)

未来を先取り!? トヨタとヤマハがマジで開発する「パーソナルモビリティ」に乗ってきた【写真58枚】
あとは法整備か……!(2019/11/1)

各社こだわりの華やかな衣装にも注目! 「東京モーターショー2019」美人コンパニオンまとめ第2弾
4つのエリアにまたがるTMS2019でお姉さんたちを激写!(2019/10/29)

写真で見る「東京モーターショー2019」
自動運転技術やAIアシスタントを搭載するコンセプトカー、コンパクトEV(電気自動車)など、「第46回東京モーターショー2019」で披露されているクルマを写真で振り返る。(2019/10/26)

東京モーターショー2019:
ヤマハがモーターショーに“謎の四輪駆動車”出展 その正体とは?
ヤマハ発動機が東京モーターショー2019に出展するコンセプトカー「Land Link Concept」。来場者からは「月面探査ローバのようだ」「パッと見た感じ、用途が謎だ」というつぶやきもチラホラ聞こえるが、その正体は。(2019/10/23)

何これ、月面探査機……!? 飛ぶの? ヤマハが「謎の自律移動車」を世界初披露 東京モーターショーで公開【画像14枚】
あれだ、フリーザ様専用小型ポッドのベース機かもですよ。(2019/10/21)

「ヤマハ×アズレン」コラボバイク制作現場を独占取材、暁とジャマイカのスペシャルバイクはこうして作られた
東京モーターショー2019でヤマハが特別展示する予定。(2019/10/23)

FAニュース:
最大可搬質量4kg、サイクルタイム0.41秒のスカラロボット
ヤマハ発動機はスカラロボット「YK400XE」を発売した。駆動系やアーム構造を見直し、最大可搬質量が従来機の1.4倍に向上、標準サイクルタイムが10%短縮した。高速かつ振動の少ない動作で生産性向上に寄与する。(2019/10/15)

東京モーターショー2019:
障害物を避けながら自在に動き回るヤマ発の「ランドリンク」、人に合わせた器用さも
ヤマハ発動機は2019年10月10日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、自律ソリューションビークル「ランド リンク コンセプト」を世界初公開すると発表した。(2019/10/11)

【レビュー】e-bikeどれだけ走れる? 新世代スポーツ電アシ車「CRUISE」で伊豆半島約100キロを走ってみた
2019年はe-bike元年なんだとか!? じわじわ日本にも増えてきたシマノ製電動ユニット搭載スポーツ車に試乗!【写真33枚】(2019/9/25)

「ディアブロのヘッドライトは、Z32と共通」……は? ウソだろ〜!? 意外で驚きな共通点があるクルマ6選
2000GTのあのテールランプは「バス流用」、ロータス・エスプリには「ハチロクのアレが流用……!」なのだそうですよ。(2019/9/11)

これは渋いぜ……! ヤマハ、250ccスポーツバイク「YZF-R25/R3」に限定モンスターエナジー仕様【写真30枚】
価格は67万1000円から。(2019/9/5)

自動運転技術:
ソニーとヤマ発が低速自動運転車を開発、4Kモニターでエンタメ空間
ヤマハ発動機とソニーは2019年8月21日、移動中のエンターテインメントを提供する自動運転車を共同開発したと発表した。名称はSociable Cart(ソーシャブルカート)「SC-1」で、ヤマハ発動機の自動運転技術とソニーの映像技術を融合させた。両社は2019年度内にSC-1を用いたサービスを日本で開始する。車両の一般販売は予定していない。(2019/8/22)

何これかわいい ソニー、ヤマハ発と共同で「エンタメ自動運転カート」を開発
コンセプトは「人が乗れるスマホ」。(2019/8/21)

窓の代わりにディスプレイ ソニーのクルマ、実用化へ ヤマハ発と共同開発
ソニーは、イメージセンサーとディスプレイを搭載した窓のないクルマ「New Concept Cart SC-1」をヤマハ発動機と共同開発し、年内にサービスを開始する。試作機と同様、カメラでとらえた360度の映像をディスプレイに映して周囲を把握でき、乗員は夜間でもヘッドライトなしで視認できる他、遠隔操作にも対応している。(2019/8/21)

自動運転技術:
自動運転ECUの業界標準目指す、ティアフォーが台湾クアンタと資本業務提携
ティアフォーは2019年8月19日、台湾のクアンタ・コンピュータ(Quanta Computer)を引受先として第三者割当による10億円の追加増資を実施したと発表した。この資本業務提携により、クアンタ・コンピュータとティアフォーは、自動運転システムを支える電子制御ユニット(ECU)の開発と商用化に注力し、業界標準の獲得を目指す。(2019/8/20)

製造マネジメントニュース:
ヤマハ発動機の半導体後工程装置子会社が発足、“どん底”からのV字回復目指す
ヤマハ発動機子会社のヤマハモーターロボティクスホールディングス(YMRH)が2019年7月〜2021年末まで2年半の中期経営計画を発表。2020年上期までに生産拠点再編を行うなどして、足元で営業赤字に陥っている業績を、2021年に売上高351億円、営業利益21億9000万円のV字回復を目指す。(2019/8/15)

「Tern Vektron S10」ロードテスト(1):
「ママチャリの電アシ」と何が違う? 欧州系e-bike「Tern Vektron S10」買っちゃった
「趣味用スポーツ自転車に電動アシストなどいらねー」などと言っていた筆者が心変わってe-bikeにドハマリ。ママチャリ型電アシ自転車と何が違うのか、そしてなぜ買っちゃったのかを冷静に振り返ります。(2019/8/14)

あのモンエナカラーだ! ヤマハ、MotoGPワークスマシンカラー仕様の「原2スクーター」を発売
気分はもうロッシ選手。(2019/7/26)

威圧感のある鋭いフェイス ヤマハ「YZF-R1」「R1M」をマイナーチェンジ、カウルや電子制御システムなど刷新
シャープな印象を与える「R1」「R1M」の2020年モデルです(2019/7/17)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。