ITmedia NEWS >
インタビュー
» 2009年03月17日 11時11分 公開

担当者が語るiPod shuffle誕生の背景:アップルは低価格音楽プレーヤーでもイノベーションを生み続ける (2/3)

[林信行,ITmedia]

新旧iPod shuffleの機能的な差

第2世代と比較

――ところで、新iPod shuffleでは、機能的にもいくつか違いがでてきましたよね?

エリス そうですね。バッテリーによる再生時間は10時間で、iPod shuffleとしては初めてプレイリスト再生に対応しました。

――なるほど、容量が増え、その分、曲もたくさん入るようになったからには、プレイリストも必要というわけですね。

エリス その通りです。4Gバイトで1000曲扱えるようになると、今度はその1000曲をある程度、管理する必要がでてきます。そのために有効なのが、プレイリストというわけです。

――それと、もう1つの特徴と言えば、新しいコントロール付きのヘッドフォンですが、これは昨年秋に登場したiPod nanoのヘッドフォンと同じものでしょうか?

エリス ほとんど一緒です。制御ボタンはすべて一緒ですが、リモコン部分をひっくりかえしてみると、マイクがありません。もちろん、昨秋発表したマイク付きのヘッドフォンは、このiPod shuffleでも使うことができます。

新しくなったヘッドフォンと充電ケーブル

――そういえば新iPod shuffleはヘッドフォン端子から充電する仕様で、そのために専用の充電ケーブルが付属していますが、これは従来の第2世代iPod shuffleの充電にも使えるのでしょうか?

エリス いいえ、使えません。

――そうなんですね。新充電ケーブルにそっくりのケーブルが、第2世代用としてサードパーティから発売されているので、てっきり互換性があるのかと思いました。iPod shuffleのパッケージには、「第2世代」「第3世代」といったことは書かれていないので、そのあたりで「初めてiPod shuffleを買う人」は混乱しそうですが。

エリス ただ、必要なケーブル類はすべてアップルから提供されています。机の下などにデスクトップPCを置いて使っている方には、本製品に付属するケーブルの予備と、1メートルの充電ケーブルがセットになった「Apple iPod shuffle USBケーブル」というパッケージも発売しています。また、これから発売される他社製アクセサリでは、対応製品の情報が書き加えられるでしょう。

――そうですね。ただ、初めて買う人には「第2世代」とか「第3世代」といった違いが、なかなか分からないのではと心配です。そうだ、新しいiPod shuffleの4Gバイトという容量は、旧製品とは重ならないので、対応製品の表記には容量を付記すればいいかもしれません。

エリス なるほど、それはいいアイディアですね。まあ、話は広がりましたが、ここまで話してきた特徴の1つ1つが、我々がiPod shuffleで、実現したイノベーションです。

 100ドル未満の価格帯の音楽プレーヤー市場で、他社はいかにして価格を下げるかばかりに注目しています。しかし、価格を下げるのもいいけれど、それよりは新たなイノベーションを巻き起こしたほうがいいだろう、というのが我々のアプローチです。

――確かにそうですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.