ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

25卒学生に人気の企業、金融業界1位は「日本生命保険」 他業界のランキングは?
マスコミ業界、商社業界など、全15業界別にランキングを発表した。(2024/4/11)

マスコミ業界へのマイナスイメージ 「昔ながらの文化」「全国転勤」を抑えた1位は?
キャムコムグループのインタツアー(東京都港区浜松町)が「業界別イメージ調査 マスコミ業界編」の結果を発表した。学生はマスコミ業界についてどのようなイメージを抱いているのか。(2024/4/9)

買い物状況×8つのクラスターで生活者を捉える:
博報堂が開発した「“フレキシブルショッパー”クラスター」を活用して分かること
博報堂買物研究所は、独自調査を基に開発した「“フレキシブルショッパー”クラスター」を活用し、日用消費財メーカーや小売業のマーケティング支援を強化するコンサルティングサービスの提供を開始した。(2024/4/4)

今日のリサーチ:
企業の顧客データ活用 内製化意向は約8割でも実態は?
「データ活用の内製化/自走化」はどこまで進んでいるのでしょうか。インキュデータが調査しました。(2024/4/2)

令和の無駄学:
なぜ歯磨き粉はミント味? ヒット商品の誕生には「無駄」が必要なワケ
みなさん、最近無駄話をしていますか? 博報堂ヒット習慣メーカーズでは、これらの「無駄」こそ今の社会に必要なものだと考えています。本記事では、無駄こそが真の豊かさを求める上で最強の武器になると思う理由についてお話しします。(2024/4/2)

博報堂が生成AIで生活者発想を支援するサービスプロトタイプを開発:
生成AIが生み出す「バーチャル生活者」の声を聴くメリットとは?
博報堂は、独自の大規模生活者調査データベースに生成AI技術を組み合わせて作り出した「バーチャル生活者」との対話を通して生活者の考えを知ることができるサービスを開発した。(2024/3/29)

DACとアイレップが統合:
博報堂DYグループが新会社「Hakuhodo DY ONE」を設立
博報堂DYグループのデジタルコア新会社「Hakuhodo DY ONE」が2024年4月1日に誕生する。(2024/3/25)

『小さな会社の広報大戦略』著者インタビュー:
広報活動を「無料の広告」と勘違いしている人に言いたいことがあります
大手企業のみならず小さな会社にとっても広報が果たす役割は大きい。しかし、広報活動を始めるに当たっては業務内容への十分な理解が必要だ。広告宣伝と混同された広報活動は記者にとってはノイズでしかないから……。(2024/3/16)

日本語特化の視覚言語事前学習モデル、博報堂テクノロジーズが無償公開
博報堂テクノロジーズは、日本語に特化した視覚言語事前学習モデル(VLP)「Japanese CLIP ViT-H/14」を開発し、Hugging Face上で無償公開した。(2024/3/13)

企業とメディア双方の効率的・効果的な情報発信のために:
博報堂が企業の広報DX支援へ取材マッチングプラットフォーム 「Espresso Hub」β版の提供を開始
「社会やメディアの視点を把握し、それを加味した広報活動を行いたい」企業と「独自の情報を伝えたい」「最適な取材先を迅速に見つけたい」メディアニーズに応える。(2024/3/13)

「セイムス」と店舗送客の実証実験も:
NFTを活用した顧客ロイヤルティー向上プログラム 博報堂とProofXが共同で
博報堂とProofXは、NFTを活用した顧客ロイヤルティー向上プログラムを共同開発した。(2024/3/8)

今日のリサーチ:
推しの有無で幸福度に20ポイント以上の差 博報堂が「オシノミクスレポート」を発表
「推す」行動の裏にある心理や社会的価値について考察した調査の結果です。(2024/3/7)

商品開発プロセスを効率化:
AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や新規性のある企画生成、議論過程や根拠の可視化、人間との対話やフィードバックを通じた学習や改善といった特徴を持つ。(2024/3/4)

求職者が知りたい採用情報を知りたいタイミングで発信:
LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。(2024/2/29)

運用実績から数値的事実や因果関係を推察:
「GPT-4」で広告運用実績を分析 アイレップ、「iPalette」にAI分析機能を追加
アイレップは、AIの活用推進の一環として、広告配信情報の管理プラットフォームにAI分析機能を搭載した。(2024/2/16)

グループの「デジタルコア」に:
博報堂DY、DACとアイレップを統合してデジタルマーケティング領域をリードする新会社設立へ
新会社はその他のグループ内事業会社のデジタルマーケティングに関わるナレッジやリソースも集約し、グループのデジタルマーケティングの核となることを目指す。(2024/2/13)

今日のリサーチ:
節約意識が高い人ほど年間支出が多いってどういうこと?
博報堂買物研究所は、2021年秋から続く値上げと物価高騰にともなう生活者の意識と行動の変化を調査ました。(2024/2/10)

