ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「ブラタモリ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブラタモリ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

地図クラスタ歓喜 国土地理院、全国の赤色立体地図を公開
ブラタモリでよく見るやつ。(2018/6/7)

「乗り心地悪いなぁ」「なくさんといてな」 “乗り心地の悪さ”が心地いい、神戸須磨浦山上遊園「カーレーター」が愛される理由
タモリさんも愛したレア乗り物。(2018/2/23)

日本地質学会が「ブラタモリ」制作チームを表彰へ 「地質学の普及に貢献しているのは明らか」
納得の受賞です。(2017/6/16)

古舘伊知郎さんのラジオ発言が“捏造”と炎上 Mステ出演の「けもフレ」声優をこき下ろすも「番組内容と全然違う」と指摘相次ぐ
「ギンギンいらつくような声」「もうタモさんの興味のなさぶり」などと語っていました。(2017/4/25)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
観光列車の次のブームは廃線かもしれない
岐阜県飛騨市、秋田県大館市、宮崎県高千穂町で廃止された鉄道路線を観光に生かす人々が集まり「日本ロストライン協議会」を設立する。鉄道趣味の1分野だった「廃線」が、城巡りに通じる新たな観光資源として注目されている。(2017/2/10)

ブラタモリで「大坂城・真田丸スペシャル」 絵図を手に、出城「真田丸」の姿に迫る
11月12日の放送回で。(2016/11/7)

地震前に撮影された「ブラタモリ」熊本城特集回の再放送が決定! 立入禁止となった本丸御殿、天守閣も登場
地震被害前の熊本城を収録しており、再放送を望む声があがっていました。(2016/7/14)

「ブラタモリ」ついに書籍化! 番組制作班が監修、マニアックな視点で見た街の様子を紹介
桑子アナにもたっぷり会えそう。(2016/6/17)

「ブラタモリ」書籍化 訪れた街の歴史や地理を深掘り 語りきれなかったエピソードも
NHK「ブラタモリ」が書籍化。放送内容をもとに全国の街の歴史や文化、地理などを紹介する。7月下旬から全6巻刊行し、第1巻は長崎、金沢、鎌倉を取り上げる。(2016/6/17)

NHK「ブラタモリ」制作スタッフが「測量の日」功労者に 国土地理院が表彰を決定
理由は「視聴者が地図や地理に興味を持つきっかけとなっている」から。(2016/5/20)

Weekly Access Top10:
スプラトゥーン「シオカラーズ」が新曲発表 “本物のアイドル”になれるか?
任天堂のゲーム「スプラトゥーン」に登場するアイドルユニット「シオカラーズ」が、「ニコニコ超会議2016」で2度目のライブを開催。ソロの新曲を発表し、話題を呼んだ。(2016/5/2)

「つぶやきビッグデータ」なくなるの? 「NEWS WEB」終了に伴う名物コーナーのゆくえ
その日の楽しみにしている人も。(2016/3/30)

ぶらり乗車しない旅:
PR:モバイルSuica対応記念! SIMフリー「arrows」で山手線を一周 〜ただし徒歩で〜【PR】
「モバイルSuica」が使えるようになったSIMフリーの「arrows」を持って、山手線を一周してきました。徒歩で。(2015/12/25)

NHK、「ブラタモリ」と「鶴瓶の家族に乾杯」がコラボ 大河ドラマ「真田丸」ゆかりの長野県上田市を堺雅人さんと歩く
2016年1月2日19時30分から。タモリさんと笑福亭鶴瓶さんの2人に堺雅人さんが同行する。(2015/12/15)

アルバイト探しの人気キーワード「遺跡発掘」が急上昇
ビズリーチが運営する求人検索サイト「スタンバイ」は、2015年9月に同サイトでユーザーがアルバイト探しに利用したキーワードを調査し、その結果を発表した。(2015/10/16)

『ヨルタモリ』はなぜ面白いのか ラジオ好きが分析してみた
(2015/9/20)

東京駅地下に幻の巨大空洞 「ブラタモリ」放送で話題に 再放送もあるよ
掘ってみたけど計画中止で空洞だけが残された。(2015/7/21)

【連載】ドローンという体験 第2回:
人々の体験を拡張させる「メディア」としてのドローン
ドローンのビジネス利用が現実味を帯びてきたといわれるが、ことマーケティングに関わるところではどのような用途が考えられるのか。現時点での事例を解説する。(2015/6/23)

未公開シーンを追加した「ブラタモリ 〜京都・完全版〜」放送決定!! 4月からのレギュラー放送のダイジェストも
3月27日の放送。4月からのレギュラー放送を紹介するダイジェストも公開します。(2015/3/13)

