ITmedia NEWS >
レビュー
» 2016年06月29日 17時26分 公開

“完璧”という言葉がふさわしい――無償アップグレードで音を磨いたMrSpeakers「ETHER」シリーズを聴く野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review(2/2 ページ)

[野村ケンジ,ITmedia]
前のページへ 1|2       

“完璧”という言葉がふさわしいバランスに秀でた音

 このアップグレードによって、サウンドはどう変化したのだろうか。まずは開放型のETHERから。

「ETHER」は、特許技術である「V-Planar振動板」を搭載した開放型ヘッドフォン。インピーダンスは23Ω、感度は96dB/mW

 完璧、という言葉が最もふさわしい、バランスに秀でた音。オリジナルも充分満足のいく良質なサウンドではあったが、フィルターを追加することで、高域にほんの少しクセが乗っていて、ピアノの音にわずかなにじみが生じていたことが分かるようになる。フィルターを追加することで、それが完璧な、とてつもなくピュアな音色へと変化。響きの美しい音色が、ホールいっぱい広がってくれるようになったのだ。おかげで、レコーディングしたホールの音響特性が、一段も二段も良質になったように感じられた。この音のよさ、響きの美しさは圧倒的。ことETHERに関しては、是非ともアップグレードをオススメする。

 一方のETHER Cも、効果は絶大。1.1アップグレードを一聴した後、オリジナルに戻して試聴すると、それまでは、どちらかというとかまぼこ形に近い帯域バランスに仕上げていたことが分かる。それでも、高域側にわずかな乱れが感じられたのだが、アップグレードすることで、その部分が目立たなくなったうえ、音の抜けも良くなり、明瞭(めいりょう)さと響きの心地よさを兼ね備えた、良質なサウンドへとグレードアップした。同時に、中域にも厚みときめ細やかさが感じられるようになり、クラシックの再生にも良好な相性を見せるようになった。えり好みのないサウンドキャラクターになった、といったイメージだ。

密閉型の「ETHER C」。同じくインピーダンスは23Ω、感度は96dB/mW

 さらにETHER Cでは、イヤーパッド内に付属のフィルターを追加することによって、積極的に音質調整を行うこともできる。キレの良さを失わせず、グルーブ感溢れるロックを楽しみたい人は、黒いフィルターを1枚追加するのが良さそう。クラシックなど、アコースティック楽器がメインの演奏はそのままがベストだが、女性など、もう少し柔らかい音色が好きという人には、白いフィルターを追加するのも手だ。とはいえ、あくまで好みや楽曲の特徴によって傾向は変わるため、自分にとってのベストなセッティングを見つけ出してほしい。

 このように、MrSpeakersのETHER、ETHER Cのアップグレードは、どちらもETHERシリーズ本来の魅力を、さらに引き出してくれる素晴らしいプランだ。既存ユーザーには、(無料でもあるし)是非ともアップグレードすることを推奨したい。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.