75店舗が出店:
東急プラザ原宿「ハラカド」4月オープン 特徴は?
東急不動産は、東急プラザ原宿「ハラカド」を4月17日に開業すると発表した。「多様な人々の感性を刺激する、新たな原宿カルチャーの創造・体験の場」として、個性的な75店舗が出店する。(2024/2/9)

購入するまで作品名が分からない「本音屋」、ハイブリッド書店「honto」などで
文藝春秋は2日、真っ黒なパッケージに本を包み、コピーのみを記した純文学作品の特設コーナー「本音屋」を始めた。(2024/2/2)

デジタル化に伴うマーケティングの役割の変化を反映:
「マーケティング」の定義が34年ぶりに刷新 旧定義との違いは?
日本マーケティング協会が新しい「マーケティング」の定義を発表した。(2024/1/28)

「ひとりが好き」が過半数に “プレミアムひとり市場”は拡大するか
みんなと一緒より、ひとりでいる方が好き−。博報堂生活総合研究所は25日、東京都内で研究発表イベント「ひとりマグマ」を開き、新型コロナウイルス禍に伴う行動制限の余波で、ひとりを楽しむ需要が拡大していることを明らかにした。(2024/1/26)

産学連携の取り組み:
生成AIの社会実装へ、ベネッセなどが新団体「Generative AI Japan」を設立
ベネッセコーポレーションとウルシステムズが共同発起人となり、一般社団法人Generative AI Japanを発足した。安全で、生産性を高める生成AIの社会実装を目指す。(2024/1/26)

TVer、2023年12月の月間ユニークブラウザ数(MUB)が3129万になったと発表
民放公式テレビ配信サービスのTVerは、2023年12月における月間ユニークブラウザ数(以下、MUB)が3129万MUBと初の3100万台超えとなり、前の年の同じ月と比べて約124%を達成したことを発表。月間再生数も3.98億回を突破したことも明らかにした。TVerは1月17日のニュースリリースで利用率増加に取り組む考えを示している。(2024/1/22)

来店を起点としたテレデジ統合でのメディアプラニングを実現:
テレビおよび主要プラットフォーム横断で広告効果を可視化、博報堂DYMP「Tele-Digi AaaS」に新機能
広告の実店舗への送客効果を比較する際に、複数のプラットフォームを横断した上、テレビCMまで含めて行うことが可能になった。(2024/1/18)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「苦手だな」と感じる人とのちょっとした雑談をどうしたらいいか
部下との距離の詰め方に悩むとき、得意先の苦手な人と絡まざるを得ないときなどには、ちょっとした雑談が全てを解決してくれたりする。(2024/1/11)

今日のリサーチ:
国連の気候変動対策キャンペーン「1.5℃の約束」は浸透している?
国連広報センターと各種メディアは共同で、気候変動対策キャンペーン「1.5℃の約束」を展開しています。これについて知っている人はどの程度いるのでしょうか。(2023/12/30)

グッドパッチとUXの話をしようか:
なぜ、人は飲み会後にカラオケに吸い込まれるのか 「7つの欲求」から分析
なぜ、人は飲み会後にカラオケに行きたくなるのでしょうか? そして、なぜカラオケはこんなにも人々を魅了するのでしょうか? 人間が持つ「7つの欲求」から分析していきましょう。(2023/12/26)

越後製菓のCMかと思いきや…… まさかの「ウマ娘」CM その舞台裏をスタッフに聞いてみた
こだわりがパンパンに詰まったCMでした。(2023/12/25)

本田望結、9年ぶりに映画主演 「カーリング」テーマの青春映画が2024年秋公開
映画初主演となった2015年公開の「ポプラの秋」以来。(2023/12/15)

25卒学生に人気の企業、総合1位は「伊藤忠商事」 業界別のランキングは?
2025年春に卒業予定の学生が、就職したいと考えている企業はどこか。文化放送キャリアパートナーズが調査結果を発表した。(2023/12/14)

今日のリサーチ:
「ひとりでいる方が好き」が30年で増加し、多数派に――博報堂生活総合研究所調査
過去30年間で変化してきた「ひとり」の意識について。(2023/12/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
楽しそうな大人になろう。
楽しんでいる人は、輝いている。できる人より、感じのいい人になろう。(2023/12/7)

2025年卒業予定の学生に人気の企業 3位「日本生命」、2位「博報堂」、1位は?
2025年卒業予定の学生が注目する企業は?過去10年以上に渡り調査を行う文化放送キャリアパートナーズは、最新版の調査結果を発表した。(2023/11/28)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
うまくいかなくて、ちょうどいい
「やめたい」と思ったら、感謝することを、思い出そう。(2023/11/22)

