ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「関税」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「関税」に関する情報が集まったページです。

レトロかわいい「みかん缶」モチーフのポシェット登場 近所のお出かけにちょうどいいサイズ
ベルトを付ければポシェットに、外せばポーチになる2WAYタイプ。(2021/5/26)

“テレワーク特需”だけではないPC生産への影響
チップ不足で「PC」の納期遅れと価格高騰が続く? 世界的な部品不足の影響
COVID-19の影響でチップをはじめとしたPCの部品不足が起こり、PCの生産に遅延が生じている。PCベンダーとユーザーが受ける影響とは。(2021/5/21)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
再度注目を集める内燃機関 バイオ燃料とe-fuel
ホンの少し前まで、「内燃機関終了」とか「これからはEVの時代」という声しか聞こえなかった。ところがこの1、2カ月の間に「カーボンニュートラル燃料」の存在がにわかにクローズアップされ始めている。(2021/5/17)

アイデアを「製品化」する方法、ズバリ教えます!(7):
絶対に押さえておきたい製品化におけるコスト見積もりの基礎知識
自分のアイデアを具現化し、それを製品として世に送り出すために必要なことは何か。素晴らしいアイデアや技術力だけではなし得ない、「製品化」を実現するための知識やスキル、視点について詳しく解説する連載。第7回は、部品コストがどのような要素で成り立っているのか、適切な見積もり依頼の方法と見積コストの確認の仕方を取り上げる。(2021/5/17)

高根英幸 「クルマのミライ」:
トヨタ豊田章男氏の主張は、我が身可愛さの行動なのか?
電動化=脱エンジンなのか? それとも、日本の産業構造を一気に変えるようなことができるのだろうか。たしかに今ここで日本の産業構造を変えなければ、かつての半導体の二の舞いになる。そこで自動車産業を日本の基幹産業として存続させるためには何が必要なのか、ここで考えてみたい。(2021/5/10)

KAMIYAMA Reports:
シリコン・サイクルはスーパー・サイクルに入った!?
シリコン・サイクルとは、シリコンの販売額がサイクルとなって上下動している様を表す言葉だ。2017年ごろから半導体の売り上げが勢い良く伸びた時、シリコン・サイクルは過熱しているのか、本当に「スーパー・サイクル」に入るのか、などと議論されていた。この時、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)に関わる分野の成長が続いていたので、「スーパー・サイクル化」すると考えられていた。(2021/4/28)

“ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
コンディションは「フルオリジナル」のバリ極上。(2021/4/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国でビジネスをしようと思ったら、あるあるのリスク
中国に進出している海外企業が、現地で混乱に陥っている。米スポーツ用品大手のナイキ、スウェーデンの衣料品大手H&Mなどは批判を浴び、SNS上でボイコット運動も。何が起きているのかというと……。(2021/4/8)

クロネコ、4月1日からQRコード決済を導入
ヤマト運輸は、4月1日から全国の宅急便センターとセールスドライバーへの決済手段としてQRコード決済を導入。「au PAY」「d払い」「LINE Pay」「メルペイ」「PayPay」「楽天ペイ」が利用できるようになる。(2021/3/25)

半導体不足の今も効果を発揮中:
PR:継続的に半導体製品を確実、スピーディに届けるためのTIの取り組み
テキサス・インスツルメンツ(Texas Instruments/以下、TI)は、豊富な品ぞろえを誇る半導体製品群を確実に届け、自然災害など不測の事態が発生した場合にも半導体製品を継続して迅速に供給できるよう、さまざまな取り組みを進めている。その一環として、2021年2月にはオンライン購入サイトを刷新。高信頼性製品、最新製品をどこよりも安く、早く、簡単、確実に手に入れることができるようになった。(2021/4/1)

いまさら聞けない自動車業界用語(11):
輸出か現地調達か、「どこで生産するか」は自動車業界の永遠の悩み
今回のテーマは日本の自動車業界を語る上で欠かすことのできないテーマ「輸出と現地調達」です。世界各地で生産され、海外での売り上げも多い自動車。どこでどのように部品を調達して生産するかという判断は経営においても重要です。日本から輸出する場合と現地調達化(現調化)する場合、それぞれの利点と問題点について整理しましょう。(2021/3/15)

SNSで見たカラフルな海外コスメを自分の手に! 個人輸入の魅力と疑問をコスメコンシェルジュが解説します
おすすめの海外コスメブランドも紹介!(2021/3/7)

