ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「テレビ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

Apple表参道に巨大恐竜が出現 Apple TV+プロモーション展開
Apple TV+の新番組「太古の地球からよみかえる恐竜たち」プロモーションのために、Apple表参道が恐竜デコに。(2022/5/23)

洗脳手法:
鬼マナー研修や地獄の特訓に参加させる企業が、経営的無能な理由
激しい言葉でスタッフを叱責したり、泣かせる「指導」がテレビでも放映されます。昔からある地獄の特訓的スパルタ社員教育はなぜ存在するのか。そもそもそうした指導は意味があるのか、人事と経営視点で考えます。(2022/5/23)

「とくダネ!」コンビ復活! 笠井信輔、小倉智昭との“3年ぶり”テレビ共演を笑顔ショットで報告
ついにこの日が!(2022/5/20)

キャンペーンのROIを最大化するために:
コネクテッドTV(CTV)広告のパフォーマンスを包括的に計測、Adjustが新サービス「CTV AdVision」を発表
1つの管理画面でCTV広告の全体的なパフォーマンスを把握可能に。(2022/5/18)

700人に聞いたドラマ視聴スタイル:
ドラマ鑑賞「週1本以上」が6割 テレビが動画配信サービスを上回る
ナイルは、15〜69歳の男女約700人を対象に、ドラマ視聴に関するアンケート調査を実施した。テレビの連続ドラマをどのくらい視聴しているか聞いたところ、約6割が「週1本以上」と回答した。(2022/5/18)

「ジョジョ」テレビアニメ10周年記念LINEスタンプ登場 「ズキュウウゥン」「貧弱貧弱ゥ!」など荒木節全開の40点
「そこにシビれる! あこがれるゥ!」「勝てばよかろうなのだァァァァァ!!」など、1部と2部が多めです。(2022/5/17)

歴代最高を記録:
TVerの番組再生数、1位はフジテレビ「ミステリと言う勿れ」
TVerは、1〜3月期の全配信番組を対象とした「番組再生数ランキング」を発表した。(2022/5/23)

会議で視聴率の話は1回も出ていない――フジ深夜の激ヤバ番組「ここにタイトルを入力」若手Dがテレビというメディアで表現したかったこと
ヤバい番組の源流である原田和実ディレクターは入社3年目。(2022/5/14)

「超音波リモコン」で操作できる昭和のテレビに驚きの声 自動でダイヤルが回る仕組みに「心霊現象みたい」
要は高い音に反応する仕組みなので、鈴の音などでも動きます。(2022/5/13)

シャープ、ネット対応テレビで「今日の脳トレ」提供
シャープは13日、薄型テレビ「AQUOS」向けに認知機能のトレーニングに役立つ「今日の脳トレ」を提供すると発表した。(2022/5/13)

中国の実写ドラマ「ヒカルの碁」、Rakuten TVで配信
第1話は誰でも無料で視聴可能。(2022/5/11)

5月29日:
TV「逃走中」とごみ拾いを融合させたイベント「清走中」を広島県で開催 楽しさを入口にごみ問題について考える
TV番組「逃走中」とごみ拾いを融合させたイベント「清走中」を広島県で開催。ゲーム感覚でごみ拾いを実施することで、海洋ごみ問題に対する認知拡大を狙う。長野県、渋谷区に次いで3拠点目で、全国拡大を目指す。(2022/5/10)

今日のリサーチ:
コネクテッドTV(CTV)の視聴時間はテレビ画面での全視聴時間の3割を占める――ニールセンデジタル調査
CTVの利用が拡大する可能性を考えると、継続的にCTV広告をメディアプランに組み込むことが重要となりそうです。(2022/5/6)

「Sonos Beam(Gen2)」で自宅のサウンド環境を手軽にグレードアップ! ビデオ会議にも使える?
各社からサウンドバーが相次いで登場している。Sonosの「Sonos Beam(Gen2)」は、TVのサウンドを迫力ある物にするだけでなく、Dolby Atmos対応コンテンツで立体サウンドを満喫することも可能だ。(2022/5/6)