今日のリサーチ:
大谷翔平は何位? アスリートイメージ評価――博報堂DYメディアパートナーズ調査
アスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」。2023年10月調査の結果です。(2023/11/5)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
ヤフー・データソリューションに生成AI導入、スマホゲームに音声広告、他
今週は、データ結果の仮説設計や分析を生成AIがサポートする機能や博報堂DYメディアパートナーズとBitStarの資本業務提携、ゲーム内音声広告などのニュースを紹介する。(2023/11/3)

「Meta Marketing Summit Japan 2023 」レポート:
花王「瞬感ミストUV」の大ヒットにつながったクリエイターマーケティング戦略
テレビ主体のマーケティングからSNSへのシフトを強める花王。「SNS売れ」で大ヒット商品となった日焼け止めミストのプロモーションチームにおけるInstagram活用取り組みを紹介する。(2023/11/1)

1008人に聞いた:
「2024年 ヒット予測」ランキング 2位「国内旅行」、1位は?
博報堂生活総合研究所は、生活者が選ぶ「2024年 ヒット予測」ランキングを発表した。日傘、国内旅行を抑えて1位に選ばれたのは?(2023/10/30)

AI:
積水ハウスと博報堂、スマートホームサービスで得た生活ログをAI解析で「行動の源泉」可視化へ
積水ハウスと博報堂は、共同プロジェクトを開始した。積水ハウスのスマートホームサービス「PLATFORM HOUSE touch」を介して蓄積したビッグデータをAIで解析する。(2023/10/12)

推し活:
コンテンツの「支出喚起力」ランキング 「日向坂46」などアイドル抑え1位は
博報堂DYホールディングス、博報堂、博報堂DYメディアパートナーズの共同研究プロジェクト「コンテンツビジネスラボ」は、「コンテンツファン消費行動調査2023」を実施した。(2023/9/26)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
テレビ×Web×DOOH 広告費をムダにしないベストな打ち手は?
デジタルマーケティングやCXに関する気になるニュースを最近のリリースからピックアップして紹介する。今週は、「テレビ×Web×DOOH」における広告効果を可視化する実証実験などのトピックスに注目する。(2023/9/22)

今日のリサーチ:
テレビ広告の新規出稿、「運用型」が増加傾向――博報堂DYメディアパートナーズ調査
限られた予算を有効に使うべく、ローカルエリアで小さく始めて大きく育てる――。テレビ広告の新しい潮流が生まれています。(2023/9/20)

今日のリサーチ:
スクリーンに触れている時間は1日12時間11分――博報堂DYメディアパートナーズ調査
メディア環境を「スクリーン」という視点から捉えた調査の結果です。(2023/9/21)

グッドパッチとUXの話をしようか:
生成AIには作れない、「文字だけ」の防災広告 足りないのはUXデザインの視点
インターネット広告業界で生成AIが重宝されている。大量のパターンの画像や文言を瞬時にアウトプットできるからだ。「生成AIがあれば怖いものなし」にも思えるが、そんな生成AIにもまだ「作れない」広告はある。そこで足りないのは「UXデザイン」の視点だ。(2023/9/8)

今日のリサーチ:
サーキュラ―(循環)な行動が若年層で拡大――博報堂「生活者のサステナブル購買行動調査2023」
「サステナブル」という意識の高まりは、リユース品の売買など具体的な購買行動として徐々に浸透・拡大しているようです。(2023/8/31)

今日のリサーチ:
アスリートに期待されるSDGs目標、トップは「ジェンダー平等の実現」――博報堂DYメディアパートナーズ調査
SDGs17の目標の実現においてスポーツアスリートへの期待感が高まっているようです。(2023/8/29)

Z世代の「トキ消費」とは? そろいの服でディズニーに行く理由
購入したモノ・サービスを使ってどのような経験・体験をするかに重きを置く消費潮流を「コト消費」と呼ぶ。Z世代の消費には、それだけでは説明しきれない、いわば「トキ消費」とでもいうべき消費の類型がある。(2023/8/11)

ChatGPTで求人情報が探せる Wantedlyがプラグイン提供
ウォンテッドリーが、求人サイト「Wantedly」の情報を検索できるChatGPTプラグインの提供を始めた。約10万件(同日時点)の求人情報から、ChatGPTへの問いかけに合わせたものを表示するという。利用料は無料。(2023/7/25)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
メタバースビジネス成功の秘訣とは?
デジタルマーケティングやCXに関する気になるニュースを最近のリリースからピックアップして紹介する。今週は、博報堂の「メタバースビジネスアジェンダ策定プログラム」をはじめとするトピックスに注目する。(2023/7/14)

ジャニーズの性加害問題への言及が原因か 有名プロデューサーが事務所に契約解除される 元社長は過去に「ジャニーさん大好き」など発言
業界内での「忖度」はいつまで続くのか――。(2023/7/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。