ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「Caplio」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

リコー、高画質化した広角24ミリ“こだわり”デジカメ「GX200」
リコーが「Caplio GX100」の後継「GX200」を発売。24ミリからの広角レンズなど“こだわり”はそのままに、画質や操作性を向上させた。(2008/6/24)

“全部入りコンパクト”がデザイン一新、リコー「R8」
リコーがコンパクトデジタルカメラ「R8」を発売。“全部入りコンパクト”Caplio Rの後継で、機能は引き継ぎ、「GR」「GX」を連想させるデザインへ一新。(2008/2/19)

8メガになった“クラス最薄全部入り”、リコー「Caplio R7」
リコーが広角/マクロ撮影に強い「Caplio R」の新製品「Caplio R7」を発表。光学7.1倍レンズに高画素化された8メガCCDを組み合わせる「クラス最薄」コンパクトデジカメだ。(2007/8/28)

レビュー:
カメラ好きにはたまらないハイエンド広角デジカメ――リコー「Caplio GX100」
リコーの「Caplio GX100」は、「GR Digital」にズームレンズと手ブレ補正などを搭載したようなハイエンドコンパクト。24〜72ミリ相当の超広角ズームも備え、カメラ好きにはたまらない一品だ。(2007/4/27)

レビュー:
薄型なのに手ブレも広角もマクロもOK――リコー「Caplio R6」
リコーの「Caplio R6」は、28〜200ミリ相当のレンズに手ブレ補正、顔認識などの機能を搭載した「全部入り」タイプ。果たして機能の使い勝手や画質はどうだろうか。(2007/4/13)

着脱式EVF&24ミリズーム「Caplio GX100」
着脱式の液晶ビューファインダー機構を備えた初のデジカメ「Caplio GX100」が登場。(2007/3/28)

デジカメ初“着脱式液晶ビューファインダー”リコー「GX100」
リコーが、広角24mmからのズーム機「Caplio GX100」を発表。デジタルカメラ初となる「着脱式液晶ビューファインダー」に対応。広角ズームは24〜72ミリ相当。こだわりの1台。(2007/3/28)

顔認識を新搭載、“クラス最薄”デジカメ「Caplio R6」
リコーがコンパクトデジカメ「Caplio R6」を発表。広角/マクロ撮影に強いシリーズの特徴はそのままに、顔認識機能を新搭載。薄型化も進められ「クラス最薄」(同社)のボディとなった。(2007/3/5)

レビュー:
広角とマクロが楽しめる高感度機――リコー「Caplio R5」
リコー「Caplio」シリーズの最新作「Caplio R5」は、CCDが700万画素にアップし、ISO 1600の高感度撮影にも対応。28ミリの広角やマクロ機能も含め、じっくり見ていこう。(2006/9/19)

超タフデジカメに無線LANとBluetooth――「Caplio 500SE model B/W」
リコーは1メートルからの落下にも耐えるタフネスデジカメ「Caplio 500」に、Bluetoothおよび無線LANを搭載した「Caplio 500SE model B/W」を発売する。(2006/8/28)

リコー、ISO 1600の高感度撮影が可能になった7メガ機「Caplio R5」
リコーがコンパクトデジカメ「Caplio R5」を発表。広角28ミリ&光学7.1倍ズームなどの特徴はそのままにCCDを7メガへアップ。ISO 1600の高感度撮影も可能に(2006/8/24)

リコー、「Caplio R4」に夏の新色「ミスティックブルー」
リコーは、コンパクトデジタルカメラ「Caplio R4」に新色の「ミスティックブルー」を追加すると発表した。夏のアウトドアシーズンを前に「神秘的な湖のイメージをコンセプトにした」(同社)というもの。6月16日発売予定。(2006/5/30)

リコー、8メガになって耐衝撃性も高めた防水デジカメ「Caplio 500G wide」
リコーはデジタルカメラ「Caplio 500G wide」を5月26日より販売開始する。「Caplio 400G wide」の後継機種で、優れた耐水/防塵性能はそのままにCCDの高画素化を進めたほか、耐衝撃性やフラッシュの光量を高めた。(2006/5/8)

レビュー:
広角も望遠もブレ補正も接写もOK――リコー「Caplio R4」
リコー「Caplio R4」は、昨秋発売の「Caplio R3」から画素数アップなどを図った“全部入り”デジカメ。手ブレ補正付きの光学7.1倍ズームを使ってどんな写真が撮れるのか。じっくりと検証してみよう。(2006/4/17)

永山昌克インタビュー連載:
ワイドズームで他社との差別化を図る――「Caplio R4」の開発者に聞く
ワイドズーム、つまり広角ズーム機を数多く発売するリコーから、広角だけでなく望遠にも強いコンパクトデジカメ「Caplio R4」が発売された。その商品企画担当者と開発者にインタビューし製品の狙いをうかがった。(2006/4/14)

リコー、6メガになった手ブレ補正&7.1倍ズーム「Caplio R4」
リコーがコンパクトデジカメ「Caplio R4」を発表。手ブレ補正付き光学7.1倍ズームという従来機の特徴を継承しつつ、CCDを6メガに高画素化した。実売は4万5000円前後。(2006/3/3)

リコー、「Caplio R3」にブラックバージョンを追加
リコーは、光学7.1倍ズームを搭載したコンパクトデジカメ「Caplio R3」にブラックモデルを追加する。(2006/1/10)

