ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「文書管理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

企業や官公庁などの組織体において、文書を統合的に管理するシステム。管理対象となる文書の内容・性格によりさまざまなシステムが存在し、ワークフローシステムやグループウェアなどと連動して利用されたり、あるいはそれらのシステムが文書管理の機能を持っていたりする。
DMS(文書管理システム) − @IT情報マネジメント用語事典

渋谷区、電子化で公文書を適正管理 決裁の100%電子化で意思決定も迅速化――富士通の「IPKNOWLEDGE」を活用
東京都渋谷区は、富士通の自治体向け文書管理システム「IPKNOWLEDGE V3」をベースにした「電子決裁・文書管理システム」を導入。公文書の電子化による管理プロセスの最適化と業務効率化、電子決裁の導入による意思決定の迅速化を図る。(2019/2/6)

製造IT導入事例:
ナレッジ共有の最適化に、クボタがグローバルPLMシステムを採用
Arasは、クボタがプロジェクト管理や技術文書作成、ドキュメント管理などのナレッジ共有のために、同社のPLM(プロダクトライフサイクルマネジメント)プラットフォームを採用したと発表した。まずは、技術部門間の情報共有を中心としてシステムを導入する。(2018/11/30)

煩わしい文書管理業務の負担を削減
複合機で読み取った文書を自動登録 クラウド文書管理「Smart Workstream」
富士ゼロックスは2018年11月13日、クラウド文書管理サービス「Smart Workstream」の提供を開始した。文書を電子化し管理する他、複合機との連携などにより作業効率の向上を支援する。(2018/11/21)

クラウドの拡大に変調あり:
アクセス制御やデータ保護機能にニーズ、ノークリサーチが文書管理とストレージサービスを調査
ノークリサーチは中堅中小企業を対象に、文書管理とオンラインストレージサービスに関する市場動向の調査結果を発表した。アクセス制御やデータ保護へのニーズが高まっていることが分かった。(2018/10/29)

PR:編集部にも“働き方改革”を――「Working Folder」+「DocuWorks」で今すぐできる効率化!
クラウドストレージ「Working Folder」と文書管理ツール「DocuWorks」のセットが60日間無料で試用できるキャンペーン中。PC USER編集部に導入してみた結果は……。(2018/9/18)

製造ITニュース:
紙文書をクラウドに保管へ、クラウドサービスで提供する文書管理システム
富士通九州システムズは、文書管理システムをクラウドサービスで提供する「GLOVIA smart ECM SaaS」の販売を開始した。紙文書やファイルサーバに蓄積した資産をクラウド上で安全に保管し、活用できる。(2018/8/21)

9割の社員が効果を実感!:
PR:だからソフトバンクの生産性は高い! “独自ノウハウ”の「ファイル管理・共有サービス」出現
働き方改革の実現に向け、“文書管理”の見直しが急務となっている。ただし、それが一筋縄ではいかない取り組みでもあることは、これまでを振り返ることで容易に理解できるはずだ。この状況を打開するために脚光を浴びているのが、ソフトバンクの法人事業組織が自社利用しているファイル管理・共有サービス「PrimeLibrary」である。秘密はソフトバンクのノウハウに裏打ちされた使い勝手にある。(2018/1/23)

パナソニック ソリューションテクノロジー 「Global Doc」:
製造業にとっての命綱、機密文書管理の革新が競争力強化をもたらす
製造業にとって機密情報である技術文書管理に関する課題は、パッケージ製品を導入するだけで解決するような単純なものではない。とはいえ、どこから手を付けたらよいのか分からないという声が多いのも事実である。そんな悩みに応えるべく、経験豊富なSEによるコンサルティングやサポートを前面に立て、パナソニック ソリューションテクノロジーが展開しているのが「Global Doc」である。(2017/10/12)

パナソニック ソリューションテクノロジー 「Global Doc」:
PR:製造業にとっての命綱、機密文書管理の革新が競争力強化をもたらす
製造業にとって機密情報である技術文書管理に関する課題は、パッケージ製品を導入するだけで解決するような単純なものではない。とはいえ、どこから手を付けたらよいのか分からないという声が多いのも事実である。そんな悩みに応えるべく、経験豊富なSEによるコンサルティングやサポートを前面に立て、パナソニック ソリューションテクノロジーが展開しているのが「Global Doc」である。(2017/10/4)

