ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「やる夫」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「やる夫」に関する情報が集まったページです。

「やる夫スレ」の傑作4編が書籍になるようです 今再び脚光浴びる「やる夫」、企画者に意図を聞いた
やる夫スレからまさかの書籍化。(2019/10/11)

史上最もためになる“クソ”漫画? 『異世界のトイレで大をする。』作者ルーツに聞くトイレ学の面白さ
トイレで読みたい1冊です。(2019/2/22)

働いてる人みんなに「えらいよ」と伝えたい漫画『はぐちさん』 作者のくらっぺ先生、初インタビュー
無理すればな、漫画家にもなれんねん。(2017/9/29)

ねっと用語知ったかぶり:
「オプーナを買う権利をやろう」――なぜオプーナさんはワゴンの王と呼ばれるようになったのか
発売日はマリオとの直接対決でした。(2016/9/17)

コーエーテクモ「無双☆スターズ」にまさかのオプーナ参戦でネット民がざわつく 「ついにオプーナを買う権利を使う時が来た」
映像ではシルエットのみの登場でしたが、これは間違いなく……!(2016/9/13)

「オプーナ」のLINEスタンプが製作決定 買う権利ありがとうございます……! ありがとうございます……!
エナジーボンボン再び。(2016/2/2)

FC2ブログの大量凍結騒動は「誤凍結」―― FC2ブログが謝罪、原因はアダルトキーワードの誤検出
誤凍結と分かったサイトについてはFC2側ですでに凍結を解除したとのことです。(2015/12/9)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

“やる夫”で学べる教材も:
学びはゲームだ、冒険だ! ――“多忙な社会人”を虜にする「ShareWis」って何だ?
忙しい、時間がない、探すのが大変――。学びたいという気持ちがありながら、社会人が挫折する理由はこんなところにある。そんな多忙な社会人が“思わずハマってしまう”無料の教材を提供するのがShareWis。どんなコンテンツ作りで社会人を魅了しているのだろうか。(2014/5/13)

「辛くない時期はなかった」 月間1億2000万PVで得たもの/失ったもの 清水鉄平「はちま起稿」に狂わされた人生
月間1億2000万ページビューを稼ぐ怪物サイト「はちま起稿」。その元管理人・清水鉄平とはどういう人物なのか。書籍発売を記念して、清水氏にインタビューを行った。(2014/4/21)

こちらスネーク! 自衛隊宮城地方協力本部のサイトが狂気じみていて\(^o^)/すぎると話題に
えっと……ハッキングでもされたんですか?(2013/10/4)

【豆知識】Google翻訳で「do you」を日本語翻訳するとあのキャラ降臨
あのキャラの名前がなぜこんな形で出てくるのか不思議だお。(2013/6/19)

ジョブズそっくりフィギュアからステマ騒動まで──アクセストップ100記事で振り返る2012年
いろいろありました。(2012/12/29)

自宅警備隊にライバル現る! ニャル子さんもセガサターンも――コミックマーケット82コスプレリポート
3日間でのべ56万人が参加したコミックマーケット82。自宅警備隊のライバル「武装職安」が話題になったが、麗しいお嬢さんたち、メル先生やカーチャンなどいつもの(?)面々も一挙にどうぞ。(2012/8/13)

アメーバピグ「15歳以下利用制限」で抗議殺到、公式ブログ炎上 やる夫AAも貼られる“祭り”に
サイバーエージェントの「アメーバピグ」で、15歳以下のユーザーが実質的に他ユーザーとコミュニケーションできないようにする制限を導入。公式ブログに抗議が殺到している。(2012/3/13)

ワンフェス2012冬:
あの「提供メガネ」も! ワンフェス2012[冬]一般ブースで見つけた「ナニコレ珍フィギュア」まとめ
気付けば珍フィギュアばっかり追っかけていた「ワンフェス2012[冬]」。ほかのメディアがあまり紹介しないであろう(多分)、変わり種の立体物を集めてみました。(2012/2/13)

D89クリップ(35):
【@ITスマートフォンアプリ選手権レポート】 学生からプロまで入り乱れてのアプリ合戦頂上対決!
スマートフォンアプリ選手権の決勝大会がお台場で開催され、予選を勝ち抜いたアプリとその作者が集合。面白プレゼンで盛り上がったイベントをレポート(2012/1/13)

ねとらぼ:
「やる夫はFacebookを始めるようです」
あるネット広告代理店のFacebookページになぜか「やる夫で学ぶfacebook初心者ガイド」なるものが掲載されている。(2011/3/1)

今年もすごいぞ! エイプリルフールネタ合戦、円谷プロから2ちゃんまで
円谷プロ、2ちゃんねる、ニコ動、Google……今年もエイプリルフールネタ合戦が熱い!  (2010/4/1)

【お知らせ】「ネットのスターは不滅です」――NHK「ねとすた」最終回、Twitter活用
ネットで人気のコンテンツや人を紹介するNHK BS2の番組「ザ☆ネットスター!」(ねとすた)が2月5日深夜の放送で最終回を迎える。(2010/2/4)

