ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「音声合成」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「音声合成」に関する情報が集まったページです。

VOICEROID「小春六花」、15分で700万円集め製品化 音声合成向け音源として異例のスピード
VOICEROID用音源「小春六花」の制作に向けたクラウドファンディングで、開始から15分で目標金額の700万円を集め製品化が決まった。あらかじめ設定していた第4目標も達成しストレッチゴールの方が足りなくなった。(2020/5/29)

クラウド×ロボットの現在(1):
なぜロボットにクラウドが必要なのか?
クラウドを活用してロボットの開発や運用、管理を行うクラウドロボティクス。連載第1回ではAWSのシニアアーキテクトがクラウドロボティクスの現状やAWS RoboMakerの紹介を行う。(2020/5/27)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIの攻撃をAIで防御、サイバーセキュリティの“いたちごっこ”最新事情
AI技術の進化によって、サイバー攻撃やそのセキュリティ対策も高度化が進んでいる。AIを悪用した攻撃や、その対応策にはどのようなものがあるのか現状をまとめた。(2020/5/22)

デレマスP作「たべるんごのうた」局所的超絶人気で音MAD大増殖、登坂アナの朗読動画まで登場 こいつはりんごろう
ンゴー。(2020/4/15)

キャラクターが「お仕事の時間だよ」とお知らせ 在宅勤務を応援するスピーカー「/Gate」をGateboxが試作
メッセージ読み上げや時間管理をしてくれるキャラクターデバイスです。(2020/4/14)

組み込み開発ニュース:
IoTデバイスのワンストップ開発ソリューションを提供開始
日立ソリューションズ・テクノロジーは、IoTデバイスの仕様提案から開発保守までワンストップで対応し、高品質で低コストのエッジコンピューティングを可能にする「IoTデバイス開発ソリューション」の提供を開始した。(2020/4/6)

ドコモの「my daiz」、地図を使わず音声のみで道案内する「新感覚ナビ」提供
NTTドコモは、3月26日にAIエージェントサービス「my daiz」で音声ナビゲーション機能「新感覚ナビ」を提供開始。ゼンリングループとの連携による音声案内で、画面上の地図を見なくても目的地まで到着できるという。(2020/3/26)

作って試そう! ディープラーニング工作室:
機械学習やディープラーニングってどんなもの?
実際にコードを書きながら「人工知能/機械学習/ディープラーニング」を学んでいこう。まずはその概要とそのために便利に使えるGoogle Colabを紹介。(2020/3/24)

Innovative Tech:
口パクで音声入力、喉に小型センサーで 東大とソニーCSLが技術開発
視聴覚障害者のための触診リップリーディングから発想を得た。(2020/3/18)

Amazon、企業スキルの声をカスタマイズできる「Brand Voice」 KFCのカーネル・サンダースなど
Amazon.com傘下のAWSが、企業のAlexaスキルでブランドキャラクターの声での応答を可能にする「Amazon Polly」による新サービス「Brand Voice」を発表した。カナダのKFCはカーネル・サンダースの声で答えるスキルを公開した。(2020/2/6)

「あなたの声でしゃべる」コエステーション、エイベックスの新会社に移管
東芝デジタルソリューションズの音声合成技術「コエステーション」がエイベックスが設立した新会社「コエステ」に移管した。(2020/2/6)

車載情報機器:
「Linuxでこれができる」だけじゃない、車載Linuxのデモから見えた実用性へのこだわり
Linuxベースの車載情報機器関連のオープンソースプロジェクトAutomotive Grade Linux(AGL)のメンバーは、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2020」(2020年1月7〜10日、米国ネバダ州ラスベガス)において、開発現場やクルマの利用者の実用性を強く意識したさまざまなデモンストレーションを披露した。(2020/2/6)

