ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「音声合成」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「音声合成」に関する情報が集まったページです。

自動運転技術:
自動運転車をファーストクラスに、NVIDIAが最新プラットフォームを発表
NVIDIAは、オンライン開催のユーザーイベント「GTC 2021 Fall」(2021年11月8〜11日)において、メルセデス・ベンツと米国の市街地などで実施してきた自動運転車の走行テストについて紹介した。(2021/11/11)

音声AI特化の研究組織、サイバーエージェントが新設 接客などで需要増
サイバーエージェントの研究組織「AI Lab」が、音声合成や音声認識といった分野を専門に研究する組織「完全自動対話研究センター」を新設した。接客や問い合わせ対応と言った分野でコミュニケーションを自動化するニーズが高まっていることを受けた施策という。(2021/10/26)

QLNP普及に向けた第一歩か:
量子自然言語処理向けツールキット「lambeq」がオープンソースで公開 ケンブリッジ・クオンタム
ケンブリッジ・クオンタムは、量子自然言語処理向けツールキット「lambeq」をオープンソースとして公開した。Python 3.7以上に対応する。文章を量子回路に変換し、量子計算機を活用して自然言語処理アプリケーションを開発できる。(2021/10/21)

災害情報や防災無線の情報を電話で聞ける:
「ITリテラシーを問わずに確実に情報を伝える」 渋谷区が自治体・防災向けクラウド自動電話サービスを導入
東京都渋谷区は、ソフトフロントジャパンの自治体・防災向けクラウド自動電話サービス「telmeeもしもし」を導入した。住民や関係者に対して電話で自動的に災害情報を伝えるオートコール機能や、防災行政無線の内容の電話での再聴取に活用する。(2021/9/14)

声帯摘出者に“自分のAIボイス”を無料提供 「CoeFont」運営が支援策
AI音声合成を提供するYellstonが「CoeFont CLOUD」を声帯摘出者に無料提供する。事前に声を収録することで、摘出後も“自分の声”で会話できる。今後は、すでに摘出した人も“自分の声”で会話できるよう、当時の音声データをもとに音声合成を作成できる予定。(2021/9/13)

喉頭摘出者を音声合成と「電気喉頭」で再び会話可能に 発話用アプリも開発、名古屋大などが臨床研究
名古屋大学の研究チームは、頭頸部がんなどで喉頭(喉仏)を摘出し、自力での発声が困難になった患者を、音声合成技術と人工の喉頭「電気喉頭」を活用して再び会話できるようにする臨床研究を始めると発表した。(2021/9/7)

声優・森川智之の声をAIで再現、オーディオブックの一部を無料公開 小学館など2社
スタートアップのYellstonが、小学館と協力して、声優・森川智之さんの声を再現した音声合成AIで読み上げたオーディオブックを無償公開した。「小学館が進める、あらゆる出版物の音声化を目指す活動を受けて協力した」(Yellston)という。(2021/9/7)

アシストスーツ、会場内誘導……パラ運営支える日本のロボット技術
東京パラリンピックの運営に、日本のロボット技術が生かされている。運営スタッフの業務をサポートするパワーアシストスーツや、車いす利用者に飲み物などを届けるロボットが会場で利用され海外メディアが注目。(2021/9/6)

アシストスーツ、会場内誘導…… パラ運営支える日本のロボット技術
東京パラリンピックの運営に、日本のロボット技術が生かされている。運営スタッフの業務をサポートするパワーアシストスーツや、車いす利用者に飲み物などを届けるロボットが会場で利用され海外メディアが注目。ソフトウェアロボットがライブ映像を実況するサービスもあり、無観客開催の中で競技の魅力を発信している。(2021/9/6)

人工知能ニュース:
機械学習プラットフォーム市場が大幅成長、AI主要8市場の調査レポート公開
ITコンサルティングを手掛けるアイ・ティ・アールは2021年8月26日、AI関連領域の主要8市場について、市場規模推移や予測結果を発表した。(2021/9/2)

2025年度には売上金額が1200億円に達する:
「AIは『ビジネスユーザーのための道具』として足場を固めている」 ITRがAI関連の主要8市場の市場規模を予測
ITRは、AI関連の主要8市場について、市場規模の推移と予測を発表した。ITRは2020年度の売上金額を対前年度比19.9%増の513億3000万円、2020〜2025年度の年間平均成長率を18.7%と見込んでいる。(2021/8/30)

