ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「広告業界」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Amazon、2四半期連続の赤字 AWSの営業利益は36%増
Amazonの4〜6月期決算は売上高は7%増、20億2800万ドルの赤字だった。2四半期連続の赤字だった。広告事業とAWSは好調だった。(2022/7/29)

ビジネスモデルの差は?:
広告会社の仕事がどんどん奪われている!? 電通とサイバーエージェントの収益構造から考える
コロナ禍で赤字に苦しむ広告会社とそうでない会社がある。筆者は収益構造や外部環境の変化に理由があると指摘する。広告会社は変われるか?(2022/7/29)

好調アルファベット決算、ただしYouTubeは増収率にブレーキ
アルファベット(旧グーグル)は7月26日(現地時間)に第2四半期となる2022年4-6月決算を発表した。増収減益であった。主力事業となる「広告事業」の1つであるYouTube広告収入は21年第4四半期に出した前年同期比25%増から、前回の22年第1四半期が同14%増、今回が5%増と成長にブレーキがかかった。TikTok(ティックトック)との競争激化が増し、企業の広告出稿が手控えられたことが要因と説明された。(2022/7/27)

ツイッターとマスク氏の法廷闘争へ 買収関連費用3300万ドルも業績の重し
ツイッター(TWTR)は7月22日(米国現地)に2022年4−6月決算を発表した。収益対象になる1日当たりアクティブユーザー数(mDAU)は2億3780万人(前年同期比16.6%増)であったが、広告業界の逆風にマスク氏の買収保留が重なり減収減益となった。マスク氏と見解が異なる偽アカウントやスパムの比率はmDAUの5%未満と発表。ツイッターとマスク氏の法廷闘争が始まる。(2022/7/25)

関西の新ランドマークに:
神戸最大級 三宮駅前ビルに大型ビジョン設置 9月から放映
オーエス(大阪市北区)は、現在、改築工事中の「三宮OSビル」(神戸市中央区)の壁面に、大型ビジョン「オーエスビジョン」を新設する。この運営管理を請け負う広告代理店のケシオン(大阪市西区)は、22年9月中旬より放映を開始すると発表した。(2022/7/26)

Marketing Dive:
Meta、“終わりの始まり”か? シェリル・サンドバーグ氏のCOO退任で広告ビジネスに転機
シェリル・サンドバーグ氏が2022年秋にMetaのCOOを退任する。デジタル広告業界の巨人は今、岐路に立たされている。(2022/7/25)

Twitterの4〜6月期決算は減収で赤字 「マスク氏による買収保留の不確実性を反映」
Twitterの4〜6月期決算は、売上高は1%減、2億7000万ドルの純損失だった。同社は広告業界への逆風と、マスク氏による買収保留に関連する不確実性を不調の理由として挙げた。不確実なため、第3四半期の予想はせず、電話会見もしなかった。(2022/7/23)

「ワークデイ コンシューマー」へのリーチを拡大せよ:
PR:広告事業を再始動 日本マイクロソフトが描く「成功へのシナリオ」とは
日本マイクロソフトは日本での広告事業「Microsoft 広告」を開始した。コロナ禍で人々のワークライフスタイルが変わりつつある中、同社の広告はどう強みを発揮するのか。日本で事業拡大を目指すためにどのような人材を求めているのか。(2022/7/11)

S LOUNGE(エスラウンジ):
全席で紙巻たばこが吸えるワークスペース 東京・新宿にオープン
広告代理業を営むワイオーユーは6月17日、全席で喫煙可能としたコワーキングスペース「S LOUNGE(エスラウンジ)」(東京都新宿区)を開業した。(2022/6/21)

CEOは若干20歳:
iPadをバッグに入れて歩くだけで「最大時給1200円」 広告バイト「ストチャー!」が話題
広告企画、開発、運営事業を手掛けるワナ・テクノロジーズは、専用のバックに広告が流れるiPadを入れて歩く広告バイト「Stchar!(ストチャー!)」を6月4日にリリースする。ユニークな広告ビジネスモデルで話題性を狙い、ユーザーへの賃金として還元するのが狙い。(2022/6/3)

ネット広告のマイクロアド上場へ 創業15年、売上高116億円
ネット広告事業のマイクロアドが東証グロース上場へ。(2022/5/27)