「紙だから」は言い訳にできない:
PR:「紙だらけ」の製造・建設業でもリモートワークを実現するには?
収束の兆しが見えないコロナ禍だが、いまだにリモートワークの実現が難しい業種が、多くの図面を扱う、紙ベースの業務が不可欠な製造・建設業だ。そこで本記事では、こうした業種でもリモートワークを実現するための具体的なカギを紹介する。(2021/2/16)

製造マネジメントニュース:
三菱自動車は中計の固定費削減が順調、営業損益の通期予想を上方修正
三菱自動車は2021年2月2日、2021年3月期第3四半期(2020年4〜12月期)の決算を発表した。売上高は前年同期比42.8%減の9527億円、営業損益は866億円の損失、当期純損益は2439億円の損失となった。(2021/2/4)

スピン経済の歩き方:
「納豆」はキムチの牙城を崩せるか “日本食”が脅威にさらされているワケ
「免疫力アップ食品」としてキムチが世界で注目されている。同じく発酵食品の「納豆」はどうか。納豆を世界に向けて“日本文化”として広めていくためには、強かな戦略が必要だ。そうでないと、韓国や中国に「起源」として主張されてしまう恐れもある。(2021/2/2)

Digi-Key Electronics デジタルビジネス部門 EVP Jim Ricciardelli氏:
PR:コロナ禍で従業員が団結、“追い風が吹く半導体業界”を260万点以上もの常時在庫で徹底支援
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにも負けず、堅調な2020年となった米大手ディストリビューターのDigi-Key Electronics(以下、Digi-Key)。2021年には、拡張工事を行っていた倉庫が完成し、より一層、品種や在庫の増強に投資する。デジタルビジネス部門のエグゼクティブバイスプレジデント(EVP)を務めるJim Ricciardelli氏に、2021年の市況や戦略を聞いた。(2021/1/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
宙に浮いた「TikTok」の運命は? まとまらない買収交渉の顛末
人気アプリ「TikTok」の米事業売却が合意に至らず、中途半端な状態だ。安全保障リスクを理由に、トランプ政権が使用禁止や米企業による買収に向けて動いていた。このままだと新政権が判断することになる。日本でも禁止にはならないだろうが、リスクの可能性は知っておくべきだ。(2020/12/10)

KAMIYAMA Reports:
アフター・コロナの中国はいま
中国は、コロナ禍の影響から経済が大幅に落ち込んだものの、感染拡大の初期段階で行動制限等の措置を素早くとったことにより、現状、生産など経済活動は他国に先駆けて正常化しつつある。(2020/12/7)

「作業は機械、サービスは人」:
リーガルテックをフル活用して、“人間にしかできない仕事”に取り組む法務部 太陽誘電の事例
在宅勤務が推奨される中、法務関連の業務をサポートするリーガルテックが注目されている。リーガルテックを積極的に活用し、法務部門のデジタル化に取り組む太陽誘電の佐々木毅尚さん(法務部長)に、システム導入や組織運営の秘訣を聞いた。(2020/11/16)

KAMIYAMA Reports:
株価が待つ景気回復
足元、コロナ・ショックの混乱期(2020年3月から6月)に世界のエコノミストが想定した経済回復シナリオに沿って、米国の経済回復は順調に進んでいるといえる。米国を含む主要国で新型コロナウイルスの感染者が再度増加しているにもかかわらず、当初の医療崩壊懸念を含む混乱はおおむね避けられ、注目は経済回復の進度に向かっている。(2020/10/29)

株価二番底はない? 今の株価がバブルではないワケ
「二番底は来ないのかとよく聞かれるが、今想定される範囲内では、大きく下がる理由はほとんどない」。日興アセットマネジメントの記者向けセミナーで、チーフストラテジストの神山直樹氏は、このように話した。(2020/10/14)

KAMIYAMA Reports:
投資からみた米中関係:現状維持予想
米中の対立は、今後おおむね現状で推移するだろう。一言でいえば、今後、中国と米国の貿易・安全保障における対立が(舌戦などではなく幅広い輸出入制限となって)ますます激化し、両国経済が苦境に陥る可能性は非常に低いとみている。米中の相互依存が緩やかに低下することは、日本やその他の国の企業のチャンスを増やすかもしれない。(2020/10/10)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
成城石井が他のスーパーと違うワケ――スーパー冬の時代に「10年で売上高2倍」の理由
成城石井に置かれている商品を巡るエピソードは、とても強烈だった。いつか成城石井で売られている商品について、じっくり取材して書き上げる機会を求めていたのだが、それが結実した。(2020/10/1)

「シュールストレミング」の非正規輸入品に注意 購入時に気を付ける点などを正規輸入代理店に聞いた
「シュールストレミング」の非正規輸入品の購入は様々なリスクがあるようです。(2020/9/4)