AI関連の主要8市場が躍進、2025年度に1200億円規模へ 需要拡大の要因は?
アイ・ティ・アール(ITR)によると、AI関連の主要8市場は2020年度に前年度比19.9%増と高成長し、2025年度には1200億円規模に達する予測だ。市場躍進の要因とは?(2021/8/27)

Innovative Tech:
10万円以下で作れる表情豊かなヒューマノイド「Eva」 ラズパイで動くオープンソースロボット
ヒューマノイドの頭部を安価に製作できるオープンソースプロジェクト。(2021/8/26)

「AI加山雄三」が“歌ってみた”動画をYouTubeに 24時間テレビで反響
歌手の加山雄三さんが、自身の歌声を音声合成AIで再現したプロジェクト「バーチャル若大将」のYouTubeチャンネルを開設し、“歌ってみた”動画を投稿した。(2021/8/23)

あなたの声で合成音声に“演技指導” AIが抑揚を分析、東芝が新ソフト
人の声で合成音声に演技指導できるPCソフト「Voice Track Maker」を東芝デジタルソリューションズが発売。(2021/8/17)

Windows 365入門:
買って、試して分かったWindows 365(契約・セットアップ編)
Microsoftからクラウド上でWindows 10が動く「クラウドPC」の利用可能なサブスクリプションサービス「Windows 365」の提供が開始された。早速、サブスクリプションを契約し、クラウドPCの設定を行ってみた。契約からセットアップまでで見えてきた便利な点、不便な点などをまとめてみた。(2021/8/12)

著名人の3DCGモデルを作成→キャスティングするサービス サイバーエージェントが芸能事務所向けに開始
サイバーエージェントが、著名人の3DCGモデルを作成し、本人の代わりとしてバーチャル空間上のイベントなどにキャスティングするサービスを始めた。著名人や芸能事務所の利用を見込み、2023年までに3DCGモデル500体の制作を目指す。(2021/8/2)

中高生1000人に調査:
中高生のなりたい職業、「ゲーム実況者」「ボカロP」が新たにランクイン 1位は?
ソニー生命保険が「中高生が思い描く将来についての意識調査2021」を実施。2019年の同調査と比較して、中学生のなりたい職業には「ゲーム実況者」「ボカロP」が新たにランクイン。高校生のなりたい職業は「公務員」「教師・教員」「保育士・幼稚園教諭」が順位上昇した。(2021/7/31)

中学生が将来なりたい職業、「YouTuber」「eスポーツプレイヤー」が引続き上位に ゲーム実況者やボカロPなども新たにランクイン
YouTuberやeスポーツ選手は引き続き上位に。(2021/7/30)

自分の声が500円でAIボイスに? 音声読み上げソフト「CoeFont CLOUD」の品質を動画でチェック
AIベンチャーのYellstonが公開したクラウドサービス「CoeFont CLOUD」を記者が体験してみた。作業時間十数分、コスト500円で自分の声をAI音声読み上げソフトにできる。(2021/7/20)

キャシャーンがやらねば誰がやる:
「新造人間キャシャーン」を2021年のテクノロジーで解説しよう
スピルバーグが、手塚治虫が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2021年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第7回は「新造人間キャシャーン」だ。(2021/7/19)

オトバンク、AI音声合成サービス開発 日経電子版で速報ニュースを音声配信
オトバンクはPKSHA Technologyの音声合成技術をもとに、AI音声合成サービス「カタリテ」を開発した。オトバンクが運営する「audiobook.jp」の聴き放題プランで、「AIナレータが読む、日経電子版 きょうの速報ニュース」を配信する。(2021/7/14)

「死後にデジタルで再現していい?」約6割が反対 理由は「意思確認できない」「死後も働きたくない」
自分の死後、行動履歴やSNSの投稿からデジタル上に再現することに約63%が反対。理由は「本人の意志確認ができない」「倫理的にタブーと感じる」「死後も働きたくない」など。(2021/7/5)

イラスト発注サービス「Skeb」が動画・音楽のリクエストに対応 VTuber・アーティストの参加見込む
クリエイターに有償でイラストなどを発注できるサービス「Skeb」に、音楽や動画がリクエスト機能が追加。バーチャルYouTuberや、コロナ禍で収入を得る機会が減ったアイドル・アーティストの参加を見込むという。(2021/7/1)