「ウマ娘」新作アニメ、“99世代”ナリタトップロード&テイエムオペラオー&アドマイヤベガ登場 キャスト陣も大興奮
テレビアニメとは異なる新シリーズとして配信。(2022/5/5)

他社の出稿状況と“効果”を可視化:
競合他社のテレビCM“勝ちパターン”を把握 ノバセル新サービス
ノバセル(東京都品川区)は、運用型テレビCMサービス「ノバセル」のサービスを拡充。「他社がどんなCMを、どこの枠で放映し、実際に効果があったのか」を可視化する「ノバセルトレンド」の提供を始めた。(2022/5/2)

5月7日まで! Fire TVやタブレット、Echoシリーズがお買い得に
Amazonが5月7日まで開催中のタイムセールで、同社のスマートディスプレイやスマートスピーカー、のストリーミングメディアプレーヤーが通常価格よりもおトクに買える。(2022/5/1)

房野麻子の「モバイルチェック」:
“オワコン”のワンセグ、ネット配信に移行して再び輝けるか
民放10局が地上波で放送するテレビ番組をネットで同時配信する「地上波リアルタイム配信」が、4月11日に解禁された。もともとスマホでテレビを見るといえば、ワンセグだったが、どのようにして終焉(しゅうえん)を迎えたのか。(2022/4/29)

脱Cookieも追い風に ネットでテレビ広告を売る「TVer」が好調な理由
サードパーティーCookieの規制が進む中、民放の公式テレビ配信サービス「TVer」は自社で取得するデータをリッチ化して広告主のニーズに応えようとしている。(2022/4/28)

「金色のガッシュベル!!」の赤い魔本を商品化 本物の紙の本に、音声や発光ギミックを搭載
BANDAI SPIRITSは、テレビアニメ「金色のガッシュベル!!」に登場する赤い魔本を実寸大で再現した「PROPLICA 赤い魔本」を発表した。価格は9900円(税込)で、9月に発売予定。4月28日から、店頭や各ネットサイトで予約を始める。(2022/4/27)

「クレカ情報を外部に送信するシステム改ざん受けた」 ローカルECサイトで約1000件の情報漏えい
宇都宮ケーブルテレビが運営するECサイト「いいもの、あるよ!」で、975人分のクレジットカード情報が漏えいし、一部が不正利用された可能性がある。調査により、第三者が決済情報を外部に送信するようシステムを改ざんしていたことが分かった。(2022/4/26)

安達祐実、芦田愛菜と7年ぶり共演 「こんなに清らかに健やかに大人になっていくなんて!」と成長した姿に感激
「Uber Eats」のテレビCMに出演。(2022/4/26)

Fire TVやタブレット、Echoシリーズがお得! Amazonが「タイムセール祭り」を4月26日まで開催
Amazonが4月26日午後11時59分まで「タイムセール祭り」を開催している。同社のスマートディスプレイやスマートスピーカー、のストリーミングメディアプレーヤーが通常価格よりもおトクに買えるチャンスだ。(2022/4/24)

ようやく始まった「TVer」リアルタイム配信 若いスタッフを投入し不具合は素早く改善せよ
民放公式テレビ配信サービス「TVer」で民放5系列のリアルタイム配信が始まりまった。テレビプロデューサーの鎮目博道氏は、「TVerもぜひ若いスタッフをガンガン投入して、より良く改善していってほしい」と漏らす。(2022/4/22)

家電リサイクルは6年連続で増加、不法投棄は微増 経産省が21年度の実績発表
経済産業省は19日、21年度の家電リサイクル状況を発表した。テレビやエアコンなど4品目の回収台数は6年連続で前年度を上回った。(2022/4/19)

ひろゆきも役員:
YouTuberヒカルとまふまふ、売上高100億円企業の取締役に 「テレビとの連動など仕掛けていく」
YouTubeエージェントサポートなどを手掛けるGUILDは、人気YouTuberのヒカル氏と、歌い手のまふまふ氏が、同社の取締役に就任していたと発表した。(2022/4/19)