製造IT導入事例:
シナノケンシが調達システムを強化、BCPや文書履歴などを確保する機能
シナノケンシは、新たに調達基盤を強化した。災害時に部品の生産状況が迅速に把握でき、交換履歴まで含めた文書管理が可能とした。(2017/4/10)

BIM/CAD:
BIMに特化したドキュメント管理を実現、オートデスクが「Docs」を発売
オートデスクは建設プロジェクトで使われる2D/3Dデータや設計図書の管理・保存、共有や編集などの作業の効率化に貢献するクラウドサービス「Autodesk BIM 360 Docs」の販売を開始した。(2016/9/8)

PR:ファイルサーバを社外から利用したい! その「現実解」とは
他社との競争が激しさを増す中、社員間のコラボレーション強化が企業の経営課題になっている。その対応に向け、社内外を問わないファイル共有が強く求められているが、その中でも社内文書を管理するファイルサーバは、現状では社外からの利用には制限が多い。この状況を打破するための現実的な方策について探りたい。(2016/8/23)

情報漏えい、コスト増大、作業効率低下etc.
文書管理の専門家がチェック、帳票電子化に無関心な会社はどれほど損をしている?
帳票をPCで作成しても最後は紙に印刷して保管している企業はいまだに多い。しかし、過去のやり方を続けてきた結果、多くのムダが生まれている場合がある。文書管理のエキスパートが「見えないコスト」を点検する。(2016/8/15)

ホワイトペーパー:
デスクトップおよびクラウドで文書ソリューションを統合して、ビジネスニーズに対応する方法
モバイル活用というビジネスニーズに対応し、ITにとって課題となる複雑さを軽減する文書管理ソリューションとはどのようなシステムなのか。IT管理の側面から考えていく。(2016/2/15)

ホワイトペーパー:
日本の技術情報を守る方法とは?〜経産省、エプソンの機密情報を保護するドキュメント管理ソリューション〜
元従業員による不正な情報持ち出しが後を絶たない。持ち出された情報はもう取り返せない……と考えていないだろうか。本項では、持ち出された文書の利用を「後から」停止でき、万が一、情報漏えい事故が発生しても被害を最小に抑えるドキュメント管理システムを2つの事例から紹介する。(2015/11/6)

ホワイトペーパー:
NASAラングレー研究所の20万件を超える文書のスムーズな移行を可能にしたECMとは
NASAラングレー研究所は、航空試験の共同作業用文書管理ソリューションのリプレースを決定。3000人の共同作業環境、800件のサイトと20万件のドキュメントの移行をスムーズに行ったECMの実力を探る。(2015/9/7)

紙文書のデータ化で効率Up!:
PR:ズバリ知りたい! 業務で使う「ドキュメントスキャナ」活用指南(教師編)
職場にあふれかえる紙を何とかしたい! さまざまな現場で直面する「ペーパーレス化」の悩みに、文書管理のプロがお答えします。今回は教師編です。(2015/9/7)

紙文書のデータ化で効率Up!:
PR:ズバリ知りたい! 業務で使うドキュメントスキャナ活用指南(ファイナンシャルプランナー編)
職場にあふれかえる紙を何とかしたい! さまざまな現場で直面する「ペーパーレス化」の悩みに、文書管理のプロがお答えします。今回はファイナンシャルプランナー編です。(2015/8/31)

紙文書のデータ化で効率Up!:
PR:ズバリ知りたい! 業務で使う「ドキュメントスキャナ」活用指南(建築士編)
職場にあふれかえる紙を何とかしたい! さまざまな業種が直面する「ペーパーレス化」の悩みに、文書管理のプロがお答えします。今回は建築士編です。(2015/8/6)

紙文書のデータ化で効率Up!:
PR:ズバリ知りたい! 業務で使う「ドキュメントスキャナ」活用指南(看護師編)
職場にあふれかえる紙を何とかしたい! さまざまな現場で直面する「ペーパーレス化」の悩みに、文書管理のプロがお答えします。今回は看護師編です。(2015/7/30)

バンダイナムコが採用した文書管理データベース、その効果は?
ホビー、コンテンツ、アミューズメント施設など幅広い事業を手掛けるバンダイナムコグループ。約100社のグループ会社を抱える巨大企業が、内部統制を一元化するために打った施策とは。(2014/12/29)