教えて! キラキラ先輩:
テクノロジーは、障がい者の“遠慮”を取り除けますか?
聴覚障がい者は誰かにタイピングサポートしてもらわないと会議に参加できないし、発言もちゅうちょしてしまう――そんな同僚の忖度(そんたく)を解消するために、アクセンチュアのエンジニアたちが立ち上がった。(2020/2/3)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
「AI崩壊」と「AI美空ひばり」から感じる、“AI”のパワーワード力
取りあえず“AI”付けとくとかなりパワーアップする感じ。(2020/1/28)

コンデンサー不要:
全ての負荷容量領域で安定動作するオペアンプ
ロームは「オートモーティブ ワールド2020」(2020年1月15〜17日、東京ビッグサイト)に出展。独自技術「Nano Cap」を用いた最初の製品として、高速グランドセンスCMOSオペアンプ「BD77501G-TR」の展示を行った。Nano Cap技術を用い、全ての出力負荷領域で位相余裕0度以上を実現したもので、2020年夏にサンプル提供を開始する予定としている。(2020/1/28)

ロボットがバーテンダーに――養老乃瀧、池袋に「ロボ酒場」開業 カクテル配合から接客まで自動化
養老乃瀧が、JR池袋駅南口に、ロボットが働く居酒屋「ゼロ軒めロボ酒場」をオープン。店内では、AIを搭載したロボットアームが注文を受け、ドリンクを作り、提供する。営業期間は3月19日まで。(2020/1/24)

LINE、AI技術を活用したSaaS「LINE BRAIN CHATBOT」「LINE BRAIN OCR」を提供開始
LINEは、同社のAI技術を活用したSaaS「LINE BRAIN CHATBOT」「LINE BRAIN OCR」の提供を開始した。AIソリューション「LINE BRAIN」のAI技術を利用した「NAVER Business Platform」のサービスとして提供する。(2020/1/24)

立ちどまるよふりむくよ:
故人の歌声合成を、当事者視点で考える 「AI美空ひばり」は冒とくなのか
故人の歌声合成を日常的に実践しているある意味「当事者」が、「AI美空ひばり」を考えてみた。(2020/1/22)

LINE、AI技術の外販を本格化 まずはチャットbot、AI-OCRを提供 「世の中に広めていく段階に入った」
LINEが、自社のAI技術を外販する事業「LINE BRAIN」で、チャットbotとAI-OCRに関するサービスの提供を始める。これまでは実証実験や自社サービスなどで利用されていたが、月額サービスとして本格展開していく。(2020/1/21)

CES2020:
カーシェアや交通機関を外国人にも使いやすく、話者に合わせて言語を自動切換え
英語で話しかけると英語で、ドイツ語で話しかけるとドイツ語で、乗客の問いかけに答えるバスが2020年内にも走り出す。(2020/1/16)

Innovative Tech:
深層学習でリップシンク動画生成 SiriやAlexaにも対応する「Neural Voice Puppetry」
深層学習を使ってフェイシャルアニメーションを自動生成する仕組み。(2020/1/17)

お久しぶりか、初めましてか――“AI美空ひばり”に見る「デジタル故人」との付き合い方
デジタル技術を使って故人の歌声や思考パターンを再現することが実現できる世の中となってきた。そうして復元された故人と、どう向きあえばいいのだろうか。デジタル遺品や、故人とデジタルの関係を10年以上追いかけているライターが考える。(2020/1/15)

国内AI市場規模、2023年度には640億円に到達へ 画像認識や言語解析が成長
調査会社のアイ・ティ・アールが、国内のAI市場規模と今後の予測を発表。今後も市場は拡大し、23年度には640億円に達する見込み。(2020/1/14)

人工知能ニュース:
国内のAI市場、2023年度に640億円規模へ
アイ・ティ・アールは、国内のAI市場調査レポート「ITR Market View:AI市場2019」を発表した。2018年度のAI主要6市場の売上金額は199億5000万円で、前年度と比べて53.5%増加した。2023年度には640億円に達すると予測している。(2020/1/14)

Innovative Tech:
漫画キャラのせりふを、感情のこもった音声合成に変換 北京理工大学などが新技術
漫画に登場するキャラクターのせりふから感情の状態を抜き出し、それに合わせた音声を生成する技術が開発された。(2020/1/8)