高い、使いにくい、読みにくい──音声合成研究者を悩ませるハードルを解決する“台本”、明治大学らが発表
明治大学らが、音声合成の研究に必要な音声を収録するための台本「ITAコーパス」を公開した。開発に携わった小口さんによると、ITAコーパスは既存コーパスが抱えていた3つのハードルを解消できるように設計したという。(2021/6/18)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(13)STEM教育(1):
プログラミング教育は「AIへの恐怖」と「PCへの幻想」を打ち砕く?
今回から「STEM教育」を取り上げます。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響もあり、デジタルやITの存在はますます大きくなっています。これからの時代、「デジタル=インフラ」として捉えることができなければ、生き抜くことができないと言っても過言ではありません。それを考えると、確かにSTEM教育は必須なのですが……。プログラミングの“酸いも甘いもかみ分けた”エンジニアとしての視点で、STEM教育を斬っていきます。(2021/6/18)

DNPが誤読の少ない音声合成AI開発 「行って」の読みなど判別可、企業向けに提供
大日本印刷(DNP)は6月15日、従来の同社製品に比べ、漢字の読み間違いが約50〜70%少ない音声合成システムを開発したと発表した。「行って」が「いって」なのか「おこなって」なのか判別できるという。(2021/6/15)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
ウォルマート、ECが大躍進──“日常”が戻っても、伸びそうなのはなぜ?
ウォルマートの業績が好調だ。米国では人々がノーマルな生活に戻りつつあるにもかかわらず、ECの売り上げは37%も増加している。その背景にある、データとAIに関する戦略について解説する。(2021/6/3)

沖縄市、新型コロナワクチン接種支援ソリューションを導入 接種状況を一元管理
沖縄市は、新型コロナワクチン集団接種の円滑化に向け、SAPジャパンとクアルトリクスのソリューションを組み合わせた「ワクチン・コラボレーション・ハブ」を導入した。ワクチン接種の進捗状況や2回目の接種案内、副作用確認など、住民へのフォローまでを可視化して一元管理する。(2021/5/28)

19歳の学生社長が音声合成サービス開発、3日でユーザー5万人 AIの勉強はWeb授業とインターンで
19歳の大学生がAIベンチャーを立ち上げ、音声合成サービス開発。ユーザーは3日で5万人以上が集まった。AIの勉強はWeb授業やインターンで学んだというが、どんな背景でサービスの開発に至り、今後どのように展開していくのか。(2021/5/27)

無料……だと? めちゃ自然に読み上げてくれるWeb音声合成サービスが登場、営利目的や配信などでも使用可
すごい聞き取りやすい。(2021/4/28)

商用OK、無料のAI音声合成「CoeFont Studio」 ゲーム実況・プレゼンなどの利用見込む
Yellstonが、Webブラウザで使えるAI音声合成サービスを公開。利用料は無料で、プレゼンやゲーム実況動画といった用途を見込む。法人・個人を問わず商用利用を認める。(2021/4/26)

医療AIウェビナーレポート:
PR:コンピュータ診断支援とAIが融合するAI-CAD時代が到来、医療AIの最前線に迫る
医療分野におけるAI活用に向けた開発が加速している。中でもコンピュータ診断支援(CAD)とAIを融合した「AI-CAD」への期待は大きい。NVIDIAのウェビナー「医療AIの社会実装への加速―多様化する医療機器ソリューションへの提案―」では、AI-CADの最新動向をはじめ、医療AIの現状や将来、またAI実装に役立つ最新情報などが紹介された。(2021/4/14)

市内の小中学校にボカロ一斉導入、「ピアノ経験者以外も活躍」「歌に自信なくても安心」 授業風景を導入のキーマンに聞く
市立小中学校に、音楽の教材としてボーカロイドを一斉導入した愛知県岡崎市。実際の授業風景はどうなっているのか。岡崎市立南中学校に聞いた。(2021/4/13)

Alexa同様の会話理解力を持つ「Amazon Lex」、日本語で会話する音声botの開発が可能に
米AWSが提供する会話型AIサービス「Amazon Lex」が日本語に対応した。音声合成サービスの「Amazon Polly」と組み合わせると、日本語による音声会話ができる音声botの開発ができる。(2021/4/9)

いまさら聞けない自動車業界用語(12):
チーフエンジニアや経営企画でなくても、クルマの未来を考えることが必要だ
自動車の少し先の将来を考えることは、自動車産業で働く全ての人にとってプラスになるのではないかと思います。答え合わせはちょっと先。みなさんもモビリティの未来を想像してみませんか?(2021/4/5)