リコーの文書管理ソフト、ペーパーレスFAXの取り扱い強化
リコーは、ワークグループ向け文書管理ソフト「Ridoc Smart Navigator V2」と「Ridoc Desk Navigator V4」を2015年2月2日に発売する。(2014/12/16)

富士ゼロックスが総労働時間10%削減に成功した理由とは?
タブレットなどのスマートデバイスから使える文書管理サービス「DocuWorks Mobile」を11月に投入する富士ゼロックス。同社がモバイル端末配布後に気付いた課題から開発を進めたという。(2014/10/9)

製造ITニュース:
キヤノンITS、エンジニアリングデータ管理システム「FullWEB」の取り扱いを開始
さまざまな部門でデータの再利用が可能で、検索を主体にしたコンテンツデータ管理ができる。文書管理・図面管理の基本機能を搭載した「FullWEB」と、部品表管理などのPDM機能を強化した「FullWEB-PDM」の2種類をラインアップ。(2014/10/1)

ホワイトペーパー:
理想の文書管理はファイルサーバの徹底活用から
文書管理システムが有効に機能しない大きな理由は、ファイルサーバの“混沌”にある。この問題解決にエンタープライズコンテンツ管理(ECM)ソリューションの導入が有効だ。(2014/8/5)

CADニュース:
米シーメンスPLMソフトウェア、ミッドレンジ3次元CAD Solid Edge ST7を発表
Solid Edge ST7ではユーザーインタフェースを改善するととも、3次元モデリングやアセンブリ、レンダリング機能、ドキュメント管理機能など強化するという。(2014/5/15)

ホワイトペーパー:
ファイル/ドキュメント管理についての読者調査リポート(2013年4月〜5月)
柔軟性と合目的性。ファイル/ドキュメント管理には、いつの時代にも解消しにくいジレンマが付きまとう。読者調査で、企業や組織のドキュメント管理に関する現在の意識を探った。(2014/5/7)

「とりあえずファイルサーバに放り込む」で安心していませんか?:
PR:ライフサイクルを見据えたこれからの文書管理とは
「ペーパーレス」というと「ああ、そういえば昔そんな言葉が流行ったよね」と感じる人がいるかもしれない。しかしこれは決して過去の流行語ではない。むしろ、グローバル展開を見据えて、今着実に進みつつある取り組みなのだ。「とりあえずデータをファイルサーバに放り込む」式のコンテンツ管理から脱却して、訴訟リスクへの対応やライフサイクル管理も見据えた文書管理とはどうあるべきだろうか(2014/2/12)

PFU、5つの業務に合わせた紙文書電子化パッケージを発売
「契約書管理」「通知・通達文書管理」「貿易帳票管理」「人事帳票管理」「証憑管理」の5つの業務を対象に、紙文書の電子化による活用や容易な管理の実現を支援するという。(2014/1/30)

導入事例:
静岡銀行、統合文書管理システムでワークスタイル改革
静岡銀行は、文書管理ルールを整備し、その実践のために紙文書と電子文書を管理する統合文書管理システムを構築した。(2013/11/28)

インフォテリア、iOS 7に最適化されたモバイル文書管理アプリ「Handbook4」リリース
タブレットに商品カタログや会議資料などのコンテンツを格納してペーパーレス化に貢献するインフォテリア提供のタブレット端末向けアプリ「Handbook4」のiOS 7対応版がリリースされた。(2013/10/2)

オープンソースの文書管理ソフト「Alfresco」、NRIがサポートサービスを開始
野村総合研究所は、オープンソースの文書管理ソフト「Alfresco」に対するサポートサービスの提供を7月から開始した。(2013/7/26)

ファイル/ドキュメント管理に関する読者調査結果リポート
ドキュメント管理、高い満足度に潜む課題は
「ドキュメント管理」に求められる機能は、データ活用方法の変化につれて変わってくる。読者調査を基にファイル/ドキュメント管理の今について考える。(2013/7/11)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
ビジネス激変時代のドキュメント管理
企業が業務上管理しなければならない非定型データは、その形式、重要性、管理目的、利用形態が変化してきている。ビジネス環境が激変する時代の、ドキュメント管理のあり方とは?(2013/7/11)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】ファイル/ドキュメント管理に関するアンケート調査
本調査は、IT製品・サービスの導入に関与する方を対象に、ファイル/ドキュメント管理の手段と課題、関連製品の導入・検討状況などをお伺いします。(2013/4/9)