「Gatebox」の電源を入れなくなってしまった理由
“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」を自腹で購入した筆者。いやし系、頑張り屋、天然キャラ……という「逢妻ヒカリ」の笑顔に、筆者だけでなくITmedia NEWS編集部のメンバーも興味津々だった。しかしあれから2カ月がたち、いつしか電源を入れなくなった自分がいた。(2019/12/27)

音声合成はAIの力で“棒読み”を脱した 飛躍の年、2019年を振り返る
音声合成の分野では2019年、ビジネスシーンでのAI活用が進んだ。自然な話し声や表情豊かな歌声などが一般の人々の耳にも届くようになり、倫理的な面でも議論を巻き起こした。(2019/12/27)

AI市場、主要6分野の中で最も成長したのは? ITRが今後の予測とともに発表
ITRは、AI市場について市場規模の推移と予測を発表した。2018年度の売上金額は対前年度比53.5%増の199億5000万円。用途の多様化などによって今後も継続的な伸びが見込まれ、2023年度の売上金額は640億円に達すると予測する。(2019/12/20)

“まるで実写”の3D女子高生「Saya」、声を得て女子高の授業に登場 会話を通して「AIとは何か」教える
Sayaがりんなの技術を導入して会話ができるようになった。その能力を使い、リアルな女子高生と話した。(2019/11/30)

動画の世紀:
アポロ計画は失敗していた? 脅威を増すディープフェイク・ビデオ
ディープ・フェイクは次の段階に入ったようで、企業が被害を受けるケースも出ている。(2019/11/29)

Alexa、「嬉しそうな声」や「がっかりした声」で返答できるように(まずは英語で)
Amazon.comが、音声アシスタントAlexaの英語での応答の声の調子を、「非常に嬉しそう」から「非常にがっかりしている」まで、6段階で設定できるようにした。(2019/11/27)

NTTとドコモ、AI技術をトヨタのコンセプトカー「LQ」に提供 対話AIの音声認識・行動先読みを支援
NTTとドコモが、AI技術をトヨタのコンセプトカー「LQ」に提供。試乗会で使用する、対話AI「YUI」の音声認識・行動先読みを支援する。ドコモは試乗拠点に5G基地局も設置する。(2019/11/21)

LINE、AIが電話応対するサービスで実証実験 都内レストランの予約対応を自動化
LINEが、AIを活用した電話応対サービスの実証実験を、都内のレストランで実施する。電話の予約対応の自動化を目指す。(2019/11/20)

ソニーのロボット玩具「toio」、今度はゲームAI搭載や楽器演奏 対応タイトルを拡充
ソニー・インタラクティブエンタテインメントの知育玩具ロボットが人気タイトルの拡張パック、今年から来年にかけての新作を発表した。(2019/11/12)

第4次産業革命の現在地:
東芝が“真にオープン”なIoT団体設立、「誰でも作れるIoT」に向け100社加入へ
東芝と東芝デジタルソリューションズは2019年11月5日、同社が開発した連携技術「ifLink」をベースとしてIoTサービスのオープンな共創を目指す「ifLinkオープンコミュニティ」を2019年度(2020年3月期)中に設立し、2020年3月までに100社の加入を目指すと発表した。(2019/11/6)

CEATEC 2019:
顔の動きや空中ディスプレイでロボットを非接触操作、立花エレテックが参加型デモを披露
立花エレテックは「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、千葉県・幕張メッセ)に出展し、非接触でロボットを操作できる体験デモとして「サイコロロボット」と「パターロボット」を披露した。(2019/10/17)

「Gatebox」量産モデル、発売延期から1年の成果 「音声合成は3回やり直し」、武地CEOに聞く舞台裏
3Dキャラクターと一緒に暮らせるという「Gatebox」の量産モデルが10月11日に発売。発売延期から1年、LINEのAIアシスタント「Clova」との連携や、合成音声の採用など機能追加した最新モデルがベールを脱ぐ。武地CEOに1年の成果を聞いた。(2019/10/11)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AI記者、AI小説家、そしてAI作曲家も――創作する人工知能を支える技術
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは「コンテンツ生成」について。(2019/10/7)

