ITmedia NEWS >
インタビュー
» 2014年07月24日 14時27分 公開

ホームシアターを変える「Dolby Atmos」とは? (3/3)

[芹澤隆徳,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

コンテンツは出てくるのか?

 現在、Dolby Atmosの大きな課題は、家庭で再生できるコンテンツが今のところ存在しないことだ。この点についてパイオニアでは、「現在のBlu-ray DiscにDolby Atmosのサウンドトラックを設けることに技術的な課題はありません。ドルビーの正式発表はまだですが、秋以降にDolby Atmos版BDがリリースされると期待しています」(平塚氏)。


 なお、対応Blu-ray Discが登場してもBDプレーヤーを買い替える必要はない。音声信号のビットストリーム出力できれば、対応AVアンプにそのまま伝送してレンダリングが行える。つまり、既に5.1chや7.1chのシステムを持っている人であれば、新しいAVアンプと天井スピーカーをプラスするだけでDolby Atmos対応シアターが手に入るわけだ。

 「天井スピーカー設置のハードルは確かに高いと思いますが、一方でインストーラー業界(ホームシアターの設置工事などを請け負う)もわれわれと同様、需要増を見込んでいます。秋以降、Dolby Atmosがホームシアター市場を盛り上げることを期待しています」(平塚氏)。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.