同時並列的なプランニングで課題を見える化:
PR:理想的なサプライチェーンを実現できるプラットフォームとは
変化の激しい市場への対応やBCP整備の必要性など、数多くの課題に直面する製造業のサプライチェーン。この状況を打開する革新的な仕組みとして注目されるのが、同時並列的(コンカレント)な計画を実現する高速・柔軟なプラットフォーム「RapidResponse」だ。(2020/9/2)

「TAX FREE」と「DUTY FREE」、どっちも“免税”だけどどう違うの?
街中でも見かけることが多くなった「免税」制度について解説します。(2020/8/26)

Foxconnが製造拠点を中国外へ:
米中サプライチェーンの分断が深刻化
台湾Foxconnは2020年8月、米中間で貿易戦争が激化している影響を受け、現在中国に置いている生産拠点を海外に移転する予定であることを明らかにした。(2020/8/25)

KAMIYAMA Reports:
米大統領選と経済と株価
共和党のトランプ氏(現大統領)と民主党のバイデン氏のどちらが大統領になっても、米国経済の成長率予想の差はほとんどないとみている。そもそもコロナ・ショックからの脱却において、政府や中央銀行のとるべき(とることが出来る)政策に大きな違いはない。また長期的に政策の差はあるが、経済成長全体に与える影響は小さい。(2020/7/13)

日本郵便、窓口のキャッシュレス化を再開 コロナで2カ月遅れ
日本郵便が、全国の郵便局でキャッシュレス決済の導入を再開した。大型支店をのぞいた局への導入は5月に始める予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響で遅れた。(2020/7/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
「追加で8万円給付」の詐欺メール 背後に“外貨がほしい”北朝鮮の影
北朝鮮が新たな大規模サイバー攻撃を始めた。目的は、新型コロナで疲弊する国家財政を補う外貨の獲得。各国政府が給付する支援金をネタにした偽メールを大量に送付している。北朝鮮のサイバー攻撃能力は高い。手口を知り、冷静に対処することが必要だ。(2020/6/25)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「20モデル以上の新型車」はどこへ? どうなる日産自動車
財務指標はほぼ全滅という地獄の様相となった日産の決算。問題に対してすでに適切な手を打ってあり、今決算には間に合わなかったものの、回復を待っているというのならともかく、ただひたすらに悪い。そうした全ての状況に対して、ようやく大筋の方針が出来、これから個別の具体策策定に着手するという状況で、未来が全く見えない。念のためだが、決して未来がないといっているのではない。日産の未来は現状、皆目見当がつかないということだ。(2020/6/22)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国の“嫌がらせ”を受けるオーストラリアに、コロナ後の商機を見いだせる理由
新型コロナを巡って、オーストラリアと中国の関係が悪化している。もともと両国の経済関係は深いが、中国は買収や投資によって影響力を強めており、オーストラリアでは不信感が募っていた。対立が深まる今、オーストラリアが日本との関係を強化する期待もできそうだ。(2020/6/18)

世界を読み解くニュース・サロン:
ジャッキーは国家安全法支持 安定か混乱か、“ビジネスしやすい”香港はどうなるのか
中国の全人代が香港で国家安全法を制定する方針を決めた。中国政府による支配が強まるとして物議を醸している。ただ、欧米側が反発する一方、ジャッキー・チェンや現地のビジネスリーダーなど賛成する人もいる。それぞれの立場から、日本とも関係が深い香港の今の情勢を解説する。(2020/6/4)

世界を読み解くニュース・サロン:
「シリコンバレーは中国に屈する」 Google元会長のエリック・シュミットが声高に唱える“危機感”
トランプ大統領が中国の脅威を煽っているが、Googleのエリック・シュミット元会長も、AIの分野で中国への危機感を主張する。中国は人権を無視したデータ収集や企業への巨大投資によって、スマートシティ構想を加速。日本も含めて、研究開発を進めないと追い付けなくなる。(2020/5/28)

プルタブ付きの「缶詰ポーチ」がレトロかわいい! 欧米風のカニ缶&イワシ缶、オリエンタルなポーク缶&ビーフ缶
台湾発の海外通販サイトで販売中。(2020/5/27)

米とのテクノロジー冷戦も影響:
中国半導体産業、政府の“野心”には追い付けず
数年前に設定された中国の半導体における野心的な技術目標は、達成可能なものというより“願望”だったのだろう。これは、「2030年までにAI(人工知能)技術で世界をリードする」という中国の野望についても言えることだ。(2020/5/27)