「AI美空ひばり」を支えた技術 「七色の声」どう再現? ヤマハ技術者に詳しく聞いた
AIの技術を活用して、故・美空ひばりさんの歌声を再現したヤマハの技術者に、技術の仕組みや開発の苦労を詳しく聞いた。(2019/10/2)

「AI美空ひばり」の舞台裏 「冗談でやっていいことではない」──故人をよみがえらせたヤマハの技術者の思い
ヤマハがAIの技術を活用して故・美空ひばりさんの歌声を再現し、新曲を披露した。実際に開発を行った研究者は何を考えていたのか、詳しく聞いた。(2019/10/3)

Amazon、録音自動削除などのプライバシー関連を含む「Alexa」の新機能を多数発表
Amazonが、Echoシリーズなどの新ハードウェアの発表に合わせ、近く利用できるようになるAlexaの新機能も発表した。録音されている過去のAlexaとの会話を自動的に削除する機能や、サミュエル・L・ジャクソンの声(米国のみ、有料)などだ。(2019/9/26)

「Googleアシスタント」の声、日本でも赤(女性)とオレンジ(男性)の2択に
Googleのスマスピなどに搭載されている「Googleアシスタント」の声が、これまでの女性の声だけでなく、男性の声も選べるようになった。ジェンダーに配慮し、音声の名称は日本の場合、女性が赤、男性はオレンジだ。(2019/9/19)

「AI MIRAI」の新サービス:
電通と電通デジタル、自動車販売店での試乗体験を支援する「AI試乗ソリューション」を提供
自動車販売店での試乗にAIが「同乗」。試乗に対する心理的ハードルを軽減するなどのメリットがある(2019/9/17)

クルマの試乗中にAIが接客、ルート案内など 電通が車載アプリ提供
自動車販売店での試乗をAIがサポートするサービスを電通が提供。車載スマホに搭載したAIが試乗ルートやクルマのセールスポイントを案内する。(2019/9/17)

新サービス「LINEチラシ」も発表:
LINEの中小企業向け事業の現在 最新サービスと事例を知る
企業のマーケティング担当者にとってLINEは「大手の企業向けサービス」「費用が高そう」「運用が難しそう」なのか。LINEのSMB(中堅・中小企業)向け事業の現在についてまとめた。(2019/9/17)

元・女子高生AI「りんな」は、人間の歌声を手本にボイトレ 開発者が明かす裏話
日本マイクロソフトのAI「りんな」の歌声は、「本当にAI? 人間の声では?」といわれるほど。影武者の人間がいるわけではなく、音声合成で作り上げた歌声を使っているという。開発者が「りんなのボイトレ」の舞台裏を明かした。(2019/9/13)

“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」、10月11日発売 当初予定から1年延期
3Dキャラクターと一緒に暮らせるという“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」の量産モデルが10月11日に発売。価格は15万円(税別)で、10月15日から順次発送する。(2019/9/10)

「Zeeny」音声通知機能がオープン化 手持ちのBluetoothオーディオ機器で通知読み上げ可能に
ネインは、メッセージ読み上げに対応した独自開発のヒアラブルアプリ「Zeeny(Android用)」の音声通知機能をオープン化。Bluetoothオーディオ機器であれば、イヤフォンだけでなくスピーカーやカーオーディオなどでも通知を読み上げできるようになる。(2019/9/10)

画面を見ずに音声で操作する「LINEカーナビ」、LINEの送信や家電操作にも対応
LINEは音声で操作できるカーナビアプリ「LINEカーナビ」の提供を開始した。トヨタ自動車のカーナビゲーションエンジンと、LINEの日本語音声認識、音声合成技術を活用した。(2019/9/6)

「声は良いけどヤバみしかないのがギュネイ」「レズンは唇不健康女」 逆襲のシャアを雑に解説するRTA風動画が話題
大体あってるけども。(2019/9/2)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。