「次の活躍の場はネット」 天野喜孝さん、ニコ動ユーザーと再びコラボ
「次の活躍の場はネット」――天野喜孝さんがニコ動に再び“降臨”。天野さんの描いたイラストを元に、映像作品を作るコンテストが開かれる。mixiアプリも企画中だ。(2009/12/18)

天野喜孝さんが描いたやる夫、その日のうちにAAになっていた
天野喜孝さんが描くやる夫、本になったやる夫と、先週はやる夫づくしの1週間だった。天野さんのやる夫は、その日のうちにAA化されていたようだ。(2009/8/31)

「ネットの中だけではもったいない」 「やる夫」本が伝える奥深さ
「2ちゃんねるの面白い話を、ネットをあまり見ない人にも見てもらいたい」――「やる夫」の書籍は、そんな思いで作られた。「やる夫シリーズには、重みや鋭さ、胸に迫るものがある」と編集者は話す。(2009/8/28)

「やる夫ですから、噴火しているんです」 天野喜孝さん、ニコ生でやる夫描く
あの天野喜孝さんがニコニコ生放送で、想像力をふくらませながら「やる夫」を描いた。AAとはひと味違う天野流で、「ガチムチ系」というコメントも。(2009/8/25)

やる夫? クマー? 天野喜孝さん、AAを「ニコ生」で描く
あの天野喜孝さんが、「クマー」「やる夫」「人生\(^o^)/オワタ」「八頭身モナー」のうち、最も多くの票を集めたキャラをニコ生で描く。(2009/8/24)

「eneloop bike」で自転車通勤したいけど……
自転車通勤でダイエットしたいけど、仕事で疲れた後に自転車で帰れる気がしない――「eneloop bike」新製品は、意志の弱い記者にぴったりかもしれない。(2009/8/3)

ねとらぼ:
「やる夫が本になったお!」
「やる夫」をテーマにした書籍を、ワニブックスが9月1日に発売するらしい。「vipperのみんなはどんどん買ってほしいお……」(2009/7/27)

基礎から分かる、mixiアプリ作成入門(1):
まずは、mixiアプリを使ってみよう、作ってみよう
(2009/6/17)

ねとらぼ:
ねとらぼが1周年だった 年間アクセストップ100
おかげさまでねとらぼが先週、1周年を迎えていました。アクセスの多かった記事を中心に、この1年を振り返ります。記事の最後に年間アクセストップ100の一覧表あり。(2009/4/24)

ねとらぼ:
「ネギ振りミク」から「やる夫時報」まで mixiアプリ、200以上公開中
オープンβテスト中のmixiアプリを試してみた。一番人気は「はちゅねミク」がネギを振るアプリだ。(2009/4/17)

ねとらぼ:
今年も白熱、エイプリルフールネタ合戦 「円谷プロ」など定番から新顔まで
今年のエイプリルフールは、円谷プロなど定番から日本のYouTubeなど新顔まで、さまざまなネタがネット上で楽しめる。(2009/4/1)

ねとらぼ:
あんなところに萌えキャラ こんなところにひろゆき氏――「ねとらぼ」総決算
ITちゃんアイコンでおなじみの「ねとらぼ」コーナーから今年の人気記事ベスト50を紹介するポ!(2008/12/26)

ねとらぼ:
福田首相「あなたとは違うんです」がネットで流行中
「あなたとは違うんです」――福田首相が9月1日夜の辞任会見の最後に述べたこんな発言がブログや2ちゃんねるなどで取り上げられ、さまざまなAAも作られている。(2008/9/2)

【お知らせ】NHK BS「ネトスタ」7月号、台湾で「ニコニコ組曲」合唱した大学生が登場
NHK BS2のネット紹介番組「ザ☆ネットスター!」7月号の特集のテーマは台湾。ネット上の“日台交流”についてレポートする。「やる夫で学ぶ○○シリーズ」も紹介する。(2008/7/4)

「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」はオリコンベスト10入りの夢を果たせるか
先週発売された「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」のシングルは洋楽シングルのオリコントップ10入りを狙っている。実現すればボンジョビの「Have A Nice Day」以来2年8カ月ぶりとなるが……(2008/5/26)

ねとらぼ:
米WIREDに「やる夫」の特大AA掲載 ひろゆき氏インタビューも
米国のWebメディア「WIRED」に、「やる夫」「モナー」などAAを特大の画像付きで紹介した記事と、ひろゆき氏のインタビュー記事が掲載され、ネットで話題になっている。(2008/5/21)

ねとらぼ:
あんな人まで「ヘブン状態」 AA増殖中
ヘブン状態。それは美しい男子が見せる、恍惚とした表情――乙女ゲー「DUEL LOVE」から生まれた「ヘブン状態」という言葉が1人歩きし、いろんな人やキャラクターをヘブン状態にしたAAが増えている。(2008/4/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。