弁護士が解説!知財戦略のイロハ(1):
モノづくり企業が知財戦略に取り組む意味とは?
モノづくり企業の財産である独自技術を保護しつつ、技術を盛り込んだ製品、サービスの市場への影響力を高めるために重要となるのが知的財産(知財)だ。本連載では知財専門家である弁護士が、知財活用を前提とした経営戦略の構築を図るモノづくり企業に向けて、選ぶべき知財戦略を基礎から解説する。(2020/5/15)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(8):
RaaSやTaaSをも超える、サプライウェブ時代の新たなプラットフォーマーとは
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第8回は、RaaSやTaaSの以上のポテンシャルを持ち、サプライウェブ時代の新たなプラットフォーマーとなり得る、ソフトウェアメーカーのビジネスチャンスについて取り上げる。(2020/3/18)

IDC、Gartner、Forrester Researchの調査から
「Windows 7サポート終了」だけではない 2019年にPCが売れた“本当の理由”
2019年にPC市場が活況だった理由は、「Windows 7」のサポート終了による影響が大きいというのが専門家の見方だ。だが理由は本当にそれだけなのか。専門家に話を聞いた。(2020/3/3)

KAMIYAMA Reports:
「世界の工場」中国への依存度
世界経済の観点からみると、中国の消費は世界経済にとってそれほど重要ではない。むしろ、中国は世界の工場として、いわゆるサプライチェーンの生産拠点として重要な意味を持っている。(2020/2/18)

製造マネジメントニュース:
商品力低下でグローバル販売が8%減、日産の2019年4〜12月期決算
日産自動車は2020年2月13日、2020年3月期第3四半期(2019年4〜12月期)の決算を発表した。(2020/2/14)

郵便局がキャッシュレス決済を導入 コード決済も利用可能
郵便局の郵便窓口が、2月3日にキャッシュレス決済へ対応。 郵便料金や切手などの購入、物販商品の支払いにクレジットカード、非接触決済、コード決済を利用できるようになる。(2020/2/3)

KAMIYAMA Reports:
不透明なサイクルに対応するバランス型投資と、分散投資の正しい意味
将来を完全に予想できる人がいないことを前提に、投資家はさまざまな証券に投資することが望ましい。仮にすべてを予想できるのであれば、もっとも良い(値上がりする)証券をひとつだけ買えばよい。しかし、実際には不可能なので、投資家は「ポートフォリオ」を作ることになる。そこで、資産を株式や債券など種類別に分散して運用するバランス型投資に注目する。(2020/1/30)

分裂に貿易摩擦:
変化に見舞われた2019年のサプライチェーン
2019年のエレクトロニクス業界のサプライチェーンは、たった1年の間にかなりの混乱状態に陥った。かつてはこのような状況に達するまでに、数十年間かかっていたというようなレベルだ。(2020/1/8)

運営会社と関連省庁の見解は:
「HAKOBIYA」のサービスに関わる法的問題やリスクをどう考えればいいのか
「HAKOBIYA」のビジネスモデルに法的問題やリスクはあるのか。運営会社はどのように対策しているのか。関係省庁の見解も聞いた。(2019/12/25)

KAMIYAMA Report:
2020年の投資対象としての日本
2019年の世界や日本のマーケットは、2018年末にあった景気後退懸念の払拭から始まり、総じて好調だった。日経平均株価は2万円程度から始まり、執筆時点では2万3千円台で推移している。世界経済は減速しながらも健全な成長を続け、年末に向けて日本経済への信頼感も回復している。(2019/12/20)

KAMIYAMA Report:
先進各国の財政・金融政策への期待
政府は、大型の経済対策(事業規模26兆円程度、財政支出13.2兆円程度)を閣議決定した。景気の下振れリスクに先手を打ち、成長分野への投資や自然災害への対応などを柱とし、関連費用は19年度補正予算と20年度当初予算に分けて計上されるという。予算案が実現する可能性は高そうだ。(2019/12/18)

米中追加関税取り下げ〜今回の合意は一時休戦にすぎない
世界経済のグローバル化が終わりに近づいている?(2019/12/17)

トランプ大統領、15日に予定していた中国への“iPhone関税”発動を停止
ドナルド・トランプ米大統領が、12月15日の発動を予定していたスマートフォンやノートPCを対象とする中国への制裁関税を停止したとツイートした。貿易交渉で合意したため。9月に発動したスマートウオッチなどの関税も引き下げる。(2019/12/14)

なぜ今、証券業界で手数料無料化が進むのか?
証券業界の売買手数料無料化の流れが加速している。米証券大手のチャールズ・シュワブは10月1日に手数料撤廃を発表。国内でもSBIホールディングスは10月30日の決算発表にて、傘下の証券会社の取引手数料を今後3年でゼロにする構想を打ち出した。(2019/12/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。