米超党派上院議員、Googleの広告事業分割を狙う新法案を提出
米国の超党派上院議員は新たな法案「Competition and Transparency in Digital Advertising Act」を提出した。企業によるオンライン広告事業参入を1つの領域に絞ることを義務付けるもの。法制化されればGoogleやMetaは広告事業をスピンオフしなければならなくなる可能性がある。(2022/5/20)

新聞とテレビの接触データを連携:
読売新聞東京本社がSMNと協業し、広告業に進出
読売新聞東京本社は、ソニーグループでマーケティングテクノロジー事業を行うSMNと、デジタルを軸とした広告ビジネスで協業する。(2022/5/2)

サードパーティーcookieの後継者【前編】
いまさら聞けない「サードパーティーcookie」の機能 何に役立つのか?
広告業界が、サードパーティーcookieの利用廃止に向き合わなければいけない時が来た。代替手段を考える上で、サードパーティーcookieが果たす役割をあらためて確認しよう。(2022/4/27)

フランス公共放送系の「脱クラウド」【前編】
「脱クラウド」に公共放送子会社が踏み切った“なるほどの理由”
広告事業のFrance Televisions Publiciteは、バックアップやアーカイブのシステムをクラウドサービスからオンプレミスのインフラに戻した。同社はクラウドサービスに「不便さ」を感じたという。それは何なのか。(2022/4/20)

Marketing Dive:
電通など世界の主要広告代理店が撤退 ロシアの広告業界は機能停止に
Omnicomと電通がロシアから撤退した。これにより主要なグローバルエージェンシーは全て同国から離脱したことになる。(2022/4/13)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
“ラスボス”Amazonが広告でも存在感、見過ごすとどうなる?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「Amazonの広告ビジネス」です。(2022/4/6)

Marketing Dive:
逆風下のMeta(旧Facebook)、「TikTokのコピー」だけでは立ち直れそうにない理由
若年層の離脱はとまらない一方で期待のメタバースはまだ芽が出るのは遠い先。屋台骨の広告ビジネスの前途も明るくない。どうしてこうなった。(2022/3/11)

Marketing Dive:
Amazonが広告事業でも“そろそろ本気出す” FacebookとGoogleの2強が青ざめる理由
Amazonの広告サービスは、第4四半期に97億ドルの収益を上げ、前年比で32%の増収になった。広告サービスの収益が独立したセグメントとして発表されるのは初めてのことだ。(2022/3/4)

今日のリサーチ:
電通「2021年 日本の広告費」 インターネット広告費が初の4マス超え
2021年の日本の総広告費は6兆7998億円で前年比110.4%。市場全体がマイナス成長となった前年から大きく回復。もちろんインターネット広告は引き続き順調に伸びています。(2022/2/25)

Marketing Dive:
Appleの広告規制でFacebookは撃沈 一方、Apple自身の広告事業は?
iOSにおけるプライバシーポリシーの変更はFacebookなど他のデジタルプラットフォームの広告パフォーマンスに影響を与えている。一方、Apple自身の広告事業は着々と成長している。(2022/2/25)

総広告費も2桁成長:
2021年のネット広告費2.7兆円、初の「テレビ・新聞」超え 電通調査
電通が発表した「2021年 日本の広告費」で、21年のインターネット広告費が2兆7052億円(対前年比121.4%)となり、マスコミ4媒体(テレビ・新聞・ラジオ・雑誌)の広告費(2兆4538億円、同108.9%)を初めて上回ったことが分かった。(2022/2/24)

Meta(旧Facebook)、増収減益 1〜3月期売上高を3〜11%増と予測
Meta(旧Facebook)の2021年10〜12月期決算は、増収減益で純利益はアナリスト予想を下回った。主力の広告事業の伸びが鈍化しており、1〜3月期の売上高見通しを3〜11%増とした。iOSの変更やTikTokなどとの競争、「リール」へのシフトによるレートの悪化などを理由に挙げた。(2022/2/3)

今日のリサーチ:
世界の広告費成長率がV字回復 2021年は17%成長で2019年の水準を上回る
電通グループは、世界59市場から収集したデータに基づき取りまとめた「世界の広告費成長率予測(2021〜2024)」を発表しました。(2022/2/1)