伝説のドキュメンタリー「映像の世紀」に新作か!? NHKの2015年編成計画に「新・映像の世紀」
おおおおおおお。(2015/1/22)

NHK「ブラタモリ」新シーズン、4月11日から放送開始
タモリさん、今回はどちらの街へ?(2015/1/21)

NHK「ブラタモリ」復活 「笑っていいとも!」終了で新シリーズは地方ロケも可能に
3年ぶりキター!(2014/11/19)

J-SUMMITS 連載コラム「電気羊はユーザーメードがお好き!?」
病院内に存在する「超芸術トマソン」との正しい付き合い方
単に電子化しただけでは結局、誰のためにもならない。あまりに非実用的なシステムに遭遇したことはないだろうか。そうしたシステムとどう向き合い、改善していくべきかを探る。(2014/11/17)

一人の正義が他人の人生を狂わすこともある――鈴木おさむさんインタビュー
数々の人気番組を手掛ける放送作家・鈴木おさむさんがテレビ業界のリアルな闇と欲望を描いた『名刺ゲーム』を語ってくれた。(2014/11/6)

“ただの人”だったタモリがタレントの道を歩み出した“きっかけ”とは?
“ただの人”だったタモリがタレントとなったきっかけとは? 著名人のエピソードから、人生を変える「きっかけ」のつかみ方を学べる一冊を紹介します。(2014/5/20)

2020年東京オリンピックで東京はどう変わる?
2020年に開催される東京オリンピック。6年後までに東京という都市はどう変わるのでしょうか。2020年までに開発の実現性が高いプロジェクトの着地点を探り、まとめた一冊を紹介します。(2014/5/13)

復活熱望の声多し 『ブラタモリ』ヒットの裏側とは?
第3シリーズまで続く人気番組であった『ブラタモリ』。万人ウケする番組ではないにもかかわらずヒットさせることができた理由とは? 番組のプロデューサー・尾関憲一氏の著書から紹介します。(2014/5/8)

タモリの魅力に膨大なエピソードで迫る「タモリ学」 テレビの顔でありながらネットでも愛される理由
数々の発言やインタビューから膨大なエピソードを参照し、タモリさんの魅力に迫る本「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」が発売される。テレビタレントでありながらネットでも広く愛される理由を、著者の戸部田さんに聞いた。(2014/3/25)

いわばバーチャルブラタモリ――明治や昭和の地図とGoogleマップを比較できる「今昔マップ」Web版が面白い
あんな場所やこんな場所の昔の姿が一目瞭然! ブラタモリとか歴史探訪とか好きな人は必見です。(2013/9/19)

復興の現場:
地図アプリを復旧・復興に――震災記憶地図
東日本大震災以降、応急処置、停電対策、緊急地震速報など、多くのスマホアプリが登場したが、その中でも被災地での実用性が高かったものの1つが地図アプリだ。(2011/9/12)

クウジットの実証実験:
文化財の発するメッセージ、「iPhone+位置情報」で受信
クウジットがiPhoneを使った位置連動型展示ガイドの実証実験を法隆寺宝物館で実施している。動画や参加型コンテンツを交えて作品が持つメッセージを利用者に届ける同実験を、実際に体験した。(2010/2/5)

位置情報+動画で新体験「ブラアプリ」 「ユビキタスとは反対」の新市場創出へ
「ブラタモリ」を追体験できる「ブラアプリ」は、位置情報を使って動画コンテンツを再活用する試みの1つ。経産省は位置情報を活用した新サービスの市場創出を狙っている。(2010/1/29)

「テレビに出た場所」をもっと身近に――「ブラタモリ提供ブラアプリ」の狙い
NHKの人気テレビ番組「ブラタモリ」と連携したiPhoneアプリ「ブラタモリ提供ブラアプリ」。テレビに出た場所をモバイル端末を使ってユーザーと結びつけることで、番組を追体験する楽しさが生まれ、地域産業の活性化にも役立てられると担当者はみる。(2010/1/29)

「ブラタモリ」をiPhone片手に追体験 位置に合わせて映像配信
NHK「ブラタモリ」の動画を位置情報に連動してiPhoneにストリーミング配信する「ブラアプリ」。タモリの散策を追体験できる。(2010/1/26)

App Town エンターテインメント:
クウジットら、「ブラタモリ」とコラボした位置連動型iPhoneアプリを開発
クウジットが博報堂DYメディアパートナーズと共同で、テレビ番組「ブラタモリ」と連動したiPhoneアプリ「ブラタモリ提供ブラアプリ」を開発。クウジットの位置連動型の情報配信サービス「ロケーション・アンプ」を活用した。(2010/1/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。