本体にも付属へ:
「Fire TVシリーズ」の第3世代リモコンに「ABEMAボタン付き」登場 2980円
Amazonの映像デバイス「Fire TVシリーズ」に対応する音声認識リモコンに、Amazon Musicボタンの代わりに「ABEMA(アベマ)ボタン」が搭載されたものが登場する。ボタンを押すと「ABEMA」アプリが一発起動するもので、Amazon.co.jpや家電量販店ではこのリモコンが付属するFire TVシリーズも順次発売される。(2022/4/15)

Amazon Fire TVシリーズのリモコンに「ABEMAボタン」付きバージョン リモコンの単体販売も
Abema TVは15日、「Amazon Fire TV」シリーズのリモコンに「ABEMA」ボタンが搭載されたと発表した。ワンタッチでABEMAが起動する。(2022/4/15)

ゲオ、3万円台から購入可能な4K液晶テレビ発売 50V型でも4万円台で買えるぞ!
ゲオ限定で、オンラインストアでは4月14日、実店舗では15日より販売。(2022/4/15)

ソニー銀、「窓」でリモート相談開始 ローンなど対面希望多く 最新技術を活用
ソニー銀行は、高精細テレビ会議システム「窓」を活用したリモート相談を始めた。遠く離れた場所でも「あたかも同じ空間」にいるかのような体験が可能なソニーグループの最新映像技術を取り入れたもので、対面相談を希望する人の要望に応える。(2022/4/15)

アンカー、シーリングプロジェクター「Nebula Nova」を発売 9万9990円
アンカー・ジャパンは4月13日、スマートプロジェクターブランド「Nebula」より、Android TV 9.0搭載のシーリングプロジェクター「Nebula Nova(ネビュラ ノヴァ)」を発売した。販路はAnker Japan公式サイト、Amazon.co.jp、楽天市場、一部家電量販店など。価格は9万9990円(税込み)。(2022/4/14)

20代では半数以上:
ビジネスパーソンのストレス解消法 「テレビ視聴」「グルメ」を上回ったのは?
大和ネクスト銀行の調査によると、ビジネスパーソンがストレス解消のためにしていることとして、最も多いのは……。(2022/4/14)

クロスプラットフォームの共通視聴者数を把握:
テレビとデジタルを横断した「人」ベースでの視聴者測定 ビデオリサーチとニールセンが共同でサービス提供
テレビとデジタルメディアがどのように連携して広告キャンペーンによる消費者リーチを獲得するかを、包括的に理解することができるようになる。(2022/4/13)

ソニー銀、「窓」でリモート相談開始 ローンなど対面希望多く 最新技術を活用
ソニー銀行は、高精細テレビ会議システム「窓」を活用したリモート相談を始めた。(2022/4/13)

「全国放送っぽくふるまっていた」――テレビ東京、新聞広告で“謝罪” 「TVer」ネット同時配信に合わせてお詫びキャンペーンも
テレビ東京が「あたかも全国放送かのようにふるまっていた」とする“謝罪広告”を出稿し、話題になっている。翌11日からの民放公式テレビ配信サービス「TVer」での、民放10局の「地上波リアルタイム配信」開始に合わせた取り組みの一環。(2022/4/11)

「TVer」で民放5社のリアルタイム配信開始 プライム帯などの番組を全国で
民法公式テレビ配信サービス「TVer」が、民放が放送する番組のリアルタイム配信を4月11日午後6時からスタートした。ゴールデン・プライムタイムを中心に全国で視聴できる。(2022/4/11)

Amazonプライム・ビデオ、日本だとApple TVより407倍人気 Appleが分析結果を公開
米Appleは、米Analysis Groupのエコノミストが発表したサードパーティーアプリに関する報告書を紹介する形で、自社アプリよりもサードパーティーアプリが人気を獲得しているとの分析を発表した。(2022/4/11)

スマホなどで視聴可能に:
民放テレビ局10社、地上波番組をネット同時配信 きょうから「TVer」で
民放10局が地上波で放送するテレビ番組をネットで同時配信する「地上波リアルタイム配信」を解禁する。4月11日午後7時以降に放送する番組が対象で、民放公式テレビ配信サービス「TVer」で視聴できるようにする。(2022/4/11)