Marketing Dive:
「SDGsやってます」アピールが広告代理店にこそ必要な理由
広告代理店は広告主の持続可能性対策の伝達に精通している。だが、自社についてはどうか。きちんと気候変動に向き合い、そのことを広く伝えられているか。(2022/1/21)

Twitter、モバイル広告MoPubの10.5億ドルでの売却を完了
Twitterは、モバイル広告企業MoPubの売却を1月1日に完了したと発表した。売却総額は10億5000万ドル(約121億円)。これにより「主要分野でより速い成長を実現し、製品開発を加速する」。(2022/1/4)

「漫画村」を“ほう助”した広告代理店「エムエムラボ」「グローバルネット」に1100万円の賠償判決、『魔法先生ネギま!』の赤松健さんが提訴
ついに広告代理店にもメスが。(2021/12/21)

異色のCMOが語る「共感」の絶大な効果:
マーケターこそ今知るべき「インクルージョン」について
世界的な広告会社のグローバルCMOにして社会活動家でもあるアシシュ・パラシャール氏が、今日の社会の重要課題である「インクルージョン」についてマーケター視点で解説する。(2021/12/8)

水沢アリー、YouTubeを始動「もうTVから離れて随分と経つ私が」 2020年に帰国し広告代理店を起業
動画にはIMALUさんも登場。(2021/11/12)

「LINE NEWS」ユーザー7700万人以上にリーチ:
Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。(2021/10/15)

15億円の広告事業から撤退しSaaSに賭けるFringe81の決断
8月11日、Fringe81は10年以上に渡り手掛けてきたネット広告事業から撤退し、「ピアボーナス」を実現するSaaS「Unipos」専業とする公表を行った。併せて、社名も10月1日より「Unipos」となる。祖業を畳(たた)み「感情報酬」という新たな価値を主力サービスとする意思決定の背景とは、そして、今後の勝算をどう見据えているのか。(2021/9/7)

暑い日に飲料の広告、雨の日は集客用クーポン:
天気にあわせて広告を表示 Cookie廃止で「位置情報×天気×広告」は盛り上がるか?
サードパーティーCookieの廃止に向け、広告業界が対応を模索する中、「天気に合わせた広告」を提供する動きが出てきている。天気に左右されやすい購買行動として、スーパーや飲料品の売り上げなどがある。こうしたニーズを、広告で解決できるか。(2021/8/4)

コンプレックスがある:
サブカルと広告業界と東京五輪開幕と
1986年に広告業界に足を踏み入れた筆者は、東京五輪2020の開幕式をどう見たかのか。まとめたくなったので書いてみた。(2021/7/25)

「購買」が起点:
楽天が本気で進める「オムニコマース」 1億超のIDがオンラインとオフラインの体験をつなぐ
楽天グループが広告事業の領域をオンラインからオフラインまで拡大させている。1億を超える楽天IDのデータを集客と顧客エンゲージメントの向上にどう活用できるのか。担当者に聞いた。(2021/7/15)

ららぽーと富士見で導入:
ナプキン無料化、動画広告でマネタイズ 施設内の広告出稿など見込む
女性個室トイレにデジタルサイネージ機能を持つディスペンサーを設置し、広告費を得ることで、利用者に対して無料で生理用ナプキンを提供する──「生理の貧困」に注目が集まるなか、オイテル(東京都品川区)はそんなサービスを8月に始める。(2021/6/29)

EU、Googleの広告事業に関する独禁法調査開始
EUの欧州委員会が、Googleを独禁法違反の疑いで正式調査すると発表した。Googleが自ら運営する広告サプライチェーンで自身の広告を優先的に扱うことで、競合する広告主とパブリッシャーに損害を与えた可能性を調査する。(2021/6/23)

『「何者」かになりたい 自分のストーリーを生きる』【後編】:
博報堂出身のクリエイティブディレクター、GO三浦崇宏さんに聞く「広告業界の問題点」 炎上をいかにして回避するか
広告業界を取り巻く環境が大きく変化し、大手をはじめとした広告会社が事業領域の拡大や異業種との協業を模索している。The Breakthrough Company GO三浦崇宏さんに、広告業界の過渡期に創業した理由や、最近の広告会社のビジネスモデル、広告表現と炎上、その回避策を聞いた。(2021/6/25)

