ITmedia NEWS >
レビュー
» 2009年03月24日 12時17分 公開

中身が大きく変わった“使って楽しいコンデジ”、リコー「CX1」 (3/3)

[渡邊宏,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

 フォルムとレンズは「R8」からほぼ変わらず継承しており、最近の流行であるハイビジョン撮影機能も搭載していない。「R10」と比較すれば撮像素子の画素数も有効1000万画素から有効929万画素へ下がってしまっている。高感度撮影時のノイズやレンズ駆動のモーター音、あまり効果が高く感じられない手ブレ補正など、改善を求めたいところも散見され、同社でCMOSを採用した第1弾コンパクトデジカメということで、細部を詰め切れなかったのかとも想像してしてしまう。

 しかし、全体としての動作は機敏であり、高解像液晶の搭載と相まって、非常にテンポのいい、快適な撮影が行える。また、これはR8からの継承となるが、撮影後のカメラ内画像補整機能も充実している。特に便利に感じるのが、グリーン/マゼンタ/ブルー/アンバーの各色相にカーソルを移動させて補正できる「ホワイトバランス補正」。オートホワイトバランスもかなり安定しているのだが、結果が気になるとき、カメラ内で気軽に補正作業が行えるのはありがたい。

photophoto カメラ内でホワイトバランスのマニュアル調整が行える(写真=左)、9×9コマのサムネイル表示(写真=右)

 モードダイヤルを「EASY」にすればマクロ撮影モードすら自動的に移行するなど、確かにフルオート指向の強いカメラではあるが、「ダイナミックレンジダブルショット」や「マルチターゲットAF」など、カメラに詳しいひとが手にしても十分に楽しめる。――普段は気負わずフルオート、たまにはちょっと凝りたい――そんな撮影スタイルを求めるひとに適した1台といえるだろう。

多摩川土手を散歩。フルオート撮影。 ISO 80 F5 1/1070秒
こちらもフルオート撮影。ISO 80 F4.9 1/380秒
やや暗いカフェにて。オート撮影したところISOは400となったが、粒状ノイズが現れ始めている ISO 400 F3.3 1/28秒
夜にショーウィンド越しのステンドグラスを。キレの感じられる描写だ。ISO 80 F3.6 1/55秒
地下街の飲食店に飾ってあった食品サンプル。こちらも描写にクリアさがある。ISO 200 F3.6 1/28秒
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.