カプリコが『呪術廻戦』とコラボ 人気アニメとコラボする狙いは?
江崎グリコは、テレビアニメ『呪術廻戦』のキャラクターが描かれた「ジャイアントカプリコ呪術廻戦<グレープジュース味>」を4月22日に発売する。(2022/4/11)

「全国放送っぽくふるまっていた」 テレビ東京が“お詫び広告”
テレビ東京は10日、一部経済新聞に「全国放送っぽくふるまっていた件に関してのお詫び」を掲載した。「背伸びをしていた」という。(2022/4/10)

民放の「リアルタイム配信」は“ザッピング”もできる 「TVer」アプリの新機能まとめ
地方にいても東京と同じ番組をリアルタイムで見られる民放5系列の「リアルタイム配信」。配信する番組やアプリの仕様が分かってきた。(2022/4/9)

TVerで民放5系列ゴールデン番組の同時配信 4月11日スタート
TBSやフジテレビなどの在京民放キー局は、民放公式テレビ配信サービス「TVer」で、テレビ番組のリアルタイム配信を4月11日に始める。同日以降、TVerでテレビ朝日系、TBS系、テレビ東京系、フジテレビ系のゴールデン・プライムタイムを中心とした番組が地上波と同時に配信されることになる。PCサイトやスマートフォン・タブレットアプリで楽しめる。(2022/4/8)

NHKのネット配信実証 テレビない世帯への受信料徴収は「現時点では考えていない」と金子総務相
NHKのネット配信実験がネット受信料徴収につながるのではないかという質問に対し、金子総務相は、テレビを設置しない世帯への受信料徴収は、現時点では考えていないと発言した。(2022/4/8)

「悪い円安」論が花盛り 悪いのは円安効果を潰すデフレと緊縮財政
 テレビも新聞も「悪い円安」論が花盛りだが、無定見も甚だしい。円安は日本企業の設備投資の追い風になってきたのに、政府は財政の緊縮で国内需要を萎縮させ、投資意欲を萎えさせる「悪い」政策で邪魔してきた。(2022/4/8)

妻「壁から猫の声が聞こえる」―― 暗闇に閉じ込められた猫、奇跡の救出劇とまさかの展開に驚きと感謝の声続々
何かのテレビ番組のよう。(2022/4/6)

アニメ「進撃の巨人」、完結編を23年放送 「GYAO!」は5期全話を無料配信
NHKは3日、テレビアニメ「進撃の巨人」の「The Final Season完結編」を2023年に放送すると発表した。(2022/4/4)

NHK+、テレビで利用可能に Android TVや「Fire TV Stick」向けアプリ提供
NHKは1日、Android TVを搭載したテレビや「Amazon Fire TV」「Google Chromecast」向けに「NHK+」アプリの提供を始めた。(2022/4/1)

TVer、リアルタイム番組の「追っかけ再生」可能に 民放の「公式テレビ配信サービス」へ
TVerは1日、サービスをリニューアルして「TVer ID」の提供を始めた。民放のテレビ同時配信では、途中から見始めた視聴者が番組冒頭から視聴できる「追っかけ再生」などの機能を追加。(2022/4/1)

6月まではログイン不要:
「NHKプラス」がスマートテレビ対応を試行 Android TVやFire TVで“見逃し視聴”が可能に
NHKのオンライン動画配信サービス「NHKプラス(NHK+)」が、スマートテレビやセットトップボックス(STB)における見逃し視聴の試行を開始した。Android TVまたはFire OS(Fire TV)を搭載するスマートテレビやSTBにアプリをインストールすれば誰でも試行に参加できる。IDの取得は6月30日まで不要である。(2022/4/1)

「TV AaaS」に新機能搭載:
テレビスポット効果の最大化へ、AIを活用して複数社間で広告枠の組み替えを実現 博報堂DYメディアパートナーズ
広告主のマーケティングKPIが多様化する中、AIが各社に最適な形で広告枠を組み替える。(2022/3/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。