『「何者」かになりたい 自分のストーリーを生きる』【前編】:
広告業界の風雲児、GO三浦崇宏さんに聞く「若手社員と信頼を築くためのマネジメント術」
コロナ以前から新卒の離職率3割は問題となっていて、リモートワークの普及によりさらにマネジメントが難しい時代となった。創業5年目ながら業界にインパクトを与えている広告・事業会社がThe Breakthrough Company GOだ。同社の代表取締役で PR・クリエイティブディレクターの三浦崇宏さんに若者のモチベートやマネジメント方法について聞いた。(2021/6/24)

トイレ個室で生理用品を無料で提供するサービス「OiTr」 ららぽーと富士見で本格導入
広告費で生理用品代をまかなう仕組み。(2021/6/4)

モノを広めるときに必要な手法を成功事例から選べる:
ベクトル、広告業界のEコマースサイト「ヒロメル」 提供開始
ベクトルグループが持つ成功事例やノウハウを参考に、PR、マーケティング、ブランディングなど、自社に合った広める手法を事例から選べる新サービス。(2021/5/14)

サイバーエージェントと協業:
ヤマダデンキ、デジタル広告事業に参入 購買履歴・会員データなどから好みで“狙い撃ち”
ヤマダデンキが、サイバーエージェントと業務提携を結び、デジタル広告の分野に参入する。ヤマダデンキの顧客データなどに基づき、オンライン広告や店舗のサイネージ、公式アプリなどに、メーカーが広告を配信できる仕組みを整える。(2021/4/2)

世界で活躍するクリエイティブディレクターに聞く【前編】:
レイ・イナモト氏が語る 「ブランドはストーリーではなくプロダクトやサービスで構築すべき時代へ」
レイ・イナモト氏が率いるI&COが東京オフィスを開設して1年半。この間に世界の広告業界を取り巻く状況は激変した。この変化をイナモト氏はどう捉えているのか。(2021/3/16)

Chrome「サードパーティーCookie廃止後に別のトラッキング技術は採用しない」
Googleは今回、サードパーティーCookieのサポート廃止後に現在広告業界が取り組みを進めているトラッキング技術を採用することはないと明言した。自社が進めるPrivacy Sandboxが広告業界にもユーザーにとってもメリットがあることを強調する狙いがあるものとみられる。(2021/3/6)

and factoryがSkyfallと資本業務提携 マンガアプリ事業の拡大を目指す
マンガアプリを運営するand factoryは、広告事業などを手掛けるSkyfallと資本業務提携契約を締結した。マンガアプリ事業の収益拡大と、新規事業の創出を目指す。(2021/2/26)

今日のリサーチ:
電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9年ぶりのマイナス成長で、リーマンショックの影響を受けた2009年に次ぐマイナス幅でした。(2021/2/25)

電通発表:
2020年「日本の総広告費」、9年ぶりのマイナス成長 リーマンショックに次ぐ下げ幅
電通が発表した「2020年 日本の総広告費」は、新型コロナの影響で、6兆1594億円(前年比88.8%)に減少。東日本大震災のあった11年以来、9年ぶりのマイナス成長を記録した。(2021/2/25)

広告代理店アピールする新卒の“あるある”と孤独を描いた漫画に反響 「再現度すごくて笑った」「後半の切なさがリアル」
リアルなあるあると孤独の切なさ。(2021/2/3)

YSL「#YSLロックシャイン」キャンペーンなど:
「TikTok For Business」の2020年 コロナ禍のブランド体験はどう変わったか
「TikTok For Business」として展開するTikTokの広告ビジネスの現状とこれからについて担当者に聞いた。(2020/12/28)

日本マクドナルドの活用事例も紹介:
Twitterの2020年新広告商品振り返り 「Branded Likes」「プロモトレンドスポットライト」他
2020年末になって広告ビジネスに活気が戻ったTwitter。新たな広告メニューをテストした日本マクドナルドの事例と共に、2020年の動向を振り返る。(2020/12/25)

今日のリサーチ:
広告業界の倒産、4年連続増加の可能性も――帝国データバンク調査
広告関連業者の倒産動向調査(2020年1〜9月)の結果です。年末に向け、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が広告業界にも及んでいるようです。(2020/10/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。