ホワイトペーパー:
ファイルサーバの利用実態から分かった文書管理のベストプラクティス
管理者とエンドユーザー、双方のニーズに応える電子文書管理環境はどうすれば構築できるか。ユーザー企業のファイルサーバ利用実態調査を基に、電子文書管理の改善策を解説する。(2013/2/22)

大阪狭山市が内部情報系システムをクラウド化
財務会計、人事給与、文書管理などの内部情報系システムを提供するクラウドサービスを大阪狭山市が採用した。(2012/12/14)

EMCがECMソフトの最新版、コーディングレスでシステム構築が可能に
EMCジャパンは文書管理ソフト「EMC Documentum」の最新版を発表した。(2012/10/2)

導入事例:
山陰合同銀行、文書管理システムをSharePointなどで刷新
山陰合同銀行がマイクロソフト製品を使って文書管理システムを刷新。従業員が求める情報にたどり着くまでの「クリック数」「検索時間」を従来比で約60%削減するという。(2012/8/6)

PCレスで文書管理できるポータブルスキャナ「WorldocScan Pro」
NEXXが、スマートデバイスと直接連携できるポータブルスキャナ「WorldocScan Pro」を発売した。内蔵バッテリータイプのA4フィーダー型で、マルチ言語に対応した名刺管理ソフト「WorldCard」とOCRエンジン組込の文書管理ソフト「WorldocScanX」を標準搭載している。(2012/8/1)

ホワイトペーパー:
使える「電子文書管理システムSFS」と「IBM i」連携機能で社内情報の一元管理を実現!
「SFS」と「IBM i」の連携が基幹システムのデータ一元管理、ワークフローの申請・承認、通知・通達の機能を追加。さらに使いやすく大量文書にも対応する長期運用を可能に。(2012/7/24)

ベルシステム24、社内コンテンツの一元管理で業務改善
契約書管理などの効率化を目的に、ベルシステム24は文書管理システムを導入した。(2012/5/23)

ERPやCRMとの連携基盤構築が急務
タブレットでのドキュメント管理ニーズが増加、課題は拡張性
タブレットをドキュメントの閲覧・作成端末として業務利用する企業が増えている。ベンダー各社はドキュメント管理製品を充実させつつあるが、ERPなどのバックエンドシステムとの連携など課題が残る。(2012/4/6)

導入事例:
オリコ、約23テラバイトのイメージ文書管理システムを一元化
富士通の文書管理サービス「DocuMAX」を活用して約2億枚のイメージ文書を一元管理する体制にした。(2012/3/15)

iPhoneやiPadでオフラインでも文書閲覧ができるシステム、日立ソリューションズが発売
文書管理システム「ラビニティ One」の最新版ではiPhoneやiPadのアプリケーションからオフライン環境でも文書を参照できるようにした。(2012/2/8)

ホワイトペーパー:
シャープが認めたセキュアな文書管理プラットフォームとは?
太陽電池の生産量が6年連続で世界トップという実績を持つシャープの葛城事業所では「業務委託先とやりとりする機密文書の漏えい対策」と「社内文書の電子化による業務効率の向上」とを両立可能なツールを探していた。(2012/2/7)

キヤノンMJがiPad向け文書管理アプリ――航空、鉄道、建築など特定業種でも
キヤノンMJは、同社のクラウドサービスを活用したiPad向け文書管理アプリを開発。PCであらかじめアップロードしておいた文書データを外出先などで確認できる。(2012/1/18)

クラウド上の文書を閲覧、追記、印刷できるiPadアプリ キヤノンMJが発売
iPad向け文書管理アプリをキヤノンMJが発売。PCからクラウド上に保存しておいたドキュメントをiPadで閲覧したり、手書きで追記したり、印刷したりできる。(2012/1/18)

KDDI、クラウド型の統合ビジネスアプリ「KDDI Knowledge Suite」を発売
KDDIは、グループウェアやSFA、CRM、名刺管理、文書管理などを統合したクラウド型の統合ビジネスアプリ「KDDI Knowledge Suite」を提供する。(2011/8/1)

NEWS
オープンテキスト、iPhone/iPadで文書管理・情報共有ができる「OpenText Everywhere」
提供するECMスイート製品の機能をスマートフォンやタブレットPCなどのモバイル端末で利用可能にするアプリケーションを発表。8月31日に提供開始する。(2011/8/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。