リコー、光学5.7倍ズームを備えた薄型コンパクトデジカメ「Caplio R30」
リコーは、厚さ26ミリのコンパクトなボディに光学5.7倍ワイドズームレンズを搭載したデジタルカメラ「Caplio R30」を1月20日に発売する。価格はオープン。店頭では4万3000円前後になる見込みだ。(2006/1/10)

レビュー:
理想のデジカメスペック、その実力は?――リコー「Caplio R3」
リコーからすごいデジカメが出た。小さめボディに、28〜200ミリ相当の7倍ズームレンズや強力マクロモード、そして手ブレ補正機能を備えているのだ。理想のデジカメスペックを搭載した「Caplio R3」の実力は?(2005/11/18)

リコー、手ブレ補正付き7倍ズームを備えたコンパクトデジカメ「Caplio R3」
リコーはコンパクトデジカメ「Caplio R3」を10月中旬から販売する。マクロ/広角に強いというシリーズの特徴はそのままに、手ブレ補正付き光学7.1倍ズームを備えた。(2005/9/7)

大型2.5インチ液晶デジカメ「Caplio R2」に夏限定カラー
リコーは、大型2.5インチ液晶の薄型デジタルカメラ「Caplio R2」の限定カラーモデル「Caplio R2 ミスティックブルー」を発売。限定2500台で実売4万5000円前後。(2005/6/16)

レビュー
“デジタル版GR1”を予感させる本格志向――リコー「Caplio GX8」
28ミリ相当からの広角ズームに800万画素CCDを搭載した“ハイエンドコンパクト”がリコーの「Caplio GX8」。同社の銀塩カメラ名機「GR1」のデジタル版をも予感させる完成度の高い1台を、レビューでじっくり検証してみた。(2005/5/23)

リコー、玄人好みの広角ズーム機を8メガにした「Caplio GX8」
リコーが、広角ズーム搭載コンパクト機「Caplio GX8」を発表。28ミリからの広角ズームレンズや強力なマクロ、豊富なマニュアル機能は継承しながら、CCDを有効824万画素にアップした。(2005/4/26)

2.5インチ液晶やアイコン拡大機能で操作性向上――リコー「Caplio R2」
リコーは、大型2.5インチ液晶を搭載した502万画素デジタルカメラ「Caplio R2」を発表。アイコン拡大表示機能やプレビュー3枚同時表示、12分割表示など大画面モニターを生かした新機能も装備。実売は4万5000円前後。(2005/2/28)

リコー、W端28ミリ広角レンズ+4.8倍ズーム搭載の薄型高画素モデル「Caplio R1V」
リコーは、28-135ミリ広角レンズに光学4.8倍ズーム、有効502万画素CCDを搭載する薄型デジタルカメラ「Caplio R1V」を1月21日に発売する。価格は4万3000円前後。(2005/1/11)

リコー、「Caplio R1」のビジネス向けカスタマイズモデルを発売
リコーは、400万画素光学4.8倍ズームデジカメ「Caplio R1」のビジネス向けカスタマイズモデルを10月26日より販売開始する。価格は5万8000円。(2004/10/20)

25ミリの薄型ボディに28〜135ミリ広角4.8倍ズームレンズを搭載──リコー「Caplio R1」
リコーは、25ミリの薄型ボディに28〜135ミリの広角光学4.8倍ズームレンズを搭載した400万有効画素マニュアルコンパクトデジカメを9月3日に発売すると発表した。予想実売価格は4万円前後。(2004/8/19)

ハイアマ向け513万画素デジカメ「Caplio GX」に限定シルバーモデル
リコーはコンパクトデジカメ「Caplio GX」のカラーバリエーションとして、シルバーモデルを5000台限定で7月9日に発売する。価格は7万3500円。(2004/6/28)

リコー、パリ旅行などが当たるキャンペーンを6月より実施
リコーは、同社デジタルカメラ「Caplio RX/GX」の発売を記念としたキャンペーンを実施する。クイズに答えると、パリ旅行などが抽選で当たる。(2004/5/27)

リコー、513万画素CCD+マニュアルメニュー充実の新モデル「Caplio GX」
リコーは5月6日、有効513万画素、広角ズームレンズ搭載のハイアマチュア向けデジタルカメラ「Caplio GX」を発表、5月20日より発売する。価格は7万3500円(税込み)。(2004/5/6)

リコー、28-100ミリ広角ズーム搭載「Caplio RX」
リコーが、28-100ミリ光学3.6倍という魅力的な広角ズームレンズを搭載した有効324万画素のコンパクトデジカメ「Caplio RX」を発表。従来機に比べてボディをシェイプアップし、高速レスポンス/マクロ/3電源対応など従来機から好評の機能をさらに強化した。(2004/3/4)

リコー、実売2万2000円の314万画素3倍ズーム「Caplio」
97(幅)×36(奥行き)×64(高さ)ミリ、約160グラムと小型軽量なエントリーモデル。(2004/2/26)

リコーが作る1.5万円デジカメの実力は?――「Caplio RR211」
リコーが低価格なコンパクトデジタルカメラ「Caplio RR211」を発売。現時点の実売は1万5000円前後で推移するなど、200万画素クラスのデジカメ最新機種では最安値クラスとなっている。カメラメーカーが作った1.5万円デジカメの実力を探ってみた。(2004/1/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。