Web会議ツールの意義と課題【中編】
「Web会議」ツールの有料版が欲しくなる、仕事の質を引き上げる4大機能
単純な機能だけなら無料のWeb通話ツールでも事足りるが、有料のWeb会議ツールには仕事の質を高める多彩な機能がある。主要な有料Web会議ツールが備える、代表的な4つの機能を解説する。(2021/3/30)

5分で分かるシリーズ:
5分で分かる人工知能(AI)
人工知能をビジネスで活用したい人に向け、最新技術情報に基づき、人工知能の概要、注目される理由、歴史と課題、できること、次の一歩を踏み出すための参考情報を、5分で読めるコンパクトな内容で紹介する。(2021/3/29)

”AI加山雄三”が役所・スーパーで館内放送 茅ケ崎市が地域活性で
神奈川県茅ヶ崎市が、歌手・加山雄三さんの声を音声合成AIで再現し、市役所や市立病院での館内放送に活用する取り組みを4月5日に始める。地域活性に向けた施策の一環という。(2021/3/24)

ケンドーコバヤシの声をAIで再現、法令集をオーディオブックに ドワンゴが配信
ドワンゴが、音声合成AIを活用してケンドーコバヤシさんの声を再現し、法令集を読み上げさせたオーディオブックの配信を開始。オーディオブックサービス「ListenGo by dwango.jp」(リスンゴ)で提供する。(2021/3/17)

ジミー大西をAI化 音声対話アプリ「携帯人間AIジミー」開発 ドコモの技術で
タレントのジミー大西さんを再現したAIとの音声対話を楽しめるアプリ「携帯人間AIジミー」がリリースされる。人やキャラとの対話を高精度に再現するというNTTドコモの技術を活用した。(2021/3/16)

AI活用で動画制作を効率化:
数分間の動画とテキストデータだけで「オンライン講座」を制作可能に NTTドコモとドコモgacco
NTTドコモとドコモgaccoは、AI技術を活用して大規模公開オンライン講座を制作した。講師が話している数分程度の動画の「口の動き」に、テキストから生成した音声データを重ね合わせることで講師本人が話しているような講義動画を自動生成したという。(2021/3/16)

AIが合成したオンライン講座、NTT子会社が無料配信 文章と講師の映像から講義動画を生成
ドコモgaccoが、AIが合成したオンライン講座の無料配信を、同社の映像配信サービス「gacco」で始めた。講座の映像は、文章と講師の映像を基に合成した。(2021/3/12)

AWSチートシート:
初学者向け「Amazon Polly」(AI音声合成サービス)をPythonで利用するには
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、AWSのAI音声合成サービス「Amazon Polly」をPythonで利用します。(2021/3/2)

Azure「Custom Neural Voice」は音声合成サービスのハードルを下げるか
Microsoftがこれまでよりも少ない音声データからより自然なデジタル音声データを生成する機能「Custom Neural Voice」を公開した。音声サービス開発に弾みがつくか。(2021/2/16)

医療技術ニュース:
思い出した音を脳波から復元する技術を開発
東京工業大学は、頭皮で記録された脳波信号から、音声を直接再構築する手法を開発した。聞いた音声を想起した時に記録されたEEGを利用し、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)によって音源のパラメーターを推定した。(2021/2/2)

無調整でもほぼ人間 AI歌声合成ソフト「CeVIO AI」の実力
歌声合成ソフト「CeVIO」が、登場から約8年たち、深層学習技術を取り入れ「CeVIO AI」としてリニューアルした。ソフト上で楽譜を打ち込んで再生ボタンを押しただけで人間らしい歌声を合成できる同ソフトを触ってみた。(2021/1/29)

音声合成AIで“声の広告”制作 ナレーターいらずで効率化 エイベックス子会社が提供
コエステが、音声合成AIを活用して音声広告を制作するサービスを始めた。広告制作コストを減らせるメリットがあるという。(2021/1/14)

半径300メートルのIT:
最新技術で高度化する“フェイク” 万人の脅威となる前に企業がするべきこと
AIを用いた「ディープフェイク」など、攻撃者の手法は最新技術によりますます高度化しています。対応する側からすると、詐欺かどうかの判断が付けづらいかもしれません。私たちはこうした脅威にどう対抗していけばよいのでしょうか。(2021/1/12)

組み込み開発ニュース:
「RAファミリ」が国内パートナーを拡充、19社のソリューションを追加
ルネサス エレクトロニクスは、Armコアを採用する32ビットマイコン「RAファミリ」のパートナーを拡充した。19種のソリューションを新たに追加し、日本のユーザー向けサポートを重点的に強化している。(2020/11/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。